« ぽっかり雲の食卓 | トップページ | カーネーションのふるさとを訪ねて »

2012年1月 5日 (木)

蓼科の帰りに

昨年の帰途、東山魁夷の「緑響く」のモデルになった雪景色の御射鹿池に立ち寄ったが

2311_113

今年は少し欲張りをして入笠山でスノーシューを楽しむことにした

24. 1. 2(月) 入笠湿原

231231_071

ぽっかり雲9:07=9:48富士見パノラマリゾート10:10=10:20山頂駅10:38~入笠湿原10:54~11:12マナスル山荘11:40~山頂駅12:30=12:40山麓駅13:06=13:10水神の湯13:55

6人乗りゴンドラに乗り山頂駅に着いた時には八ヶ岳方向にうっすらと青空が覗いていたのだが…

231231_055231231_059

山頂駅から電波塔横を抜けしばらく行くと、初夏に可憐な花をつけるスズラン群生地に着く

今は入笠湿原とともに一面雪に覆われその痕跡すら見あたらない

231231_061_3231231_067

湿原周辺には鹿除けのネットが張り巡らされているが冬期は入口も開放されている

湿原から入笠山に向かう途中のカラマツ林に見事なサルオガセが下がる

231231_064231231_066 

薄緑色をしたスカーフ状で、枝から1mはぶら下がり別名「天女の舞」とも

5年前に初めて見た時には得体の知れぬ不気味なものに見えたがよく見るとそうでもない

入笠山の登山口に着いたのが11時10分過ぎ

時折粉雪の舞う、どんよりした天気で

山頂まで行っても眺望は楽しめないだろうと早々と諦め、早めの昼食に予定変更

この辺の決断力は並大抵のものではない(巷、食い気が勝っているのじゃとの声も聞こえてくる…)

231231_068231231_069

マナスル山荘は山菜ソバと黄粉餅がお薦めだが

時間的に早かったのでソバだけを頂き湿原を横切り林の中を抜けゴンドラ山頂駅に向かう

231231_075 ゴンドラを下り、駐車場に向かう途中目にしたスノーマシーンに

普段見慣れぬことからついレンズが向いてしまう

231231_124 富士見パノラマリゾートから目と鼻の先にある水神の湯で一風呂浴び

2012年の初スノーシューを終え帰途につく

おまけ ;

GSに立ち寄り諏訪南ICに入ったのが14時15分

予定の21時頃には帰宅できるだろうと中央道を走行していたが

先ず飛び込んできたのが飯田ICから中津川IC間での事故による閉鎖

諏訪湖SAや座光寺PAで時間をつぶしながら走行するうち通行止めが解除に

ところが中津川ICを始め小牧JCTまでの各所のICで渋滞が発生

更に名神栗東~大津間で2時間の渋滞との情報もあり

高速深夜割引狙い兼ね多賀SAで今年初の車中泊を

そして、新年の3日に朝帰りと相成った

|

« ぽっかり雲の食卓 | トップページ | カーネーションのふるさとを訪ねて »

コメント

遅れながら、新年のご挨拶申し上げます♪
年末年始、充実の新年をお過ごしでしたね!
素敵なペンションと豪華なお食事と、
新年雪山登山、なんと羨ましい過ごし方なのでしょう~~!
遠出すると帰りの渋滞にドッと疲れ来ますよね!
なので私達シーズンOFF狙い組なんです。
今年もhanasakuさんの活動に目が離せません!
今年も宜しくお願い致します。

投稿: miyo | 2012年1月 5日 (木) 22時24分

■miyoさん

おめでとうございます
3年連続ですので、蓼科での年越しが恒例化しつつあります
雪のない地方に住んでいるのでこの辺りは憧れの地ですよね
美味しい料理を頂きゆっくりさせてもらってます
帰途の渋滞は今回初めてで、少し考えないといけないかなと思っています

投稿: hanasaku | 2012年1月 6日 (金) 04時23分

御射鹿池の雪景色 最高ですね!!!
これ ぜひとも次回の写真展に!!

投稿: ゆきうさ | 2012年1月 7日 (土) 20時43分

■ゆきうささん

御射鹿池は春夏秋冬、どの時期に言ってもいい雰囲気ですよね
この写真は、一年前のものですが
もう少し雪があった方が趣がありそうな気がします
>ぜひとも次回の写真展に!!
有り難うございます
ぜも、とてもとても皆さんの足下には…

投稿: hanasaku | 2012年1月 8日 (日) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/43527839

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科の帰りに:

« ぽっかり雲の食卓 | トップページ | カーネーションのふるさとを訪ねて »