« アサガオ | トップページ | 買出し »

2009年8月24日 (月)

ブログ情報 ぐるっぷり

涼しくなると予報された23日の日曜日、一足早めの期日前投票を済ませ

ブログ友がアップした情報を書き留めた

「行ってみたいとこリスト」「食べに行きたいとこリスト」を尋ねRTでひとっ走り

金屋から山の道(R424~R168)を通り、那智勝浦道路(自動車専用道)を経て

勝浦港桟橋近くにある十割そばの「森本屋」

21823_00121823_010  もともとは宿屋で、6年前から十割そば処の営業を始めたと言う

21823_002 軒先には涼しげな金魚の飾りが揺れる

玄関口から細い通路を通り中庭から座敷に案内された

先客が二組5名で美味しそうにマグロ丼やざるそばを食べている

懐具合、いや腹具合にあわせ店一番の売れ筋だと言うミニセットをお願いした

21823_004さすが十割そばで腰があり旨い

それにマグロ丼もやや甘みのあるたれだがマグロがタップリと丼を包み隠しボリューム満点

遠く関東方面や北海道からも訪れてくる人がいるという

美味しく頂いた後は那智勝浦町下里にある日本一短い川「ぶつぶつ川」

これはブログ情報ではなく、以前和歌山県が「日本一短い川」を二級河川に指定したというマスコミ情報

先ずは水源

21823_017次に13.5mの河川全長

21823_016最後に、この川の起点

21823_015 なんと言っても全長13.5mである

源流から河口部まで歩いてもほんの数秒

「フツフツと清水が湧き出ていることから昔からそう呼ばれてきた」と案内板にある

水量も相当ありそうで河口部の流れは速い

21823_01421823_019

帰途は海辺の道(R42~近道)を和歌山に向かうが

道路情報版には下津まで12キロ渋滞とあり、川辺あたりからぼつぼつ渋滞が始まる

二輪とは言えすり抜けも大変で、広川ICを下り地道へ

R42も渋滞気味で、広川から湯浅を抜け栖原海岸を眺めながら

これもブログ情報だが、有田市千田にある「ラブラックカェ」

21823_020 古い倉庫を利用したcafeで

HPで『はじめて出逢った 海、 空、 太陽/ここ 'rub luck' から見えるそれらは 余計なものを何も感じない/友達とおしゃべりしても 本を読みふけっても 目をつぶって波の囁きを聴いていてもいい/地球にいる 素のままのあなたに戻れるところ/rub luck cafe へ ようこそ!』と紹介されている

21823_03821823_031

木製の階段を上がるとそこは異次元の世界

小さく開かれた窓から若いカップルが海を眺める

21823_028

壁際には古い蓄音機があり、ダルマストーブとでアンティークを醸し出している

21823_030

この日は生憎曇り空でサンセットが見られなかったが

再度出かけてみたいスポットである

【本日の走行距離】 381km

|

« アサガオ | トップページ | 買出し »

コメント

行ってみたいスポット マークしておきます
'rub luck'
素敵ですね
セピア色の写真が似合うようで
でも海はぜったいカラーかな?
ここは湯浅の帰りにもしかしたら通っていたかもしれないです*^^*

それにしても ぶつぶつ川・・・最長の川なら学校で習いますがこれは習いませんよネエ~~
なんかのどかでいいですね

投稿: ゆきうさ | 2009年8月24日 (月) 09時18分

うわぁ ラブラック カフェ 行かれたんですねー・・・・・
私はあれだけ湯浅方面へ行くのに
 いつもふられっぱなし。。。。+゚(pωq)゚+。
 縁がないようです。。。。

お蕎麦屋さん おいしそうです!
 機会があれば行って見たい!!

投稿: ヴィアン | 2009年8月24日 (月) 11時10分

■ゆきうささん

おっしゃるとおりセピア色の似合う空間でした
ただ、残念なのはこの日は夕方から雲がたれ込め
海の青、空の青… とまでいきませんでしたので
カラーに耐えうるショットはありませんでした

それに、ぶつぶつ川 面白いでしょう
これが日本一短い川で、県内にある日高川が
日本一長い二級河川と言うから驚きです
(一級河川を含めると日本一はご存知信濃川ですが)
また、目と鼻の先に玉ノ浦というプライベートビーチ的な海水浴場もあって
なかなか隠れたスポットです
県内にはまだまだ知らないところが多くあることを実感しました


■ヴィアンさん

行ってきましたよ
情報源は確かヴィアンさんのブログじゃなかったかと???
是非、次の花火の道すがら実現して下さい(笑)

十割そばは二年越しで念願かないました
機会があれば、じゃなく機会を作って出ないとなかなか実現しませんよね
今回はまさしく狙い撃ち
残念なのは椿温泉で日帰り浴場を見つけられなかったこと(事前情報なしの飛び込みだったもので)

投稿: hanasaku | 2009年8月24日 (月) 17時45分

まるで詩を読んでいるような流れですね
ショウタンとは好みが違いますがこの流れは詩と言わざるをえませんね
流石、

胃は大丈夫ですか

投稿: ショウタン | 2009年8月24日 (月) 21時37分

森本屋+ぶつぶつ川+ラブラックカフェのセットええですね!
久しぶりに美味しい蕎麦を食べたくなりました。
ぶつぶつ川の水は、そのまま飲めるのでしょうか?一度行きたいなと思ってたところです。
ラブラックカフェ すごく良い雰囲気のお店ですね!僕が入ると場違いかなぁ~でもメモメモ。

投稿: たかっさん | 2009年8月24日 (月) 22時18分

■ショウタンさん

なんともはや絵日記のような文章で
そうヨイショされるとお恥ずかしい限りです
内視鏡で剥離した食道の部位も、先週くらいまでは食べ物が通る時若干の痛みがあったのですが、今はもう大丈夫です
先生の指示を忠実に守った禁酒が功を奏したのかな(精神的には症状が悪化してきていますが‥)
お気遣いありがとうございます


■たかっさん

「たかっさん! やっと行ってきましたよ」と言うメールで先ず報告したかったのですが‥
さすが食通のたかっさんの紹介とあって、美味しかったし、多くの人が並んで待っていました
レポにも書いているように、遠くからも来ているようですね
バイクで和歌山から来たというと、女将は驚いてましたよ
たかっさんもうなぎの「鹿六」とセットでぶつぶつ川いかがですか?
ラブラック 確かに若い人たちが多いですが、たかっさんよりはるか年長のhanasaku隊でも寛げたのですから大丈夫ですよ

投稿: hanasaku | 2009年8月25日 (火) 04時27分

森本屋さんへ行かれたのですかー!
私達も帰省した時に時々行きますよ。
ここがオープンするまでは南紀では美味しい蕎麦を食べる処がなかったのでここは貴重です。

ぶつぶつ川とラブラックカフェは未踏です。
帰省は169号線を使うことが多く湯浅方面へ
向かうことが少ないです。次は久しぶりに田辺方面を経由してみようかな。

投稿: りゅうのすけ | 2009年8月25日 (火) 12時52分

森本屋さん行ってみたいところです
本宮まではよく行くのですが、那智勝浦まではなかなか回れていません

美味しいマグロをお腹一杯食べてみたいですね~
丼にワサビは付いてますか?(^^♪

投稿: まゆごん | 2009年8月25日 (火) 19時18分

■りゅうのすけさん

隣保の旅行、お疲れさまでした
確かにこの界隈では蕎麦どころかこれと言った食べ処がないですよね
「鹿六」のうなぎか、勝浦の「竹原」…(笑)
森本屋へは前コメのたかっさんに教えられ、やっと念願かないました
やはり美味しいところは皆さんよく知っている

帰省はR169を利用と言うことは熊野市経由ですか?
なら、田辺~湯浅はあまりご縁がない
まぁ 未踏の地を残しておくのも後々の楽しみにいいですが


■まゆごんさん

たかっさんの追っかけで森本屋へ行ってきましたがさすがです
串本や勝浦が和歌山市から時間距離が一番遠いところでしょうか
ところで
>丼にワサビは付いてますか?(^^♪
今頃になってワサビが付いていなかったことに気づきました
何故知ってるんですか?

投稿: hanasaku | 2009年8月25日 (火) 20時19分

私は生のお魚が苦手です
でも、マグロは食べられます
やや甘みのあるタレとあったので
出来ればワサビが付いていてほしいなぁ。。。
と、思ったのです(*^_^*)

投稿: まゆごん | 2009年8月26日 (水) 13時46分

■まゆごんさん

そう、生魚がダメでしたか
マグロ丼→ワサビは? でその素晴らしい勘に少々ビックリした次第で 
でもご安心あれ
このミニセットを頼むと、蕎麦の方にたっぷりとワサビが付いていましたよ
もちろんマグロ丼単品でも「スイマセン~~ ワサビ下さ~~い」で
なんとかなるでしょう

投稿: hanasaku | 2009年8月26日 (水) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/31081114

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ情報 ぐるっぷり:

« アサガオ | トップページ | 買出し »