« 正月を蓼科高原で PartⅡ | トップページ | 粉雪舞う綿向山へ »

2010年1月 6日 (水)

正月を蓼科高原で PartⅢ

22. 1. 2 北 横 岳 (2480m)

21123112_085
ピラタスロープウエィ乗り場9:20=9:27山頂駅9:45~坪庭10:06~三ツ岳分岐10:42~北横ヒュッテ10:50~北横岳・南峯11:15~北峰11:28~北横ヒュッテ11:45~坪庭12:20~山頂駅12:30=12:37乗り場

21123112_150 朝テラスに出ると昨日までの風が和らいでいる

朝食を頂き早々とチェックアウトを済ませると再びピラタスロープウェイに向かう

21123112_07521123112_079

ストックは昨夜のうちに点検を済ませ、目出し帽で完全装備の上坪庭から北横を目指す

途中、九十九折れから坪庭を見下ろすと下からこちらにカメラを向けており、負けずにパチリ

21123112_08221123112_087北横ヒュッテに近づくにつれ雪の量が多くなり気持ちが高揚してくる

21123112_157 ヒュッテから20分ほどで北横岳・南峰そして北峰に到着する

視界はさほど効かず青空も望めない

やはり山頂部は風が強く早々と退散し、樹林帯をルンルンで下る

21123112_09321123112_097

木々の中に自然のオブジェがいっぱい

21123112_09921123112_10021123112_16321123112_17921123112_18021123112_183

さて、余りゆっくりと芸術鑑賞をしてもおられず

九十九折れを下るうちに、登り時には見えなかった縞枯山や南八ツの山並みが姿を現す

21123112_10221123112_103       

坪庭から山頂駅まで戻り、今日も貸し切りの下りロープウェイで下山する

「ぽっかり雲」に立ち寄り三日間のお礼を述べ、慎重に凍結道を下り「小斉の湯」

小斉の湯は、全て源泉かけ流しで、五つの露天風呂からなる

北八ツで冷えた体を早く温めたかったので内湯の岩風呂に体を沈め疲れを取る

温泉の間近にあるそば処「そば庄」で昼食をとり、蓼科高原の旅にピリオドをうつ

21123112_18721123112_18821123112_189   

最後に、ペンション「ぽっかり雲」は、食事の内容、もてなしの心、施設の持つ雰囲気…

どれをとっても超一級品で、四季折々に訪ねてみたい

|

« 正月を蓼科高原で PartⅡ | トップページ | 粉雪舞う綿向山へ »

コメント

お正月を蓼科高原でPartⅠ~Ⅲ
あぁ~何て良い正月を過ごされてるんですか!
どれをとっても超一級品のペンション「ぽっかり雲」に我家も行ってみたくなりました。

投稿: たかっさん | 2010年1月 6日 (水) 22時02分

■たかっさん

掛け値なしでいい正月でした
これは病み付きになりそうです
それに大きな声ではいえませんが
ペンションはリーズナブルな料金なんですよ
リッチでも何でもありません
先ずお試しに北八ツでのスノーシューにいかがですか?

投稿: hanasaku | 2010年1月 7日 (木) 05時25分

このような素敵な写真を拝見すると雪原や樹林帯を駆け抜けるほんもののうさぎになりたいと思います
ブリザードになると大変なのでしょうが
最高のお正月でしたね

ぽっかり雲・・・リーズナブルですよね
私も 今度は新緑のころに2泊3日でゆっくり野鳥撮りをしたいと思っています

投稿: ゆきうさ | 2010年1月 7日 (木) 08時26分

■ゆきうささん

写真を褒められると穴があったら入りたい心境ですが、写真の方はともかく、ゆきうささんには雪原が最もお似合いですよね
三角屋根の縞枯山荘をバックに飛び回るウサギさんを想像するだけで楽しくなります

GWの後で恒例のツーリングを郡上八幡に予定しているのですが
少し足を延ばし蓼科へとも考えています

投稿: hanasaku | 2010年1月 7日 (木) 17時43分

お疲れ様でした。

投稿: よっちゃん | 2010年1月 7日 (木) 19時16分

良いですねぇ♪
ペンションもスノーシューも^^
冬でもお蕎麦は「ざる」なんですね。

投稿: koboちゃん | 2010年1月 7日 (木) 19時51分

■よっちゃん

いえいえ、
疲れてはいませんよ
この三連休、今からワクワクしています


■koboちゃん

よかったです
ペンションも、スノーシューも
贅沢を言わせて貰えば一日でもいい、青空が欲しかった

で、蕎麦はザルなんです
夏でも冬でもこれしか食べません

投稿: hanasaku | 2010年1月 7日 (木) 20時49分

3連休もスノーシューですか?
湖北まで行かなくても綿向山でも良さそうですね
私も行きたいのですが、二日は子供の用事で一日は私の用事(オフ会で金剛山)です・・・
明日から又、お仕事始まりますのでまた、また・・・隠れますね(苦笑)
本当にご心配頂いてありがとうございます。
<(_ _)>

