« 初めての北ア縦走 猿倉へ | トップページ | 初めての北ア縦走 白馬岳~蓮華温泉 »

2009年8月 6日 (木)

初めての北ア縦走 猿倉~白馬岳

21. 8. 1(土) 猿倉~大雪渓~白馬岳(2932m)~頂上宿舎

21812_034             白馬大雪渓を行く

猿倉荘(6:15)~(7:14)白馬尻荘(7:30)~(9:32)岩室跡・葱平(9:47)~(11:20)昼食(12:00)~(12:50)白馬岳頂上宿舎(13:51)~(14:45)白馬岳(14:53)~(15:30)頂上宿舎

我が家のSAでの朝食はどうした訳か豚汁定食と相場が決まっている

午前3時過ぎによく入るものだと我ながら感心し、豊科ICで高速料金千円を確認のうえ猿倉に向かう

5時半頃、猿倉に到着したが駐車場はほぼ満車

21812_00121812_003

猿倉荘で入山届けのチェックを受け、蓮華温泉までの車配送手続きを済ませる

この時から既に小雨がぱらつき、出だしからカッパを着込む羽目に

21812_00721812_016 養分が豊富なためか巨大化した葉っぱと比べると、この手なんか愛らしい楓のような手だ プッッ!!

樹林帯を抜け林道を歩くこと約1時間で大雪渓のスタート地点でもある白馬尻に到着

21812_02221812_025ここでしばし休憩し、大雪渓を眺めながらデザートのフルーツゼリーなんかを頂く

21812_02421812_223 

さて、いよいよ待望の大雪渓歩きの始まり

21812_02821812_02921812_030 他の登山客に倣って軽アイゼンを装着し雪渓に一歩を踏み出す

入山届けの際、山岳パトロールの方から「常に前方に視線をやり落石に十分注意をするように」とのアドバイスを受けており忠実に守りながら歩みを進める

21812_03121812_032 雪渓はお世辞にもきれいとは言えないが、あのモーグルのような小さなコブが連なり、途中小さなクレパスも出現

雪渓には無数の落石が点在し、触れて滑り落とさないよう気をつけながら歩く、歩く、歩く

21812_03521812_03621812_037 前方につかの間青空が現れ、かすかな期待を持ちながら歩いているとゴロゴロと不気味な音が聞こえてくる

見ると、雪渓外の岩肌を小さな石が落ちている

こちらには来ないでと祈りながら、ほどなく大雪渓を抜ける

21812_088 来る前に地形図は確認していたものの、イメージ的には大雪渓を過ぎると間もなく頂上宿舎

ところがどっこい、まだまだ厳しい登りが続く

ただし、ここから先は登山道沿いにお花畑が連なり、疲れを癒してくれる

【葱平(ねぶかっぴら)周辺までで見かけたお花】

21812_02721812_04121812_042 キヌガサソウ/ミヤマキンポウゲ/ハクサンフウロ 

21812_04421812_05121812_053 イワギキョウ/イワオウギ/テガタチドリ

21812_05421812_05721812_067 クルマユリ/ハクサンイチゲ   

21812_082 葱平を過ぎ少し広くなったところでランチタイム

梓川SAのコンビニで買ったサンドウィッチにオニオンスープと大好物のえびす様

端行く人は「最高ですね!!」

【頂上宿舎直下で見かけたお花】

21812_06921812_07021812_072 シナノキンバイ/ヨツバシオガマ/???

21812_07421812_07621812_091 ウルップソウ/イワベンケイ?/ムラサキタカネアオヤギソウ

21812_09421812_23221812_079 ミヤマオダマキ/ミヤマクワガタ/   

頂上宿舎直下で思わぬご対面に大興奮

21812_09621812_097 昨年白山でお目にかかれなかったクロユリを発見

それも僅か一輪のみだ

登山道沿いのお花を撮っているのか、はたまた休憩しているのか分からぬままに頂上宿舎に到着

21812_09921812_100  一旦自室にザックを放り込みサブザックを背に、取り敢えずは白馬岳山頂を踏んでおくこととする

21812_10621812_10921812_112 このころから雨脚がひどく風も出てきたが、本日初対面のライチョウ親子4羽に迎えられ白馬山荘を経て山頂に立つ

さて、山小屋での楽しみの一つが夕食

21812_190 日本一の収容人員誇る白馬山荘ではなく村営頂上宿舎を何故選んだかと言うと、こちらの夕食が好きなものを好きなだけ食べられるバイキング方式だから

生憎生ビールは階下のレストランでしか飲むことが出来ず、1本700円の500mlといつもの赤いボトルに入った液体で喉を潤す

|

« 初めての北ア縦走 猿倉へ | トップページ | 初めての北ア縦走 白馬岳~蓮華温泉 »

コメント

ワァ〜! 大雪渓だ。
昨年私が登った時の同じような天候で大変でしたね。

昨年は白山へ登ってられたのですね。
3・4年前までは7月の連休に毎年登っていて、クロユリの群生は必ず見られましたが、昨年はダメだったのですね。
凄い、コバイケソウの群生を見てから行ってないですね。来年辺り登ってみるかな。

投稿: まるちゃん | 2009年8月 6日 (木) 20時54分

■まるちゃん

写真展でのあの大雪渓が目に焼きついていたのですが
余りうまく撮れませんでした

今回は雨にたたられましたが
クロユリを初めとするお花が癒しをくれました
青空が広がれば最高でしょうね

投稿: hanasaku | 2009年8月 6日 (木) 21時08分

>蓮華温泉までの車配送手続き・・・・
この手段が有るのですね。 僕はまだ使ったことが無いのですが、もちろん事前確認で行かれたのでしょうね。
北アまで行って、ループはよしとしても、ピストンはなるべく避けたいです物ね。

お花 満開ですね。
白馬周辺に行くと、花の写真撮りで余分な時間がずいぶんかかります。
僕が登った時は、綺麗なウルップソウを見ていないのですよ。それがちょっぴり残念だったです。
印象に残は、濃い紫色のトリカブトの仲間達とピンクのタカネナデシコかな。

あれれっ 白馬山荘の生ビール グイグイグイとやっていないのですか。

投稿: タマ | 2009年8月 6日 (木) 23時20分

うわぁ~羨ましいなぁ~
白馬岳か~
あいにくの天気だったみたいですが、たくさんのお花に迎えてもらえば、それもチャラだったんじゃじゃないですか?
今年こそはアルプスと思っているのですが、現実は厳しいかな(泣)
今週末は剣山予定していますが、雨模様・・・どうなることやらです。

投稿: たかっさん | 2009年8月 6日 (木) 23時23分

■タマちゃん

車配送はある方のレポを参考に、事前に猿倉荘に問い合わせ実行に移しました
名だたる登山口は皆可能のようですよ
大雪渓を過ぎると、次から次にとお花が現れ
正にデジ亀状態に陥りました
>あれれっ 白馬山荘の生ビール グイグイグと
そうなんですよ
白馬山荘には二度訪れたのですが
カッパを着ていたので中には入らず
それ以前に、頂上宿舎で飲めなかったのが残念です


■たかっさん

今年は梅雨明けも遅かったのでアルプスはまだまだこれからですよ

hanasaku隊の北アデビューは雨にたたられました
絶景の方は見ることができなかったのですが
花やライチョウは充分楽しませてくれましたので、まぁヨシとしておきます
今週末は大丈夫じゃないですか
なんても剣、石鎚はフェリー千円の今が狙い目ですから‥

投稿: hanasaku | 2009年8月 7日 (金) 04時16分

雪渓をあるくときの緊張感が伝わってきますね~
自分だけじゃないってことですよね
それぞれが責任持って歩けば事故も避けられると思いました~

それにしても高山植物の宝庫ですね
どれもこれも 疲れた身体を癒してくれますね~~

投稿: ゆきうさ | 2009年8月 7日 (金) 09時51分

■ゆきうささん

雪渓上の落石に腰をかけ休憩していた登山者が
山岳パトロールの方からお叱りを受けたとの話があるブログに載っていました
当然ですよね
石もろとも滑り落ちたらどうするんだろう
急ぐ必要はないですが、慎重に、休まず通過したいものです

今回の計画に当たっては、お花の開花時期と梅雨が明け天候が安定する8月のかかりを選びましたが、梅雨明けが伸び、天気の方はイマイチでした
しかし、お花はピッタシカンカンで、お花図鑑に載っている白馬に咲く花にはほとんど会うことが出来ました
最高です!!

投稿: hanasaku | 2009年8月 7日 (金) 17時46分

あまり北アルプスには詳しくないので、ガイドブックで地名や山小屋をさがしながら拝見してま~す

今いちばんお花が多く美しい時ですね
なかなか名前は覚えられませんが…^^

雪渓歩きは、傾斜があまりきつくないように見えますが、落石に触れると転がるのですか?

投稿: まゆごん | 2009年8月 7日 (金) 20時32分

■まゆごんさん

hanasaku隊も今回北アデビューですので余り詳しくは説明できません
しかし、白馬大池で買ったヤマケイの高山植物図鑑によると、白馬に咲く花のほとんどを見かけたように思います

雪渓の傾斜はきついと言うほどでもないですがそこそこあります
その上に転がっている石ころは、どれも落ちてきた石で、たまたま留まっているだけ
ストックで突くと今にも滑り落ちそうな感じです
それだけに、小さな石ころにも注意を払って歩きましたよ

投稿: hanasaku | 2009年8月 7日 (金) 21時09分

去年は、パパさんが熱出してテントでお休みしたので知り合った4人グループの方に子ども達の面倒をレストランでお願いしたのを思い出しました。
とてもいい方達でした・・・・
懐かしいなぁ~
大雪渓へは、7月の小谷村豪雨災害のあった年の10月に登りました。
シェルパの父さんに「下見してきたけどこんなズタズタの大雪渓は、二度とないだろうから登っておいで~寒くないから~」と、笑顔で言われるがままに登ったら・・・マイナス10℃翌朝積雪有り・・・アイゼン・シュラフは、シェルパに置いてきてしまったし・・・・
(汗・・・大汗・・・オイオイ父さん!!)
ま~なんとか大池経由栂池で降りましたけど、今では、いい思い出です。
あの葱平のあとめ~っちゃくちゃしんどいですよね
急に山荘の前に出るんだけど、も~あの自販機が神様のごとく後光がさしてませんでしたか?
昔からあるんですよあそこに・・・♪
お疲れ様でした。

投稿: よっちゃん | 2009年8月 8日 (土) 20時34分

■よっちゃん

そうでしたよね
黄色いテントの4人組、猿倉以来何度か遭遇されたのを思い出します
テントポールを忘れたのもこの時でしたか?
違ったか、あれは燕?
すみません、嫌なことを思い出させまして
でも、ハプニングもまた過ぎ去ってしまえばいい思い出ですよね
葱平の後は完璧にイメージ作りの失敗でした
しかし、お花畑に救われ
自販機に救われ‥‥

投稿: hanasaku | 2009年8月 9日 (日) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/30755339

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての北ア縦走 猿倉~白馬岳:

« 初めての北ア縦走 猿倉へ | トップページ | 初めての北ア縦走 白馬岳~蓮華温泉 »