2012年1月23日 (月)

白崎青少年の家 “すいせん祭”

白崎青少年の家のスイセンが見頃と報じられた

ホームページを繰ってみると22日がスイセン祭りということで

愛鉄馬に跨がり一っ走り

24122_057

毎年12月下旬から2月中旬まで白崎海岸を中心に野生の群生が見頃を迎える事から

その保全に努める青少年の家がスイセンの開花に併せてイベントを開催しているという

今年で10回目というスイセン祭り会場では各種イベントが盛りだくさん

先ずは駐車場となっているグランドの一角にあるくえ鍋テントへ

24122_00824122_005

30人余りの列の後につくが係員の方から「残っているかどうか保証は出来ませんよ」 と

配分を待つ間、お隣のスイセン畑をパチリ

24122_01224122_015

クエが二切れほどと生ワカメが少々

ポン酢で頂くがさすがクエで余すことなく頂いた

係員の方がおっしゃっていたように我々の直ぐ後、大鍋は見事に空になっていた

お次に向かったのは手作りピザ会場

入口で300円を支払うとピザ生地とトッピング材が渡される

先ず台紙に粉を撒き生地を薄く延ばします

24122_01724122_021

生地の縁取りをしサラミ、タマネギ、ピーマン等をトッピング

24122_02324122_025_3

さらにコーンを乗せたところでピザソースを塗り忘れ元へ

チーズを載せ手作りピザが完成したところでピザ工房の順番待ち

24122_026_224122_028

石窯もいい具合に暖まっているが、我が身が寒い

並んでいる間に交代で焚き火で暖を取る

24122_02924122_035

さてピザの方、美味しそうに出来上がりました

でも、ピザって円形でなくてもいいのかなぁ~

24122_040

ピザ工房のお隣では「竪穴式住居体験」コーナーが

覗いてみると室内は案外広く、囲炉裏でシシャモを焼いている

そのほかには火おこし体験も

24122_04324122_042

この他にも陶芸体験や木工クラフトなど盛りだくさん

おっと、肝心のスイセンを観賞していなかった

24122_049_2

24122_05224122_048

群生地を後に展望台から白崎海岸を眺める

24122_061

陽光こそ降り注がないものの穏やかな海だ

前週、綿向山で山友とバッタリし驚いたが

スイセン祭りでもブログ友の「三つ子ちゃん」とバッタリ

何とも不思議なご縁だ

頂く物は頂いたし見るものは見たのでボチボチ帰途に

青少年の家の園路を下る途中、カーブでハーレー1100が転倒している

一緒に車体を起こし、やっと立ち上がったところで通りすがりの車から

「通行の邪魔になるのにこんなところで止まってるな」との罵声が

車体の傷はしれているが、無事大阪まで帰る事が出来ればいいのだが

改めて青少年の家の隣「断酒道場」前からスイセン畑を海岸まで下りてみる

24122_072

青少年の家で教えて頂いたスヌーピー島も間近に見える

24122_080_424122_079_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

紅葉を求めて 再び

ある日の新聞に「秋色染まる丹波紅葉めぐり」のツアー案内が載った

231112_002 福知山の観音寺から丹波紅葉三山へ

日曜日の鶏足寺が紅葉の見ごろだった事から

時を失してはと愛鉄馬RTに跨がった

石龕寺

中国道滝野社ICを下りR175を北上

ところがナビの調子が悪い

走り出すと初期画面に戻ってしまい固まってしまう

久しぶりにツーリングマップルを片手に山南町の石龕寺へ

231112_008

例年、仁王門から眺める参道の紅葉が有名だが

ご多分に漏れず色づきが悪い

231112_011231112_012

緑葉も多く残っていてまだ時期的に早いのかとも思うが

茶色く変色して今にも枯れ落ちようとする葉も見かける

231112_016231112_023

円通寺

石龕寺からR175を更に北上し氷上町に入る

こちらへは以前、加古川沿いの桜並木や清住のカタクリの花を観に訪れたことがある

県道7号線「丹波の森街道」から少し西に入ったところに円通寺がある

231112_029

こちらも山門から眺める紅葉が有名だが紅緋とまではいかない

231112_027

しかし山門から本堂に至る参道横の池端はなかなか見応えがある

231112_033231112_035

231112_041231112_038

本堂にお参りし、再度池端を通り山門横に向かう

231112_043_2231112_049 

今が紅葉のハイシーズンか広場はたくさんの観光客で溢れ、

地元婦人会が店を出す焼き草餅の香ばしい匂いにつられて「二つ下さい」

231112_046

挽きたてのコーヒー?と草餅でしばし休憩

高源寺

最後に訪れたのは青垣の高源寺

こちらも有名処で観光バスが十数台止まっている

231112_051

高源寺は前二山より更に色づきが悪く

と言うよりも紅葉せずに既に落葉盛んといった状態

231112_054231112_057

境内に2千本植えられているという天目カエデの紅葉は

またの機会に残し、三重塔を振り返りながら北近畿豊岡道青垣ICから帰途につく

231112_063

【本日のRT走行距離】 419km

PS; 23日付天声人語に次のような一文が紹介されている

「老いゆえに遊びをやめるのではない。遊びをやめるから老いるのだ」(バーナード・ショー)

いい言葉だ これからも野に山にしっかりと精を出そう

ところでこの後に、 「無論、よく働いた上での話である」と続くのだが……

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

朝の散歩 PartⅡ

このうだるような暑さの中

まだまだバイクで走る気にはなれない

早めに家を出てそこそこの高度があるところなら何とか走れるだろうと

先日この方のブログで紹介されていた生石高原に向かった

山頂駐車場について先ず出迎えてくれたのが

23813_001
          
カワラナデシコ

23813_003

もう一丁

23813_007

そうそう、「生石高原」について少々

海南市のお隣「紀美野町」と「有田川町」の境界にあり

標高870mの生石ヶ峰山頂付近に広がる広大なススキの原野で

紀州の山並みや遠く明石海峡大橋、神戸の町並みを眺望することが出来る(山頂案内板より)

まだ8時と早いこともありいつもはハイキングで賑わう笠石周辺の原っぱも人影は無い

23813_009

笠石から山頂までは30分弱か、足を伸ばしてみることにする

日差しはきついがこの時間帯は爽やかな風が心地よい

散策路脇には「見てください」と訴えるようにカワラナデシコやオニユリが花をつける

23813_019

23813_012

23813_014

23813_017

生石ヶ峰山頂より紀伊山地の峰々や笠石方面を眺め山頂を後にする

23813_02523813_028

昨日から来られているのであろうかテントが数張り

夜は涼しいだろうな

23813_032

「生石高原キャンプ場」情報をMIE&TAIに提供しよう

往復に二時間、散策に一時間

ボチボチ暑くなってきたので帰るとするか

23813_039

【本日の走行距離】 83㎞

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

朝の散歩

恒例のアイアンホースツーリングが

当初予定していた4月末から大震災の影響でこの日に変更なった

場所も伊豆箱根から丹後半島~城崎温泉に

以前、夏場にメットを被り軽い熱中症を患ったこともあり今回はパス

早朝の湾岸線泉大津PAでのメンバーのお見送りにとどめた

2386nv_005

先ずはルート確認から

そして、出発前の記念写真を

2386nv_007

今回は8台といつもよりはやや少なめ

熱中症などにかからぬよう、気をつけて行ってらっしゃい

【本日の走行距離】 108km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

てっぱんのふるさとを訪ねて 3/3

23.4.24(日) 吹屋~岸和田SA

吹屋9:10=新見IC12:50=13:40勝央SA14:10=15:10河西SA15:20=16:00西宮名塩SA16:15=17:30岸和田SA

23422_156

ラ・フォーレ吹屋を後にし、10分ほど走ったところにある「吉岡銅山・笹畝坑道」に立ち寄る

23422_12723422_128 

笹畝は江戸時代から大正時代まで採掘された坑道で、今もなお不気味な色の排水が坑道脇を流れている

23422_12923422_134

次に立ち寄ったのがこれも弁柄で巨大の富を築いた広兼邸

白壁と石積みはまるで城郭を思わせる

23422_14523422_155

昭和52年と平成8年の二度にわたり「八つ墓村」のロケが行われたようだ

23422_14723422_148

楼門といい離れといい、更には水琴窟までしつられているのには

ただただ度肝を抜かれるばかりだ

23422_15023422_151

さてこれで予定終了

後は新見ICから中国道に乗り帰宅するのみ

途中またしても雨が降り出し、初日と言いカッパのご厄介になるツーリングだった   

【本日の走行距離】 375km

【全走行距離】 832km

【㍑当たり走行距離】 584km 28.7㍑ 20.3km/㍑

PS ; 昨日(4/28)、ライディング・ショットを頂いたのでその一枚を

Img_0124  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

てっぱんのふるさとを尋ねて 2/3

23.4.23(土) 尾道~吹屋

尾道12:50=15:00吹屋

今回のツーリングの最大の目的は尾道で「てっぱん」にありつくこと

昨日のうちに下見を済ませており、11時半の開店を待つのみだ

本来は午前中に散策する予定だった尾道を昨日既に見て回っており

本日は対岸の向島を少し散策

23422_06523422_077

