« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

青空に樹氷が映える ~綿向山~

21.1.25(日) 綿 向 山 (1110m) 晴れ

20125_062 先週18日に予定していたが天気予報では雨

山間部では雪に変わったとしても青空は望めないだろうと、一週間伸ばしての綿向山

自宅5:00=泉南IC5:35=吹田JCT6:18=6:35桂川PA6:45=竜王IC7:18=音羽交差点7:48=8:00御幸橋駐車場8:15~ヒズミ谷出合小屋8:33~8:45一合目8:55~三合目「あざみ小屋」9:28~9:48五合目「夢咲の鐘」小屋9:53~七合目「行者コバ」10:11~10:39綿向山山頂(昼)11:45~七合目12:08~五合目12:24~三合目12:44~出合小屋13:23~13:38御幸橋駐車場13:46=14:34十二坊温泉「ゆらら」15:30=竜王IC15:38=吹田JCT16:19=泉南IC17:22=18:00自宅

20125_00120125_00320125_004 竜王ICを下り、R477を登山口のある西明寺に向かう

途中から見る綿向山には厚い雲がかかり山頂は見えない

西明寺口を右に取り、御幸橋駐車場に到着

雪もなくまだまだ空きスペースのある駐車場に車を留め、身支度を整える

駐車場横から西明寺川左岸側を上流部に向け少し歩くとクロマツとアカマツが寄り添うように立つ「夫婦松」 に

さらに林道を進むとヒズミ谷出合小屋に到着

20125_00720125_010 

ここで登山届けを投函し、林道とお別れしアルミの橋を渡るといよいよ登山道に

登山道にはほとんど雪はない

御幸橋駐車場から歩き始めて約半時間でやっと一合目に到着

「火の用心 日野消防署」と書かれたオヤジギャグのような看板を横目に今シーズン初のアイゼンを着け九十九折れの道を三合目「あざみ小屋」に

20125_01120125_01220125_064

四合目、五合目「夢咲の鐘」小屋、六合目と高度を稼ぎながら七合目「行者コバ」に到着

五合目の小屋前につるされた鐘を鳴らすときれいな音色が響く

20125_01520125_01620125_022
「・・・中世の昔の綿向山は聖なる霊山であり、多くの山伏が修業のために入山をし、この尾根へ登って服装などを整える儀式を行った場所であるところからこの名が生まれた」と行者コバ案内板に記されている

20125_023_220125_024_220125_025

七合目周辺からはこれまでの人工林に変わりブナ林などの自然林となり枝先に樹氷が見られるようになる

20125_029_220125_032_2 七合目からは登山道が冬道に変わり、最後の急峻な直登に息を弾ませる

しかし木の間からの樹氷の眺めに、しばし足を止め疲れを忘れさせてくれる

20125_038_220125_037_2 樹氷の海を抜けるとそこは青空と白銀の世界

口をついて出る言葉は「きれい~~」のひと言

シャッターを押して頂いたご夫妻は、先週も登られたそうだ

「先週は駐車場からいきなりの雪。でも、樹氷は今日の方がはるかにきれい」

20125_040_2

さすが人気のお山で、山頂は多くの人で賑わう

山頂からは雨乞岳(1238m)や鎌ヶ岳(1161m)などの大パノラマが広がる

20125_055

ケルンのように石を積み重ねた「青年の塔」下で、カップメンの簡単ランチをいただく

20125_03920125_05120125_049 風もほとんど無く暖かな中でのランチタイムは一時間を優に越えていた

下山をする前に、名残惜しげに「もう一枚!!」

20125_042

帰途、竜王IC近くの「十二坊温泉ゆらら」に立ち寄り、まったりと湯に体を沈める

20125_065 20125_066

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

今年もやってきました PartⅡ

いえ、今日はメジロじゃないんです

久しぶりの山行きを予定していたが生憎の予報

では、とMIEを誘って昨年二度訪れた転軸山森林公園でソリ遊び

20118_001 昨年とは違って、今回はお父さんも一緒ですのでMIEも安心です

20118_00720118_011 

ここは子供たちを遊ばせるのには絶好の場所

たくさんのちびっ子で大賑わい

昨年のようにあまり怖がることもなく

何度となく登り滑りを繰り返していました

20118_02320118_02520118_027 20118_047 我が家の定番

“サッポロ一番”で温まり

再度、ソリ遊びに挑戦

13時ごろになり、天気予報が的中

雨音をしおに帰途につきました

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

今年もやってきました

20117_003

愛らしいメジロが

今年もカップルでやってきました

傍らにはロウバイの花も

20117_014

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

コベルコスティーラーズ観戦記

今シーズンもやってきましたホームズスタジアム神戸へ

20111_00920111_010 

昨シーズンと同様、スタジアム1Fにあるレストラン「ウルティモ」で食事をしながらの観戦

ウルティモからのピッチの眺めです

20111_01120111_034

キックオフ前に食事が始まります

サラダ&パスタ&デザート

デザートは、カシスのムースとチョコのプリン

20111_06420111_06620111_067

さて、本日のゲーム

神戸製鋼コベルコスティーラーズvs横河武蔵野アトラスターズ

やはりトップリーグでは神鋼に一日の長があります

前半終わって43-0

ゲームは余裕を持って見ていられます

ゲームの一シーンを

20111_01820111_02020111_02120111_02420111_026_220111_032 我らが濱ちゃんも前半で2トライを決めてくれました

