« 新春第二弾 | トップページ | 正月を蓼科高原で PartⅡ »

2010年1月 4日 (月)

正月を蓼科高原で PartⅠ

21.12.31 蓼科高原 ペンションぽっかり雲

21123112_068     ペンションぽっかり雲テラスからの蓼科山

本来山行きの計画を立て、日程と前後して泊まる宿を決める

だが、今回は逆にこの方のブログ「21.10.30 蓼科」を見て

正月は「ペンションぽっかり雲」でと宿を先に決め、山行きを付け足した

中央道諏訪ICを下り、ビーナスラインを蓼科に向かううちに道路は凍結道に変わる

ピラタスロープウェイ入口を過ぎしばらく行くとピラタスの丘ペンション村入口に

ナビではペンションのほど近くに到着しているのだが道が分からず脇道に突っ込み

坂道をバックで下るうちに愛車エクスがスリップし横向けに

たまたま通りかかった他のペンションオーナーお二方の助けを借りなんとか脱出できたが、慣れぬ雪道の怖さをまざまざと見せつけられた

21123112_00321123112_006

ぽっかり雲はピラタス蓼科ロープウェイの駅舎から歩いて5分とかからないところに建てられた日本一標高が高いペンション

レストランや客室からの眺めは爽快である

21123112_01321123112_011

館内は床暖房が施されているが、レストランとリビングの間に置かれた暖炉が身も心も暖めてくれる

21123112_01721123112_010

さて、今宵は大晦日

夕食は普段と同様の自然食満載のディナーだが、21時~には地元のそば粉で打った年越し蕎麦が振る舞われるとのこと

まずはオードブルから

21123112_109_221123112_111_2自家製スモークサーモン / オニオングラタンスープ

次に魚料理とサラダ

21123112_11321123112_116鯛のポピエとスープ仕立て / 大根のサラダ

メーンは

21123112_11721123112_124牛のヒレステーキ / アップルティとクリームチーズケーキ

21123112_110 もちろん美味しい食事のもり立て役はシャルドネ

この日は、家族連れが3組とhanasaku隊も含め2カップルと1姉妹

21123112_121 とりわけ、可愛いこの子の投げKissにはじぃじもメロメロ

また、他の家族連れにいた小学高学年かと思われる女の子の

かいがいしいまでのお手伝いには頭の下がる思い

ペンション入りに少々のハプニングがあったが

素晴らしいロケーションの地に立つ「ぽっかり曇」

美味しい食事と最高のおもてなしに

十二分に満足したが、ただ一つの心残りが

      ・

      ・

そう、ディナーであまりにも満足した余り

年越し蕎麦に手を付けられなかったこと

21123112_12621123112_125

|

« 新春第二弾 | トップページ | 正月を蓼科高原で PartⅡ »

コメント

明けましておめでとうございます
雪の無い国の我々はスタットレスに過信を抱きがちですが、事なきを得て良かったですね
このころ、一生懸命仕事していた私です
チョットhanasaku爺さんが羨ましい
で山はどこかに登ったのかな
次回が楽しみです

投稿: ショウタン | 2010年1月 4日 (月) 21時33分

例のペンション!! 先に行かれちゃいましたね。 そしてディナーもなかなかすばらしいですね。

冬タイヤも履いたし 早く行きたいのですが、友人と天候が安定している頃をねらって行くつもりです。(かなり前からの予約ではないので泊まれるかどうかが心配ですが。)
2月か3月になるかも あぁー ほっかり雲に早く行きたーい。

投稿: タマ | 2010年1月 4日 (月) 22時39分

■ショウタンさん

おめでとうございます
今年もよろしくお願いします

トラブル直前、四駆にスタッドレスって優れモンやなぁ~
と話していたとこなんです
少し吹雪いていたし、誘導してもらうくらいの慎重さがあっても良かったかなと後悔しています
おかげさまで事なきを得たのでいい勉強にはなりましたが‥

年末年始はしっかり勤務でしたか?
ご苦労さまでした
それにしても小嶋社長の広報力には脱帽です


■タマちゃん

タマちゃんも所望していましたよね
ゆきうささんが十月に行かれて直ぐ、この日の予約を入れましたよ
それくらい印象に残ったレポでしたし
実際に行ってみて最高でした
是非是非行ってみてください

投稿: hanasaku | 2010年1月 5日 (火) 05時00分

おはようございます

ぽっかり雲へのアクセス・・ピラタスロープウェイ乗り場に停めてくなら簡単ですが ペンション村入り口から車で行くとなかなか大変ですよね
雪道ならなおさらのこと・・そんなアクシデントがあったなんてとにかくご無事で着かれてよかったです

そうそう、はじめてぽっかり雲に行った記録はこちらにあります。http://ameblo.jp/yukiusa-runrun/entry-10166542517.html
スキー客も宿泊している3月にも行きましたがそのときはもちろん雪道でしたが信州の友人の車で連れて行ってもらったのでさすがに慣れていたようです。
それにしてもこのペンションのよさは日本一の高さを誇る以上に ほっこりするおもてなしで家庭料理に工夫をこらしたメニューにもあるように思います

ブログを読んで行ってくださったなんて なんだか嬉しかったです*^^*

投稿: ゆきうさ | 2010年1月 5日 (火) 08時22分

最高の景色でお正月を迎えられてうらやましいです。良い年になりそうですねー。

クリスマス前にスタッドレスタイヤに替えてスタンバイしていますが、信州方面どころかいつもの山へも行けずまだ雪道をパフパフしていません。お正月は海のそばだったし。。。

今年もよろしくお願い致します。

投稿: りゅうのすけ | 2010年1月 5日 (火) 13時48分

■ゆきうささん

おかげさまで年末年始を楽しく過ごすことができました
有難うございました

ペンションに限らずどんな宿泊施設も今は洗練されたHPを持ち
見るからに“泊まってみたい心”を誘います
しかし、実際はそうでもないのですね
ところが口コミ情報は安心できます
今回がその典型のようなもの
この辺にもブログ威力を大いに感じています
ヒョッとしてこのレポを見てどなたかが「ぽっかり雲」訪れるかも…


■RYUちゃん

前述のゆきうささんの紹介で素晴らしい正月を迎えることができました
ただし、4駆にスタッドレスの過信さえなければの話ですが(冷汗)

>雪道をパフパフしていません
そうですよね、熊野三山に詣で
新宮で万惣の激旨中華をすすっていましたもんね
でも焦らずに
今年は雪が深そうですよ

今年も変わりませずよろしくお願いいたします

投稿: hanasaku | 2010年1月 5日 (火) 17時43分

滑り始めたら本当にどきっしますよね
私達も何度も何度も経験有りますが、今のところ事なきを得ています。
デリカを未だに手放せないのには、理由があります。
やはり4駆が、とても良いのと車高が高いこと、悪路での安定が良いことです。
私達が、良く行く白馬乗鞍は、白馬と付きながらもそれより北の小谷村にあります。白馬駅を過ぎると途端に道は、暗く険しくなり豪雪地帯となります。
えげつなさと言ったら・・・
そして、役場の方針が違うのか村の取り決めが違うのか全く判りませんが除雪が進みません。
仕事が終わってから走り夜半過ぎや明け方に着くことが多いので雪は積もり放題な訳です。
すると壷足ならぬ壷タイヤ状態で進むんですが、当然底を擦りながらになります。・・・・・後は、ご想像にお任せしますが、そんな時、デリカは、全く好調でむしろ圧雪され、カチンカチンの道路より走りやすいのです。

お正月を雪国で迎えられこれからクセになるのでは^^
いろいろと楽だしね♪

投稿: よっちゃん | 2010年1月 7日 (木) 19時10分

■よっちゃん

先ずもって久しぶりのこれでもかコメントに
大感激のhanasakuです
と同時に、以前のよっちゃんに戻られたのかなとの安堵の気持ちも半分

トラブルの顛末のほどはレポの通りです
myエクスも4駆と車高の高さは売りなんですが‥
帰って4日、早速お礼の南高梅を送っておきましたよ

投稿: hanasaku | 2010年1月 7日 (木) 20時37分

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます( ゚(エ)゚)v
本年も、どうぞ宜しくお願い致します☆
雪道はこわいですよね。。。御無事で何より^^去年、そういえば美ヶ原行きの車も恐怖しながらでしたw
ペンションぽっかり雲って美味しそうで暖かそうでいいですね^^

投稿: 森のリカ | 2010年1月 8日 (金) 22時03分

■森のリカさん

おめでとうございます
こちらこそよろしくお願いします

今回のお正月を雪の中で‥は
「ぽっかり雲」というペンションを紹介されたこともあるのですが
リカさんチームの昨年の美ヶ原のレポを見て
一度は実現してみたいが底流にありました
良かったです
ありがとうございます

投稿: hanasaku | 2010年1月 9日 (土) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/32838129

この記事へのトラックバック一覧です: 正月を蓼科高原で PartⅠ:

« 新春第二弾 | トップページ | 正月を蓼科高原で PartⅡ »