« 今が盛り | トップページ | 八ヶ岳を歩く オーレン小屋 »

2010年10月13日 (水)

八ヶ岳を歩く 一日目

22.10.9(土) 峰の松目(2567.3m)~赤岩の頭(2656m)

前日の8日(金)、中央道諏訪湖SAに夕刻到着し

まずはサービスエリア内の諏訪湖温泉へ

レストランで軽く夕食を済ませ、明日への英気を養うためプルトップに指をかける

このSAは八ヶ岳最寄りの諏訪ICに近く温泉も併設されていることから早朝登山を目指す時はよく車中泊で利用する

何よりも翌土曜日にICを通過することで土日千円が適用されるのが有り難い

2210911_019                   峰の松目に至るシラビソの森を行く

昨年の10月、ブログ繋がりのRYUちゃんがオーレン小屋に泊まり桜鍋を頂いたレポをアップしていた

紅葉の時期に行ってみようとメモし、先着順で個室が与えられるとのことで4ヶ月前の6月に予約を入れた

10/9(土) 桜平7:22~7:50夏沢鉱泉7:56~8:50オーレン小屋9:25~赤岩の頭・峰の松目分岐9:40~峰の松目コル10:06~10:43峰の松目山頂~峰の松目コル11:51~赤岩の頭12:46~赤岩の頭・峰の松目分岐13:30~13:42オーレン小屋(泊)

ナビ目標の三井の森カントリークラブ横を抜け唐沢鉱泉と桜平分岐まで来ると舗装道からデコボコの未舗装道に変わる

赤岳の登山口、美濃戸口から美濃戸へのアプローチと同様、よくぞSUV車だったものだ

桜平には数十台の無料駐車場ありとの案内だが、駐車場手前のゲートは閉まり付近の路上に駐車

2210911_002 待ちに待ったオーレン小屋「桜鍋」ウォークのスタート

事前の予報では連休は荒れ模様の天気だったが、最悪小屋でのんびり過ごすのもよかろう、での決行となった

夏沢に沿った林道を30分程度歩くと夏沢鉱泉に着く

ここまでは山小屋の業務用車が入るようだ

2210911_0072210911_008 

ここからは樹林帯の中をマイナスイオンを全身に浴びながら気持ちのよい登山道が続く

2210911_0122210911_014

夏沢鉱泉から約一時間で標高2330mに位置する目的のお宿、オーレン小屋に到着

朝の9時にチェックインを済ませ、人気のない広間でかの有名な薪ストーブをパチリ

2210911_0152210911_016   

荷物をサブザックに詰め、当初予定の硫黄岳~横岳に向かおうとするが、小屋番の方から稜線上は風が強く危険だから止めた方がよいとの忠告

下山ルートに予定していた硫黄岳から派生する峰の松目~赤岩の頭ならシラビソの原生林で風が当たらないからと急遽コース変更し峰の松目に向かう

2210911_0062210911_033

この時期花は少ないがキノコ類は豊富だ

2210911_0222210911_0242210911_025

2210911_0262210911_0402210911_043

食用キノコかどうか見分けがつけば今宵の鍋に摘んで帰るのに…

苔むした樹林帯の中、40分でコルに着くが南から吹き上げてくる強風が樹木を大きく揺らす

この分では硫黄岳から横岳への稜線上は凄まじい風だろうと予定変更したことに胸を撫で下ろす

コルから山頂まではたかだか30分程度だがなかなかの急登

2210911_0352210911_216 

ビュービューと唸る風音を耳に視界の効かない山頂に着くと早々と下山し風を避けてのランチタイム

2210911_0392210911_220

本日のランチはハムステーキとウインナーにポタージュスープとクルミパン

勿論hanasakuは麦酒スープでご満悦

2210911_2222210911_042 

峰の松目コルまで戻り硫黄岳方向にシャクナゲとハイマツ帯を抜け赤岩の頭に

途中ガスの切れ目から大同心?や硫黄岳がそそり立つ

2210911_0502210911_052 

目前には硫黄岳や横岳に至る稜線が広がるが、風もありおとなしくオーレン小屋に下る

オーレンから硫黄岳は又の機会にとっておこう

2210911_059

|

« 今が盛り | トップページ | 八ヶ岳を歩く オーレン小屋 »

コメント

八ヶ岳を満喫さて来たようで羨ましいですね。
天候にはちょっと恵まれなかったようですが、紅葉は見頃だったのでしょうね?

