« 今年もやってきました PartⅡ | トップページ | 浮気?? »

2009年1月26日 (月)

青空に樹氷が映える ~綿向山~

21.1.25(日) 綿 向 山 (1110m) 晴れ

20125_062 先週18日に予定していたが天気予報では雨

山間部では雪に変わったとしても青空は望めないだろうと、一週間伸ばしての綿向山

自宅5:00=泉南IC5:35=吹田JCT6:18=6:35桂川PA6:45=竜王IC7:18=音羽交差点7:48=8:00御幸橋駐車場8:15~ヒズミ谷出合小屋8:33~8:45一合目8:55~三合目「あざみ小屋」9:28~9:48五合目「夢咲の鐘」小屋9:53~七合目「行者コバ」10:11~10:39綿向山山頂(昼)11:45~七合目12:08~五合目12:24~三合目12:44~出合小屋13:23~13:38御幸橋駐車場13:46=14:34十二坊温泉「ゆらら」15:30=竜王IC15:38=吹田JCT16:19=泉南IC17:22=18:00自宅

20125_00120125_00320125_004 竜王ICを下り、R477を登山口のある西明寺に向かう

途中から見る綿向山には厚い雲がかかり山頂は見えない

西明寺口を右に取り、御幸橋駐車場に到着

雪もなくまだまだ空きスペースのある駐車場に車を留め、身支度を整える

駐車場横から西明寺川左岸側を上流部に向け少し歩くとクロマツとアカマツが寄り添うように立つ「夫婦松」 に

さらに林道を進むとヒズミ谷出合小屋に到着

20125_00720125_010 

ここで登山届けを投函し、林道とお別れしアルミの橋を渡るといよいよ登山道に

登山道にはほとんど雪はない

御幸橋駐車場から歩き始めて約半時間でやっと一合目に到着

「火の用心 日野消防署」と書かれたオヤジギャグのような看板を横目に今シーズン初のアイゼンを着け九十九折れの道を三合目「あざみ小屋」に

20125_01120125_01220125_064

四合目、五合目「夢咲の鐘」小屋、六合目と高度を稼ぎながら七合目「行者コバ」に到着

五合目の小屋前につるされた鐘を鳴らすときれいな音色が響く

20125_01520125_01620125_022
「・・・中世の昔の綿向山は聖なる霊山であり、多くの山伏が修業のために入山をし、この尾根へ登って服装などを整える儀式を行った場所であるところからこの名が生まれた」と行者コバ案内板に記されている

20125_023_220125_024_220125_025

七合目周辺からはこれまでの人工林に変わりブナ林などの自然林となり枝先に樹氷が見られるようになる

20125_029_220125_032_2 七合目からは登山道が冬道に変わり、最後の急峻な直登に息を弾ませる

しかし木の間からの樹氷の眺めに、しばし足を止め疲れを忘れさせてくれる

20125_038_220125_037_2 樹氷の海を抜けるとそこは青空と白銀の世界

口をついて出る言葉は「きれい~~」のひと言

シャッターを押して頂いたご夫妻は、先週も登られたそうだ

「先週は駐車場からいきなりの雪。でも、樹氷は今日の方がはるかにきれい」

20125_040_2

さすが人気のお山で、山頂は多くの人で賑わう

山頂からは雨乞岳(1238m)や鎌ヶ岳(1161m)などの大パノラマが広がる

20125_055

ケルンのように石を積み重ねた「青年の塔」下で、カップメンの簡単ランチをいただく

20125_03920125_05120125_049 風もほとんど無く暖かな中でのランチタイムは一時間を優に越えていた

下山をする前に、名残惜しげに「もう一枚!!」

20125_042

帰途、竜王IC近くの「十二坊温泉ゆらら」に立ち寄り、まったりと湯に体を沈める

20125_065 20125_066

|

« 今年もやってきました PartⅡ | トップページ | 浮気?? »

コメント

Hanasakuさぁ~ん
素晴らしい画像もっと見たぁーい!
ピークの画像ホント美しいですわ、雨乞
鎌ヶ岳、そーかぁ~日帰りでこの雪の展望!
いいですね、ちょっとマジで行きたくなりましたメモメモ・・・火の用心 日野消防署も
ちょっと狙ったカンジがいいですね(笑
何だか近いうちに行くかも?ってくらい
誘われましたよ。

投稿: スロートレック | 2009年1月26日 (月) 21時16分

■スロトレさん

きれいでしたよ
いつまでも いつまでも
留まっていたいような山頂部でした
よ~く考えると(いえ、よく考えなくてもですが)
和歌山から大峰へ行くのと時間的にはあまり変わらないなぁと、帰途車の中で話してました
多分、近いうちに行かれるでしょう
きっと、行くと思いますよ(笑)

投稿: hanasaku | 2009年1月27日 (火) 05時04分

綿向山、一目惚れしちゃいました。
青空と樹氷もいいけど、展望が超素晴しい!我家もメモメモです。

投稿: たかっさん | 2009年1月27日 (火) 07時27分

この展望見せられたら誰もが
ぜーったい行きたくなりますねー。
いやーうらやましい。

投稿: blueeyedsoul | 2009年1月27日 (火) 08時02分

3連休狙ってたんですが、あまりにも凄く降りすぎてたので子連れラッセルは、諦めましたが、その後勇登がケガしちゃったので今シーズンは、無理かな~・・・(涙)
私単独で又、金剛山出没です~(笑)

投稿: ゆうとまま | 2009年1月27日 (火) 17時29分

■たかっさん

これだけの素晴らしい眺望を突きつけられると
誰しもが一目惚れしてしまいますよね(フムフム)
和歌山から3時間、高見山や三峰山と大して時間距離は違わないですよ


■soulさん

一週間遅らせた甲斐がありました
こんな素晴らしい眺望が待ち受けているとは
自身、あまり期待していなかっただけに大感激です
スーさん、今にも走りそうな雰囲気なので
是非スーさんチームとご一緒されたらいかがですか
その時にはたかっさんにも声掛けよろしく


■ゆうとままさん

そう 残念ですね
ゆうとくんがダメならおやじさんを引っ張っていきましょう

郵便道でお会いするかも分かりませんね
しかし、この時期は大変な人出か?

