« 買出し | トップページ | 土鍋 »

2009年8月31日 (月)

夏の終わりに

21.8.30  御 池 岳 (1247m)

21830_029

        山頂直下に咲くアケボノソウ

ロープウェイで高度を稼げる北アルプスのお山を予定していたが、週末の天気は芳しくない

北アは諦め「くもりのち晴れ」と予報された鈴鹿の最高峰を目指した

自宅(5:10)=松原JCT(6:10)=吹田JCT(6:20)=(6:48)草津SA(6:55)=彦根IC(7:24)=(8:00)鞍掛トンネル東口駐車場(8:10)~(8:34)鞍掛峠(8:36)~(9:50)鈴北岳(10:00)~(元池、日本庭園、真ノ池)~御池岳分岐(10:21)~御池岳(10:44)~(11:00)ボタンブチ・昼食(11:40)~奥ノ平(11:55)~丸山~丸山分岐(12:33)~天ヶ平(カタクリ峠)(12:57)~(13:22)長命水(13:36)~コグリミ平登山口(14:10)~(14:35)トンネル駐車場

21830_00221830_003 土日ETC1000円割引を利用(と言っても和歌山からだと都市圏の大阪を経由する関係で片道2,750円を要し余り割安感を感じない)し、彦根ICを下り半時間ほどで登山口の鞍掛トンネルに到着

折りたたみパイプイスに座り靴を履いていると先客の方から「それはいいですね」とえらく感心される

21830_004 登山口からザレた登山道を半時間ほど歩くと鞍掛峠に着く

滋賀・三重県境に跨る鞍掛峠を北に向かえば三国岳

ここをハチに追い立てられるように通過し尾根筋を進む

21830_00521830_006 途中、鹿害から幹を守る?ためか杉の木に青いテープがきれいに巻かれているのを見かける

21830_04121830_069 杉木立を抜けるとそこには秋の気配が漂う

21830_00921830_010 シダの生茂った草原を進むうちに

正面に鈴北岳のなだらかな山頂が見えてくる

21830_01621830_015 振り返ると今歩いてきた1056mピークから鞍掛峠方面が一望できる

ほどなく鈴北岳山頂に

眼下には三重県側の藤原町の集落が広がるが、残念ながらびわ湖方面は見えない

21830_01821830_021鈴北岳からカレンフェルトの点在する草原を抜けると元池につく

想像していたよりは小さな池だが、池底には大量のオタマジャクシが出番を待っている

21830_02221830_02321830_024苔の生茂った「日本庭園」から真ノ池を経て御池岳分岐からひと登りすると御池岳に到着

21830_02521830_028 眺望は余り利かず早々と退散し天狗の鼻からボタンブチに向かう

途中、アケボノソウの群生に思わず感嘆

21830_03121830_036 天狗の鼻/ボタンブチから足元を覗く

ボタンブチは台地の端にありここからの眺望は見応えがある

21830_044ボタンブチで昼食をとり

「奥の平」から丸山を経てコグルミ谷へ向かう

コグルミ谷ルートは鞍掛ルートと違って要所要所に案内板が表示されている

21830_05021830_051

石灰岩むき出しの涸れ沢を進むうちに天ヶ平(カタクリ峠)に着き、さらに歩きにくい岩場を下ると長命水に到着

21830_05521830_05721830_058

21830_06221830_065ベンチに腰掛、ひと口飲んだら一歳若返るという「長命水」で顔を洗い、冷たくて美味しい水をがぶ飲みする

さて、何歳まで若返ったのだろう?

足場の悪い谷筋を下るうちに国道306号、コグルミ谷登山口に到着

下ってきたところと違うところにもう一箇所登山口の表示が

21830_06721830_068 登山届けのボックスが置いてある方はどうも土砂崩れで通行止めのようだ

舗装道をトンネル東口まで戻り、いなべ市の「阿下喜温泉」で汗を流す

ところで、ある方のHPを見ていると

『「ボタンブチ」をとるか、「アタントのパンセット」にするか聞いたところ

全員一致で、「バンセット」に決った』とあった

これは行かない手はない

21830_07021830_07121830_077 パンセットではなく、抹茶ケーキセットを頂き、本日のお山「御池岳」を無事終了

追記;まさかとは思いつつも、こんなのをザックに用意し出かけました

21830_079

「ヒル下がりのジョニー」というおしゃれな名前がついていました

(もちろん、現地で厄介になることはなかったですが‥) 

|

« 買出し | トップページ | 土鍋 »

コメント

もう鈴鹿の山を楽しめる季節になったのですね。
夏はヒルが怖かったり、涼を味わえないのでなかなか行けないのです。

投稿: あるぴょん | 2009年8月31日 (月) 21時02分

精力的に登ってらるのにはビックリですね。
隣の藤原岳は二度程登った事がありますが、御池岳はまだ一度もないですね。
友人を誘って行ってみようかな?

