« 槍も穂高もくっきり | トップページ | 紅葉の焼岳を行く +α »

2009年10月 7日 (水)

紅葉の焼岳を行く

21.10. 4 焼 岳 (2455.4m)

21104_023                 正面に焼岳が…

8月末に西穂を予定していたが天候の関係で鈴鹿に変更

この時に、以前から焼岳へのお誘いを受けていた乗鞍高原「ペンションすきっぷ」オーナーに紅葉のタイミングを相談したところこの日に決定した

すきっぷ(7:05)=(7:40)新中ノ湯登山口(7:48)~下堀出合(9:37)~鞍部(10:56)~火口湖(11:20)~焼岳北峰(11:50)~(12:10)鞍部・昼食(13:10)~下堀出合(13:54)~(15:30)新中ノ湯登山口=(16:10)すきっぷ

21104_00421104_009すきっぷ全景/駐車スペースからの穂高連峰

焼岳へは釜トンネル近くからの中ノ湯ルートと、中ノ湯温泉から安房峠の方に少し上ったところにある新中ノ湯ルートがあるが、釜トンネル近くは駐車場所がなく新ルートを採ることに

21104_018 ただし、こちらも既に駐車スペースは満杯で、少し下ったところの路肩に駐車する

登山口にある駐車スペースからは穂高連峰が見渡せ、いきなりの感動ものだ

登山口からしばらくはトロッコ敷跡だったらしく、幅広の道が続く

やがてそれもとぎれ登山道にはいるが、いきなりゴロゴロ岩の急登が始まる

21104_02021104_021 

喘ぎ喘ぎ登るうちに笹に覆われた登山道に変わるが今度はぬかるみ状態に

歩き始めて1時間半ほどで正面の木々の隙間から目指す焼岳北峰が姿を現す

21104_02521104_028 

中ノ湯ルートとの出合である下堀出合を過ぎると紅葉した焼岳の斜面と穂高連峰が一望できるビューポイントとなりこちらで大休憩

21104_03021104_044 登山道脇に白い実が「しらたまの木」で、食べるとサロメチールの味がすると教えられ口に

「右に見えますのが西穂から前穂、明神に至る穂高の峰々でございます」と言ったか言わぬか

21104_037

この辺から両サイドに紅葉を眺めながら気持ちのいい山歩きが続くが相変わらずの急登で足取りは重い

上高地から仰ぐ赤茶けた山肌とはひと味違った山腹だ

21104_04721104_048 後方に乗鞍岳を眺めながら、焼岳南峰と北峰の鞍部に人影が見えてくるともう頂上は近い

21104_05421104_049 鞍部に立つと足下に火口湖や噴火口が現れ、吹き上げる水蒸気からは硫黄臭が漂う

21104_05521104_063ザックをデポし、噴火口から火口湖に下りる

この辺りは知り尽くしたオーナーならではの行動だ

再度鞍部に戻り、空荷で北峰に向かうがストックは無用の長物だ

北峰山頂は思っていたよりも広く、たくさんの人で大賑わい

21104_06721104_06921104_071 北側には槍、西穂から明神に至る穂高連峰や西穂ロープウエイ山頂駅が、振り向くと乗鞍を始め遠く南アがかすむ

21104_07021104_196 眼下には河童橋や帝国ホテルなど上高地の佇まいを一望することが出来る

眺望を楽しんだ後のピークからの下山が一苦労

21104_07621104_079 登山客の一人がリーダーシップをとり「上り下りは交互に8名ずつ」の呼びかけで、二組待ち

鞍部まで下り、すきっぷ御用達の弁当を頂くがこれが又美味しい

食後、ドリップを忘れたので途中のコンビニで買ったインスタントコーヒーをいれるが、風景がコーヒーの味を倍加させてくれる

21104_089_221104_09221104_09521104_097 帰途は下堀沢周辺の紅葉を眺めながら下山なのでテンションは上がりっぱなし

「こんな厳しいところを登ったんやな」と話しながら登山口に到着し、乗鞍高原のすきっぷへ

入浴後、待望の宴

先ずはスープ、サラダと前菜のホタテの生ハム巻きに始まり、白身のフリッターに和風ステーキ

21104_19821104_19921104_20121104_202 年明けのスノーシューハイクの相談をするうちに夜が更けていく

部屋の窓からは十六夜の月明かりが差し込む

|

« 槍も穂高もくっきり | トップページ | 紅葉の焼岳を行く +α »

コメント

素晴らしい紅葉に出会えたようで良かったですね。maple
焼岳も登山客が多いのにはビックリです。

投稿: まるちゃん | 2009年10月 7日 (水) 22時34分

■まるちゃん

笹の緑と紅葉に青空がベストマッチしました
この時期やはり涸沢方面が超人気スポットで、近寄りがたいので敢えてマイナーな焼岳を選んだのですがすごかったです

投稿: hanasaku | 2009年10月 8日 (木) 04時28分

おはようございます
台風で出勤禁止命令がでて今日は休みです。
青空に映える焼岳の紅葉景色綺麗ですね!
すきっぷ御用達の弁当がメチャ美味しそうです
紅葉&うまいもの登山ってか!
待望の宴・・・ヨダレが~

投稿: たかっさん | 2009年10月 8日 (木) 10時55分

雨になる前ですね
良い時に行かれたのですね~
焼岳というと紅葉のイメージではありませんでしたが、こうして拝見すると綺麗です~^^
涸沢が混めばこちらもいいですね~
山頂まで5時間ですか、、、う~~ん、耐えねば…
西穂山荘から歩いたことがありますが、ある程度登ってましたから楽でした
でも、ぬかるみが多いのは同じですね~(#^.^#)
今年は、この台風でキャンセル組みが多かったでしょうね~

投稿: まゆごん | 2009年10月 8日 (木) 19時21分

■たかっさん

久しぶりに厳しい台風でしたね
被害はなかったですか?
台風一過、たまに骨休めもよろしいんじゃないですか

すきっぷの弁当も夕餉も美味しかったですよ
それにも増して紅葉と青空が素晴らしかったです


■まゆごんさん

そう、どうしても上高地から仰ぐイメージが強烈ですから
全山はげ山(笑)
確かに頂上直下は噴火の影響で木々はありませんが
でも、そこに至る斜面はきれいでしたよ
涸沢にはこの時期とても行けそうにもありませんので
焼岳でお茶を濁しました
>山頂まで5時間
いえいえ、鞍部がほぼ山頂ですから老hanasaku隊で3時間余です
ともあれ、ガイドしてくださったオーナーに感謝です

投稿: hanasaku | 2009年10月 8日 (木) 20時17分

空の色もきれいで、展望も良く「これがあるから止められない」って、感じでしょうか^^
我が家でもあゆむは、樹林帯を抜け稜線に出て景色が見えた途端にごっきげんになってどんどん、先へ歩いて行ってしまいます。
お弁当おいしそうですね

投稿: よっちゃん | 2009年10月12日 (月) 21時36分

■よっちゃん

満を持しての焼岳でした
ほんとに“これがあるから止められない”です
すきっぷは食事もさることながらほんとによくしてくれます
ペンションといえばシェルパさん
お元気にしてるんですか?

投稿: hanasaku | 2009年10月12日 (月) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/31594234

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の焼岳を行く:

« 槍も穂高もくっきり | トップページ | 紅葉の焼岳を行く +α »