« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

孫守り最終章(←これって盗作)

23831_003_2 今夏これまでの二度の当番は午前の2時間程度で

車がドック入りだったことなどもあり近くのパームシティでお茶を濁してきた

せめて一日ぐらいはしっかり遊んで頂こうと最後の当番日の31日

三つ子ちゃんファミリーがよく行く「根来山げんきの森」へ

23831_028

管理棟から手づくりの森にある「げんき砦」に登り

紀ノ川平野を眺める

園路のいたるところに実をつけたドングリの枝が落ち

拾い集めるのに忙しいMIE&TAI

一旦下ってふれあいの森にある「プレーパーク」へ

23831_022

ツリーハウスのような手作りの施設に大喜び

23831_006

23831_010

23831_018

蜂が周囲を飛び回っていたこともあり

「もう帰ろう」

帰途、紀ノ川大堰の魚道観察室を見せてやろうと立ち寄ったが

生憎水曜日は定休日

23831_001

またの機会に来ようね

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

グルメ三本立て

一本目はと言うと勿論昨夜の「二度漬け禁止」

わざわざ電車に乗って出かけたことだけのことがあった

我ながらよく食べたと感心しきり

それにはあのサクサク感のあるころもとあっさりとした味のソースに負うところ大だ

さて、二本目は

23827_004 久しぶりに行った岸和田の「ラ・スカーラ」

昨日の朝仕入れてきた恒例の「巨峰」を親戚に配達するのに立ち寄った

勿論こちらへはRTがお供する

23828_004

店内は清潔感いっぱいでシンプルなところがいい

本日は仲良くペアーセットなるものをお願いした

23828_001_223828_006

23828_00723828_009

麺の太さ、パスタの味ともに口にあっているのか素晴らしい

もう少し自宅から近ければ、と

三本目は、昨日の昼にタイムスリップ

朝一で巨峰を仕入れ午前の部の配達を終えた後

立ち寄ったのが「古屋アパート」

なんともユニークなネーミングのカフェ

23827_01523827_013

労災病院に近く県道粉河加太線から少し奥まったなかなか探しづらいところにある

その名のとおり古くからあるアパートの一室を改装したカフェ

室内はと言うとレトロチックな調度品がさりげなく置かれている

23827_00823827_009

ランチもユニークで

パスタセットをお願いするとサラダはともかく味噌汁と小鉢物がついてくるのには驚く

夜にはアルコール類の持ち込み自由(一本100円の持ち込み料)

一度夜に訪れてみたい店だ

労災に知人を見舞った後一旦帰宅しシャワーを浴びいざ「二度漬け禁止」へ

超多忙な夏休み最後の週末だった

【本日の走行距離】 97km

| | コメント (5) | トラックバック (0)

二度漬け禁止

23827_024 ここ数年来お邪魔している「豊楽会写真展」で

出展するブログ友のまるちゃんhideさんと昼食をともにする中で

「一度有名処の串カツを食べに連れてって」とおねだりしていたところ

昨日(土)、実現の運びとなった

23827_019 15時のサザンに乗車し待ち合わせの新今宮駅で下車

ところが、堺辺りからゲリラ豪雨のような雨が降り出し新今宮駅で少し雨宿り

小降りになってきたのを見て目指すは新世界元祖串カツ「だるま」

ジャンジャン横丁を抜け通天閣のお膝元へ

23827_021

まだ17時前だと言うのに既に行列が出来始めている

23827_023 店内は30人は有に座れると言う長いカウンターとテーブル席が少々

カウンター席に5人が陣取り店員さんお奨めコース料理3人前と後はお好きなのをチョイス

先ずは、カンパ~~イ

23827_02723827_029

串カツ、うずらの卵、アスパラ、つくね、ウインナー、エビ、キスといったところがコースの中身

さくさくとした衣が旨いし二度漬け禁止のソースが独特の味わい

さらにもち、ゲソ、玉ネギ、トマトなどをチョイス

23827_03123827_032

仕上げはアイスモナカ

23827_033

念願だった新世界の串カツ屋さん

日頃アブラモノはほとんど口にしないが、ここの串カツだけは別

美味しかった

店を出る頃には夜の帳が下りはじめ席を待つ列は更に伸びていた

23827_03423827_036 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

鬼の霍乱?