投稿: hanasaku | 2009年1月27日 (火) 20時11分

鈴鹿はまるで無知な私ですがこの山は名前だけは聞き及んでいます
天気を当てたようですね。
お見事な綺麗さです
辞書で調べると日野岳、朝日岳とも呼ばれてる信仰の山と有りますから古くからの山みたいですね
今年はマダ本格的な冬山に行けていない私です
早く行きたくなってきました

投稿: ショウタン | 2009年1月27日 (火) 22時10分

hanasakuさん,お久しぶりでございます。
実は今度ここに行きます。じっくり読ませて
いただきました。今からわくわくしています。

投稿: utage | 2009年1月28日 (水) 02時07分

■ショウタンさん

見事に天気を当てました
前週、高野山でお茶を濁したのが正解でした(笑)
行者コバが示すように古くから信仰の山だったようですね
頂上には大きな鳥居も立っていましたよ


■utageさん

いつ行かれるのですか?
天気に恵まれるといいですね
このレポのタイムスケジュールはあまりあてにしないでくださいね
初アイゼンの装着に手間取ったりしていますから(笑)

投稿: hanasaku | 2009年1月28日 (水) 04時54分

今回は北部に出かけられたのですね。
樹氷がきれいです。枝全部についてますね。
なかなか、ここまでは出かけられません。
うらやましー!

投稿: RIKO | 2009年1月28日 (水) 08時48分

綺麗ですね~~☆
去年から急に鈴鹿山系が好きになったのですが^^
そいで雪の藤原岳に行きたいと思っていたのですが、なかなか連れてくれません。
綿向き山もとっても気になります。稜線が広そうですね!?
大パノラマが見て見たいです~~
登るのはきついですか?
ところでhanasakuさん、リカオに似てる気がします~~♪

投稿: 森のリカ | 2009年1月28日 (水) 11時43分

■RIKOさん

一週間ずらし、満を持しての綿向山
ホント天候に恵まれました
頂からの眺望は、それはそれは素晴らしいものでしたよ

たかっさんへのコメにも書いているように
時間距離は大峯とほとんど変わりません
ただ、高速料金が……


■森のリカさん

鈴鹿山系 いいですねー
藤原岳も良かったし、昨年歩いた霊仙山のフクジュソウ銀座も忘れられません
それにも増して、綿向山山頂から大パノラマは素晴らしかったです

御幸橋駐車場から約2時間半程度で登れます
それも、抜かれ抜かれですので「森のリカ+お」チームにとっては昼飯前です

>リカオに似てる気がします~~♪
光栄の至りです
でも似通っているのはジャケット(ドロワットパーカー、カーキグリン)のデザイン・色合いで
中身の方はリカオさんよりだいぶ年を食ってますし、リカオさんのような体力はありません(笑)

投稿: hanasaku | 2009年1月28日 (水) 17時49分

あちこちいい所を知っておられますね。
綿向山は知りませんでしたので、Google Earthで調べたら、御在所山の西。 名阪で行くより、名神からの方が早いですか。

日頃の運動不足の僕は、先日登った高見山程度が、限界と思いますので、登れる雪山は少ないと思っていましたが、綿向山も僕に登れそうですね。 できれば今シーズンにチャレンジしてみたいです。

投稿: タマ | 2009年1月29日 (木) 21時56分

■タマちゃん

これもブログ効果です
ある方の綿向レポをmy「行ってみたいとこリスト」に記載し、これが実現しました
このリストのテーマには、「山」「花」「グルメ」があります(笑)
山頂からのショットで雨乞岳の右奥に写っているのが御在所岳だと思いますよ
登山口から2時間半程度のあまりきつくはない山でした

投稿: hanasaku | 2009年1月30日 (金) 04時29分

hanasakuさん
2月8日です。アイゼン僕も2回目くらいです。
すいませんブログ修正しました。
ご報告ありがとうございます。!

投稿: utage | 2009年1月31日 (土) 03時08分

■utageさん

気をつけて楽しんできてください
樹氷日和だといいですのにね
その頃hanasaku隊は信州方面へ遠征中です

投稿: hanasaku | 2009年1月31日 (土) 05時14分

やはり晴天の雪山は最高ですね!
綿向山、まだ未踏のお山ですぅ(ーー;)
山友が冬になるといつも歩いてるのですが・・・
きっと、素敵なお山なんだろうなぁ~~
晴れた雪山が恋しいわ~ん

投稿: HAMA | 2009年2月 1日 (日) 11時09分

■HAMAさん

皆さんのレポを見て
これは行かねばならぬお山と
書き留めていました

やはり、違わぬお山でした
綿向はまだまだこれからですよ

投稿: hanasaku | 2009年2月 1日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/27468238

この記事へのトラックバック一覧です: 青空に樹氷が映える ~綿向山~:

« 今年もやってきました PartⅡ | トップページ | 浮気?? »