« 伯耆富士遠征を前に | トップページ | 伯耆富士遠征 +おまけ »

2009年6月17日 (水)

伯耆富士遠征

21.6.14 大 山  弥山(1709.4m)       晴れ

2161315_065

山頂付近は自然保護のため木道が整備されている

初めての大山は3年前の初秋、紅葉には少し早く雨にたたられた山歩きだった

2161315_012 今回は14日と21日のいずれかをターゲットに天気予報を見ながら決定することとした

9日に西日本に梅雨入りが宣言されたが、梅雨の晴れ間が予想される14日に決定

駐車場(登山口)(9:00)~六合目避難小屋(10:50)~(12:06)大山(弥山)(13:00)~六合目避難小屋(13:50)~大堰堤(14:50)~二俣(15:15)~大山寺(15:30)~(16:00)駐車場(16:07)=(16:45)皆生温泉

2161315_0012161315_004

4~50台は停められるであろう大川寺橋左岸の無料駐車場は既に満車

下山野営場の駐車場まで戻り、たまたま空いたスペースに車を停め、大山夏山登山口から頂を目指す

2161315_005

登山口から階段が始まり、これが5合目くらいまでは延々と続く

新緑のブナ林が心地よさを与えてくれるが、4時間近く走ってきた身にこの階段はこたえる

2161315_0192161315_020

5合目当たりまでは、眺望の効かない樹林帯の中をもくもくと歩く

2161315_0232161315_024

新緑の中に、タニウツギのピンクが一段と映える

2161315_0292161315_0325合目当たりから眺望も開け、登山者の安全を祈願して建てられたと言う「山の神」を過ぎると6合目避難小屋に着く

2161315_034 適度なスペースと、剣ヶ峰から三鈷峰に至る稜線の眺めから、多くの人で賑わう

6合目から8合目当たりまでが最後の厳しい登りで、後は快適な木道が山頂まで続く

2161315_0482161315_051見上げると山頂はラッシュ状態だ

2161315_0522161315_053 崩落のため立入禁止のロープが張られた三角点のあるピーク?には人影も

2161315_0542161315_058 順番待ちで記念撮影を終え、青空の下ランチタイム

本日は、インスタント焼きそば、同じくたらこスパゲティー、山上での温々パンバター付き、蒜山SEで買ったおにぎりとなんとも不可解な組み合わせ

2161315_0602161315_055 日本海にそのまま沈み込みそうな木道や、空の彼方までも続く木道を眺めながら下山の途につく

2161315_0672161315_068 2161315_069 途中、崩落した岩肌から三鈷峰に至る稜線や眼下に雲海を眺めながら、下る、下る、下る

6合目避難小屋を過ぎ分岐を右にとり行者谷に下る

2161315_0792161315_0842161315_085   

よく整備された登山道を、更に下るとやがて視界が開け、元谷小屋から大堰堤に到着する

2161315_090 大山北壁を背後に従え、気持ちのいい山歩きだ

ここまで来ると大神山神社奥宮まであとわずか

2161315_0942161315_095 今年も6月6日夜、大山山開き前夜祭がここ奥宮で執り行われ、2千人もの人がタイマツ行列に参加したという

2161315_0972161315_098 大山登山の締めくくりは大山寺へのお参り

素晴らしい天候の元、無事山登りできたことに感謝し、本堂を後にする

2161315_109 【本日のお宿】 皆生温泉「皆生シーサイドホテル

ネット予約は得てして運不運があるものだが、本日のお宿は二重丸

2161315_1692161315_168 2161315_105 先ずは日本海を眺めながらゆっくりと露天風呂に浸かる

皆生温泉は日本海に面した海辺の温泉郷で、1900年に漁師が海中に湧き出す温泉を発見したのが始まりと言い、道理で温泉は塩辛いはずだ

温泉から上がり鏡を見ると、右耳タブの上部と左頬こめかみ近くが赤く腫れあがっている
6合目当たりだったか、やけに虫が気になったのだがこの時に刺されたようだ
フロントで懐かしのキンカンを借り、患部に塗っておく

さて、お待ちかねの夕食

2161315_1022161315_1032161315_104 大きな岩牡蠣にレモンをたっぷりかけ、揚げたての天ぷら、ミニ鍋でしゃぶしゃぶを頂き大満足

長旅と山歩きで今宵も爆睡 zzzzzz 

 

|

« 伯耆富士遠征を前に | トップページ | 伯耆富士遠征 +おまけ »

コメント

大山は人気の山だけあって山頂付近は大賑わいだったご様子ですね。
大山北壁なんかメチャクチャ良いですね!いつかは歩くぞー山にランクインしときます。
タニウツギのピンク花は可愛いですね!武奈ヶ岳でもたくさん咲いていましたよ。
それから虫刺されの具合はいかがですか?私は肘辺りを刺されのですが、手首近くまで腫れ上がり、痒い痒いで難儀していま~す。

投稿: たかっさん | 2009年6月17日 (水) 20時58分

■たかっさん

NHKが放映した百名山でアンケートをとったところ3位にランクされたとどこかで読んだ記憶があります
山頂部だけではなくすれ違いに往生しました
ブナ林は有名ですがお花は少なく、そんな中タニウツギはひときわ輝いていましたよ
虫刺されは、いっこうにひかずですね~

投稿: hanasaku | 2009年6月17日 (水) 21時52分

もう夏山の空と雲ですね。
大山もだいぶ変わったように思います。
と言うのも 最後に登ってもう30年経過しています。
独身時代、岩国(山口県)が長かったので、大山は登山と冬のスキーに 毎年 通った山ですが、その後 長い間ご無沙汰になっています。
あの頃は木道は無かったし、記念写真を撮られている山頂も変わっています。6合目の避難小屋はそのころもあったように思います。

大山北壁を背後に従え・・・のショット いいですねー。
僕は2,3年中に出来れば、紅葉か初雪の頃に再挑戦したいお山です。

投稿: タマ | 2009年6月17日 (水) 22時34分

大山は何度登っても良いですねー。
三鈷峰のコースはユートピア小屋あたりが7月下旬にお花畑満開になって素晴らしいですよ。

それにしても下山後は皆生温泉泊まりなんてうらやましい。

投稿: りゅうのすけ | 2009年6月17日 (水) 23時32分

私のブログにコメント頂いてありがとうございます。
きれいなお花が現れるとホットしますよね
タニウツギ・・・きれいですネ
夕陽が沈むのを眺めながらの温泉は最高でしょうね


投稿: おかちゃん | 2009年6月17日 (水) 23時38分

■タマちゃん

そうでしたか
岩国に長く勤務されたのならこの辺はお手のもんですよね
古い時代の大山は知りませんが、日本海側の厳しい自然環境に加え
平成12年10月の鳥取県西部地震で崩落が相当進んだようです
大山は2度目だったのですが、また違った顔を見せてくれ
感激も新たです


■りゅうのすけさん

6合目から見える剣ヶ峰から三鈷峰にいたる稜線は
ここまでの疲れを吹っ飛ばしてくれるほどの景観ですね
夏山登山道にはあまりお花が見られませんでしたが、新緑のブナ林を存分に楽しめました
皆生温泉はネットでたまたまいいホテルに巡り合え泊まってきました
リーズナブルにもかかわらず素晴らしいもてなしでしたよ


■おかちゃん

初コメ頂き有難うございます
山の魅力は素晴らしい眺望もありますが、たくさんの草花に出会えることにもあります
大山の夏山登山道はあまりお花もありませんが、でも、きれいなピンクの花を見ると心が和みますよね
山の後の温泉は最高です
そこにビールがあればもうたまりません(笑)

投稿: hanasaku | 2009年6月18日 (木) 04時43分

いやー、ディナー美味しそうですね
そして伯耆富士遠征前泊といえば
とーぜん、岸和田ですよね・・・
なーんて取って着けたような( ̄ー ̄)

初夏の大山もいいですね、行者谷のブナが
新緑のにどんな表情になるのか
観たかったので嬉しいです!
しかし下山後更に足を伸ばして皆生温泉とは
なんて贅沢な~

投稿: スロートレック | 2009年6月18日 (木) 11時41分

大山に行かれましたか
大山が取り持つ縁で二人の方と長くつきあっています
そんな関係で皆さんのあまり行かれないコースを登ることが出来ていますが、あまりコースを大々的に書くことが出来ません
三角点も行く予定ですが日程が合わなくて
お花の季節のユートピア小屋付近はメチャ綺麗だそうです
又行って来ます

投稿: ショウタン | 2009年6月18日 (木) 11時52分

■スロトレさん

ブナ林で名を馳せるだけのことはありますよね
夏山登山道も行者谷も元谷も
ブナに圧倒されてきました
いい目の保養になりました
さらに温泉で体の保養も…(笑)


■ショウタンさん

そうですよね
厳しい時期に、厳しいルートで歩かれてましたよね
でも、我々素人には無理で
二度とも夏山登山道を登り、行者谷に下りるごくオーソドックスなルートを歩いてきました
前出のりゅうのすけさんも触れていましたが
7月末のユートピア小屋周辺のお花畑は見事なようですね
一度行ってみたいです

投稿: hanasaku | 2009年6月18日 (木) 17時37分

行こう!行きたい!思いつつ、まだ実現できない大山登山です。
階段が多いそうですが、辛くはないですか?
それにしても、いつも、豪華な食事がついてますね(^-^)

投稿: HAMA | 2009年6月18日 (木) 21時49分

■HAMAさん

登山口から5合目あたりまで延々階段が続きます
でも、周囲のブナ林がその辛さを癒してくれますよ
新緑の時期、紅葉の盛りは素晴らしいでしょうね
>いつも、豪華な食事がついてますね
今回はネット検索がヒットしました
リーズナブルでかつ、最高のもてなしに大満足でしたよ

投稿: hanasaku | 2009年6月19日 (金) 04時32分

めちゃエエですね~~♪
大山! 一回しか行ってないのですが、新緑綺麗だろな~~hanasakuさんと同じで、虫に噛まれて~私も右こめかみが赤く腫れてまーす~
山頂の木道をポクポク歩くの好きです♪でも暑そう~~^^体力に為に御馳走必須ですよね~~いっつも王将とかデ~ス
皆生温泉で御馳走ってゴージャス~~(温泉は日帰りしか知らないです)
こういう山行きをしてみたい!!

投稿: 森のリカ | 2009年6月19日 (金) 10時01分

■森のリカさん

9合目からの木道歩きになるとそれまでの辛かった階段歩きのことがすっかり忘れてしまいます
前回はガスと雨にたたられた大山だったのですが、今回は最高の日和で
日差しの割には暑くもなく快適な山歩きを満喫しましたよ
いつもの遠征はエクスのセカンドシートを倒し、エアーマットとシュラフのお世話になるのですが、たまには温泉旅館もグーです
ところで、七面での負傷ですか?
この時期虫刺されには気をつけないといけないですよね

投稿: hanasaku | 2009年6月19日 (金) 20時43分

大山は昨年島根に遊びに行くとき電車の中から見ただけですが見事に「山陰冨士」のイメージでした
登山道もしっかりしてますね
延々続く階段状の山道は大変だけど・・
でも新緑と稜線 すばらしくきれいです~~

投稿: ゆきうさ | 2009年6月20日 (土) 12時56分

■ゆきうささん

車窓から見たと言うことは
山陰線でしょうね
きれいな富士型だったでしょう
登山口から延々続く階段も
新緑のブナ林や所々に顔を見せる草花に
しんどさも忘れさせてくれます
特に、9合目から上の木道歩きは気分爽快でしたよ

投稿: hanasaku | 2009年6月20日 (土) 15時48分

この季節の大山もいいですね。
山と温泉が最高ですね(*^。^*)

投稿: みかん | 2009年6月26日 (金) 21時57分

■みかんさん

前回は秋まだ浅き候だったのですが
今回はまるで違った大山を見せてくれました
とりわけ大堰堤から振り返った大山北壁が印象的でした
>山と温泉が最高ですね(*^。^*)
何かお忘れじゃござんせんか
そう、山頂で頂くエビスさまも、湯上りに頂く生さまも
皆上機嫌でしたよ(笑)

投稿: hanasaku | 2009年6月27日 (土) 04時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/30056591

この記事へのトラックバック一覧です: 伯耆富士遠征:

« 伯耆富士遠征を前に | トップページ | 伯耆富士遠征 +おまけ »