« 本日のお立ち寄り所 | トップページ | アイアンホース郡上八幡ツーリング 二日目その1 »

2010年5月18日 (火)

アイアンホース郡上八幡ツーリング 一日目

5/15(土) 岸和田SA~白川郷~郡上八幡


22515_025
 残雪の山並みを眺めながら東海北陸道を白川郷に向け快走

これまでのアイアンホースツーリングは

交通混雑を避けゴールデンウィークが始まる直前に実施していたが

人事異動や年度当初の繁忙等を考慮しこの時期となった

また、例年だと2~3泊していたが、なかなか休みづらくなったことから土日の1泊とし

おじさま族は別途オプショナルで1泊を追加した
(勿論、hanasaku隊もオプショナルツアーに参加したのは言うまでもない)

自宅6:30=7:15岸和田SA7:30=松原JCT=亀山PA=一宮JCT10:16=長良川SA=白川郷IC12:15=白川郷=16:00郡上八幡

                泊;旅館 磨墨~するすみ~

22515_001_2
8台10名のメンバーが三々五々岸和田SAに集結

集合時間の7時15分前には全員が集合し

さらに、仕事の都合で急遽参加できなくなったメンバー2名も見送りに駆けつけてくれる

予定の7時半に岸和田SAを出発し、西・東名阪、名古屋高速を経て白川郷に向け北上

早朝は少し冷えたが徐々に気温も上がり、交通量の少ない東海北陸道を快走

22515_01222515_021

予定の時刻と10分も違わず白川郷に到着(幹事さん すごい!)

先ずは腹ごしらえをと、手打ちそば処「そば道場」へ

22515_04222515_041 信州もそうだが、水が美味しいところは蕎麦も旨い

満足したところで、世界遺産「白川郷」をしばし散策

22515_04322515_038

駐輪場から荘川に架かる「であい橋」を渡ると「萩町合掌集落」が広がる

22515_048

22515_053

22515_057

まだ鯉のぼりも残り、残雪と合掌造りによくマッチしている

世界遺産効果だろうか、中国系を含めやたら外国人が目につく

白川郷合掌集落を後に新緑が目映いR156を御母衣(みぼろ)ダムに向かう

22515_06422515_066

御母衣ダムは日本最大級のロックフィルダムで

高さ131mの石積み堰堤は目を見張らせる

22515_07422515_076 6年前に同じアイアンホースで訪れた御母衣湖畔に

水没予定地から移植されたという「荘川桜」が見事に花を咲かせていたのが思い出される

22515_082 湖畔のレストランでお茶し、一路郡上八幡の旅籠「磨墨」へ

ここ「磨墨」はライダー歓迎お宿のようで

これまで訪れた多くのライダーがHPを飾っている

早速、我らアイアンホースのメンバーも翌朝の出発時に撮ったスナップが貼り付けられていた

到着時間が早かったこともあり、何人かは「郡上踊り」の街に繰り出した

22515_083 hanasaku隊は早朝に散策することとし、夕餉を美味しく頂くために一風呂浴びスタンバイ

【本日の走行距離】  489km

|

« 本日のお立ち寄り所 | トップページ | アイアンホース郡上八幡ツーリング 二日目その1 »

コメント

合掌造り、風流ですよねぇ~!
こいのぼりと確かにマッチしてます♪
お天気にも恵まれたようで、楽しいひと時を過ごされたみたいですね。

・・・ところで、1つ気になることが・・・。
走行中のバイクの写真がありますけど、
まさか、運転中に・・・じゃ~ないですよね ^^;

投稿: うさぎ猫♪ | 2010年5月18日 (火) 22時55分

■うさぎ猫♪さん

白川郷の合掌集落はいつ訪れても郷愁を感じさせてくれます
日本の原風景なんでしょうかね
一度雪の時期に行ってみたいのですがなかなか叶いません

アイアンホースツーリングにhanasakuの撮影助手を初めて帯同しました
後部座席で、しっかりとその役目を果たしてくれていましたよ
でも、走りながらのシャッターはかなり難しいようで、ピンぼけ始め相当ボツにしました(笑)

投稿: hanasaku | 2010年5月19日 (水) 04時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/34657703

この記事へのトラックバック一覧です: アイアンホース郡上八幡ツーリング 一日目:

« 本日のお立ち寄り所 | トップページ | アイアンホース郡上八幡ツーリング 二日目その1 »