« 憧れの芦生を歩く 1/2 | トップページ | 77777kmとともに »

2010年11月10日 (水)

憧れの芦生を歩く 2/2

22.11.8(月) 芦生の森(トロッコ道)

221167_125

二日目は芦生で一番メジャーなトロッコ道の散策

初日と同様、入林届けを投函し近代化産業遺産に指定?された軌道跡を歩き始める

221167_088221167_090

221167_093 軌道は一級河川「由良川」に沿って灰野からカズラ谷へと伸びる

灰野までは枕木もコンクリート製で今にも使えそうなぐらいしっかりしているが

その先は至る所で崩土や崩落で寸断されている

しかしなかなか風情のある路だ

歩き始めて半時間足らずで灰野の廃村跡につく

221167_104

昭和35年に由良川の最上流部にある灰野集落が廃村し

300年余りの歴史に幕を下ろしたという

集落跡には苔むした石垣が残り

とりわけ凛と聳えるトチの巨木がひときわ寂しげである

由良川の渓谷に沿って更に奥に進む

221167_110221167_111221167_112

221167_115221167_117221167_118    

小ヨモギ作業所跡はとりわけ紅葉がきれいだ

221167_121

221167_124

大ヨモギ谷を過ぎしばらく行くと頭上に大きな杉の木が居座る

これが岩上の大杉だ

221167_132

221167_164

巨岩を包み込むように

太い根が這う

トロッコ道を更に進むとやがてレールが崩落した箇所に

丸太橋を架けてくれているものの斜めに傾き更に揺れがひどい

ここは這って渡るしかなさそうだ

221167_136221167_140

221167_145由良川本流の流れに目をやりながら

刑部谷を過ぎやがてアスナロ(ヒバ)保存木に

この木は京大芦生演習林の中にある10数本の保存木のうちの一本らしい

アスナロの巨木を過ぎると広い河原が現れる

ここがカズラ作業所跡だ

221167_149221167_150

澱みに沈む落ち葉を眺め、ふと足元を見ると

221167_154221167_152

真新しい動物の足跡が砂地にきっちりと見て取れる

この方にはお会いしたくないものだ

カズラ谷に架かる軌道は崩落し七瀬に向かうとなると渡渉しなくてはならない

昼過ぎには須後に戻りたいこともあリカズラ谷作業所跡でUターン

帰途は由良川を右に見ながら、往時とはまた違った目線で移りゆく景色を楽しむ

221167_161221167_167

221167_169221167_172

小ヨモギの作業所跡を過ぎふと見上げると食虫植物ならぬ食岩大杉と

これを不思議そうに見上げるN夫妻

221167_182221167_184   

小ヨモギの大イチョウに始まりトチの巨木、大杉と巨木三連発を

221167_180221167_196221167_198

トロッコ道も間もなく終わりに近づく

221167_187221167_193

道端には誰が設けたのだろう、可愛い笹の葉の樋が

221167_202

恐れていた森のクマさんにも出会わず、時折雲間から青空ものぞく初芦生の森を二日間楽しんだ

美山自然文化村「河鹿荘」で一風呂浴びる

221167_213221167_215

そして今回の最後の目的地、「花背の里」に向かう

途中の佐々里峠の紅葉がきれいだ

221167_219_2

「松上げ」で名高い広河原の集落を抜け、そば処「はしもと」へ

221167_221221167_222221167_223

ざるそばとおにぎり定食をいただいたが

どちらも山菜の天ぷらが大盛りで付いてくる

これだけでも充分堪能する

京都洛北花背から鞍馬を抜け帰途につく

|

« 憧れの芦生を歩く 1/2 | トップページ | 77777kmとともに »

コメント

充実した芦生の森の散策だったようですが、あとの北山も楽しまれたようで羨ましいですね。

投稿: まるちゃん | 2010年11月10日 (水) 20時55分

芦生の森、いつ行こうかなって思っていたとこなんですよ。
でっかい原生林を2日間も楽しまれ大満足だった事でしょう。
ナメコは見なかったですか?