キャップテン後藤翔太も元気ハツラツで、前節の悪夢のサントリー戦もすっかり忘れたかのようなプレー

結果、68-12で楽勝に終わりました

ところで、隣席で観戦をしていたご家族は昨シーズンもご一緒

ちびっ子ラガーファンの将来が楽しみです

20111_037 カンタベリーのラガーシャツがよく似合っています

聞くと、TAIとは4日違いのお生まれとか‥

さて、今回のラグビー観戦は少し遠回りの豊岡経由で行ってきました

大雪警報が出ており、北近畿豊岡道の青垣ICで一旦下ろされ冬用タイヤのチェック

朝起きての初仕事は、車の前に40cmほど積もった雪かき

20111_06920111_042

雪国の方の苦労のほんの一端を体験してきました

青空に輝く白銀に感嘆の声を上げながら神戸に向かいます

20111_054      車窓よりコンデジで 

追記;

ランチをいただきながらラグビー観戦

すご~くリッチな感じに受け取られている方もいらっしゃるようなので

ウルティモさんの名誉?のために真相を

この日のランチは、野菜サラダ、パン、パスタ、デザート、コーヒーにワンドリンクサービス(グラスワイン、生ビール、ソフトドリンクなど)がついて一人2000円

窓越しにラグビー観戦が出来ますが、食事代以外に観戦料は不要です

ちなみに、我が家がよく行く花園ラグビー場には、一番安い前売りペアーチケット券(一人@1,000)を利用します

言い換えれば、ラグビーを観戦しながら千円のランチをいただくといった感じです(21.1.13)   

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

そこに温泉があるから山に登る??

2012_026       平倉峰へ向かう

元旦の夕、「明日雪見にどこへ行こうか」で候補に上がったのが高見山と三峰山

そこでネット検索し、みつえ温泉「姫石の湯」が営業しているから三峰山にしよう

自宅6:00=高野口IC6:55=五條IC7:10=大淀町7:25=三茶屋7:52=8:02(道)大宇陀8:08=水分橋南詰め8:11=8:42みつえ青少年旅行村駐車場9:00~登山口9:00~登尾ルート登山口9:09~9:30避難小屋9:45~10:30山小屋10:45~三畝峠11:03~11:16三峰山11:19~平倉峠11:40~三峰山12:00~12:05八丁平12:10~12:30避難小屋(昼)13:15~不動滝14:05~14:30駐車場14:40=14:50姫石の湯15:45=18:30自宅

京奈和から見る周辺の山々は雪化粧し期待が沸いてくる

吉野路に入ると、家々の屋根にうっすらと雪が積もり、さらに曽爾から御杖にかけて路面積雪も見受けられる

しかし旅行村入り口にある第4駐車場は思ったほども雪がない

2012_0012012_0022012_004 登尾登山口から橋を渡り山道に入る

ちょうど半時間で避難小屋に到着

ここまでは車で来ることができるようで、3台の車が路駐していた

2012_0072012_006 避難小屋から見る三峰方面はガスの中で、なかなかいい雰囲気だ

ここから本格的なのぼりが始まる

しばらくして、眼下に御杖の街並みを見渡せる展望台に到着

2012_008_22012_010_2 ここで昨日心残りとなっていたポーズを

しばらく人工林の中を進むうちに山小屋に到着

2012_012 谷筋から吹き上げてくる風で樹氷が飛ばされ顔が冷たい

小屋には駐車場から先行し、下の避難小屋でも一緒した男性二人組のパーティーが

途中、小さな木に張り付いた樹氷や白いトンネルに感嘆の声を発しながら三畝峠に

2012_0192012_020 御嶽山を見ることが出来るというビューポイントもガスで次通過し人影のない山頂に

2012_025_2 山頂の名板も寒そうにひとり佇んでいる

ここから、昨シーズン何人かのブロガーの皆さんが歩かれた平倉峰に向かう

積雪量も多く、歩かれる人が少ないためかそこそこ足が沈み込む

広い尾根筋で、スノーシューを持ってこなかったことが悔やまれる

平倉峰らしきところを折り返し、再度三峰山から八丁平に向かう

2012_037    2012_038

2012_041 頬を打つ寒風にたまらず下山し、山小屋でいつになく遅めの昼食にありつく

小屋では先客が囲炉裏に火を起してくれており冷え切った指先を暖める

2012_043_2 下山は、不動滝ルートをとり誰一人会う事もなく不動滝に

例年なら滝の落ち口周辺や、滝下に架かる橋に大きなツララがぶら下がるのだが今年はそれが見られない

14時30分、駐車場に到着

2012_052 本日の目的「姫石の湯」へ

道の駅「御杖」に併設され、露天風呂も充実したきれいな温泉だ

正月とあってか、たくさんの人が温泉を楽しんでいる

温泉にまったりと浸かり、初歩きの三峰山の余韻に浸る

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

新年明けましておめでとうございます

2011_001 2009年元旦

昨年に続き、初日の出を拝みに

ご近所の岩神山に出かけましたが

生憎厚い雲が垂れ込めご覧の状態

ブログ友のsoul先輩、utageさんとコーンポタージュで新年を祝ってきました

改めまして 

新年明けましておめでとうございます

旧年中に変わらぬご贔屓のほどをお願い申し上げます

帰宅後雑煮で新年を祝い、恒例の三社(日前宮、伊太祁曽神社、竈山神社)参りへ

今年は少し出遅れたせいもあるが、日前宮を皮切りに参拝に長蛇の列

2011_0122011_0132011_014 伊太祁曽で見事なチェーンソーアートの牛とご対面

竈山では参列に並ぶ合間に本殿の甍を

最後に、地元木本八幡宮に出かけ元旦の行事を終える

今年も健康で、ゆっくり、のんびり山歩きが出来ますようにと

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »