« 念願の「雲ノ平」散策 1/3 | トップページ | 念願の「雲ノ平」散策 2/3 その2 »

2011年7月29日 (金)

念願の「雲ノ平」散策 2/3 その1

23.7.25(月) 薬師沢小屋~雲ノ平(2650m)~祖父岳(2825m)

2372327_135
       雲ノ平山荘と水晶岳(祖母岳山頂より)

薬師沢小屋5:50~木道末端7:55~アラスカ庭園8:40~9:06奥日本庭園9:16~9:40祖母岳9:46~10:10雲ノ平山荘 ⇒ その2に続く

ご多分に漏れず山小屋の朝は早い

そこかしこにヘッデンの灯りが点りだした午前4時に起床し

ザックを整え5時からの朝食を待つ

昨夜頼んでおいた弁当を受け取り予定の6時前、薬師沢小屋を出発

小屋前からいきなりの吊り橋、鉄梯子、丸田橋と続く

2372327_0752372327_076

振り返り薬師沢小屋にお別れを

2372327_077

歩き始めて直ぐの高天原との分岐を右にとり雲ノ平を目指す

ここから約2時間が岩ゴロの急登でダブルストックもザックのお荷物に

2372327_079_22372327_083

事前情報通りの激登りで、それこそ両手をフルに使っての登りが続く

これでは下りが思いやられる、と案の定、下ってくる登山客の手に包帯が巻かれ

「滑って転倒した」との話も

激登りに加え相変わらず煩わしい虫につきまとわれ、たまらず防虫ネットを頭から被る

2372327_0812372327_085

岩と戦い、虫と戦い、這々の体で木道末端にそれでも予定の2時間で到達

2372327_0892372327_094

しかし喜んだのも束の間、さらに数カ所の岩ゴロを経てやっとアラスカ庭園に到着

2372327_123

黒部五郎岳を従えてここから雲上の散歩が始まる

標高2400m~2500mとは思えぬ大地の広がりを感じながら

待望の雲ノ平に辿り着いた喜びをかみしめる

2372327_1242372327_125

アラスカ庭園で出会ったご夫妻から

2372327_128 「まだ8時じゃないですか。雲ノ平だけでは余りにももったいないですよ。

せめて水晶、鷲羽へ行ってこられたらどうですか?」

そう言えば、昨夜薬師沢小屋で食事の時に話した方も同じようなことを言っていたなぁ~

でも“雲ノ平だけでいいのだ、マッタリと雲ノ平を楽しみに来たのだ”

2372327_1322372327_133 

奥日本庭園をからお花畑の中を通り360度の眺望が楽しめるという祖母岳へ

快晴とは言えないものの、遠く槍の姿を拝むことが出来ないものの

これで不満を言ったらお叱りを受ける

2372327_1362372327_137
水晶岳/祖父岳

2372327_1382372327_139
三俣蓮華岳/黒部五郎岳

2372327_140
薬師岳

祖母岳山頂から雲ノ平山荘は目と鼻の先だが一旦祖母岳分岐まで戻らなければいけない

2372327_1432372327_142

分岐から花畑を眺めながら20分余り木道を歩くと山荘に着く

2372327_145_32372327_146_3

10時過ぎ、雲ノ平山荘に到着

昨夏建て替えられた真新しい山小屋だが、その段階ではまだ仮オープンで内装も整っておらず今シーズンから本格的にオープンしたとのこと

だが、洗面所もなく山荘で買った水で歯を磨く姿も見かけた

2372327_147 しかし新しいのはいい

何っても木の香りプンプンだから

早々とチェックインを済ませ、案内されたスペースにザックを放り込み

サブザックに持ち替え散策に出かける(以降「その2」に)

|

« 念願の「雲ノ平」散策 1/3 | トップページ | 念願の「雲ノ平」散策 2/3 その2 »

コメント

そうです。
薬師沢から雲ノ平への登りは、半端ではないですね。
天気が良ければ辛い登りが終われば景色に癒されますが、天気だけは神様のみ知るです。

私が雲ノ平でテン泊した時はテン場のトイレが改修中で、とっても惨いトイレ環境でした。

山荘まで遠いしビールは常温保存で3日目の朝にはテン場の水場が涸れました。

いまでも忘れがたき雲ノ平です。

投稿: 鳥 | 2011年7月29日 (金) 22時31分

スゴイスゴイ!
雲ノ平に行って来たんですね~happy01
しかもマッタリと~club
去年は台風で日程縮めて薬師岳でUターンだったから
めっちゃ行きたいですぅshine
天気も良くて景色、最高ですね~sunshine

投稿: かっちゃん | 2011年7月29日 (金) 22時51分

■鳥さん

雲ノ平にはそんな思い出がおありでしたか
たしかに山荘からテン場までは遠いですし
水涸れとくれば最悪ですよね
しかしここの水は美味しかったですよ
おかげで歯も磨けたし、一本400円のドリンクも買わなくてすみました


■かっちゃん

かっちゃんとsofyさんの薬師岳レポ
しっかりと覚えていますよ
折立からは辛い登りでしたが
木道が始まるとそこは別世界
素晴らしい雲上の楽園を楽しんできました

投稿: hanasaku | 2011年7月30日 (土) 05時48分

ワァ〜ォ! 凄い行程ですね。蓮華の方から回る方が良いのでしょうかね?

苦しい思いをされただけに、雲ノ平での美しさは格別だったのでしょうね?

投稿: まるちゃん | 2011年7月30日 (土) 09時12分

はなさくさん
いいなぁ~~
リベンジしたいよ~

雲上の散策が、したいですわ~
あたらしい小屋いいですね。
夢の雲ノ平ですから。

投稿: sofy | 2011年7月30日 (土) 11時35分

■まるちゃん

昨年何人かのブログを見せていただき
雲ノ平=折立で、他のルートは念頭にはありませんでした(笑)
確かに秘境たる所以かアプローチが長いですね
その分感激もひとしおです


■sofyさん

確か台風の影響で雲ノ平を断念し
薬師をピストンされていましたよね
是非リベンジしてください
このときのレポが今回のきっかけの一つですし
亀谷温泉も太郎のラーメンもしっかり頂いてきましたよ

投稿: hanasaku | 2011年7月30日 (土) 16時23分

草原のお花畑・・いい時行かれたんですね
そう言えば、さんきらいさんも、そこでブヨに噛まれて、お岩さんになったとか・・行く時は対策必要ですね^^
いつか、ゆっくり歩いて見たいと思いつつ^;

投稿: yari3180 | 2011年8月 6日 (土) 10時57分

■yari3180さん

ホント、お花は期待していなかっただけに
喜びもひとしおでした
やはりこちらは四周を取り巻く北アルプスの絶景でしょうね
ところで、今年は虫が多いような気がしません?
行く度にどこかしか刺されて帰ってきます

投稿: hanasaku | 2011年8月 6日 (土) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/40699618

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の「雲ノ平」散策 2/3 その1:

« 念願の「雲ノ平」散策 1/3 | トップページ | 念願の「雲ノ平」散策 2/3 その2 »