山もそろそろ終わりで、今年はほとんど登れなかったのですが来年はもう少し頑張ってチャレンジするようにします。

投稿: まるちゃん | 2010年10月13日 (水) 22時23分

■まるちゃん

南八ヶ岳の北の端を歩いてきました
一部目的は達しなかったものの
また、ずっとカッパのお世話になりながらも
初秋の八ツを楽しんできましたよ
お山の紅葉はイマイチでしたが川ならぬ池は
最高に燃えていました

投稿: hanasaku | 2010年10月14日 (木) 05時00分

お帰りなさい。
八ヶ岳だったんですね!
カッパのお世話になったみたいですが、良い雰囲気の林じゃないですか。
色んなキノコもあっておもしろそうですね!
紅葉写真見せて~

投稿: たかっさん | 2010年10月14日 (木) 07時43分

■たかっさん

南八ヶ岳だったんですよ
でも今回は山は二の次でメーンは桜鍋(笑)
山小屋での食事と思えないほど美味しかったですよ
天候も紅葉もイマイチで、モブログでお知らせした池畔だけが唯一目を楽しませてくれました

投稿: hanasaku | 2010年10月14日 (木) 17時37分

6月に予約したんですかー!!
それなら行くしかないですね。(笑)
うちは予約が直前だったので食堂の隣の大部屋に詰め込まれて落ち着きませんでしたよ。

リンクありがとうございます。

投稿: りゅうちゃん | 2010年10月14日 (木) 19時38分

薪ストーブのオーレン小屋でのんびりもいいですね。
雨の中、行けるところまで歩かれたhanasakuさんの気力がすばらしいです。
諏訪湖SAの車中泊という手も良さそうですね~。

投稿: あるぴょん | 2010年10月15日 (金) 07時25分

お天気があまりよくないけど
原生林の中ではガスっているほうが神秘的でいいですよね

しかしコルからの急登は大変そうですね~

投稿: ゆきうさ | 2010年10月15日 (金) 08時26分

■RYUちゃん

そうなんです
是が非でも個室をゲットするぞ! の意気込みです
おかげで新館の2号個室でした(先客が1組あったんかな?)
その分、日程変更も出来ず「うれしさも中ぐらいなり…」
次は「鹿鍋」だぁー


■あるぴょんさん

小屋で一日のんびりと…とも考えたんです
それくらいオーレン小屋は凄まじい風でした
でも、シラビソの森に入ると風もほとんどなく
森林浴を十分楽しめましたよ
諏訪湖SAは温泉を併設しているので車中泊でえらい人気です
風呂は勿論、朝トイレに行くと歯を磨いているひとでいっぱい(笑)


■ゆきうささん

天気はイマイチでしたね
でも歩く方も目的の半分は達成できたし
なににもまして桜鍋にありつけたのが最高
峰の松目コルからは風は強いし急やし大変でした

投稿: hanasaku | 2010年10月15日 (金) 08時49分

楽しんでいらっしゃいますね。
私は、スキーで山に行ったくらいで登山はまるで経験なしです。
ところで最後の山の写真ですが、まるくてかすんだ風船のようなものですが?

オーブだと思うのですが?

投稿: クリスタルヨーガ教室 | 2010年10月15日 (金) 20時41分

■クリスタルヨーガさん

この日は登山というよりも
山小屋周辺をまったりと散策しました

ところでお騒がせします最後の写真
雨に濡れないようデジイチをカッパの懐に入れるのですが
それでも霧雨等でレンズに水滴がついて心霊写真になってしまいました
身近に乾いた布もなく「えーい ええわー」とわかってながらの一枚です

投稿: | 2010年10月17日 (日) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/37008447

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳を歩く 一日目:

« 今が盛り | トップページ | 八ヶ岳を歩く オーレン小屋 »