« お役ご免 | トップページ | 色づく高野山内へ »

2009年10月24日 (土)

2月以来の花園詣で

211024_004 今シーズンは9月4日の開幕以来どうした訳かナイターが続き

その後、秩父宮や福岡への遠征もあってやっとのこと我が家でのラグビー観戦のキックオフ

その間、我が神鋼は4勝1敗1分けとまずまずの成績

しかし、サンヨーや東芝と言った上位チームとはまだ対戦していないだけに手放しでは喜べない

さて、今シーズンは神戸製鋼コベルコスティーラーズのファンクラブにも入り気合い十分

先ずは神鋼のファンクラブ受付で入場券をゲットしスタンドへ

211024_001211024_005

バックスタンドに自席を確保しスタンド下に下りてみると神鋼のメンバーがサブグランドでストレッチ中

元木が

211024_012

伊藤が

211024_015

後藤翔太が‥

211024_016

ゲーム開始10分前に両チームのスタメンがスコアーボードに張り出され

同時にヒフティーンがメーンスタンドとバックスタンドに小さな楕円の球を投げ入れる

211024_021211024_062 花園に通いつめて初めてゲットしたボール

ただ、恥ずかしながら誰のサインか分からない

さて、スタメンにはベテランの元木やCPの大畑が名を連ねている

現在、神鋼の4位に対しヤマハは格下の7位だけに楽なゲーム展開を予想 

211024_027211024_030

前半風上の神鋼だが、思ったようなゲーム展開とはならない

myラインアウトはことごとくヤマハに取られるし、ライン攻撃に流れがない

一方のヤマハはフルバックの五郎丸がゲームをつくり津高がトライを重ねる

前半が終わって一度もリードすることなく13:18

211024_038211024_048

後半に入っても一向に流れが変わらず

結果20:32の完敗

ほろ苦い我が家の開幕戦となった 

|

« お役ご免 | トップページ | 色づく高野山内へ »

コメント

私も行ってましたよ。

神鋼があんな試合運びをするのかなと、首をかしげるような試合でしたね。
第2試合は近鉄の大逆転劇で盛り上がり楽しかったですね。

投稿: まるちゃん | 2009年10月24日 (土) 22時57分

■まるちゃん

多分行かれているんじゃないかと
ピッチで活躍する望遠レンズのおじさん(失礼)を写し、Hideさんに確認のメールを入れると
「こんなに白髪・薄毛ではないですね」とお叱りを受けました( ̄ー ̄)ニヤリ

2試合目は前半終わってNECのワンサイドかなと思いハーフで帰りました
残念!!

投稿: hanasaku | 2009年10月25日 (日) 05時48分

大変 ご無沙汰いたしております。
ヒキウス平でお会いした ピッケル君です。

hanasakuさんって ラグビーファンだったのですかぁ~? しかも神鋼の。。。。。

私も筋金入り(?)のラグビー好きで。。。
古くは新日鉄釜石に始まり
本城・吉野の早稲田
林・大八木・平尾の同志社
堀越・今泉のスーパー1年生
元木・吉田のセンターコンビ

などなど オールドラグビーファンです。

関東在住時代は よく 息子を連れて 秩父の宮へ行ってました。 震災前には神戸に住んでいて 神鋼の連勝が71で止まったワールド戦をこの目で見ました (^^ゞ

ここ数年 お山 詣でに忙しく すっかりラグビーから離れているのですが。。。。。。

hanasakuさんの 日記に刺激され。。。。 今年辺り 花園へ行ってみようかと思っちゃいました (^^ゞ

投稿: ピッケル君 | 2009年11月 1日 (日) 09時53分

■ピッケル君

あれ、昨日ヒキウス平で探していたのが分かりました?
なると君が今にも現れるのではと、倒木の上で待ち焦がれていたんですよ
期せずしてコメントをいただけるとはなんとも不思議です

ピッケル君もラグビーファンでしたか
それも誠に似通った生い立ちです
新日鉄釜石の松尾中心とし洞口や桜庭による選手権7連覇
同志社の面々も印象に残っています
以来関西の大学は同志社で、宝ヶ池にも果て参じます
その平尾や大八木が入部したのですから、当然のように神鋼ファンに
12月にはホムスタ神戸で観戦を予定しています

肉塊と肉塊とのぶつかり合い
いいですね、ラグビーって

投稿: hanasaku | 2009年11月 1日 (日) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/31862659

この記事へのトラックバック一覧です: 2月以来の花園詣で:

« お役ご免 | トップページ | 色づく高野山内へ »