« 紅葉の奥大日岳~大日岳の予定が… 2/2 | トップページ | 位ヶ原山荘で鹿鍋を 2/2 »

2011年10月12日 (水)

位ヶ原山荘で鹿鍋を 1/2

昨年の10月、この方の一昨年のレポを見て八ヶ岳のオーレン小屋で桜鍋を頂いた

これに味をしめ、またぞろ追っかけで「山粧う」位ヶ原で「鹿鍋」を頂くことにした

23108_274_2 三連休の初日、西名阪添いにある「伊賀の湯」で入浴を済ませ

前夜車中泊となる東海北陸道ひるがの高原SAへ

SAのコンビニでおでんを仕入れ車中宴会の開始

紅いプラティバスから白い液体をグラスに3度ほど満たすと

もう十分仕上がり

早朝目覚めて寒さとSAを埋め尽くす車中泊?車の多さにビックリ

23.10. 9(日) 三本滝~位ヶ原

三本滝P(8:25)~三本滝分岐(8:40)~(8:44)三本滝(8:50)~三本滝分岐(8:55)~鳥居尾根(9:25)~摩利支天(10:07)~(11:02)冷泉小屋(11:14)~(11:38)位ヶ原山荘(泊)

ルートもまるで追っかけで、一日目は乗鞍高原の三本滝に車を停め3時間余りの行動

駐車場から多くの観光客に混じって20分程歩くと三本滝に到着

23108_012_223108_00823108_009

『この「三本滝」は水源も趣も異なる三つの滝が一カ所に合流していることが特徴です』(県教委案内板より)

ここに来るまでも、また滝周辺でも紅葉が進んでいないのが少し気がかり

三本滝が合流したところはなかなかいい雰囲気だ

23108_016   

観光客とはお別れし、鳥居尾根から乗鞍岳に向かう

樹林帯の中を歩くうちに時折青空が広がる

23108_03423108_035

しかし、何故か紅葉の色づきが悪い

登山道は摩利支天手前でスカイラインと交錯ししばらく舗装道を行く

再度山道に入ったところで小休止

本日の行動食はこちら

23108_03823108_031_2

ゴゼンタチバナも可愛らしい赤い実をつけていた

何度かスカイラインを横断するうち冷泉小屋に到着

登山客には誰一人会わなかったが自転車の方がやたら多くこちらでも3人が休憩をしていた

23108_04523108_047

小屋前には湧き水がとうとうと流れており

23108_04823108_049  

立ち寄ったタクシーの乗務員の方から

「一杯飲むと10歳は若返る」と

これに応えて乗客の一人が「なら5杯飲むと0歳に」

決して50代とは思えなかったような…

そう言えば確か鈴鹿のお山にも「長命水」というのがあった

再度登山道に足を踏み入れると

23108_053

そう、乗鞍岳にはこれが必携のアイテムなのだ

23108_02323108_025

聞くところによると、一度バスと衝突した熊がパニック状態となり観光センターに転がり込んで起きた事故らしい

♪ ある日 森の中 熊さんに… ♪ なんてシャレにもならない

出くわさないことをただただ祈るばかり

そうこうするうちの今宵のお宿「位ヶ原山荘」に到着

23108_05623108_054 

“ここで ほっと していって 下さい” と見覚えのある表示が目にとまる

小屋に入るとオーナーを始め、親切な若い男女が気持ちよく出迎えてくれる

先ずは小屋前のテーブルを借り昼食を

23108_05723108_061

カレーでは肴にならずと、ひるが高原SAのコンビニで買ってきた明宝ハムをアテに

グビッ!!  旨っ!!

お目当ての「鹿鍋」まではたっぷりと時間がある

昔懐かし豆炭の炬燵に足を突っ込み午睡でひと眠りした後再度散策に出かける

山荘前から眺める乗鞍の頭上には青空が広がる

23108_065

それにしてもかの有名な位ヶ原の紅葉は全然見ることができない

散策途中で見かけた木々の葉は

23108_07523108_07623108_07723108_109

どの葉っぱも迫りくる冬の寒さから身を守るように丸まって

紅葉には程遠い

途中位ヶ原山荘を振り返っての三態

23108_07023108_07123108_078

例年ならそれはそれはみごとな紅葉が…

もう言うまい

途中猛スピードで下ってくるバイカーを横目に山荘に帰る

23108_08023108_081

薪ストーブを囲み感じのよい青年と談笑するうちに待望の夕食時間に

そう、今回の目的はお山でも紅葉でもなく鹿鍋なのだ

まずは乾杯、って昼食時もやっていたような

23108_085_4

23108_083

味噌仕立てのあっさりした味で、最後のうどんまでしっかりいただきました

今宵の泊り客は自転車の方とで3名

それぞれに個室が与えられ、ゆっくりと休むことができた

|

« 紅葉の奥大日岳~大日岳の予定が… 2/2 | トップページ | 位ヶ原山荘で鹿鍋を 2/2 »

コメント

先日は立山へと思っていましたら、この連休は乗鞍ですかsign03

今年の紅葉はちょっと遅めなんでしょうか?それとも温暖の差が激しいからイマイチなんでしょうかね。

投稿: まるちゃん | 2011年10月12日 (水) 21時43分

■まるちゃん

紅葉の時期には是非
と、昨年から立山、乗鞍は心していました
ところが高所での色づきはイマイチですね
位ヶ原や肩の小屋口でゴッツイ三脚を肩にした方もお嘆きでした

投稿: hanasaku | 2011年10月13日 (木) 04時48分

シーズンの三連休というのにお客さん少ないのですね。ゆったりと泊まれるのなら山小屋もよさそう。でも運次第? 翌日は山頂で下りはシャトルバスでしょうか。
シカ鍋に生ビール、こりゃ堪りません。
クマ鍋に比べてあっさりといるのでしょうか?

明宝ハムがSAのコンビニで売っているとはちょっとびっくりしました。

投稿: 産六 | 2011年10月13日 (木) 09時26分

■産六さん

ここ位ヶ原山荘は、通常シーズンは畳平までバスで簡単に登ることが出来
山荘で泊まる必然性は殆どなく、言わば中途半端な位置にあります
従って経営的にはかなり厳しそうです
しかし、オーナー始め若い従業員3名はもてなしの心を十分得ていて、泊まって気持ちのよい小屋です
バスが止まった冬場にはバックカントリーやスノーシューでそこそこ利用してくれるとのことです
翌日は仰せの通りです

投稿: hanasaku | 2011年10月13日 (木) 19時18分

あらら・・
二週連続で、うふふ・・の山を味わっていらっしゃるじゃあありませんか!
ひるがのSAで車中泊だったんですね。
hanasakuさんがぐっすり眠っていらっしゃる時刻、トイレ休憩に立ち寄りました。
またしても、ニアミスでしたσ(^◇^;)

乗鞍、マイカー規制前までは、毎年畳平で車中泊。ご来光を迎えるのを年中行事にしていました。規制されてから遠のいてしまって・・。
位ヶ原から登っても面白そうですね!
それにしても、今年の北アの紅葉はどこもさっぱりですね・・。

投稿: ルネオバ | 2011年10月13日 (木) 20時59分

■ルネさん

うふふ・・
何がって
勿論鹿鍋ですよ
これをグルメと言わずしてなにを‥

鍋が目的だったので位ヶ原に泊まりましたが
余りにも時間がもったいなさ過ぎますよね
小屋番の方も言ってられましたが
「あの時間だと山頂まで行ってこられたのに」

それにしてもまたもやニアミスだったとは

投稿: hanasaku | 2011年10月14日 (金) 04時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/41742950

この記事へのトラックバック一覧です: 位ヶ原山荘で鹿鍋を 1/2:

« 紅葉の奥大日岳~大日岳の予定が… 2/2 | トップページ | 位ヶ原山荘で鹿鍋を 2/2 »