« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

年末恒例の…

今年は北の大地からDAIちゃんも応援に駆けつけ

賑やかな餅つきです

231230_029

30年もののナショナル電器餅つき器

今年もがんばってくれています

231230_005231230_011   

ボチボチつけたころです

丸め子は豊富にいますので一臼はあっという間

231230_012

よってたかって四臼をつき終えました

231230_037231230_041 

さて、これで年中の行事は終わりました

早いもので、あと30時間余りもすると新しい年を迎えます

3月11日の大震災を始め、我が地方にも台風12号が大きな爪痕を残しました

新しい年は災害のない明るい年であって欲しいものです

今年も一年当ブログにお付き合い頂き有難うございました

明日からは恒例の雪遊び

皆さんのご健康とご多幸をお祈りし、今年のブログを閉じたいと思います

どうかよいお年をお迎え下さい

              - hanasaku 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

トップリーグ観戦 第3弾

開幕戦は長居陸上競技場

第二戦は大津・皇子山総合運動公園

そして今日(25日)第3戦はホームスタジアム神戸

231225_002

今シーズンはラグビーのメッカ、花園球技場で神鋼にお目にかかっていない

キックオフ1時間半ほど前にバックスタンド10列目ぐらいに陣取り

コンビニ弁当で腹ごしらえ

ピッチでは女の子による7人制ラグビーが行われ観客席からもそのプレイに大きな拍手が起こります

231225_003231225_005

可愛い女の子に続いてごっついおっさん達の前座試合

「クラシックスティーラーズ」vs「ロシナンテス」(スーダン共和国で医療活動を行っているNPO法人)

231225_011

懐かしの名選手林、大八木のロック陣

SH堀越やバックスの増保、元木の顔が見えます

231225_018231225_019

大八木の威風堂々?とした独走に会場から拍手喝采

さて、本番

我が神鋼はこれまで4勝3敗のほぼ五分の成績

対する東芝はこれまで6勝1敗で強敵

前節のトヨタ戦はFB正面らの活躍で気持ちのいいゲーム運びを堪能させてもらったが本日は?

231225_028

キックオフ早々の2分過ぎ、

東芝ゴール前ラインアウトからモールで持ち込み幸先のいい先制トライ

231225_033

さらに20分過ぎ、やはりラインアウトからモール、ラックと繋がり7ブラッキーがトライ

残念なのはSO山本がさほど難しくないゴールキックを二度とも失敗した事

前半はこの2トライで10-0の折り返し

231225_043

後半に入って1トライ1ゴールで10-7と迫られたが

2トライと我らが濱ちゃん(濱島)のゴールがようやく決まって22-7とリード

231225_049

15点差に気を抜いたのか、その後2トライ1ゴールを許し

3点差の薄氷の勝利(22-19)

何故か今シーズンは上位陣(NEC、東芝)を下し、下位チームに取りこぼしている

【本日のRT走行距離】 218km

それにしても、この日のRTは冷たかった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

お食事処

231222_004 お食事処でフレンチといえば

女性シェフが創り出す繊細な味の「パリゴー」が好きだ

イタリアンでは岸和田の「ラ・スカーラ」

いかんせん「ちょっと歩いて」と言う訳にはいかず

どうしてもランチが主になる

ここは一念発起、電車を乗り継ぎ出かけることにした

まず前菜は「まぐろの赤ワインマリネ カネロニ仕立て」と

「ホタテ貝柱とえびのスピエディーニ(串焼き)」

231222_001231222_006

さいころに切ったまぐろと大根を包みタルタルソースで頂く

これだけでワインが進む

次に、「イタリア産『ボルロッティ(うずら豆)』のスープと

「リングイネのラグソース和え」(地鶏、兎、鴨の肉をトマトや野菜と煮込んだソース)

231222_008231222_011_2

メインは「北海道『エゾシカもも肉』のロースト」

231222_012

食後のデザートには「イチゴのロールケーキ」が

231222_015

美味しく頂き、また電車を乗り継ぎ帰ろう   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

霧氷きらめく台高へ

皇子山競技場でのトップリーグ観戦を終え、道の駅「くつき新本陣」で車中泊

昨年から延び延びになっていたこの方の案内で待望の芦生へ

と予定していたが、降雨確率と積雪予報から急遽台高へ予定変更との連絡が入った

231218_pana_099

23.12.18(日) 木梶山(1230.2m)~赤ゾレ山(1290m)

鳴滝P~林道終点~ゼエノ谷~木梶吊尾根~赤ゾレ~馬駈け場~馬駈け辻~木屋谷~赤ゾレ池~赤ゾレ山頂~赤ゾレ東尾根~地蔵谷出合~P

(ルートはPanaちゃんのブログから頂きました)