投稿: まるちゃん | 2009年8月31日 (月) 21時53分

画像は秋ですね~
涼しくなってくれるのはうれしいのですが…
一抹の寂しさも…^^)/


投稿: まゆごん | 2009年8月31日 (月) 22時26分

あっ今春に福寿草を見に行った山だ!
日本庭園もこの時期は苔生して良いですね!
「ヒル下がりのジョニー」ですか?お世話にならず良かったですね!
いつも思うのですが、山歩きのあとで温泉は気持ち良いとは思うのですが、その後の運転は眠くなりませんか?僕は眠くて眠くてダメです。

投稿: たかっさん | 2009年8月31日 (月) 23時11分

しばらくぶりの訪問です。
読ませて頂いていない所から じっくり読ませていただきました。
持病のために少量ですが、毎日ステロイド剤を飲んでいるのですが、そのせいか、それとも持ち前の性格なのか、最近 気力が減退している感じで、PC前に座らない日が増えています。
hanasakuさんは、忙しい日々の中、週末には必ず行動され、ブログもきっちり編集されていますね。
そして、hanasakuさんの山行きはいつもペアーで、帰りにはお風呂と洒落たお店。 目標にしたいです。

投稿: タマ | 2009年8月31日 (月) 23時19分

■あるぴょんさん

もう大丈夫だろうと思いながらも
ヒル退治のスプレーを持参しました(笑)
涼風が秋を感じさせてくれます
いやな虫も少なかったし充分歩けますよ


■まるちゃん

藤原岳も霊仙もフクジュソウの時期はいいですよね
ここ御池には初めてでしたが、なかなか変化に富んだ周回ルートでしたよ
御池岳もフクジュソウやカタクリなどお花の時期は春のようですが‥


■まゆごんさん

赤とんぼが舞い、ススキが白い穂を風になびかせる‥
お山では ♪今はもう秋‥ ですね
春先と違って、秋は郷愁を誘いますよね


■たかっさん

森本屋と同じく、春先のたかっさんのレポを見ての追っかけでした
感謝しています(笑)
もう少しスッキリと晴れ上がってくれれば眺望も楽しめたんでしょうが、そうれは贅沢と言うモンでしょうね
山歩きのあとの温泉、これは最高ですよ
温泉から出た後、休憩室でゴロっと横になるか、途中でも眠くなったら車を止め休みます
10分も眠ればスッキリとし、快適に帰れます


■タマちゃん

もうストレスもあまりたまらない年代ですし立場なんですが、それでも週末には体を動かすことで次週の英気を養えますよね
山歩きをするか、温泉に浸かるか、美味しいものを食べに行く‥
さらにこの三つがそろえば最高ですよね

投稿: hanasaku | 2009年9月 1日 (火) 04時22分

>さて、何歳まで若返ったのだろう?

そりゃアルコール断って延命水でしょ
一気に10歳くらいはw( ̄ー ̄)
鈴鹿も秋の気配ですか~よろしいなぁ♪
んでもヒルは秋口まで出るそうなので
ジョニーは必携でしょ
紅葉楽しみだなぁ、ってまだ早いか

投稿: スロートレック | 2009年9月 1日 (火) 09時47分

ちょっと遠出されたのですね。
もう、アケボノソウ咲いているのか~
一枚目のは、花びら6枚ですね。大抵5枚だと思うのですが、珍しいです。
もう、秋ですねぇ・・・秋の山も楽しみですね。

投稿: RIKO | 2009年9月 1日 (火) 16時40分

■スロトレさん

>そりゃアルコール断って延命水でしょ
残念ながら、涸沢のビアーに刺激され
昨夜とうとう自主解禁しましたよ
3週間、よくぞもったりです
折角10歳も20歳も若返ったのに、一夜にしておじゃんです
ところで延命水じゃなく長命水です
延命は施さないよう常日頃から家族に申しつけておりますので(笑)

紅葉は多分たかっさんが企画してくれるでしょう
楽しみです


■RIKOさん

鈴鹿と言えば遠くに感じるのですが
時間距離にすれば大峯と大差はないのです
トップの写真は6枚、中程のピーク横の写真は5枚
同じ所に咲いていたんですよ
それにしてもRIKOさんのすごい観察眼に驚きです
更に驚いたのは下山途中で僅か一輪だけ咲いていた
ヤマギノホトトギスです
初対面でした

投稿: hanasaku | 2009年9月 1日 (火) 17時35分

やっぱり鈴鹿の山は蛭が多いのですかー?
ヒル下がりのジョニーっていうネーミングには
恐れ入りました。
よく登る近くの山も鹿が増えて蛭が増えました。以前気が付かないうちに自宅まで持ち帰ってしまい洗濯機の中で泳いでました。

鈴鹿は兵庫県からだとちょっと遠いですね。大阪圏内を通過するので1000円ではないし。でもいい山が多いので縦走してみたいです。

投稿: りゅうのすけ | 2009年9月 2日 (水) 21時55分

■りゅうのすけさん

皆さんの鈴鹿レポを見ていると、
地面から鎌首を持ち上げたヒルがよく登場するモンで用心のため持参しました
使うことがなく幸いでした
大昔、大台から大杉谷へ向かう途中
首筋からストッキングの中まで痛い目にあった(痛くはないのですが‥)ことがあるのでヒル恐怖症です

この日で和歌山から吹田ICまで1時間10分
西脇のお隣からでしたらこれとどっこいか、これより早いのかなぁー
ETC千円も似たか寄ったか(笑)

投稿: hanasaku | 2009年9月 3日 (木) 04時56分

ヒョッとしてこの山花の100名山
登りましたがガスで何も見えず
小屋で飯くって帰ったような記憶が有ります
そうだ天狗の鼻でぼやきまくったのだ
ヒル被害無かったようですね
私は木酢と塩で対策を立てることが多いです
昼下がりのジョージ高すぎるです

投稿: ショウタン | 2009年9月 3日 (木) 18時59分

体調も順調のようですね・・・(^-^)
まだ断酒は続いているのでしょうか?
なんともはや、なんとお声をかけてよいやらでした。な~んて(^-^)
アケボノソウ、印象深い花ですよね。
前にこのアケボノソウ(花屋さんのです)を押し花にしましたが、他の野草の中に一際存在感があってまるで野草の女王って感じです。
ところで、私はまだ暑くて、全然動けない軟弱もんです(ーー;)

投稿: HAMA | 2009年9月 3日 (木) 20時06分

■ショウタンさん

どこもここもよくご存知ですね
天狗の鼻なんて、近くに居た小学生に教えられましたよ
ヒルはおかげさんでお目にかからずでした
まさかとは思ったのですが、この時期でもまだ出没しているようですね
それにしても、ヒル下がりのジョニーは高すぎです


■HAMAさん

有難うございます
体調は断酒のおかげかすこぶる快調です
でも、これ以上続けると食道はきれいになっても精神的にダメージは大きすぎと判断し
今週月曜日(まる3週間の断酒です)に解禁しました
もちろんこの辺は持ち前の素晴らしい決断力の賜物です
アケボノソウもそうですが
下山時に見かけたヤマギノホトトギスがより印象に残っています
さて、次は ・ ・ ・

投稿: hanasaku | 2009年9月 3日 (木) 21時00分

もう自主解禁もされて!?山にも行かれて良いですねぇ♪アケボノソウ可愛いです。
最近仕事が忙しく、休みの日は主婦をして終わっています。。
5連休の1日でも山に行きたいものです。
その頃は山も秋でしょうね^^

投稿: koboちゃん | 2009年9月 4日 (金) 20時36分

■koboちゃん

この月曜日、晴れて自主解禁しました
黙っていても誰ももうヨシとは言ってくれませんから(笑)
で、久しぶりに新内の灯を眺めただ今ご帰還です
いいですね~ お酒って
アケボノソウ
なんとも言えぬ容姿です
ヤマギノホトトギスもまたきれいだったですよ
5連休ですね
最初の二日はツーリングの予定が入っているので勝負は後の三日です
さて‥‥‥

投稿: hanasaku | 2009年9月 4日 (金) 23時13分

こんにちわ~( ゚(エ)゚)ノ
御池いいですね~~行きたいと思ってます。
だけど御池の池はショボソウですね・・・
ヒル居なかったですか~~(??)あぁ不思議w
どういう日に居て、どういう日に居ないのか?其れが知りたいです。
そろそろ涼しくなってきましたね~~
紅葉の鈴鹿もよさそう。。。^^

投稿: 森のリカ | 2009年9月 9日 (水) 12時04分

■森のリカさん  

あれっ 御池岳行ってなかったですか?
春先にはヒル巡りをやっていたような気がしているのですが(笑)
そのヒル
出没期は梅雨時だけかと思っていたのですが、10月頃までいるようですね
半分冗談で「ヒル下がりのジョニー」を持って行ったんですよ

ここ数日は本当に爽やかですね
先日の大台では少し色付いた木も見かけましたよ

投稿: hanasaku | 2009年9月 9日 (水) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/31173776

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに:

« 買出し | トップページ | 土鍋 »