« 優しく扱っているのに | トップページ | プチ 芦生の森スノーシューハイク »

2011年1月31日 (月)

雪灯籠とライトアップ

2312930_098
       23.1.30 朝日を浴びるかやぶきの里

ある方のブログで「第七回 かやぶきの里雪灯廊」なるイベントを教えて頂いた

雪灯籠づくりの開始が15時からなので、

29日(土)の10時前にかかりつけ医の診察を終え和歌山を出発した

これまで京都・美山町へはR162(周山街道)を利用していたが

昨秋、「芦生山の家」オーナーから京都縦貫道園部ICからの方が早いと教えられ

名神大山崎ICから沓掛ICを経て14時前、美山かやぶきの里に到着

日が暮れるまでの一時、白装束をまとった古民家の周辺を散策した

2312930_0052312930_006

かやぶき屋根の軒下から氷柱が下がる

2312930_0112312930_012

この日は青空も広がり雪屋根に松の木が影を落とす

そして、お猿さんも

2312930_0152312930_023

2312930_0182312930_019

一面雪の原に化した田圃で雪灯篭の準備が始まっている

手に手にバケツと小さなスコップを持ち思い思いの灯篭づくり

2312930_0362312930_002

こんな灯篭が出来上がっていた

2312930_0272312930_028

2312930_0342312930_035

2312930_033




灯篭にロウソクの灯が点されるまでの間

休憩所で温かな食べ物を頂くことに

小さな餅が入った「ボタン汁」

シシ肉にゴボウ、水菜、大根などが入れられ味噌味で仕立てられている

これは温まる

そうこうするうち、行灯に灯が点されやがて係員の手によって雪灯篭のローソクにも火がつけれられ

2312930_0462312930_052

2312930_0712312930_076

夕闇が迫ると共にこれまでほのかに明るかった茅葺きの古民家がライトアップに浮かぶ幻想的なシーンに

2312930_053

2312930_060

クライマックスは由良川の河川敷から打ち上げられる70発の花火

2312930_0862312930_088 

帰り客で混雑する前に、花火を途中で切り上げ満天の星空を見上げながらねぐらに向かう

|

« 優しく扱っているのに | トップページ | プチ 芦生の森スノーシューハイク »

コメント

昨日は奇遇でしたね。
今週末もよろしくです。

投稿: まるちゃん | 2011年1月31日 (月) 21時52分

■まるちゃん

本当に驚きました
あんな山の中でまさかまさかです
それも前夜にひょっとしてまるちゃんやHideさんと会うかも‥なんて話していたのでなおさらです
週末は少し寒気も弱まりそうで楽しみです
よろしく

投稿: hanasaku | 2011年2月 1日 (火) 04時44分

おはようございます
雪のかやぶきの郷綺麗ですね!
ここにたどり着くにはスタットレスが必須かな?
来季、考えよ~

投稿: たかっさん | 2011年2月 1日 (火) 07時31分

かやぶき屋根に、雪の灯篭ですか
なんとも風情がありますね
おまけに〆は花火?・・・私だったら
花火はいらないな、しんとした静かな空気の
中で、ゆらゆら揺れる灯りを観てる方が
ムードがあるかと
なんてこと言いながら、雪を照らす
花火も観てみたいかもw( ̄ー ̄)
相変わらず、いいカンジの”大人の遠足”
楽しまれてますね♪

投稿: スロートレック | 2011年2月 1日 (火) 11時15分

美山町のライトアップに見とれてしまいました。奇麗です・・・。
雪灯篭とはまた風情があって、「ボタン汁」というよだれが出そうなおまけ付き。さらに花火までと、遠くまで行く甲斐があるというものですね。

投稿: 産六 | 2011年2月 1日 (火) 13時59分

■たかっさん

きれいですねぇ
ファンタジックですねぇ
茅葺きのライトアップは白川郷が有名ですが
美山も負けず劣らずですよ
ただ、もう少し写真の腕前がよければ満足して頂けたのでしょうが…

やはりスタッドレスは必履ですよ
決心がつきました?(笑)


■スロトレさん

>〆は花火?・・・私だったら
同感です
行灯に灯篭にライトアップ
これで十分です
折角のムードがぶちこわしです
ですから花火の絵は2枚にとどめました
(本当は余りいい写真がなかったりして…)

今年に入って4度も雪遊びをしているのですが
少し歩いた高見山を除き全てプチハイク
これって“大人の遠足”??


■産六さん

綺麗でした
これも情報を頂いたブログさまさまです
どちらかというと子供連れや若いカップルが
童心に返って雪灯篭を作ることに喜びを得ているようです
ただ、個人的には花火はなくてもいいような気がします
茅葺古民家と雪灯篭で十二分に魅力的ですから…

投稿: hanasaku | 2011年2月 1日 (火) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/38644101

この記事へのトラックバック一覧です: 雪灯籠とライトアップ:

« 優しく扱っているのに | トップページ | プチ 芦生の森スノーシューハイク »