« カタクリの花 | トップページ | カタクリの山 葛城を歩く »

2009年4月14日 (火)

竹田城址と立雲峡

昨日(11日)の加古川沿いの桜並木同様、以前から気になっていた竹田城趾を初めて訪れた

2141112_083

         天守台から南千畳をのぞむ

21.4.12 竹田城趾と立雲峡

朝霧に浮かぶ竹田城趾で有名な城跡に行く前にまず、対峙する立雲峡に登ってみる

立雲峡は但馬吉野と称されるほどの桜の名所であると同時に、円山川を挟んで西に位置する竹田城趾を臨むことができるビューポイントだ

2141112_045 樹齢300年以上という老桜を始めいろんな種類の桜が植えられているが、やや見頃を過ぎている

2141112_0572141112_063 奇岩、巨岩が点在し小さな滝も現れる

2141112_0542141112_060 巨岩の上に立つへっぴり腰なYOUに

回りから笑いの声が…

2141112_0662141112_071    

立雲峡を後に、いよいよ天空の城・竹田城趾へ

JR播但線・竹田駅の西側、標高353mの古城山(虎臥山)の山頂部に目指す城跡がある

中腹の50台留められる駐車場は既に満車で、待つことしばし

ここから城跡へは、階段の多い近道の健脚コースと、ゆるやかな車道を歩く大手門コースがあるが、選択は勿論健脚コース

花屋敷から奥殿を抜け天守台へ

2141112_073

2141112_072 そして、待望の天守台に立つ

2141112_0772141112_081 

2141112_084 天守台に立つと「田に松が生えた」と伝えられる、築城に携わった民衆の苦労が石垣に見て取れる

2141112_0912141112_092 

帰路は南千畳からツツジの花を見ながら車道にショートカットし、駐車場へ

2141112_0932141112_096

Img_2376 来た時より更に混雑する駐車所を後に

和田山ICから北近畿豊岡道に乗り直ぐの「道の駅 但馬のまほろば」で スローフードな昼食を頂き

二日を共にしたYOUに別れを告げる

【二日間の全走行距離】 542㎞

追記;12日付天声人語にこう記されている

『群生の桜は「見に行く」だが、有名でも無名でも一本桜には「会いに行く」と言うのがふさわしい。…二度とはめぐらぬ今年の春がたけていく。』

今年は桜に会いに行けなかったが、昨日の氷上の桜、今日の竹田城趾の桜見を最後に今年の春がたけていく

|

« カタクリの花 | トップページ | カタクリの山 葛城を歩く »

コメント

雪も融けて、いよいよRCの出番のようですね~(^^♪
hanasakuさんのライダー姿、どんなんなのかな? 拝見したいもんですよ~ん(^-^)
竹田城址・・・よくわかりました(^^♪
YOU君、可愛いですね~
天声人語のサクラに想う・・良い感じの言葉ですね。

投稿: HAMA | 2009年4月14日 (火) 21時12分

>対峙する立雲峡に登ってみる

これって素敵ですね
体力や時間に余裕があれば是非やってみたいことだと思います*^^*

民衆の血と汗が感じられる石垣や何百年って生きてきた老樹に思いを馳せながら
行く春を楽しまれたのですね♪

思い入れのある桜に会いに行く よ~くわかります
私もいつも行く里山の3本桜が好きなんです・・1本ではないですが・・^^

投稿: ゆきうさ | 2009年4月15日 (水) 08時16分

城址に桜、凄く似合ってますね
いい風景です

>名でも無名でも一本桜には「会いに行く」と言>うのがふさわしい

さすが天声人語、素晴らしい!
そうですね、会いに行く風景、会いに行く樹・・・
あぁ待ち遠しい、早く会いたいなぁ♪

投稿: スロートレック | 2009年4月15日 (水) 09時51分

■HAMAさん

例年のことなんですが、この時期になると
待ちわびたみつばちのように(そんな可愛いもんじゃないですが)
野山をRTで走り回ります
その分、お山は何処かへ…(涙)

道の駅まほろばで別れる時、YOUが少し寂しげに見えたのは、ジジバカのせいなのでしょうか?


■ゆきうささん

竹田城趾をネット検索すると、立雲峡からの画が載っていました
これは先ず足を運ぶべきと登った次第です
しかし、春霞であまりいい画は得られませんでした

思い入れのある花木は、やはり会いに行くがぴったりしますね
たとえそれが1本でも2本でも…


■スロトレさん

桜には青空
そこに城趾が加われば鬼に金棒です???

