« 策に溺れる? | トップページ | 北九州タンデムツーリング +α     久住山~中岳 »

2009年5月30日 (土)

北九州タンデムツーリング +α      -2日目-

5/23(土) 別府~湯布院~やまなみハイウェイ~長者原

別府港観光港7:00=別府IC7:15=由布岳PA7:30=湯布院IC7:40=8:00湯布院10:00=10:10(道)湯布院10:30=水分峠=朝日台11:00=11:15飯田高原12:15=12:22長者原12:35=13:40黒川温泉14:50=15:40長者原国民宿舎「コスモス荘」

【本日の走行距離】 119.5km

2152227_107

右舷側に湯煙の上がる別府の街並みを眺めながら

サンフラワーコバルトは定刻6時40分に別府観光港の岸壁に接岸

いつものことながら、バイクは一番最後に下船

この日は、別府からのんびりと一日かけ、翌日からのベースキャンプとなる長者原の国民宿舎まで約100㎞のショートツーリング

先ずは湯布院駅に立ち寄り、街並みの向こうに聳える由布岳を眺める

2152227_1112152227_113

朝の早い時間帯でまだ土産物店やカフェなど開店しておらず、湯布院の観光スポットの一つ「金鱗湖」に向かう

2152227_1182152227_1232152227_125 「魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て名付けられた」と伝えられ、湖底からは温泉と清水がわき出し、その温度差のため冬季には湖面から霧が立ち上がる幻想的な光景が見られるという

2152227_128_22152227_1262152227_127   

池の周囲を一周し、途中かやぶきの温泉「下ん湯」の近くにある住民専用の共同浴場を覗く

「こんな素朴な温泉に一度入ってみたいな」とため息が‥

金鱗湖を後に、開店準備に勤しむ街中で見かけた素敵な店を

2152227_1302152227_1312152227_1352152227_1152152227_1162152227_152

9時になって開店したcafe「Cucu・Chi」で休憩

由布岳を眺めながら、ウッドテラスでケーキセットを頂く

2152227_1472152227_5002152227_144

      

道の駅「湯布院」で、昨夜空になった赤いボトルに赤い液体を補充し、水分峠からやまなみハイウェイに入り、朝日台を経て飯田高原へ

ここ飯田(はんだ)高原は久住連山の北麓に位置する標高1000m余りの高原で、高原野菜の栽培や酪農が盛んな地域

一軒のこじんまりしたお蕎麦屋さんで昼食を頂く

2152227_1552152227_1592152227_161

一旦今宵のお宿「コスモス荘」でチェックインを済ませ、「黒川温泉日帰り入浴の旅」に出発

長者原から小一時間で黒川温泉に到着し、旅館組合の駐輪場にRTを停めブラリ温泉街をそぞろ歩く

2152227_1702152227_168

古い佇まいの落ち着いた旅館が軒を連ねる

こんなところでのんびり過ごしたいものだが……

さて、日帰り入浴は事前にネットで調べた「のし湯」さんで

2152227_1632152227_1732152227_507

離れにある露天風呂でお湯を頂く

残念なのは石けん類が使えないこと

2152227_1822152227_1842152227_176   

湯上がりには例のごとくソフトクリームを

再び、長者原の「コスモス荘」に戻り、温泉へ浸かり直し、楽しい夕餉の時間を待つのみ

2152227_1862152227_1872152227_188

「くじゅう地ビール」で乾杯し、熊本名産の馬刺しに舌鼓をうつ

早立ちのための朝食弁当を受け取り部屋に戻ってあとは寝るのみ

 

|

« 策に溺れる? | トップページ | 北九州タンデムツーリング +α     久住山~中岳 »

コメント

湯布院はお土産話を聞くばかりで行ったことないで~す(泣)
金鱗湖はキラキラと絶景ですね、由布岳を眺めながらのティータイム、素朴でメチャ美味しそうな飯田高原のお蕎麦、雰囲気ばっちしの黒川温泉「のし湯」、しめは「くじゅう地ビールと馬刺しで舌鼓をうつ」あぁ~羨ましい!
黒川温泉は熊本国体(現役最後の出場)で行きましたが、疲れた体を癒してくれた良いお湯だったのを思い出しました。

投稿: たかっさん | 2009年5月31日 (日) 11時18分

■たかっさん

湯布院、黒川温泉ともリッチに泊りがけで行きたいところなんですが、いかんせん‥‥
でも、どちらも若い女性達に人気があるのが街を歩いてみてよくわかります
何処かの温泉のように大きなホテルが立ち並び、囲い込みで客を逃がさないのとは違い
それどれの宿が工夫を凝らし、古いよさをよく演出していました
まぁ、目の保養だけは充分させていただきました(笑)

投稿: hanasaku | 2009年5月31日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/29688249

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州タンデムツーリング +α      -2日目-:

« 策に溺れる? | トップページ | 北九州タンデムツーリング +α     久住山~中岳 »