« 北九州タンデムツーリング +α      -2日目- | トップページ | 北九州タンデムツーリング +α     法華院温泉~長者原 »

2009年5月31日 (日)

北九州タンデムツーリング +α     久住山~中岳

5/24(日) 久住山(1786.5m)~中岳(1791m)   晴れ

2152227_222

コスモス荘7:00=7:08牧ノ戸峠登山口7:15~扇ヶ鼻分岐~9:15久住分れ9:20~9:45久住山10:00~中岳分岐10:13~御池10:25~10:44中岳10:50~11:00御池(昼)11:25~11:50久住分れ12:00~北千里浜12:40~13:24法華院温泉13:45~坊ヶツル14:10~14:30法華院温泉(泊)

朝食に前夜配られた弁当を頂き、7時、予約した迎えのタクシーに乗り込む

登山口までは車で僅か10分足らずだが、歩けば1時間ほどかかり時間節約のためにタクシーを利用した

牧ノ戸峠登山口には結構大きな駐車場があるが、この時間帯で既に満杯で路駐車が多く見られる

2152227_1902152227_191

登山口からいきなり舗装された急登がしばらく続く

舗装路がとぎれ、視界を遮る雑木林を抜けると、早速お目当てのミヤマキリシマが出迎えてくれる

2152227_1942152227_196

環境庁(現環境省)の案内板によると「ミヤマキリシマはツツジ科の低木で、この付近では6月上旬にピンク色の美しい花を咲かせます。くじゅう山群では、大船山の段原や平治岳山頂付近が最も美しく、山全体がピンク色に染まるくらいびっしりと花をつけ、登山者の目を楽しませてくれます」とある

花は淡いピンクもあれば、赤に近いようなピンクも見られる

2152227_1952152227_2082152227_211

事前情報どおり、この時期標高1400~1500mぐらいが見頃で、それ以上高度が上がると堅く蕾を閉ざし開花期を想像するほかない

2152227_2152152227_2182152227_220

2152227_206 登山道はお花畑に別れを告げ徐々に高度を上げ、扇ヶ鼻分岐から正面に目指す久住山が現れるとやがて久住分れ避難小屋に到着する

2152227_2292152227_232      

久住分れから星生山の向こうに噴煙を上げる硫黄山を眺めながらガレ場を登る、登ると

2152227_2382152227_2392152227_242

久住山に到着

2152227_249

 

久住山から中岳分岐に下り、天狗ヶ城をパスし御池の畔を通って中岳に向かう

2152227_2592152227_2602152227_265

中岳から池ノ小屋を経由し法華院温泉に下る予定にしていたが、牧ノ戸峠から法華院に出発する旨電話を入れた時

「中岳から直接法華院へのルートはお薦めできない。再度久住分れまで戻り北千里浜を経由し法華院へのルートをとる方がよい」と、半ば強制的(笑)に薦められ仰せに従うこととした

取り敢えず御池まで下り、昨日黒川で買い求めた自家製パンとスープで昼食を

2152227_2712152227_272 

久住分れからは硫黄山から噴出する硫化水素臭に酔いながら、下る、下る、下る

やがてフラットな北千里浜に到達

2152227_2742152227_2762152227_277   

2152227_278 硫黄の影響なのか草木が余り育っていないし、谷間の割に水が全然ない

火山地帯だけに地下浸透が早く、せせらぎや川とはならないのだろうか
見上げるとお猿が毛繕いを……

北千里浜からは更に急激に下っていくとともに、岩山にあのミヤマキリシマが姿を現す

2152227_2812152227_2822152227_2852152227_2862152227_288

2152227_525

2152227_291九州最高度(1303m)に建つ法華院温泉が眼下に望めるともうあとわずかだ

2152227_528 予定ではここでサブザックに持ち変え、大船山をピストンすることとしていた

しかし怪しくなった雲行きと、怪しくなった足取りで更に高低差483mを3時間かけての往復は無理と諦め、ストックを早々とジョッキに持ち替える

この決断力は並はずれたものだ

うま~~

大船山からラムサール条約で指定された坊ヶツル湿原の散策に切り替え、法華院温泉を出発

2152227_2962152227_3002152227_301

道端には可憐な花も

2152227_2982152227_2992152227_304

さて、お楽しみの今宵の夕餉は

2152227_3102152227_312

傍らにはいつものように赤いボトルが

本日の法華院山荘は日曜の夜とあってか宿泊客も少なく、大部屋は使っていないようだ

2152227_3182152227_3072152227_321

夕食前に2度、朝起きて1度

法華院温泉を十分堪能し、美味しい食事を頂き お山は最高!!

|

« 北九州タンデムツーリング +α      -2日目- | トップページ | 北九州タンデムツーリング +α     法華院温泉~長者原 »

コメント

久住山~中岳!
荒々しくも優美なお山ですね!
ミヤマキリシマのピンクがとても綺麗です。
>ストックを早々とジョッキに持ち替える<
この決断力は私もチョット持っているかも、ってビールの魔力かな?