早朝の5時に自宅を出、待ち合わせ場所のR166高見トンネルを三重側に抜けたところの駐車スペースへ7時半到着

既に1台の車が駐車しており同行の方かと思うものの一面識もなく、近くに車を停めしばらくすると

本日の主催者、Panaちゃん、tabitoさんご夫妻他が到着し初対面の挨拶を交わす

参加者Panaちゃん他総勢8名が2台の車に分乗し、登山口の鳴滝Pに向かう

231218_pana_001231218_pana_004

歩き始めて間もなく林道横には大きな氷柱が下がる

あまり期待はしていなかったが、ひょっとして霧氷が見られるかもと淡い期待を抱きながら林道を離れ登山道へ

231218_pana_005231218_pana_010

途中、小滝が現れ滝上の少し開けたところで小休止

231218_pana_015

ゼエノ谷を進むと川面にいくつかの氷柱を目にする

231218_pana_007231218_pana_013 

何度か渡渉を繰り返しやがて急峻な登りに

木梶山を巻き眺望のよい少し開けたところに

ここが馬駈け場だろうか

231218_pana_025

ここからがルンルンの尾根歩き

うっすらと雪が地表を覆い始め、僅かだが霧氷も育ってきている

231218_pana_031231218_pana_033 

余りにもの周辺の美しさに声を失ったのか、みなさんもくもくと歩く?

231218_pana_037

エビの尻尾もしっかりと育ち、しばし撮影会に

231218_pana_042231218_pana_044 

冬芽についた霧氷も綺麗だ

231218_pana_048231218_pana_049 

いつからか行動を共にするようになった単独テン泊さんも

Pana隊のご一行様となって尾根筋からランチ会場へと下る

231218_pana_057231218_pana_059 

ランチ会場はと言うと、「寒ぅ~ 風強ぉ~」

皆さんしっかりと着込んで、それぞれの役割分担でランチづくりに勤しむ

なかなかガスが強火にならない中、ともかくホットワインで内側から少し温まる

一番仕上がりはししゃもで 「旨ぁ」231218_pana_064

続いてミネストローネ 「おっしゃれー」

ナメコ鍋と順じ仕上がってくる

231218_pana_067231218_pana_073 

「チーズのかけ過ぎやー」「肝心のナメコが隠れ豆腐鍋に」と言った声も?

