« 正月を蓼科高原で PartⅠ | トップページ | 正月を蓼科高原で PartⅢ »

2010年1月 5日 (火)

正月を蓼科高原で PartⅡ

22. 1. 1 坪庭散策 (2237m)

さらに「ペンションぽっかり雲」は続く

元旦の朝は例年、あゆみさん(オーナー)とお母さん手作りのおせち料理がふるまわれる

21123112_12821123112_131 3日前から準備してきたという手料理が12品お重に並ぶ

これに、新鮮なお刺身の盛り合わせとお雑煮

加えて日本酒付き

まずは新年を祝ってカンパイ!!
といきたいところだがオーナーご両親の心温まるもてなしのご挨拶で新年の幕が開く

21123112_13021123112_133

おせち料理にお腹を膨らませ

日本酒でホロッとしたところでいざ北横に向け出陣

ぽっかり雲の階段を下り少し行くとそこはもうピラタス蓼科のゲレンデ

ピラタスロープウエィ乗り場10:00=10:09山頂駅10:34~坪庭~11:10縞枯山荘11:30~山頂駅12:05~五辻12:34~12:55東屋(昼食)13:30~14:15山頂駅15:00=15:07ピラタス乗り場~15:20ぽっかり雲

21123112_138 ピラタス蓼科ロープウェイに乗るのが今回で4度目となるので慣れたもの

ゴンドラ内では「ただ今の山頂付近の気温は氷点下17℃」との案内

山頂駅に到着し、ストックを伸ばそうとするが前夜のうちに中のストッパーが凍り付いたのか伸びない

まずは本日の反省点1

広場でスノーシューの出発準備をしていたグループのリーダーから「マイナス17℃ということはこの風だと体感温度は-40℃くらい」というオソロシイ話を聞かされる

ともかく、山頂駅を出発しまずは坪庭に向かう

21123112_01921123112_020

しかし、坪庭は風が強く更に風当たりの強い北横岳は翌日に回すこととし、縞枯山から茶臼山~五辻を目指す

21123112_02821123112_031

縞枯山荘で温かなコーヒーをよばれ「縞枯山から茶臼山を経て鞍部から五辻に向かう」と話すと、「昨日からの積雪で登山道は雪に埋もれ今日は一人も歩いていない」と暗に制止される

21123112_03521123112_043 

またもや方向転換し、一旦山頂駅に戻り直接五辻に向かうこととする

21123112_143 このルートは以前ズームママのガイドでピストンしたことがあるし、昨年はツアーで麦草峠から歩いている

縞枯山の西側山麓の樹林帯を進むルートで、風もほとんどなく、途中森林浴展望台からの眺めも素晴らしい

五辻を少し過ぎたところの東屋で暖かなカップみそ汁を入れ、山頂駅レストランで作ってもらったおにぎりで遅めの昼食

21123112_04721123112_055

再び、五辻から森林浴展望台を経て山頂駅に無事帰り着く

21123112_06121123112_063

やはり本日の〆は「ぽっかり雲」の夕食

元旦とあって手巻き寿司が用意された

21123112_14421123112_146 

たっぷりな寿司ネタに、ノリ、シャリはお代わり自由

とは言っても、そうそうお腹に収まるはずもなく半分余りはお刺身で頂く

手巻き寿司には地ビールがお似合い?

21123112_14721123112_148 

「pilatus no oka beer」と「いも焼酎のお湯割り」で至福の刻が過ぎていく   

|

« 正月を蓼科高原で PartⅠ | トップページ | 正月を蓼科高原で PartⅢ »

コメント

すご~い
元旦をぽっかり雲で迎えられるとこんなおもてなしがあるのですね
2泊されたんだ~~いいなあ~

それにしても 11月の中旬と3月の半ば過ぎに坪庭に行きましたが厳冬期だとこんなに厳しい雰囲気なんですね
体感気温にびっくりです

投稿: ゆきうさ | 2010年1月 6日 (水) 01時14分

■ゆきうささん

すご~いもてなしでしょう
ぽっかり雲HPにも敢えて大晦日、元旦の夜の食事が掲載されているくらい力が入っています
大大満足でした

坪庭ですが、ゆきうささんとは反対に雪のない坪庭は知らないんです
ここは樹木もあまりなく、風の吹きさらしで寒いことこの上なしです

投稿: hanasaku | 2010年1月 6日 (水) 04時22分

なんとまぁリッチな正月でしょうか♪
我が家なら、朝からあのご馳走出た時点で
飲んだくれて-17Cの世界になんて
行けないですよ~
奥様のシルエットで体感-40Cが
こちらまで伝わってきます( ̄ー ̄)
いいなぁリッチで!

投稿: スロートレック | 2010年1月 6日 (水) 11時44分

■スロトレさん

スーさんや○嫁さんじゃなくとも
あのおせち料理を目の当たりにし
おまけにお銚子付きとなら心が蠢くのが当然ですよ
しかし(とここは強調しておく)、
5分も歩けば「白銀が招く」世界なのにと
忍び寄る誘惑の手を振り払ってペンションを跡にしました
でも寒かったなぁ~

投稿: hanasaku | 2010年1月 6日 (水) 17時44分

さむそ~
奥様、めっちゃ着込んではりますね^^
小さめのカイロをズボンのポケットの内側に貼っておくと手を温めるのにいいですよ
それからこうなるとも~目出し帽が欲しいですよね♪

投稿: よっちゃん | 2010年1月 7日 (木) 19時15分

■よっちゃん

なんても-17℃ですから
もちろん使い捨てカイロはジャケットのポケットに忍ばせていますし
目だし帽をかぶったものの
やはり白い世界での慣れと、後は年齢(笑)
これからはもう少しカイロの数を増やしてみます

投稿: hanasaku | 2010年1月 7日 (木) 20時42分

御節で始まっって~
-17度の雪山なんて 凄い!-17度の雪山体験してみたい。。。
凄く寒そうです。
そして晩ご飯も~また御馳走。。。(・ρ・)

投稿: 森のリカ | 2010年1月 8日 (金) 22時07分

■森のリカさん

元旦の朝はお節に始まってお銚子までついてくる
スーさんは「一日飲んでいたい」って言っていましたが、正にそんな心境になります
でも、白い激寒の世界も待っているしでお山のほうへ
美ヶ原も同じくらいの気温だったんじゃないですか?

投稿: hanasaku | 2010年1月 9日 (土) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/32838134

この記事へのトラックバック一覧です: 正月を蓼科高原で PartⅡ:

» 完全限定、日本で166人だけ。プレミアム珈琲専門サイト/山口珈琲店 [プレミアム珈琲/山口珈琲店]
官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 23時19分

« 正月を蓼科高原で PartⅠ | トップページ | 正月を蓼科高原で PartⅢ »