今年も群生の桜を十分堪能させてもらいました
>あぁ待ち遠しい、早く会いたいなぁ♪
今日のところは暖簾をくぐらず、真っ直ぐに愛しい○○の待つお家にお帰り下さい

投稿: hanasaku | 2009年4月15日 (水) 17時56分

まいどです!
竹田城趾いいところですねー。
以前から行ってみたいと思ってたんですよ。
ちゃんと石垣が残ってるのがええですよね。
城跡ちゅうて何も無かったら寂しいばかりです。

投稿: blueeyedsoul | 2009年4月15日 (水) 19時24分

竹田城跡は日本版マチュピチュみたいでメチャいいとこですね!
YOU君の笑顔で楽しかったのがわかります。
桜とRTも中々合ってますよ。カッコイイー!

投稿: たかっさん | 2009年4月16日 (木) 07時46分

なんともYOU君の殿様っぽい感じ 伝わってきました^^
カワyou~い!!
ところでバイクで二人乗り(??)
お花もいっぱいでお城って楽しそう♪♪

投稿: 森のリカ | 2009年4月16日 (木) 14時38分

この城の事は知りませんでしたが、hanasakuさんの孫と歩く姿が行間に現れているような気がします。
春も終わり初夏の季節、山家としては石楠花の花が期待されますが今年は花芽が少ないような気がしています

投稿: ショウタン | 2009年4月16日 (木) 18時20分

■soulさん

朝霧に浮かぶ城趾はよく新聞等で見かけたのですが
実際に見たのは初めてです
よくもまぁこんな場所にと、思っていた以上に感動しました
舞鶴道の春日JCTから高規格道路(自動車専用道)の「北近畿豊岡道」(無料)が和田山まで伸び、和田山ICを下りると10分ほどで駐車場に到着です

■たかっさん

おっしゃるとおり、以前、今新聞をにぎわしている週刊○潮が「日本のマチュピチュ」として紹介していたようですよ
奇しくも、事務室にかけてあるカレンダー(西日本建設保証)の写真が今月ホンマもののマチュピチュなのが笑えます
別名が虎臥城といい、虎伏城とも称される和歌山城とも何処か似通っています
>桜とRTも中々合ってますよ。カッコイイー!
有難うございます
さぞかし本人(鉄馬)も喜んでいることと思います
これで、月末の四万十ツーリングは機嫌良く走ってくれることでしょう

■森のリカさん

殿様っぽいどころか、棒を振り上げ、まさしくへっぽこ侍ですよ
城の石積みの端に出すのに往生しました
ところでバイクですが、昨年は北海道を11日間かけタンデム(二人乗り)走行しました
二年ほど前だったか、高速道路での二人乗りが可能となったことから、以来タンデム走行を多く見かけます
今年も九州を予定しています

投稿: hanasaku | 2009年4月16日 (木) 20時05分

■ショウタンさん

久しぶりのYOUとの再開
温泉に一緒に浸かり、食事し、里山を楽しく歩いてきました

桜も葉桜となりいよいよシャクナゲの季節ですね
大好きなシロヤシオも競って咲くことでしょう
楽しみな季節です

投稿: hanasaku | 2009年4月16日 (木) 20時10分

雲海で有名なところですね。新聞によく載りますね。桜、あっという間に終わってしまいます。
お孫さん、かわいいですね!かっこいいおじいちゃんで、お孫さんもうれしいでしょう。

投稿: RIKO | 2009年4月17日 (金) 12時02分

■RIKOさん

昨日たかっさんから「日本のマチュピチュ」とコメント頂いたのですが
まさにその通りです
天守台から見る石積みの巧みさ、美しさ、平面的広がり…
見飽きることはありません

>お孫さん、かわいいですね!かっこいいおじいちゃんで、お孫さんもうれしいでしょう
有難うございます
でも、少し違うんです
「かっこいいYOUで、じいちゃんもうれしい!」が正解です(笑)

投稿: hanasaku | 2009年4月17日 (金) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/29095726

この記事へのトラックバック一覧です: 竹田城址と立雲峡:

« カタクリの花 | トップページ | カタクリの山 葛城を歩く »