2007年10月16日 (火)

ブログ開設一周年記念 特別企画

ブログを開設して今日で丸一年
ここまで続けられたのも、訪れてくださったり足跡を残してくださる皆さん方のおかげです。あらためて感謝申し上げますとともに、拙いブログですが今後ともよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

ということで、ブログ開設一周年を機に、タイトルの説明を少々

むかしむかしあるところに……で「はなさく物語」のはじまり はじまり~

Photo 平成元年7月のとある日、庭のまるつげの木の下に黒い子犬が丸くなって眠っていました。これが「はな」との出会いです。生まれて間もない子犬で毛並みは全体的に黒く、足の部分が茶色がかったメス犬で、その足の太さからこの家の主は「ひょっとしてシェパードの子どもでは?」と…
(その後の予防注射の際、獣医さんから「純粋の雑種です」と敢えなく却下されましたが)。
元々、10歳にちかい柴の雌犬「ロン」を飼っており、「1匹飼うのも2匹飼うのも一緒か」とその日の内に家族の一員に加わりました。

Photo_2 月日が経ち、この間、「ロン」との悲しい別れもありましたが、2年後の平成3年6月27日「はな」に4匹の赤ちゃんが生まれました。
新聞の折り込み紙の「譲ります」コーナーに、「子犬をもらって下さい」と掲載していただいたところ、有り難いかな引き取り手が現れ、白と黒のホルスタイン調の子犬だけが残りました。これが雌犬の「さくら」です。

これで、「はなさく」がそろい踏みました。
二人との長~いつきあいがこの日から始まります。
平成10年になり、間もなく7歳の誕生日を迎えようとする6月18日、 「さくら」に初めての発作が起こりました。この日からほぼ25日くらいの周期で発作が起こります。一方、「はな」の方は大変な子ども好きで、いつまでも近所の子どもたちに愛嬌を振りまいていました。
平成17年2月18日、「さくら」が突然倒れました。先生の診断では脳梗塞とのことで、オムツを充てしばらくは寝たきり状態となりましたが、投薬が功を奏したのか、献身的な介護のかいがあってか1ヶ月ほどで歩けるまでに回復しました。しかし、後遺症で真っ直ぐにPhoto_3 は歩くことが出来ず、歩きながらも右にくるくる回る散歩が続きます。この年の末ぐらいから目が見えづらく耳が遠くなったはな(16歳)、さくら(14歳)は、18年の年が明けた頃からますます老いが進み、2月11日にはなが、そしてお母さんの後を追うように5日後の16日にさくらが息を引き取りました。

ロンを含め25年あまり、我が家の家族に本当に癒しを与えてくれました。

この年の10月に「山歩き」と「ツーリング」をテーマにブログを立ち上げました。
ブログのタイトルは迷わず「はなさくの山歩記と……」

長々とお付き合いをいただきありがとうございました

***********************

追記;

19107_003

19.10.7付け朝日新聞朝刊27面の特集記事“田舎で暮らす”に、タイミングよく「さくら」とよく似た「ウッシー」いう名の犬が掲載されていたのには家族一同大変驚かされました

| | コメント (20) | トラックバック (0)