« 秋晴れの日に | トップページ | キイジョウロホトトギス »

2010年9月30日 (木)

改めて思う

山と高原地図“京都北山”を買いに行き

棚の上にある本に手が伸びた

Img_2186

昨年の7月

大雪山系トムラウシ山で15人のツアー客と3人のガイドが遭難

ガイド1人と8人のツアー客が尊い命を落とされたのは記憶に新しい

遭難事故の詳細と原因は本書と

調査特別委員会による「トムラウシ山遭難事故調査報告書」(22.3.1)に詳しく検証されているので省くが、一点だけ気になったことが…

事故直後の報道(一紙を見る限りだが)で

「死亡したツアー客は防寒、防水機能が低いウインドブレーカーなどの軽装だった」

「ツアー客の一人が『引き返した方がいいのではないか、救助を求めた方がいいのではないか』とガイドに訴えたがツアーは続行した」

はいずれも正確には伝えられていないという

当時この報道により、夏山とは言えおそまつ装備とツアーガイドの不手際を批判したものであるが、真相はそうでもなかった

さて、本書の「低体温症」の項を執筆した金田正樹医師が最後に綴った言葉が印象に残る

「…もっと自然と対話しながら、ゆったりと自然に身をゆだねる心が、山登りの原点である」と

|

« 秋晴れの日に | トップページ | キイジョウロホトトギス »

コメント

確かに山登りは、自然を楽しむために行くんですから。
いくらキレイな山でも死ぬほどの価値はないですね!
この事故を教訓に無理をせず山を楽しみたいな~fuji

投稿: かっちゃん | 2010年9月30日 (木) 22時04分

山の遭難事故がおこるたび 責任を問われますが ツアーのときはガイドに従うしかないのでしょうか

山にはいるたび 第一に自己責任での装備の徹底を深く感じます

自然と対話しながら・・・いい言葉ですよね

投稿: ゆきうさ | 2010年9月30日 (木) 22時21分

■かっちゃん

自然を満喫し
なお達成考えられれば最高ですね
今回の事故はツアー登山のあり方が問われた事故でもありました

そうそう、かっちゃんFもヤブコギにはご注意を(笑)


■ゆきうささん

そうですね
ガイドの指示を無視して夫々が勝手な行動をとると収拾がつかなくなります
その分、ガイドの資質が問われることになるのですが
今回はそこそこの装備も用意していたようですが
自然の驚異の前になす術がなかったようです

ゆったりと、ゆったりと

投稿: hanasaku | 2010年10月 1日 (金) 05時01分

ツアーや・・会では自由行動がどうしても制限されるし、体調が悪くなっても無理をしてしまう無理をせざるをえない等、私は好きじゃないですね!
山はゆっくり楽しく安全にです(+美味しくね!)

投稿: たかっさん | 2010年10月 1日 (金) 07時25分

おはようございます。
一気に猛暑から涼しくじゃなくて寒くきました!

そちらはまだ南国暖かいんじゃないでしょうか?

ブログにも書きましたが、オフ会を毎年やってるんですが、よかったらのんびりといらしてください!
オフ会と言ってもただの飲み会です
よかったらお友達を誘ってお越しください!
大豪邸ですので(笑)何人でも大丈夫です。

メールでまたお返事してくださればいいですよぉ~

投稿: kayo | 2010年10月 1日 (金) 10時02分

■たかっさん

ツアーの良さは切符の手配から山小屋の確保まで
お膳立てをすべてしてくれる
反対に、計画策定の楽しみを奪われることになるのですが
それに、たかっさんおっしゃるとおり
行動に制約がある

もうしばらくは自分スタイルで
のんびりと山を歩きますか


■Kayoさん

有り難うございます
>オフ会と言ってもただの飲み会です
こんなのって大好きです
東に車座あれば1升瓶を片手に駆けつけ
がモットーですから(笑)
(メールは届いたんでしょうか?)

ところで、ここ数日間は爽やかな秋風が吹く
過ごしやすい日が続いたのですが
今日は又残暑ぶり返しのような気候です
紅葉はどうなんでしょう

投稿: hanasaku | 2010年10月 1日 (金) 17時45分

メール届きました。
返信しようと思ったのですが、固まってしまって、、
日にちは20~21日になるかと思います。
何人でも構いません、よかったらおいでください!

投稿: kayo | 2010年10月 1日 (金) 22時19分

山って、ホントに色んな顔を持っているんでしょうね。
私も、○○会など、山の事に詳しい方々と一緒の方が・・・
と思ったことありましたが
どんなペースか?分からないから、旦那さんと2人で登っていました。

ここ最近の報道のあり方には疑問があります。
どこか過剰で、どこまでがホントの事なんだろう?って。

投稿: うさぎ猫♪ | 2010年10月 1日 (金) 22時59分

■kayoさん

お邪魔できたら嬉しいのですが‥
岐阜ならRTでひとっ走りもいいなぁ~
それとも、「さざれ石公園」からのルートを教えていただき伊吹まで足を伸ばそうか‥
なんて、今からうきうきです


■うさぎ猫♪さん

ご夫妻で歩かれている方は大方が同じような考えでしょうね
なんても、気ままに行動できますから
その分自己責任がおおいに問われるところでしょうが‥

先日来物議をかもしている大阪特捜がらみで
村木局長が逮捕された当時もマスコミによる相当のバッシングでしたね
局長に無罪が確定して、一社でも謝罪したのかと言いたいです

投稿: hanasaku | 2010年10月 2日 (土) 05時16分

何かコトが起こると、誰かの責任に決め付けたがる
そんな風潮がはびこる、現代が怖い・・・
スケープゴートにされた方は堪らないし、何よりも真の原因、改善策がボヤけてしまうのが恐ろしいです。
自然と対話できるようになりたいものです。

投稿: スロートレック | 2010年10月 4日 (月) 10時01分

■スロトレさん

調査報告書ではなかった生還ガイドのインタビューが
この本で掲載されていました
低体温症で意識を失い、ハイマツの中に倒れ込み翌日ヘリで救出された方です
忌まわしい事故を振り返り今後のために発信する
これもなかなか勇気のいることです

いつもいつも厳しい山歩きをされるスーさん
ビアーを傾けている時だけでなく
たまにはゆったりとした山歩きもお楽しみ下さい(笑)
燕のように…

投稿: hanasaku | 2010年10月 4日 (月) 17時42分

ちょっとの不注意が大きな事故につながりますから、時間はかかりますが慎重に行動を心がけています。
それに同じようなペースの人たちが組み合わさるべきと思いますね~

投稿: まゆごん | 2010年10月10日 (日) 02時08分

■まゆごんさん

今回の南八ツ行きでも
携行品に相当気を使いました
一日目の硫黄岳~横岳は
オーレン小屋の方から風が強いからと止められ
別の支尾根を歩いたのですがやはり相当きつい風が吹きすさんでいました
山の気候って厳しいことを実感した次第です

投稿: hanasaku | 2010年10月11日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/36989641

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて思う:

« 秋晴れの日に | トップページ | キイジョウロホトトギス »