« 三国温泉ダブルタンデムツーリング 2/2 | トップページ | 遠征中 »

2009年9月29日 (火)

鈴鹿山系 竜ヶ岳を歩く

21. 9.27 竜 ヶ 岳 (1099.6m)

21927_027

宇賀渓駐車場8:07~ホタガ谷登山口8:37~遠足尾根分岐10:55~県境三差路11:12~11:30竜ヶ岳12:10~12:41重ね岩12:50~石榑峠13:30~小峠13:46~14:08長尾滝14:20~ホタガ谷登山口15:10~15:47駐車場15:53=16:18片岡温泉

8月30日の御池岳以来約一ヶ月山歩きから遠ざかっており、ガイドブックを眺めていたところ、鈴鹿の竜ヶ岳が目に留まった

今年に入り1月の綿向山、3月藤原岳、8月御池岳に続く4峰目の鈴鹿詣で

東名阪四日市ICから通い慣れた?R477、306を経て約半時間で宇賀渓手前の無料駐車場に到着

21927_00121927_002 宇賀渓の入り口の駐車場は1日500円で手前5分くらいにあるこの駐車場は大はやりだ

売店やコテージの間を抜け林道を30分ほど進むと東屋がある

21927_00321927_073 ここが中央(ヨコ谷)ルートと裏登山道(ホタガ谷ルート)との分岐で、右手のホタガ谷ルートをとる

ルート上には黄色と赤を重ね合わせたテープが随所に結びつけられており、登山者を安全に導いてくれる

21927_00421927_016登山道に入るといきなり急登が始まり、やがて渓流の音が聞こえてくる

ここで本日第一回目の小休止で行動食のバナナを頬ばる

ちなみに二回目の小休止には亀山PAでゲットした草餅で、これのあんこが又美味しい

21927_015 小滝あり

21927_01321927_089丸太橋あり

片崩れした細い登山道ありと変化に富んだ道を

渡渉を繰り返しながら先に進む

都合10度の渡渉を繰り返したようだ

21927_01821927_024やがて沢の水が涸れてきた頃に樹木の間から青空と笹原が姿を現す

遠く眺めると綺麗な笹原だが、実際は身の丈以上の笹が登山道に覆い被さり、急登も加わり歩きにくいことこの上なし

21927_02521927_026 右手に遠足尾根が合流し、更に進むと藤原岳や御池岳が目にはいるようになる

21927_03321927_035 21927_039 笹原にはポツンポツンとシロヤシオの木が立ち並び、一見ヒキウス平をイメージする

十月末頃?の紅葉の時期には、笹原とシロヤシオが見事なコントラストを見せてくれることだろう

なだらか稜線歩きから県境三差路を過ぎるとあと一登りで山頂

21927_04721927_044 山頂は広々とし、鈴鹿の山々や伊勢平野を一望することが出来る

21927_04321927_045 本日のランチはおでん

以前にもやはり鈴鹿山系の霊仙山でおでんだったような…

よほど鈴鹿とおでんは相性があうのであろう

山名板の横に立つ小さな木彫りのお地蔵さん?に別れを告げ山頂を後にする

21927_05021927_095 しばらく竜ヶ岳を振り返りながら笹原の稜線を進むと、ザレ場で滑りやすい下山道に入り、やがて重ね岩という岩場に到着する

御在所岳の地蔵岩や負ばれ岩にどこか似通った鈴鹿独特の風情である

21927_06421927_059 ここでは勿論相方にモデルをお願いし、安全な場所でデジイチを構える

21927_06721927_104 更に石榑峠に向け下るにつれ掘り割り状の滑りやすい登山道となり、要所にロープが設置されている

石榑峠から小峠まではR421の舗装道を15分ほど歩くことになるが、所々崩落し車両通行止めとなっているようだ

小峠から再度山道に入り砂山分岐に差し掛かる

21927_076_2長尾滝に立ち寄り砂山から駐車場に向かう予定だったが、長尾滝からヨコ谷ルートをとりホタガ谷登山口へ変更

いわばこのルートが宇賀渓谷の核心のようだ

まずは長い鉄梯子を下りたところにある長尾滝

宇賀渓谷の最奥部にある落差20mほどの滝で水量も豊富だ

21927_07921927_080 長尾滝から小さなアップダウンを繰り返しながら、途中五階滝や魚止滝を眺めながらホタガ谷登山口に到着

【本日の温泉】 湯ノ山温泉「片岡温泉」

Coffee BreakのHAMAさんお薦めの温泉で、同温泉のキャッチフレーズに「源泉からこんこんと湧き出したそのままのお湯を加水せず、加温もせず、ただひたすら流し続けている」とある