投稿: たかっさん | 2010年11月10日 (水) 23時01分

■まるちゃん

二日間、芦生の森を楽しんできました
でもまだまだ探索はしたいと思っています
花背の蕎麦屋さんはお奨めですよ


■たかっさん

面積は4000haとか…
まだまだほんのおさわりでした
晩に出されたシイタケも
朝のなめこ汁も美味しかったですよ

投稿: hanasaku | 2010年11月11日 (木) 06時01分

一番目の山日記ではどこなんだろ~って悩みましたが^^;「周山街道」と記されていてやっとわかりました♪

近畿といえども北部の山では晩秋の趣がありますね
凛と佇む樹木たちの息遣いが聞こえてきそうで心静まるひと時・・・・

それにしたも這って歩く丸太橋 恐怖ですね
梯子みたい~
クマさんに出会わなくてよかったです

投稿: ゆきうさ | 2010年11月11日 (木) 17時37分

秋の山を楽しんでいらっしゃいますね ^^
私も行きたいなぁ~って思うんですけど
今年は、行くタイミングがなかなかないです・・・(泣)

で?
砂地に残っている足跡って。。。
クマさんに出会ったらどうすればいいんだろう・・・ ^^;;;

投稿: うさぎ猫♪ | 2010年11月11日 (木) 20時22分

■ゆきうささん

京都は広いですね
特に鞍馬を経由した帰りなんか
「ここはもう京都市?」に
里山の秋を感じますね

里山は今頃が一番風情があるのでしょうか

投稿: hanasaku | 2010年11月11日 (木) 20時30分

はなさくさん、読ませて頂きました^^
けやき峠の手前まで行かれたようですね。私は、この林道は歩いてないけど、地蔵峠まらブナの木峠までなら何回か・・でも、今は地蔵峠から入れないし・・けやき峠からブナの木峠までなら一時間もかからないでしょ~
2日目もカヅラ谷まで行かれたようですね。ヨモギ谷くらいまでかな~?って思ってましたが・・紅葉・・葉っぱが落ちてるみたいですね・・それに少し早かったみたいですね。
あの怖い橋・・下に古い橋に足置いて、上の橋持って歩くんですって・・知らないとき、私も、ハイハイしてましたわ><
明後日、櫃倉谷から杉尾峠まで歩いてみようと計画してます
20日はトロッコ道を七瀬までの予定です
それから、いつも私の拙いブログ見て頂いてありがとうございます・・これからもよろしくお願いします^^

投稿: yali3180 | 2010年11月11日 (木) 20時41分

■うさぎ猫♪さん

紅葉も間もなく平地に下りてきます
古都奈良も周辺の社寺仏閣が賑わいを見せてくるのでは…
お待ち兼ねの談山の紅葉ももうそこまで来ていますよ
山でなくとも

今年は全国各地クマ騒動で大変です
その分、都会へ出てしまったかと
開き直りの山歩きでした


■yali3180さん

早速「はなさく」にお立ち寄り頂き有難うございます

初めての芦生を皆さんから頂いた情報を元に二日間楽しんできました
内杉谷は下谷まで足を伸ばしたかったし
トロッコ道も七瀬まで…
やはり半日行程では時間が足りませんでした
次の機会にはもう少し長時間歩いてみたいなと思っています
ただし、和歌山からだと4時間近くかかるのでそれが最大のネックです
いいなぁ~ 毎週行けて

今後ともよろしくご指導のほどお願いいたします

投稿: hanasaku | 2010年11月12日 (金) 04時39分

いいなぁ♪
いつかは歩いてみたいところです
今の季節、もしくは新緑・・・いやいや
やはり今が最高でしょうね、羨ましいです
Hanasaku隊はいつもグルメオプション込み
なのが、これまた憎いw( ̄ー ̄)
レポで癒されました。

投稿: スロートレック | 2010年11月12日 (金) 10時46分

■スロトレさん

スロトレさんには芦生は10年も20年も早いですよ
当面はしっかりと健脚コースをお歩き下さい
但し、地鶏のすき焼きがご所望なら一度食べに行く価値はありますね(笑)
加えて山の家のオーナー?も奥さんも親切で最大のおもてなしで迎えてくれます

投稿: hanasaku | 2010年11月12日 (金) 17時42分

しっとりと素敵な森ですよね。
あのトロッコの傾いたところ、怖そうですね。
思い出しました。

投稿: RIKO | 2010年11月13日 (土) 21時20分

■RIKOさん

RIKOさんたちがテン泊したのが強く印象に残っていました
以来、芦生が行きたいとこ№1に(◎´∀`)ノ
いいところですね
叉行ってみたいです

投稿: hanasaku | 2010年11月14日 (日) 05時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/37496926

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの芦生を歩く 2/2:

« 憧れの芦生を歩く 1/2 | トップページ | 77777kmとともに »