投稿: よっちゃん | 2010年1月 7日 (木) 21時31分

ぽっかり雲の食事は凄いですね。 お正月と言うこともありますが、あの山中のペンションの食事とは思いません。
スノーシューはペンションで借りられますか。 僕はスノーシューとワカンを持っていますが、相棒が持っていないと言うことなので、僕のワカンも使おうかと思っていますが、スノーシューの方が優れものですしね。

かなりの低温と積雪だった見たいですね。 僕の行ったときも縞枯山への登りはそらゃー大変でした。夏に登っていたので急なことはインプット済みでしたが、胸まで雪に埋まりながら はって登りだしましたが結局途中で引き返したと記憶しています。 楽しく歩くことなら縞枯山への登りを避けられたことは正解だと思います。

今回は青空が少なかったようなので、多少残念ですが、何度でも行きたくなる厳冬期の北八ツですから次に取っておきましょう。 北横岳からも、五辻周辺からも展望はいいですからね。
それにしてもすばらしいお正月でしたですね。

投稿: タマ | 2010年1月 7日 (木) 22時08分

■よっちゃん

綿向山、いいですねぇ~
候補の一つです
金剛山でオフ会か
これもいいな~
精一杯楽しんできてください


■タマちゃん

普段は手作りの食材を使ったフルコースのようですが
年末年始は特別なようです
HPでも敢えて正月のお食事と取り上げられるくらい力が入っています

北八ツへは四度目になりますが
これだけ冷え込んだのは初めてです
北横はガスって、或いは吹雪いてさえいなければトレースもしっかりついているし案外簡単なんですが、縞枯はそうもいかないようです

青空は望めなかったもののそこそこに楽しいスノーシューでしたよ

投稿: hanasaku | 2010年1月 8日 (金) 05時33分

すごく綺麗な雪景色ですね!
お正月、他の人が作ったご馳走を食べられるとは、めっちゃ羨ましいです。

投稿: RIKO | 2010年1月 8日 (金) 21時18分

明けましておめでとうございます
遅れましたが、本年もよろしくお願いします

うわぁ~豪華なお正月ですね~♪
我が家とは大違いです~^^
もうひとつ驚いたのは、こんな大雪でも山を歩かれるのですね
怖くはなかったですか?
目のお正月をさせてもらいました

私の方は、ブログの引越しをしました
□近場の低山歩きと花を楽しむ♪□ です
内容は変わり映えしません(笑)
またお時間のある時に遊びに来てくださいね
お待ちしています(^o^)丿

投稿: まゆごん | 2010年1月 8日 (金) 21時38分

北横岳行きた~~いです。
冬のアルプス。。。まではよ~行きませんが、ここなら私も歩けそう^^
そして「ぽっかり雲」に泊まりたいです^^がんばって働かなければw

投稿: 森のリカ | 2010年1月 8日 (金) 22時12分

■RIKOさん

ペンションも良かったし、吹雪いてたものの北八ツも素晴らしかったです
お正月、他の人の作ったご飯を食べるのは今回が初めてなんです
RIKOさんももうしばらくすればどんどん行けるんじゃないでしょうか?


■まゆごんさん

初めて正月に家を離れ異地で過ごしました
いいモンですね
病み付きになりそうです
北八ツは登山道もしっかりしているし
山に登らなくとも坪庭とかでスノーシューを楽しむことができます
現に、元旦は寒さと風で北横岳を諦め坪庭周辺でお茶を濁しました(笑)
>□近場の低山歩きと花を楽しむ♪□ 
お気に入りに入れました
初登りは岩湧山だったようですね
後でゆっくりおじゃまします


■森のリカさん

北八ツなら安心ですよね
って、油断は大敵ですけど‥
二人だけで二度、ツアーとガイドつきで二度
どっぷりと北八ツにはまっています
北八ツにお出かけの際は是非とも「ぽっかり雲」をご利用ください
心よりリカサンチームのご来店をお待ち申し上げます(笑)

投稿: hanasaku | 2010年1月 9日 (土) 07時53分

こんなにたくさんの雪に覆われた北横岳ヒュッテを初めて見ました。
いいお正月を過ごされましたね。
スノーシューで遊びたくなりました。

投稿: あるぴょん | 2010年1月12日 (火) 19時09分

■あるぴょんさん

雪たっぷりすぎた北横でした
元旦は残念ながら坪庭周辺でお茶を濁しました
でも、二日は本当にスノーシューを存分に楽しみましたよ
いい正月でした

投稿: hanasaku | 2010年1月12日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/32838137

この記事へのトラックバック一覧です: 正月を蓼科高原で PartⅢ:

« 正月を蓼科高原で PartⅡ | トップページ | 粉雪舞う綿向山へ »