さらにはイワシの干物やイカの一夜干しも

231218_pana_069231218_pana_074 

間もなくお開き

お腹も膨れた事だし、後片付けに、消火活動にと精を出す

231218_pana_076

重くなった体に軽くなったザックを載せ尾根筋を登り返す

231218_pana_085

凍結した赤ゾレ池の氷面に上りスリルを楽しむ方若干2名

231218_pana_091231218_pana_092 

赤ゾレ山山頂に立ち国見山、薊岳方面の眺望を楽しむ

231218_pana_098

山頂周辺は霧氷も最高だ

今一度お出まし頂こう

231218_pana_101231218_pana_103 

尾根筋から地蔵谷出合いに下って駐車場で解散

日頃ガイドブックに載った山歩きしか経験のないhanasaku隊にとって

なかなか厳しい山歩きだったが、素敵な山友と巡り会えご馳走を頂き

今シーズン初の雪、霧氷に出会えた大満足の一日だった

大阪から、京都から、三重からお集まりの皆さん

いろいろとお世話になりました 有難うございました

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

トップリーグ観戦 第2弾

今シーズン初観戦の開幕戦はNECに38-17と快勝したものの

その後3敗し5分となった我らがコベルコスティーラーズ

久しぶりの関西でのゲームとあって、大津・皇子山運動公園へ出向いた

戦の前に腹ごしらえをと

JR大津京駅や皇子山総合運動公園にほど近い三色旗の店「ファルファッレ」に飛び込んだ

231217_041231217_040

11時半にはほぼ満席で運良く最後の席に座ることができた

スープとサラダにお好みのパスタ、デザート、ドリンクからなるBランチを

先ずはカボチャのスープとサラダ

231217_031231217_033

パスタは“タコと水菜のペペロンチーノ”と“明太子の和風パスタ”を

231217_034231217_036

そして最後にデザートとコーヒーがついて1150円はお手頃

231217_039

さてラグビー

初めてきた皇子山総合運動公園陸上競技場は明るく気持ちのいいグラウンドだ

231217_001231217_003

定刻よりやや遅れて13時5分にキックオフ

231217_010231217_015

しばらくは膠着状態でお互いミスの連続

開始17分にPGで先行され24分には我らが濱ちゃんのハンドリングミスから初トライを許す

30分過ぎに初トライを決め前半は5-10で折り返す

後半開始早々、正面の力走からトライし逆転

231217_027

結果、21-10の快勝

今シーズンは観戦した2試合とも白星

しかし攻めはイマイチ物足りない

これも下位チームに取りこぼす一因だろう

次は恒例のホームスタジアム神戸での観戦

ぼちぼち底力を発揮してほしいものだ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

二ヶ月ぶりの山歩き

カテゴリーで山歩きを検索すると10月10日の乗鞍が直近

今年の紅葉はどうしようもないとぐうたら言っているうちに

丸二ヶ月歩いていない

そんな折、ブログ仲間のかっちゃんから嬉しいお誘い

「竜門山へキムチ鍋ハイキングにいかが?」と

231210_042

二つ返事で飛びついたのは言うまでもない

23.12.10(土) 竜 門 山 (755m)

一本松登山口9:45~10:15塵無池10:20~10:45田代峠10:50~11:15磁石岩11:18~11:30竜門山頂13:00~竜門池13:10~13:40ハングライダー滑空場13:50~14:10明神岩14:20~中央コース登山口14:50~15:00駐車場

前日からお泊まりしていたMIE&TAIを送り届け

自宅から車で10分とかからないスーパー駐車場へ集合

かっちゃんファミリー、きっちゃん、スマさんにhanasaku隊の総勢7名

車2台に分乗し竜門山に向け出発

231210_001231210_002

一本松駐車場から少し上がったところに路駐し

9時45分、田代ルートにとりつく

久しぶりの山歩きに皆さんについて行くが必死

231210_003

途中立ち寄った塵無池は冬枯れだろうか今は「水無池」に変貌していた

231210_012231210_013

塵無池からショートカットし登山道にとりつき

落ち葉を踏みしめながら田代峠に到着

231210_019

少し休憩の後、田代峠から磁石岩を経て竜門山頂に向かう

その間、サンキライの赤い実やヤブムラサキが

231210_021231210_015

眼下には紀ノ川がゆったりと流れる

231210_025

さてお待ちかねのキムチ鍋

本日のコック長、かっちゃんが男鍋とばかりに

白菜を、キノコを、ネギをダイナミックに鍋に投げ込む

231210_035231210_036

はてこれは「キノコ鍋?」、「ネギ鍋?」

いえいえ、豚バラ肉も入って美味しそうな匂いが山頂周辺に漂ってきた

後からきた登山者は寄りつきません(笑)

231210_039

この美味しそうなこと

231210_048

あっという間に二鍋を平らげ

食後のコーヒーをいただき、集合写真を撮ると1時間半が経過していた

231210_052231210_053

山頂から少し下ったところにある「竜門井戸」を案内してもらい

231210_056231210_060 

勝神(かすかみ)ルートをとり笹原を抜けハングライダー滑空場へ

風待ちなのかたくさんのカラフルなハングライダーがスタンバっていた

231210_067231210_062 

聞くと1機100万円はするという

滑空施設から見下ろすと

231210_063

231210_074 これは足がすくむ

間違っても乗ることはないだろう

滑空場からショートカットで中央コースに合流し明神岩へ

ここはよくクライミングの練習場に利用され眺めもいい

231210_080231210_082

美味しいキムチ鍋も頂きビューポイントも見て回った

後は下山するのみ

231210_086

少し雲に隠れることもあったが、寒くもなく絶好のハイキング日和

素敵な一日を有り難うございました

さぁ、hanasaku隊は夜の部へ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

メモリアルな日にはこちらのお店に

まずもって行き着く事が至難のお店

農家を改装した落ち着いた佇まい

女性シェフが創り出す繊細で味わい深い料理

そう、フレンチレストランパリゴー

23122_00423122_006 

これまで記念日やお祝い事で何度か訪れていますが

今回は少し趣向を異にします

と、食事を前にご託はほどほどにし

先ずは“白子のソテー焦がしバターのソース”と“かぼちゃとさつまいもの温かいスープ”

23122_01023122_012

続いて“鯛のポワレお魚のダシのバターソース”

おっと、オーナーお奨めの飛び切り美味しいワインを忘れてました

23122_01523122_011

メインディッシュは“熊野牛のステーキ”と“活けオマール海老のオーブン焼き”

23122_01823122_016

熊野牛は柔らかくてとても美味しかったとのこと

オマール海老はと言うと、勿論言うまでもありません

食後のデザートは“フルーツたっぷりのパンナコッタ”と“たくさんのフルーツとさくさくしたタルト”

23122_02123122_019

美味しかった

20代の若いご夫妻がフランス料理の店を片田舎の榎原に開店し

昨日、12月1日が10周年の記念日

でもって、ささやかなお祝いを

23122_001

4年前、借り切っての卒業記念パーティーが昨日のことのように思い出されます

末永く至福の時間を提供していただけるようお願いします

23122_027

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »