« ついていけない!! | トップページ | ただ今二軒目 »

2009年7月 6日 (月)

お花畑には早かった

21.7.5 伊 吹 山(1377.3m)  曇り時々晴れ間

2175_030     ゴンドラ終点の3合目付近はユウスゲが見頃

当初、4日の土曜日を予定していたが天気予報から日曜日に変更

この季節木陰のない伊吹は暑さ対策が大変と、ゴンドラが動く前の早朝に登りだし、早めに山頂を後に3合目からゴンドラを使って下山予定にしていたが……

2175_003 三之宮神社登山口(5:45)~一合目(6:15)~二合目(6:43)~(7:15)三合目(7:25)~五合目(7:45)~六合目(8:08)~(8:25)七合目(8:36)~八合目(8:52)~九合目(9:13)~山頂(9:20)~西遊歩道周回~(10:16)山頂(11:22)~五合目(12:31)~三合目(12:54)~(13:55)登山口
(特に五合目から上はデジ亀状態と化しタイムスケジュールは参考になりません)

2175_006 三之宮神社前にエクスを預けると、前日からの登山者が2台、早朝登山者が2台既に駐車している

神社横の登山口からゴンドラ終点の三合目までは高原地図によると1時間40分

ゴンドラが動き出す8時半をいかに前倒しできるかが課題で、予定の少し前、登山口を出発

2175_011 一合目までは樹林帯で日差しは遮ってくれるものの風はほとんど通らず、一汗も二汗もかいてしまう

一合目からはゲレンデの原っぱを抜け視界も徐々に開けてくる

三合目に近づくにつれ、待望の花が姿を現す

先ず目に留まったのがエゾフウロ(以下、花の名前に誤りが多々あろうかと思いますので訂正コメントをお願いします)

2175_017

2175_021 

オカトラノオ / ウツボグサ
2175_020_22175_024

三合目、ゲレンデ下の広場はユウスゲの黄色い花咲き乱れる

2175_0272175_029

スキー場のゲレンデ横を上り詰め、再度山道にかかったところで思わぬお出迎えが

2175_0332175_0352175_036 キジの雌だろうか?道案内ばかりかレンズを向けるとポーズまでとってくれる

これがあるのでお山は止められない??

六合目避難小屋から見る山頂は濃いガスがかかっていたが、少し上ったところでつかの間ガスが晴れ山頂が姿を現す

2175_0382175_041 

この辺りから登山道脇にお花が姿を見せ始め、デジ亀状態に陥る

シシウド / キバナノレンリソウ
2175_0422175_045

ホタルブクロ / メタカラコウ
2175_0492175_051

カラマツソウ / シモツケソウ
2175_0532175_057

なかでもとりわけ愛らしかったのがカワラナデシコ

2175_054

2175_063六合目から上の石ころが転がる登山道を、ジグザグに進む

晴れていれば眼下に湖北の穀倉地帯が一望できるのだろうが、あいにくの曇り空で三合目の広場あたりがやっと見える

七合目の少し広くなったところで小休止し、よく冷えたフルーツゼリーをいただく

時期が来れば八合目あたりの両側はさぞかしきれいだろうなと想像しながら

それでも、けなげに咲く草花の観賞が続く

イブキジャコウソウ / イブキトラノオ
2175_0672175_068

オオバギボウシ / グンナイフウロ
2175_0712175_072

2175_075 ノリウツギが現れるともう九合目

九合目から山頂は目と鼻の先だ

山頂からの鐘の音が間近に聞こえる

山頂に到着し、先ず目に飛び込んだのが冷やしたキュウリやトマトなどの野菜

2175_0772175_0792175_078 よく冷えたトマトの丸かぶりの旨かったこと

いつものようにシャッターを切った時には既にトマトの半分が消えていた

山頂到着が9時20分で昼食には少々早く、予定の西遊歩道を周回することとし、まず中央遊歩道を駐車場の方に下る

2175_0812175_083 ユウスゲより濃いオレンジがかったニッコウキスゲが広がるが、これと言った花はあまり見られない

駐車場から西遊歩道を山頂に向かうが、やはりお花畑は7月末か

でも、散策する人は列をなして山頂に向かう

2175_084

クサタチバナ / ヒメフウロ
2175_0862175_087

ニッコウキスゲ / ミヤマコアザミ
2175_0902175_105

さて、西遊歩道を一周したところで待望のランチタイム

今回はいつものカップメンから解き放され洋風ランチに

2175_0942175_103 山頂でランチする多くの方に、トーストの香ばしい香りをお裾分けしながら至福の時間を過ごす

食後のデザートは抹茶ソフトを

2175_0982175_099      

昼前、山頂を後に下山の途につく

八合目で休憩中の方から「昨年からゴンドラが動いていない」という会話が耳に飛び込んでくる

三合目からはゴンドラでと言うモードになっていただけに、この一時間の下りは考えただけでショックだ

眼下を見下ろすと、まだまだ登ってくる人の列が続く

2175_1112175_114

登りは雉のような大型の鳥が出迎えてくれたが、見送りは小鳥

2175_116 六合目避難小屋越しに山頂部を振り返ると、うっすらと青空が広がっている

伊吹のお花畑とまではいかなかったものの

点在する草花に、時を忘れ山歩きを楽しむことができた

2175_119 登山口から10分程のところにある「ジョイ伊吹薬草温泉」で汗を流し、ETC千円の恩恵を受け帰途につく    

|

« ついていけない!! | トップページ | ただ今二軒目 »

コメント

少し早いとは言え、結構咲いてますよね~
これからしもつけが咲くのですね

一昨年だったか、ラクラクバスツア~で行きました。丁度今頃でした。

山頂は涼しかったですか?
いいですね~
行ってみたくなりました(^-^)

投稿: まゆごん | 2009年7月 6日 (月) 23時00分

■まゆごんさん

一面お花畑とまではいかなかったですが
そこそこ咲いていてくれたので満足です
七合目辺りから涼風がそよぎ、山頂ではTシャツの上に長袖シャツをあおりましたよ
今月末ごろが素晴らしいんじゃないでしょうか
でも、その頃の楽々は渋滞で大変でしょうね

投稿: hanasaku | 2009年7月 7日 (火) 04時40分

ふっふっふ、ゴンドラショック!?
下調べは重要ですよね~
きっとね

>トーストの香ばしい香りをお裾分

こんなイジワルしたバチが当たったんですよ♪
なーんてね( ̄ー ̄)
これだけお花があれば充分じゃないですか
月末がいいのですか?その頃は暑いでしょね
伊吹は未登なので行きたいです!

投稿: スロートレック | 2009年7月 7日 (火) 10時21分

高山植物の宝庫 伊吹山ですね。
しっかりゼロ合目から登られたのですね。 いつも手抜きの私は2年前に上の駐車場(8合か9合目ですよね)まで車で登っていまいました。

こんな花を見せられると まだ全然計画のない夏山を考えなくてはと思います。

伊吹山のゴンドラは確か南西斜面にあったスキー場にあるのでしょうね。
独身の頃、何度かスキーに行きましたが、そのころはゴンドラはありませんでした。
若い頃 スキーを担いで山頂まで登り、山頂からスキー場へ滑り降りたことがあります。


投稿: タマ | 2009年7月 7日 (火) 13時42分

トーストの良い匂いがbread
へぇ、こんなグッズがあるんですかぁ・・・
すみません、花より団子で食べ物に反応してしまいました。restaurant

投稿: chie | 2009年7月 7日 (火) 16時58分

■スロトレさん

ホント、下調べは大切です
前泊の「道の駅伊吹の里」も、「ジョイ伊吹薬草温泉」のこともちゃんと調べていったのに
あぁー何故ロープウエイが抜かったか
やはりバチが当たったんでしょうね(笑)
下山後、駐車場のおばちゃんに聞くと、ロープウエイの代替に三之宮神社~3合目間をタクシーで送迎しているとのこと(朝は何も言わなかったのに…)
それも2千円だから、4人乗り合わせればロープウエイより安上がり
是非未登の伊吹に、タクシーをご利用なさってお登り下さい
月末頃は、多分、きっと、おそらく、花が咲き乱れていることと思いますよ


■タマちゃん

さすが花の伊吹山です
山頂の山小屋?に飾ってあるパネルで一面のお花畑を知ることができましたよ
4年前に歩いた時にはロープウエイを利用し3合目からのピストンだったのですが
今回はやはり疲れました
未だにふくらはぎも太腿もパンパンです
スキーの経験はないのですが、冬の伊吹もきれいでしょうね


■chieさん

いい代物でしょう
山歩きの目的は景色やお花もそうですが
hanasaku隊では山頂での食事も大きなウエイトを占めています
「今度伊吹に行こう」と言った時にすかさず返ってくる答えは
「昼、何にする」(笑)

投稿: hanasaku | 2009年7月 7日 (火) 17時42分

先日は私どもの写真展へ、遠路よりご来場いただき有難うございました。m(__)m

はや、伊吹山へ登ってこられたのですね。
この時期でも結構お花が見られるのですねtulip
写真展仲間とは毎年のように登っておりますが、楽ちんコースの山頂駐車場まで車です。coldsweats01

投稿: まるちゃん | 2009年7月 7日 (火) 20時32分

■まるちゃん

こちらこそ
過日はありがとうございました
あの時親しく話をさせていただいた大雪渓も
間近に迫ってきています
そのトレーニングを兼ね、伊吹を歩いてきました
お花畑とはいかないまでも、そこそこ楽しめましたよ

投稿: hanasaku | 2009年7月 7日 (火) 20時50分

これだけ沢山の花と出会えるのは、さすが花の山ですね!
昨年行った時は、熱中症になってしまったのでお花畑も霞んで見えてました。
7月末か?チョコット計画しようかな!

投稿: たかっさん | 2009年7月 7日 (火) 21時12分

■たかっさん

この季節、木陰のない伊吹ゆえ
早朝出発、昼には下山を予定し歩いたのでしたがロープウエイの運休が誤算でした(涙)
月末だときっとお花畑が最高だと思いますよ
ただし、3合目まではタクシー利用をお奨めします

投稿: hanasaku | 2009年7月 8日 (水) 05時24分

じゅうぶんお花に迎えられていると思いますよ~デジ亀状態・・あはは^0^ 面白いですね~
伊吹山 暑そうですが早朝からの登山は楽しそう
ですね
樹林帯の中を歩くほうが楽ですが 草原も気もちよさそうでいいなあ~~~

投稿: ゆきうさ | 2009年7月 8日 (水) 10時22分

■ゆきうささん

1本1本寄せ集めるとレポのようにそこそこ咲いているんですが
本当の伊吹は“一面のお花畑”なんですよね
それを言っちゃー贅沢と言うもんですか…
早朝の山歩きは清々しいですよね
あっ ところで出迎えてくれたのは「雉の雌」であってたですか?

投稿: hanasaku | 2009年7月 8日 (水) 17時46分

この時期の一合目からの伊吹山ピストンは体力要りますよね。デジ亀状態わかります。
私達も3年前の7月に夏山トレーニングで登りましたが直射日光攻撃に全員バテましたー。
同じく頂上で冷えたトマトにかぶりつきましたよ。(笑)

投稿: りゅうのすけ | 2009年7月 8日 (水) 19時40分

■りゅうちゃん

きょうもまた早々とPCに向かっています
新潟でのゲームがもう終わってしまったのですから(涙)

この時期、早朝登山は正解でしたがゴンドラの運休はショックでした
まぁ、山頂のトマトが美味しかったので我慢しとこう(笑)

投稿: hanasaku | 2009年7月 8日 (水) 20時30分

伊吹山は~歩いて登ってないんですよ~~
まだ登山始める前に~車で山頂だけ楽しみました^^
やきそば持って、全山満開お花畑見に行きたいです~~♪
でも夏の伊吹そーとー暑いやろなぁ。。。

投稿: 森のリカ | 2009年7月 8日 (水) 21時44分

ユウスゲがもう咲いているんですか~ 
??でもユウスゲって夕方3時ごろから咲き始めると思うのですか・・
ゴンドラが動いていなかったらけっこう歩きますよね。
トレーニングに良さそうですね(*^。^*)

投稿: みかん | 2009年7月 8日 (水) 22時42分

ご質問のお迎えの鳥さんですが

雉だけど
雌じゃないと思うのですが・・^^;
雌は茶色ばかりで鮮やかな配色ではないかと・・

投稿: ゆきうさ | 2009年7月 8日 (水) 23時19分

■森のリカさん

この日も山頂直下の駐車場に車を止め
山頂周辺のお花畑を多くの人が散策していましたよ
ザックに登山靴の重装備組みはこちらではあまり見かけず
少し違和感がありました(笑)
定番になりつつある焼きそばを持って是非登ってください
暑さ対策で夜間登山もあるそうですよ


■みかんさん

ユウスゲの開花時間は夕方から朝にかけてのようで太陽が照りつける日中はしぼんでいるとのことです
この日は7時過ぎに3合目に付いたのでラッキーにもまだ開いてくれていました
3合目ゴンドラ終点のユウスゲ群生地はこれから月末にかけてが見頃となるようですよ
ゴンドラはチョンボで、特に下りに両膝が痛くなり往生しました


■ゆきうささん

ありがとうございます
尻尾もさほど長くはないし
色鮮やかでもない
自信無げに雌の雉としました
幼鳥だったのかな?

投稿: hanasaku | 2009年7月 9日 (木) 04時24分

伊吹山。。。。!!
 ここへは5年ほど前に友人とバスツアーで
 お花畑散策なんていうのに参加しました・・
がっ!! 頂上は霧で一㍍ 先も見えないようなお天気で。。。。こんな眺めなんですね~~
 (( ≧ܫ≦))(笑) 綺麗やわー♪

本当に私が行ったときは頂上の∥W C∥へ行くだけでも遭難するんじゃないかなお天気でした
  (・´_`・)・・・・・

投稿: ヴィアン | 2009年7月10日 (金) 11時16分

まだ早かったようですが、それでもいっぱい見つけられましたね。
真夏は日陰なくて暑いんですよね。
山頂でトーストとは。私も持ってるのですが(ユニフレームのですよね)、山に持って行ったことはないです。いつもながら、豪華ですね。うちの朝食より豪華です。

投稿: RIKO | 2009年7月10日 (金) 14時53分

■ヴィアンさん

この日も麓から眺める伊吹山頂は濃いガスに包まれていました
しかし登るにつれ徐々にガスも晴れ
青空が広がるとまではいかないもののそこそこの天気でした
やはり、一寸先も見えないんじゃ行ったかいがないですもんね
お花畑はまだまだこれからのようですよ
リターンマッチは如何ですか?
(天気の程は責任もてませんが…笑)


■RIKOさん

そう、先のリコメでも触れたのですが
こうしてみると結構咲いているように見えまが
お花畑としては今一歩でした
トーストは大普賢や南八ツでもやったのですが
見てくれリッチですよね
それに、こんなところではトーストだけでも旨い
これがあるから山歩きは止められません(笑)

投稿: hanasaku | 2009年7月10日 (金) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/30427736

この記事へのトラックバック一覧です: お花畑には早かった:

« ついていけない!! | トップページ | ただ今二軒目 »