投稿: たかっさん | 2009年5月31日 (日) 11時40分

■たかっさん

どちらのお山も、ピーク付近には草花がなくガレていてさほど綺麗とは言えませんが
でも、眺望は素晴らしい
ミヤマキリシマには10日ほど早かったようですが、それなりに満足の山歩きでした
やっぱりビールはうまいなぁー

投稿: hanasaku | 2009年5月31日 (日) 16時28分

>ストックを早々とジョッキに持ち替える
>この決断力は並はずれたものだ

すごい決断されましたね!
って誉められても嬉しかないか( ̄ー ̄)

いやいや、やはりお山アリなタンデムでしたか
さすが九州の山ですね、この絶景は本州では
見えないでしょう、私の某山友は久住山だけは
絶対行くべき!とウルさいんですよね
気軽に行ける距離ならなぁ・・・
食事も温泉も山もラブラブタンデムで
楽しそうですね♪

投稿: スロートレック | 2009年6月 1日 (月) 10時37分

九州遠征、いいですねえ~
相変わらず、食事も豪華!甘いものも、ビールもなんでもかんでも美味しそうです。
ミヤマキリシマ、そこだけの花というのは見る価値ありますね。いつもポイントはしっかり押えた山行きですね。私は大抵外してます。

投稿: RIKO | 2009年6月 1日 (月) 12時49分

久住山系素晴らしいですね
天気が良いようですが、ビールに負けたのかな
小屋泊の魅力はなんと言ってもビールですね
ミヤマキリシマ、綺麗な花ですね
ツツジって本当に種類が沢山あるのですね

投稿: ショウタン | 2009年6月 1日 (月) 16時15分

■スロトレさん  久住  

昨年稚内まで行きながら利尻礼文に足を伸ばさなかったことが、その後も悔やまれ
今回は最初から山ありきで計画を立てていました
おかげで天候にも恵まれ、雄大な九州のお山に十分堪能しました
ただ、もう少しストックを長く持ち続け、大船山の中腹にある段原までは行きたかった、が偽らざる心境です
泣く子とビールにまっこと弱いHanasakuを露呈してしまいましたよ(笑)


■RIKOさん

始めて九州の山を歩きましたが
その雄大さにただただ驚くばかりでした
ミヤマキリシマはまだ満開には至りませんでしたが
それなりに見ごたえは十分ありましたよ
後は、すきこそ物の上手なれ??
決して豪華な食事を食べているわけじゃないんですが
飯田高原のソバなんか大正解でした


■ショウタンさん

行きしのフェリーで出会った山家さんは三俣山に登ると云い
ルートに入っていなかったので少し悔やまれましたがなんのことはない
久住山~中岳で久住の良さを十分感じ取ることができました
連山とは言え尾根筋を歩くのではなくいったん下ってまた登る
少しくたびれていた上に、雲行きが怪しかったのでついついビールに負けてしまいました(笑)
ミヤマキリシマは聞きしに勝るものがありましたよ

投稿: hanasaku | 2009年6月 1日 (月) 19時47分

行程の長い登山のあとは温泉につかって・って最高でしょうね
泊まられたところも素敵です

ミヤマキリシマを目にしながらの登山は癒されますね
ガレ場ばかりだとつらいけど

投稿: ゆきうさ | 2009年6月 1日 (月) 20時45分

■ゆきうささん

山登りのあとの温泉は最高です
そこに生ビールがあれば鬼に金棒(ってようわからんですが)
ここ、法華院温泉山荘は久住連山へのベースキャンプで多くの人が利用する素敵な山小屋で
また訪ねてみたい施設です
満開にはイマイチでしたがきれいでしたよ

投稿: hanasaku | 2009年6月 1日 (月) 21時08分

>往復は無理と諦め、ストックを早々とジョッキ>に持ち替えるこの決断力は並はずれたものだ

(^-^) このフレーズ、お仲間や!
あららぁ~~ スーさん、既にコメントしてるじゃないですか・・・(^-^)
ビール美味しそうですね~
σ(^◇^;) お山のレポについてコメントせんかい!ですね・・・すみません(ーー;)
久住山のミヤマキリシマ、いいもんですね~
私は六甲より西のお山全く未踏(ーー;)
羨ましいなぁ~~

投稿: HAMA | 2009年6月 3日 (水) 20時22分

■HAMAさん

>ビール美味しそうですね~
まっこと旨かったです
そこにビールがあるから山に登る、が
モットーですから

>お山のレポについてコメントせんかい!
そうなんです
アップすれど、アップすれどHAMAさんは現れずです
でも、当然ですよね
HAMAさんは北の大地の人なんですから

投稿: hanasaku | 2009年6月 3日 (水) 20時56分

しばらくぶりデーース。
凄いお出かけされてたんですね^^
しかも山登り付き~~
ミヤマキリシマ知らないんです。
凄い綺麗です~~
ハイマツのような木に咲くのですか?
雪の無い、遠いぉ山に行きたいです~~^^

投稿: 森のリカ | 2009年6月 5日 (金) 06時53分

■森のリカさん

年に一度のロングタンデムツーリングです
昨年、利尻礼文を横目に歯ぎしりを噛んだので
今回はツーリングにしっかりと山歩きを組み入れましたよ
で、選んだのがミヤマキリシマの久住連山
つつじ科の低木で本当に綺麗でした
でも、あまり天気がよいやの綺麗やの言い過ぎるとリカさんに恨まれそうですが
>人の快晴のレポとか読むと羨ましくもムカツイテました
(笑)

投稿: hanasaku | 2009年6月 5日 (金) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/29688263

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州タンデムツーリング +α     久住山~中岳:

« 北九州タンデムツーリング +α      -2日目- | トップページ | 北九州タンデムツーリング +α     法華院温泉~長者原 »