« ゴールデンウィークは近場を探索 | トップページ | 再びニリンソウを求めて »

2010年5月 4日 (火)

赤坂山はお花の山

22. 5. 2 (日) 赤坂山 823.8m

2252mietai_145
                   メタセコイア並木  

マキノ高原駐車場8:05~さらさの湯8:07~登山口8:20~8:38見晴台8:42~9:16武奈ノ木平9:21~粟柄越10:17~赤坂山10:30~明王の禿10:50~11:03赤坂山(昼)12:03~粟柄越12:13~寒風13:17~14:22西山林道出合14:33~15:00さらさの湯

3年前(07.5.30)の赤坂山はベニドウダンやサラサドウダンが満開だったものの

草花には時期既に遅く、今回は少しはやめてリベンジを狙った

ゴールデンウィークの渋滞を予想し4時に自宅を出発

吹田JCTや京都もスムーズに通過でき、道の駅「あどがわ」に6時半ごろ到着

一時間ほどかけ朝食やトイレなどを済ませ、メタセコイア並木でしばし撮影タイム

マキノ高原スキー場入り口の登山者用駐車場に愛車エクスを停め

先ず目に飛び込んできたのはゲレンデを埋め尽くすようなテント村

2252mietai_114
(寒風からの下山時に撮影)

テント村を抜け登山口から急な山道をしばらく登ると見晴台に着く

眼下に広がるテント群には目を見張る

ここから先はあまりの暑さにTシャツ一丁で

登山道両サイドにはスミレやイカリソウが姿を見せ始める

2252mietai_0192252mietai_026
スミレサイシン / コタチツボスミレ

2252mietai_021_22252mietai_025
トキワイカリソウ

武奈ノ木平手前にはモクレンの仲間が

2252mietai_0282252mietai_029
タムシバ

やがて武奈ノ木平に到着

小休憩と行動食のバナナを補給

2252mietai_0322252mietai_033

武奈ノ木平を過ぎると左側にせせらぎの音が聞こえ始め

同時に登山道両側にはイワカガミの群生が現れるが、まだ蕾膨らむ状態

替わって他の草花が愛らしい花を咲かす

2252mietai_0422252mietai_043
カタクリの花

2252mietai_0492252mietai_052
イワウチワ

2252mietai_0502252mietai_051
ショウジョウバカマ

粟柄越の直前には待望の

2252mietai_0542252mietai_056
オオバキスミレ

2252mietai_060 武奈ノ木平からはデジ亀状態に陥り、なかなか足は進まない

粟柄越に着くと赤坂山が目に飛び込む

大岩に納められたお地蔵さんに手を合わせあと一息で赤坂山ピーク

2252mietai_0652252mietai_068

大賑わいの山頂を早々に明王の禿に向かう

一旦下って登り返すが、周辺にはカタクリや

2252mietai_073
ミヤマカタバミ

明王の禿に来ていつも思うのだがどう見てもマントヒヒの横顔に似ている

2252mietai_0752252mietai_076

再び赤坂山に戻り昼食

本日のメインディッシュはこの方からレシピをパクッたホットドッグ

2252mietai_0812252mietai_082

ウインナーとケチャップをジェットボイルで温めパンを焼く

    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

2252mietai_085

旨い!!

これにコーンポタージュと何故かタラコスパが仲間入り

2252mietai_0862252mietai_087

食後のコーヒーを頂き一時間マッタリと過ごす

一旦粟柄越まで戻り、尾根筋のアップダウンを繰り返しながら寒風に向かう

2252mietai_089
涼風を感じながら気持ちの良い尾根歩きが続く

眼下にはマキノ高原のテント村やメタセコイア並木が霞む

2252mietai_091

笹原にはこれでもかとカタクリの花が咲く

やがて笹原に別れを告げると

2252mietai_0992252mietai_101
バイカオウレン

見上げるとこんな鳥も

2252mietai_108_2
ゆきうささ~ん 出番ですよ~~

22.5.8 追記 ; ゆきうささんから「コガラさんかな?」との情報をいただきました

この辺まで来るとイワカガミもそこそこに咲き始めている

2252mietai_1122252mietai_118
イワカガミ

2252mietai_1162252mietai_117

ニシキゴロモ

2252mietai_122_2 テント村を樹間に眺めながら西山林道分岐に

「あどがわ」のコンビニで買った石焼芋で休憩

スキー場跡?のゲレンデを下りテント村を抜けMIE&TAIがキャンプする林間サイトへ

2252mietai_1312252mietai_134

一緒にマキノ高原温泉“さらさ”で一風呂浴び

キャンプ定番のBBQをご馳走になり長かった一日を終える

       

(花名が違っていたら教えてください)          

       

      

|

« ゴールデンウィークは近場を探索 | トップページ | 再びニリンソウを求めて »

コメント

おはようございます
赤坂山 花がいっぱいで良いですね!
山野草好きにはたまらないです。
特にオオバキスミレの鮮やか花を見てみたいです。
先日、山野草の展示会で大山キスミレをを見て、かあちゃんがたかっさん大山へ連れてって何てな事を言ってました。鳥取より近いのでチョット考えよう?
パクリレシピのホットドックめちゃ美味しそう!

投稿: たかっさん | 2010年5月 4日 (火) 08時59分

なんか不思議なご縁のhansaku隊さま(笑)
4時半出発ですか・・
甘かったです。そういえば、昨年の伊吹北尾根は、もっと早くに出発してました(ーー;)
3年前、私は5月12日でした。
http://hamachan17.sakura.ne.jp/akasakayama07
きっと、この頃から何やら怪しい糸でな~んて(笑)
お孫ちゃんたち、ここでオートキャンプをしてたのですね。

投稿: HAMA | 2010年5月 4日 (火) 15時12分

■たかっさん

さすが花の山と言われるだけあって
たくさんの花が咲いていました
特にバイカオウレンの清楚な白い花はたまりません
これからの大山は新緑のブナ林が素晴らしいです
いってらっしゃ~い

パクリはホント、美味しかったですよ


■HAMAちゃん

やはり読みが優れていましたか(笑)
なんても、朝食もとらず4時に自宅を後にしましたから

本当に不思議です
3年前の5月12日のHAMAちゃんの後を追っかけるようにその月の30日に赤坂山に
次は年が明け2月10日、スノーシューで粟柄越下ですれ違い
この時の森のリカさんからのコメントが「どの辺ですれ違ったのでしょう?」
そして今回です
いずれそのうちに‥

で、MIE&TAI等は朝6時に和歌山を発ち、マキノ着が11時過ぎだったらしいです
一時間余り余計にかかったのかな
充実した一日でした

投稿: hanasaku | 2010年5月 4日 (火) 16時58分

 屋外で食べるホットドッグも美味しそうですね。カップラーメンだけじゃなく、真似してみようかとも思いますが、持って行く荷物が増えるのが難点?。カメラとレンズを厳選するしか手がないな。

投稿: Hide | 2010年5月 5日 (水) 09時38分

■Hideさん

ホットドッグに限らず
アウトドアでは何を喰っても
美味しいですよ
バイクでは荷物が限られますので
そこは工夫でしょうね

投稿: hanasaku | 2010年5月 5日 (水) 16時06分

 泊まりのロングツーリングじゃ荷物を増やしたくないので無理ですが、日帰りツーリングならこれくらいRTに積むのは何ら問題とならないでしょう。

 自転車の場合…ではなく、長時間歩く場合、一眼レフも小型軽量な機種でレンズも軽めのズームに頼るしかないですが、そうした組み合わせを持っていないのが問題。大台ヶ原はどのカメラで行こうかな。

投稿: Hide | 2010年5月 5日 (水) 17時24分

赤坂山へは関東へ転勤になった友人と数年前に登りましたが、同じコースを上りましたが取っ掛かりの最初がきつかった事を思い出しました。
奥の北側から登った方が楽なんでしょうかね?

相変わらずのアウトドアグルメの美味しそうなのにはには恐れ入ります。delicious

投稿: まるちゃん | 2010年5月 5日 (水) 20時02分

いろんなお花が楽しめたんですねlovely
今シーズンまだ会えないお花をhanasakuさんの写真で楽しめました。
お昼ごはんもおいしそうですね~fastfood

投稿: あるぴょん | 2010年5月 5日 (水) 20時15分

■Hideさん

X2を選んだ最大の理由は
2年前の当時としては一番軽量だったことです
それが標準一本だけでは満足できず
ズームを購入し、今はそれを付けっぱなしです
一日首にぶら下げて歩くともう大変です


■まるちゃん

マキノ高原からの取り付きは
体が慣れていないこともあり、しばらくは辛いですよね
北側の黒河越からでしたらそれほどでもないのですが
3年前に行った時には林道が崩落し車が通れず
林道歩きで往生しました
山での目的の一つが「食べること」なんです(笑)


■あるぴょんさん

ここ赤坂山は本当に花の宝庫です
もうしばらくするとドウダンツツジが咲き誇り
それは見事なもんですよ
和歌山からよりは近いんじゃないでしょうか
ホットドッグはある方のレシピをパクッタのですが
旨かったです

投稿: hanasaku | 2010年5月 6日 (木) 04時42分

美味しそうですね~、やっぱ山で
食べないとね~w
しかし、これでもか!ってな花咲きまくり♪
早朝発のかいがありましたね
そろそろ我が家のヨメも冬眠から起こさないと
( ̄ー ̄)

投稿: スロートレック | 2010年5月 6日 (木) 11時57分

■スロトレさん

美味しそうでしょう
羨ましいでしょう
でも、レシピは教えませんから(笑)

HAMAちゃんは昼食に用意したすき焼きも食べずに下山したらしいですが
hanasaku隊は、しっかり食べ、しっかり花を見ることができました
これまさしく“三文の得”

投稿: hanasaku | 2010年5月 6日 (木) 17時51分

メタセコイヤの並木道路 何度か見ましたが、いいですねー。 色づく秋にはドライブしたい道です。

それにしても たくさんの山野草が咲いていましたねー バイカオーレンも今頃まで咲いているのですね。

昨日ニュースで、琵琶湖バレーの水仙の花が満開だとレポートされていました。
湖西方面の山歩きはしたことは無いのですが、hansakuレポートにも時々登場しますし、インプットしてあるのですがね。

投稿: タマ | 2010年5月 7日 (金) 10時24分

花の種類が多いですねぇ。昼食の品数も多いです。
さわやかな山の雰囲気が素敵ですね。赤坂山、6月に行くかもしれません。花咲いているでしょうか。
最後に、お孫さんとBBQ、楽しそうですね。

投稿: RIKO | 2010年5月 7日 (金) 11時28分

■タマちゃん

メタセコイア並木は何度通っても、必ずと言っていいほど立ち止まってレンズを向けてしまいます
そして、レポの一隅を飾るのですが、赤坂山とは無関係なのに不思議です
今回は本当にたくさんの草花が迎えてくれました
とりわけ、バイカオウレンの清楚な花が印象深く残っています
これからはドウダンツツジの季節ですが、又違った花も楽しめるかもです


■RIKOさん

ここ最近花に外れているのですが
今回は大正解でした
6月の始めだとイワカガミはまだ残っているでしょうし
サラサドウダンやベニドウダンが見頃じゃないかな?
山から下りて温泉に浸かり、BBQにプシューですから
お山はやめられません(笑)

投稿: hanasaku | 2010年5月 7日 (金) 20時19分

遅ればせながら参上!!
なにか呼び声が聞こえたような・・

鳥さんは コガラさんかな?
ちがっていたらごめんなさい^^;


それにしてもメタセコイアの並木めっちゃきれいですね~~
ぜったい行きたいところにはいりましたよぉ

モクレンの写真 素敵です~
それにしても花の写真を名前入りで見られるなんてためになりますね
でもすぐ忘れちゃうのですけど

投稿: ゆきうさ | 2010年5月 7日 (金) 22時54分

■ゆきうささん

声が小さかったのですね
失礼しました
次の機会にはもう少し大きな声で叫びますので
又よろしく(o^-^o)

春夏秋冬、どの季節に通っても素晴らしい景観を楽しませてくれます
特に冬の冠雪した並木は見事なものですよ
今回はある方のレポを参考に花に名前を入れたのですが、はたして合っているのやら

投稿: hanasaku | 2010年5月 8日 (土) 04時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/34502459

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂山はお花の山:

« ゴールデンウィークは近場を探索 | トップページ | 再びニリンソウを求めて »