« 再び “高野山で雪遊び” | トップページ | これが噂のプイプイパン »

2012年1月30日 (月)

もみじ谷から金剛山へ

昨年1月に高見山でバッタリし、再度行者還岳で出会った産六さん

その後コメントのやり取りをしているなかで

金剛山に相当詳しいことから、厚かましくももみじ谷ルートの案内をお願いした

24. 1.29(日) 金 剛 山 (1125m) もみじ谷~

水越峠ダイトレ入り口9:31~10:10金剛の水10:17~もみじ谷分岐10:25~大堰堤11:28~夫婦杉12:06~12:30香楠荘13:20~一の鳥居13:52~転法輪寺14:06~国見城跡14:11~大日岳14:28~16:00水越峠

週半ばの寒波来襲に期待を膨らませ待ち合わせ場所の水越公共駐車場へ

24129_00224129_003

登山口は水越峠からダイヤモンドトレイルを進む

入口の東屋で先行の登山者がアイゼンを装着しており右へ習えで早速アイゼンを

いつものことながら鬱陶しい林道歩きを約30分で「金剛の水」に到着

24129_00424129_005

途中道の駅「かなん」で買い求めた石焼き芋で小休止

「温かい内に食べよう!」は口実で、ザックを少しでも軽くしたかったのが実情

ダイトレの登山口を左に見て少し行くともみじ谷分岐に

24129_00924129_010

この後何度となく渡渉を繰り返すこととなるが聞くと水量はそう多くないとのこと

もみじ谷川に沿って進むうちに小さな滝が現れる

24129_014_224129_015 

段差も水量もそれほどではないが流の淵に出来た氷が綺麗だ

自宅を出る時には青空が広がり期待が持てたが山には入るとどんよりとした雪空

それでも時折顔を覗かす青空に一喜一憂

24129_01824129_026

誰が描いたのかこんなお出迎えが

24129_021_3

高い堰堤を巻きしばらく行くと本日のハイライト

24129_031

堰堤に見事な氷瀑が出来ている

見慣れている産六さんにとっては物足りないようだが

普段見慣れぬhanasaku隊にはなかなかの代物

周辺には氷のオブジェも

24129_03224129_034

24129_03724129_036

氷瀑堰堤から雪原を更に進む

何を見つけたのか真剣なまなざしで一点を見つめる三人

24129_043

見ようによっては ♪ワワワワー とバックコーラスを務めているような…

さて雪原を過ぎると胸突き八丁が控える

アイゼンを付けてでも足を滑らせ、辺りの樹木に捕まり

息を切らせながら最後のひと登りで尾根筋に到達

ここから葛木神社の背後を通り夫婦杉から千早園地へ

24129_056

下界では青空が広がっていたこともあってか

この日の金剛山は今まで出会ったことのような大賑わい

今日はリッチに香楠荘でのランチを予定していたが

半時間待ちでありつけたのは「鴨なんば」

なんとごはん類は品切れとのこと

おかげで鴨なんばの写真を取り忘れてしまった???

再び葛木神社から山頂に戻る

24129_06024129_068

夫婦杉近くから見た大和葛城も白く輝いている

24129_07224129_073

葛木神社から転法輪寺前を通り昨年よりは一回りは大きいかまくらを眺め国見城跡へ

24129_078

大日への登り口で三脚を据えデジイチを構えている

見ると餌台に可愛い小鳥が

24129_08224129_084_2

そう言えば胸突き八丁から稜線に出たところでも

24129_053

大日岳(1094m)に立ち寄り太尾ルートをとり駐車位置の水越峠近くに下山

24129_09024129_093

いつもの二人ではとうてい歩くことの出来ないルートを案内して頂いた

産六さんご夫妻に改めて御礼を

|

« 再び “高野山で雪遊び” | トップページ | これが噂のプイプイパン »

コメント

おはようございます
もみじ谷コースは歩いてみたいと思いつつ未踏です。
氷漠がメチャ綺麗で良いコースですね!
ヤマガラちゃんもカワユイです

投稿: たかっさん | 2012年1月31日 (火) 07時46分

昨日は楽しい一日を過ごさせていただき、
峠まで便乗させてもらったり、焼き芋に干し柿と
こちらこそいろいろとありがとうございました。

青空は残念でしたが穏やかな冬景色は奇麗でしたね。
あの素早い動きの中を餌をついばんだ瞬間・・・時間が止まっているようです。
また機会がありましたらよろしくです。

投稿: 産六 | 2012年1月31日 (火) 09時58分

■たかっさん

なかなか単独では歩きにくいルートですね
幸いガイドをして頂けたので楽しい山歩きが出来ました
案内して頂いた産六さんによると
氷瀑は未だ序の口みたいですよ
で、ヤマガラなんですか?
知らないモンでななしさんでアップしておきましたが可愛かったです


■産六さん

こちらこそおかげさまで楽しい一日を過ごすことが出来ました
有り難うございました
金剛山の奥深さを改めて垣間見せて頂きました
氷瀑も、樹氷も、ヤマガラもお土産いっぱいです

投稿: hanasaku | 2012年1月31日 (火) 17時34分

谷筋は氷瀑が楽しめて良いですね。
この所の冷え込みで氷瀑は成長しているでしょうね~♪

投稿: みかん | 2012年2月 1日 (水) 21時30分

もみじ谷本流ルート、一度歩いてみたいと思いつつ未踏。案内してもらわないとなかなか歩けないルートですよね。
この第一級の寒波で、また一層見事に凍っているでしょうね~
ヤマガラが餌をついばんでいるショット、見事ですъ(^ー^)

投稿: ルネオバ | 2012年2月 1日 (水) 22時26分

■みかんさん

こちらの谷には初めて足を踏み入れたのですが
なかなか変化に富んだ楽しいルートでした
特に冬場は堰堤が凍結し見事な氷瀑を見せてくれます
昨日今日の冷え込みでしたら更に氷瀑が膨張しているでしょうね


■ルネさん

そう、産六さんの案内があってこそ歩けたルートです
新雪が積もっていたり、落葉の季節などなかなかルートが見つけにくいのではないでしょうか
今週末あたりの氷瀑は最高でしょうね
ところで、ヤマガラとたかっさんに教えられたのですが
三羽ともヤマガラなんですか?

投稿: hanasaku | 2012年2月 2日 (木) 17時30分

People in the world receive the loans in various creditors, because it is simple and comfortable.

投稿: Santos18Chrystal | 2012年2月 5日 (日) 04時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/43878443

この記事へのトラックバック一覧です: もみじ谷から金剛山へ:

« 再び “高野山で雪遊び” | トップページ | これが噂のプイプイパン »