21927_108_321927_107_3 大きな湯船にゆったりと体を沈め、今日一日の疲れを癒し、帰途、3時間の英気を養う

|

« 三国温泉ダブルタンデムツーリング 2/2 | トップページ | 遠征中 »

コメント

鈴鹿山系をアクティブに攻められて居られますね。
鈴鹿山系はいきなり急登の山が多いように感じますが、体力のない私にはちょっと苦手ですね。

投稿: まるちゃん | 2009年9月29日 (火) 21時07分

まいどです!
とうとうhanasakuさんも岩登りに
ハマったのかと思いました。(笑)
鈴鹿は御在所だけしか知りませんが、
岩のオブジェが多いですよね。
バラエティに富んだコースのようで
行ってみたくなりました。

投稿: blueeyedsoul | 2009年9月29日 (火) 22時22分

■まるちゃん

どうした訳か鈴鹿へ足が向いています
夏場はヒルがイヤなのでこの時期になるのかなとも思うのですが‥
藤原にしろ、ここ竜ヶ岳にしろ標高差が千m近いので結構くたびれます
でも、美濃戸から硫黄も結構厳しいですから大丈夫ですよ


■soulさん

いえいえ、決してハマったりはしていません
誰かさんと違って、高所恐怖に対する意志は堅いですから???
このルートじゃなく渓流ノボラーのsoulさんにととって宇賀渓谷の遡行がお勧めだと思いますよ
ただし、行けるかどうかは保証しかねますが(笑)


投稿: hanasaku | 2009年9月30日 (水) 04時45分

ふぅーむ
Hanasakuさんちのメニューで季節の変わり目を
体感しております
そですか、もうおでんですか、いいなぁ
山でおでん、うん。これ頂きっ!
なぜか鈴鹿には縁のないスロでした
w( ̄ー ̄)

投稿: スロートレック | 2009年9月30日 (水) 09時51分

僕はここ2年ほど山行きの時は行動食に つぶあん入りのよもぎ餅を持って行っています。
友達と登ったときに、途中で頂いたのが おいしくて その後定番となりました。
あんころ餅は食べやすいし おいしく糖分補給が出来ますね。

山歩きで、岩場や鎖場があると 何だか嬉しくなります。
黄色に染まる山も間近ですね。

投稿: タマ | 2009年9月30日 (水) 11時49分

まいどです!
竜ヶ岳ですか、御池岳に行った時に見えてた山だ~
こちらももう少しで紅葉ですかね!
おでんも美味しい季節になりつつありますね!楽しみ楽しみです。

投稿: たかっさん | 2009年9月30日 (水) 18時29分

■スロトレさん

今回のレポのカテゴリーは山と温泉なんです
決してグルメじゃないんです
HAMAさんも愛する片岡温泉にひと言でも頂けたら
嬉しかったのですが(笑)


■タマちゃん

我が家の普段の行動食は小さめのあんパンなんですが
この日は、美味しそうな草餅(粒あん入り)をPAで見かけ、山に持って行きました
疲れた時に甘いものはいいですよね

間もなくお山は紅葉
いい季節になります


■たかっさん

そうですよー
竜ヶ岳からも御池がしっかりと望めました
紅葉はもうしばらく後かな?
10月下旬のような気がします
ヒキウス楽しみです

投稿: hanasaku | 2009年9月30日 (水) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/31553937

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿山系 竜ヶ岳を歩く:

» 本格オフローダーWR250Rの情報 [WR250R情報]
林道では軽さが正義。WR250Rの情報 [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 00時05分

« 三国温泉ダブルタンデムツーリング 2/2 | トップページ | 遠征中 »