向島には乗船料100円を支払いフェリーで渡る

桟橋と目と鼻の先に、これも大林監督の「あした」のロケ地「兼吉市営バス乗り場」が

赤煉瓦の工場沿いを最近放送した「鶴瓶の家族に乾杯」で

小宮悦子さんが立ち寄ったという老舗のパン屋さん「住田パン店」 へ

23422_08023422_079

こちらでは揚げパンとねじりパンが有名なようでねじりパンをチョイス

これがなかなかの美味

次に訪れたのが昔からのラムネ屋さん

23422_08423422_083

久しぶりにラムネを味わってみた

再度フェリーで尾道に戻り、まだ昼食には時間が早いので商店街をブラつきカフェでコーヒー

鉄板焼きの「いわべえ」前で並んでいると、後に客が続く

23422_08823422_089

所期の目的を達し大満足したところで尾道を後にベンガラの町「吹屋」に向かう

昨日と同様15時には本日のお宿「ラ・フォーレ吹屋」にチェックインし

夕食までの一時、ベンガラの町を散策

23422_094

明治33年から8年の歳月をかけ建築された日本一古い木造校舎

「吹屋小学校」を模し、落ち着きと風格の兼ね備えた施設である

さて、ベンガラの町「吹屋」

23422_09623422_097

日本三大銅山を有し黄銅鉱と共に産出する酸化鉄鉱を利用して作り出される「ベンガラ」の富により形成された町とのこと

旧街道に面しベンガラ格子に妻入りの切妻型の町家が建ち並ぶ

公開されている「郷土館」と「旧片山家住宅」を見学した

23422_09923422_101

23422_10223422_103

特に旧片山家は200年余にわたって弁柄製造・販売を手がけた老舗で国の重要文化財に指定されている

宿舎に戻り一風呂浴びた後、今宵も楽しい夕餉

23422_109

23422_11023422_11123422_11223422_113

食後、ライトアップされた吹屋小学校を見に出かける

23422_11423422_121

プールに映る校舎が幻想的だった

【本日の走行距離】 100km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

てっぱんのふるさとを訪ねて 1/3

23.4.22(金) 岸和田SA~尾道

Photo_2 予定していたアイアンホース伊豆箱根ツーリングが延期なった

ならばと3台によるプチツーリングを企画し

同じ日程で西に進路をとることとした

岸和田SA8:50=9:47西宮名塩SA10:10=11:04竜野西SA11:50=12:40吉備SA13:10=尾道IC=14:30尾道

天気予報では午前中はなんとかもつだろうと9時前に岸和田SAを出発し

近道~中国道~山陽道を経て尾道に向かった

チェックイン時間を待ちホテルの自室に荷物を放り込み

坂の町、映画の町「尾道」の散策に出かけた

ホテルを出るとタイミングよく観光ボランティアをされているという方と出合い

ほんのそこまでのつもりが結果的には事細かく案内して頂くこととなった

23422_007_3 先ずはホテルからほど近い突堤へ

そう、朝ドラでヒロインの瀧本美織(村上あかり)が祖母富司純子(田中初音)の投げ入れたトランペットを拾いに

セーラー服のまま海に飛び込むという衝撃的シーンの現場だ

延長20mぐらいか、思っていたほどの大きさは感じられない

その後、突堤から飛び込む観光客が後を絶たないとのことで防犯カメラを設置したとか…

後ほど案内された「てっぱん」撮影スポットの一つ

明かりの実母の墓と自転車で走った道を

23422_035_223422_062_9 

23422_011_2 ついでと言ってはなんだが

突堤近くの「アイス最中」屋さんも案内して頂く

これが何とも言えぬクリーミーな食感で食べながら先を急ぐ

尾道と言えば千光寺は欠かせないスポット

ロープウェイも運行されているがそこは自らの足で急な坂道を歩く

途中にある昔ながらの「豆屋さん」に立ち寄る

23422_016_223422_014_223422_015_2

土産用に豆板を買ったが、RTの狭いトランクで

はたして帰宅するまで原形をとどめることができるか?

千光寺は千光寺山の山頂近くにあり

眼下の市街地を初めしまなみ海道や向島の造船所等が一望出来る

23422_022_223422_023

本堂の裏手に回ると、くさり山という大きな岩のてっぺんに「石鎚蔵王権現」が奉られており

こちらへは石鎚山ならぬ鎖を伝って登っていかなければならない

23422_02423422_031

「○○と煙は高いところへ…」じゃないが、鎖に足をかけたのは記すまでもない

こちらの桜も例年よりは開花が遅かったようだが、今は落花が盛ん

境内の至る所に桜絨毯が敷きつめられている

23422_03223422_033

千光寺から「ねこ通り」という一風変わったネーミングの通りへ

23422_03623422_037

里道のような細路を地元ボランティアの方が整備され

周辺には小洒落たカフェを散見する

商店街でもそうだが、街興しに取り組む地元の方々の熱意がひしひしと伝わってくる

23422_04323422_045

牡丹で有名という慈観寺で僅かに咲いた牡丹を眺め次のスポットへ

大林宣彦監督の「転校生」で撮影現場となった御袖天満宮

23422_04823422_051

この急な階段を「一夫」と「一美」が抱き合って転がり落ち二人の中身が入れ替わってしまった

23422_05523422_056 

お隣の大山寺できれいな桜を眺めながら西國寺を経て海岸通りへ戻る

ここでボランティアガイドさんとお別れし

こちらもガイドさんお奨めの「花あかり」で夕食

23422_06723422_069

坂の町尾道をしっかりと歩いた後だけに生がやけに旨い

(巷、何もしなくとも旨いと言っているとの声も耳にするが…)

【本日の走行距離】 357km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

4度目の車検

丸8年、走行距離 68,170㎞

今回はこちらのバイク屋さんのお世話になりました

23312_010_3

きれいな店内には新車がずらりと並べられ、心が蠢きます

23312_009

7万㎞近くも走ると、そこかしこに疲労が現れ予期せぬ出費となったが

これで安心して遠乗りが出来る

23312_012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

湖東三山+α

22.11.21 +α 東光寺~永源寺

百済寺を下ってきたところの信号待ちでカフェ「楽布工房」の看板が目にとまった

昼時で、「永源寺への途中で食事を」と話していたところでのグッドタイミング

221120_152
手作り服を制作・販売する工房の傍らでの自然食材を使ったカフェ

室内はアンティークな調度品で満たされている

221120_159221120_158221120_160221120_161

正面のカウンターには昼食用の食材が並びます

221120_153221120_156

ワンプレートには二個のおにぎりとサンマの煮物やゴボウ、白和えなど

どれも美味しい手作りの料理が盛りつけられている

味噌汁には大きなブリの切り身まで

221120_157221120_163

これも自家製の漬け物二品がまた美味しい

オーナー始めおもてなしをして下さった皆さんです ごちそうさま!

