« リベンジ“紅いお姫様” | トップページ | 入笠山にスズランを求めて +α »

2011年6月20日 (月)

入笠山にスズランを求めて

23619_064

入笠山には4年前にスノーシューで、また2年前の花の季節に訪れている

この時には「花の百名山」に数えられるだけあって入笠湿原や大阿原湿原には

23619_066 シモツケソウやフウロ、オダマキなどたくさんの草花が咲き乱れていた

しかし入笠山といえば15万本のスズランで有名

一度はスズランの季節に、と今回の花旅となった

23.6.19(日) 入 笠 山 (1955m)

富士見パノラマリゾート9:53=10:03山頂駅10:15~10:42入笠湿原10:48~11:30入笠山11:40~12:07マナスル山荘12:35~13:10山頂駅13:15=13:25ゴンドラ乗場

スズランの季節になるとマイカー規制がかかり入笠湿原へは連絡バスかゴンドラを利用しての散策となる

富士見パノラマリゾートの駐車場に着くと恐ろしい数のマウンテンバイクに度肝を抜かれる

それもそのはず、富士見リゾートは日本最大級のMTBフィールドらしい

ゴンドラ山麓駅でモンベルの会員券を示し、乗車券を4枚求めるが「会員券1枚につき1名のみの割引です」とつれない対応

早速ゴンドラに乗り込み車窓から滑降するMTBを眺めながら約10分で山頂駅に到着

23619_00123619_002

山頂駅近くにある「すずらん公園」は規模こそそこそこあるが人の手で植え付けられたものでイマイチ味気ない

23619_01323619_007 

早々にすずらん畑を退散し、公園の一角にあるアツモリソウ畑へ

23619_015

昨年の同時期、初めて見るレブンアツモリソウに感嘆したものだが

レブンの白に対しこちらのホテイアツモリソウは濃い紫色で7月中旬にかけ順次開花していくそうだ

23619_017

すずらん公園から入笠湿原までは10分ほど

湿原はまだお花の時期にはほど遠いが、スズラン目当てかたくさんの人で賑わっている

23619_02223619_030 

湿原やスズランの自生地は帰りにゆっくり観賞することとし、入笠山への先を急ぐ

途中に咲く赤や白のクリンソウは、一昨年にはお目にかかれなかったものだ

23619_02423619_025

23619_03323619_034

この日は生憎ガスがかかり、山頂から目の前に広がる八ヶ岳連峰や南、北アルプスなどのパノラマを楽しむことが出来なかったのが残念

山頂部はそこそこの広さがあるがツアーの団体を始め多くの人が弁当を広げる

23619_050下山は裏登山道をとり、待望のマナスル山荘へ

4年前にスノーシューで初めて訪れた時の山菜蕎麦(@800)ときなこ餅(@700)の味が忘れられず、

山荘に飛び込むやいなや「蕎麦四つときなこ餅にサービスの野沢菜漬けお願い」

23619_05223619_054 

こちらの自家製の野沢菜漬けが美味しいのだがもう野沢菜のシーズンは終了したとのこと

でも、蕎麦に添えられていたキュウリの浅漬けも美味しかった

マナスル山荘からの道端に咲くクリンソウや

23619_05923619_060 

カラマツの枝からスカーフ状に垂れ下がるサルオガセを眺めながら再度湿原に戻る

23619_056

湿原のスズラン群生地は公園のような人工的なものではなく自然そのもので見事なスズラン畑だ

特に湿原からの登りはスズランの愛くるしい花が手に取るように分かる

23619_070

23619_080 十分観賞したところでゴンドラ山頂駅に向かい下山

スズラン祭り開催中で頂いたソフトクリームの割引券を使い

山野草のプレゼントをしっかりと受け取り帰途につく

【本日お目にかかったその他の草花】

23619_03623619_038

ヒメイチゲ   /   ツマトリソウ

23619_03923619_062

レンゲツツジ   /   ドウダンツツジ

23619_07123619_073

ベニバナイチヤクソウ   /

|

« リベンジ“紅いお姫様” | トップページ | 入笠山にスズランを求めて +α »

コメント

さすがに信州の高原はお花畑ですね。
群生したスズランの自生地が素晴らしい!

最後の千円割引─雨が恨めしい土日でした。

投稿: 産六 | 2011年6月21日 (火) 07時54分

この季節、たくさんの花が咲いているんですね!それにしても、人もすごい!
入笠山、スノーシューの時と、それから無雪期にどこかの山の帰りにマナスル山荘の前まで車で登りました。
花を期待していたのに、全く咲いていなかったように思います。
この時期、マイカー規制があるんですね。

で、JAFの割引は一人400円。6人までOKです。今調べました!後から気が付くことも多いので、最近はまず窓口でダメ元で聞いています。ъ(^ー^)

投稿: ルネオバ | 2011年6月21日 (火) 10時40分

スズランの群生は見事ですね~
いろんなお花が咲き楽しめますね。
晴れてたら山頂から八ヶ岳連峰や南、北アルプスなどのパノラマも楽しめる。
良い山ですね~

冬のスノーシューも素敵なんですね( ..)φメモメモ
お蕎麦もきな粉餅も美味しそう~(^O^)/

投稿: みかん | 2011年6月21日 (火) 10時41分

■産六さん

ゴンドラから下り山頂駅近くに広がるお花畑に
あまりにも自然の姿とはほど遠いことからげっそりしました
しかし、自生地は別にあったのですね
後で思ったのですが、自生地まで歩けない方のために設けたのかと…

千円割引、大いに活用させてもらいましたが
これからが大変です


■ルネさん

凄い人でした
スズラン見学なのか胸におそろいのワッペンをつけた方が多かったです
スズランは今の時期ですが
本来の高山植物は7月に入ってからでしょうか

しかし、財布の中にはJAFカードも入っていたのに…
チクショウー


■みかんさん

スズランは聞きしに勝るものです
時期的にはあと少し先のようですが
でも、十分楽しませてもらいました

天気がよければゴンドラから、或いは山頂に向かう途中
八ヶ岳連山が間近に迫ってきます
勿論山頂からは南・北アの眺望も楽しむことが出来ます
参考までに4年前のレポを貼り付けておきます
http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/zomm_2c48.html

投稿: hanasaku | 2011年6月21日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/40328422

この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山にスズランを求めて:

« リベンジ“紅いお姫様” | トップページ | 入笠山にスズランを求めて +α »