昨日朝、起きたときから喉が痛い

昼頃になって熱気を感じ

いつになく弁当を半分も残すしまつ

16時に早退し、帰宅後熱を測ると39.2度

これだけの高熱はいついらいだろう

そう言えば先週帰省したYOUも39度超の発熱があり

豊岡に帰ってからかかりつけの医院にいくと

いま流行の「手足口病」とのこと

そのことを医師に話すと

「親にうつるケースはあり得るが、おじいさんにねぇー」

今朝は少し熱が下がったようだが

今日一日寝ていよう

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

YOU帰省

3月末の帰省以来、5ヶ月ぶりの再会

ただし、豊岡を出る時から熱があり「途中引き返すかも」、との条件付き

案の定熱は下がらず、来るには来たが大好物の丸田屋でも中華そばに箸をつけられず

楽しみにしていた今日のアドベンチャー行きも急遽宿をキャンセルした

帰省した昨日は高熱で意識もうろう状態

でも、子供の回復力は凄い

今朝には7度5分まで下がるともう元気ハツラツ

遠路持参したJボードでその足前?を披露するまでに回復

Img_3761

しかし、体は正直なもので再挑戦した「丸田屋」ではリベンジ果たせず

アドベンチャーと併せ丸田屋にまたおいで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

朝の散歩 PartⅡ

このうだるような暑さの中

まだまだバイクで走る気にはなれない

早めに家を出てそこそこの高度があるところなら何とか走れるだろうと

先日この方のブログで紹介されていた生石高原に向かった

山頂駐車場について先ず出迎えてくれたのが

23813_001
          
カワラナデシコ

23813_003

もう一丁

23813_007

そうそう、「生石高原」について少々

海南市のお隣「紀美野町」と「有田川町」の境界にあり

標高870mの生石ヶ峰山頂付近に広がる広大なススキの原野で

紀州の山並みや遠く明石海峡大橋、神戸の町並みを眺望することが出来る(山頂案内板より)

まだ8時と早いこともありいつもはハイキングで賑わう笠石周辺の原っぱも人影は無い

23813_009

笠石から山頂までは30分弱か、足を伸ばしてみることにする

日差しはきついがこの時間帯は爽やかな風が心地よい

散策路脇には「見てください」と訴えるようにカワラナデシコやオニユリが花をつける

23813_019

23813_012

23813_014

23813_017

生石ヶ峰山頂より紀伊山地の峰々や笠石方面を眺め山頂を後にする

23813_02523813_028

昨日から来られているのであろうかテントが数張り

夜は涼しいだろうな

23813_032

「生石高原キャンプ場」情報をMIE&TAIに提供しよう

往復に二時間、散策に一時間

ボチボチ暑くなってきたので帰るとするか

23813_039

【本日の走行距離】 83㎞

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

やってしまった

そう、一ヶ月前のことです

槙尾山に行った帰りに駐車場から車を出そうとして

橋の親柱に気づかず左側後部ドアの下を “ガシャー”

2386nv_0152386nv_017 

運転の未熟さに大ショックでしたし、以来患部を見ることが出来ません

しかし、錆が回ってくるとこうも言っていられず

日曜日に板金塗装屋さんへドッグ入り

23810nv_00323810nv_004 

左サイドに回るのを躊躇った一ヶ月間

ようやくモヤモヤが晴れそう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

朝の散歩

恒例のアイアンホースツーリングが

当初予定していた4月末から大震災の影響でこの日に変更なった

場所も伊豆箱根から丹後半島~城崎温泉に

以前、夏場にメットを被り軽い熱中症を患ったこともあり今回はパス

早朝の湾岸線泉大津PAでのメンバーのお見送りにとどめた

2386nv_005

先ずはルート確認から

そして、出発前の記念写真を

2386nv_007

今回は8台といつもよりはやや少なめ

熱中症などにかからぬよう、気をつけて行ってらっしゃい

【本日の走行距離】 108km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

居ながらにして仙台の七夕を

居ながらにしては少し語弊があろう

我が家から原チャに跨がり僅か2~3分

2384_001

我が地方で七夕と言えば7月7日、七夕の日に向け笹の葉に短冊を飾り付けるのが一般的

1974_015
                 07.7.6 MIE

ところが、このお宅

仙台の七夕祭りに併せ旧暦の7月7日に飾り付けるという

今年は8月2日に飾り付け本番の8月6日の翌日まで飾るとのこと

2384_003

2384_0062384_007 

鬼門に入ったご両親や兄弟がお盆に帰る時の目印にと

心優しい動機です

末永く続けられることを期待したいものです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

念願の「雲ノ平」散策 +α

23.7.27(水) 白樺ハイツ=兼六園=自宅

今回の雲ノ平行きで、当初山小屋3泊(薬師沢小屋、雲ノ平山荘、太郎平小屋)を予定していた

しかし、雲ノ平から太郎平に戻って時間的、体力的に余裕があれば太郎に泊まることなくいっきに折立まで下ってしまおうと予定変更

そして有峰有料道路口近くの亀谷温泉「白樺ハイツ」で温泉に浸かりゆっくり帰宅しようと言うことになった

昨日、折立に下山し有峰林道を走っているといるはいるは

2372327_1722372327_173

近くに車を止めカメラを向けるがいっこうに逃げる気配は無い

かえって気持ち悪くなり、窓を閉めハイツに急ぐ

2372327_001

元は国民宿舎だったようで、硫黄臭のする温泉は疲れを癒してくれる

2372327_177_22372327_181

一泊二食の料金は山小屋とほぼ同一

勿論生ビールは千円もしないし、他の飲み物も500円

さて、この日

一日かけて帰りつくのみでまだ行ったことがないと言う兼六園で途中下車

2372327_1952372327_196

まず兼六園のパンフの表紙を飾る「ことじ灯篭」と霞ヶ池をパチリ

2372327_197

後は松を中心とした林泉回遊式庭園を一時間ほどかけぶらつく

2372327_2002372327_207

2372327_2082372327_209

途中、縁台に腰掛けこんなものも

2372327_204

宇治金時の冷たく甘い味がほってった体を冷ましてくれる

金沢市内でランチし、金沢西ICから途中何箇所かのSAで休憩を取りながら夕刻無事帰宅

23年の夏山は終わった   

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »