« いま和歌山は花がいっぱい | トップページ | 「天空の庭」と言えば… »

2010年4月19日 (月)

今シーズン最後の桜見は「天空の庭」で

22.4.18(日) 天空の庭 「高見の郷」

22418_074

高見といえば樹氷でおなじみの関西のマッターホルン

雪の季節には毎年と言っていいほど通っているが

この時期の高見は初めて

高見トンネルの手前にある駐車場にRTで乗り付けたのが14時過ぎ

まだまだ駐車場は満杯で、付近に多くの路駐車を見かける

入口で入場料500円を支払い、時間の節約から上り送迎料300円を支払って四駆に乗り込む

狭くて急峻な坂道を登ること5分余り

パンフレットにあるとおりそこは山の上に開けた正に「天空の庭」

先ずはシダレ桜と「高見山」とのツーショット

22418_06322418_065

標高650mの地に1000本のシダレ桜が植えられているという

さすがバスツアーが組まれるだけあって見事の一言に尽きる

22418_061

22418_053

22418_071

植栽を初めて20年足らずとのこと

あと10年もすれば一大桜の名所になること請負だ

桜といえばソフトクリーム??

22418_06722418_05422418_077

名残り惜しげに山を歩いて下る

ところで、高見への道すがら、過日マスコミの紙面を飾った「御衣黄(ぎょいこう)」を見に城山台中央公園に立ち寄った

といっても、城山台の団地の中を彷徨った挙句やっとこさたどり着いた

公園の一角にこんもりと土が盛られ、ボタンザクラが植えられている

この中の一本が「御衣黄」

22418_006

『サトザクラとヤマトザクラを交配したオオシマザクラの一種。花弁数が10~15枚あり、ソメイヨシノなどが散った晩春に咲く』と案内がある

22418_00422418_011

緑のサクラがなんともいえぬ味わいを出している

ついでと言ってはお叱りを受けるが満開のボタンザクラもいくつか

22418_00822418_010

22418_01422418_015

   

3月28日の和歌山城の桜に始まり、宇陀路の又兵衛桜や大野寺の枝垂桜、そして今回の高見の郷

今年もたくさんの桜がhanasaku隊を楽しませてくれた

【本日の走行距離】 257km

|

« いま和歌山は花がいっぱい | トップページ | 「天空の庭」と言えば… »

コメント

へぇ〜!高見山でもお花見が出来るのですね。
登った事がないので、今年はチャレンジしてみるかな。

投稿: まるちゃん | 2010年4月19日 (月) 21時06分

■まるちゃん

驚きですよね
高見山=霧氷
とばかり思っていたのですが桜です
でも、やはり霧氷の時期は最高です
是非お出かけください

投稿: hanasaku | 2010年4月19日 (月) 21時45分

これはビックリ高見の桜!メモメモ。
桜の種類の多さも凄いですが、緑花の桜「御衣黄」は渋いですね。
もうすぐセッコクの展示会がありますが、セッコクにも緑花の名品が多数あるので是非、ご覧になって下さい。

投稿: たかっさん | 2010年4月19日 (月) 22時45分

行かれたんですね♪
ママチャリで・・・でかな?(笑笑笑)

素敵なところじゃないですかぁ~ ^^
緑の桜、見たことなかったから感動しましたっ!

来年はママチャリで行ってみようかなぁ?


投稿: うさぎ猫♪ | 2010年4月19日 (月) 23時29分

高見山のしだれ桜といい、御衣黄桜といい
なんとレアーで贅沢な楽しみを
されていることでしょう

どちらも私には初耳で新鮮でした
hanasakuさんのブログを見ていると
今度行きたいストックがたまる一方です

投稿: みず | 2010年4月20日 (火) 00時15分

■たかっさん

御衣黄が某紙の朝刊県版の紙面を飾った時
「おっ これは見にいかないと」とはて参じた次弟です
やはり生で目にすると目を見張るものがありましたよ
セッコク展は予定してるんですが
天気だといいんですが


■うさぎ猫♪さん

吉野路は今が中~上千本が見頃で、川沿いの渋滞を恐れたのですが
さほどでもありませんでした
ですからママチャリではなく鉄馬に跨って行きましたよ(笑)
ことしも桜を充分堪能しました
満腹です


■みずさん

RTあればこその行動です
既に6万kmを超えており、大事に乗らなきゃと思うのですが
休みになるとついつい走ってしまいます
ご期待に応えられるよう、さらに精進し新たな開拓に努めますι(´Д`υ)アセアセ

投稿: hanasaku | 2010年4月20日 (火) 04時46分

これはびっくり!素晴らしいですね
いつも横を通り過ぎるのですが
こんな素晴らしい場所だったのですか
やー、灯台下暗しです
ここならお山の帰りに寄れそう
ちょっと遅めならタダかもんw( ̄ー ̄)
いいところ教えて頂きました音符

投稿: スロートレック | 2010年4月20日 (火) 11時04分

■スロトレさん

300円という大枚を払って送迎車に乗り込んだのですが
時間が許せば自らの足で登るのがいいです
台高山系を歩いて帰りがてら再び登り直す
これって一粒で二度おいしい… (笑)

投稿: hanasaku | 2010年4月20日 (火) 20時49分

「天空の庭」、どこか初々しくて、清楚な香りただよう“千本桜”でいいですね。
やはり、孤高の高見山山麓のゆえ、でしょうか。
この春はあわただしかったですが、来春はきっと参ります。
以前は東吉野によく通っていたのですが、このごろは、室生、大宇陀あたりに滞留することが多く、高見山も遠望するだけでした。
hanasakuさんの好奇心、探究心の強さとフットワークの良さに敬服します。

投稿: suketto | 2010年4月22日 (木) 09時27分

■sukettoさん

まだまだ発展途上の身?
10年後が、いえ、これからが楽しみな「天空の庭」でした
大宇陀を始め3週連続(大宇陀→御所→高見)で大和の国に出かけました
おかげで、帰途立ち寄った「五條・スプーン」のオーナーご夫妻?に
顔を覚えられたようです

室生、大宇陀、榛原にアジトを設けると
滞留したくなる気持ちがよくわかりますよ
宇陀市は当を得た合併だった気がします

投稿: hanasaku | 2010年4月22日 (木) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/34292355

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン最後の桜見は「天空の庭」で:

« いま和歌山は花がいっぱい | トップページ | 「天空の庭」と言えば… »