221120_165

さて、湖東三山プラスアルファー

食事を終え、こちらのオーナーからも東光寺がお薦めスポットですよと教えられる

東光寺

221120_091

西明寺の駐車場でRTに興味を示された方から

「永源寺の手前にある東光寺は隠れた紅葉スポットですよ」と教えられた

これまでの三山とは違い人影も少なく見応え十分だ

221120_094221120_099

221120_096221120_098

本堂を振り返り東光寺をあとにする

221120_101221120_095

永源寺

参道に足を踏み入れるといきなり崖上に「十六羅漢像」が目にとまる

221120_103

皆それぞれにユニークな顔をして、参拝客を迎える

総門をくぐりほどなく二層の豪壮な山門につく

221120_110

ここからが紅葉、黄葉のオンパレード

221120_111221120_116

方丈(本堂)の大屋根に紅葉が映える

221120_119221120_120

221120_123
221120_121
221120_125

今回訪れた湖東三山と永源寺はさすがバスツアーの人気商品だけはある

どの寺も見応え十分で、今シーズンの紅葉を十分堪能した

ただし、車で来る人は三山を廻り終えることが出来るのか他人事ながら案じる

 

ジャケットの下に着込んだ電熱ベストのスイッチを一度も入れることなく

最高のツーリング日和だった

【二日間の全走行距離】 523km

| | コメント (17) | トラックバック (0)

湖東三山

22.11.21 湖東三山(西明寺~金剛輪寺~百済寺)

221120_015_3
西明寺本堂

ある時、新聞に掲載されたツアー広告を見ていると

「紅葉の湖東三山と永源寺」が目にとまった

タイミングを見てRTで出かけようと思っていたところに昨日からの「まったり会」がドンピシャではまった

西明寺

221120_024_2
山 門

山門をくぐり「蓬莱庭」の前庭でいきなり紅葉に目が奪われる

221120_003221120_007

221120_005 そんな中の一本の桜の木が花を付ける

樹齢250年の古木「不断桜」は例年9月に咲き始め11月には満開になるという

名勝庭園から国宝の本堂や三重塔に

221120_014221120_016

まだ朝の早い時間帯だったのでゆっくりと紅葉を鑑賞できた

駐車場に戻ると女性を含む三人連れが立派なカメラを下げ

しきりにRTに興味を示している

「西明寺を皮切りに三山と永源寺を廻る」と話すと永源寺手前の東光寺が素晴らしいと薦めてくれた

金剛輪寺

221120_056

西明寺とは違って寺に近づくにつれ車列が長くなってきた

しかしまだ下山する車は少なく、反対車線をお先にとばかり黒門手前に横付け

山門をくぐり参道に一歩足を踏み入れると紅葉の通り抜け

221120_031221120_033

明寿院に通じる白門の屋根には落葉した紅葉が風情を醸し出す

221120_036221120_040

明寿院の座敷を透してみる紅葉は安国寺の紅葉を思い出させる

221120_037

ここ金剛輪寺の参道や参道脇に色とりどりのよだれかけをした地蔵が並ぶ

普段は風車を供えられているが、8月9日の千日会それぞれにお明かりが入れられるという

221120_049221120_050221120_051221120_060

本堂と三重の塔にお参りし参道を下る

221120_058221120_064

百済寺

221120_069

表門の周辺は色づくもののその先は紅葉にはあと一歩と言ったところか

221120_070221120_072

しかし表門近くにある池泉廻遊式の「喜見院の庭園」は池と紅葉が素晴らしくマッチしている

221120_079221120_082

廻遊路は大渋滞で行き違いに苦労する

池端を廻り遠望台から改めて眼下を眺める

221120_084221120_086

湖東三山の紅葉に酔いしれ、+αに続きたいのだが

データーが多すぎるので次頁に繰ります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