« ちちんぷいぷい | トップページ | 紅葉を求め木ノ実ヤ塚から薊岳へ »

2008年11月 2日 (日)

子午線(東経135度)のとおる島へ

20112_001_2 和歌山市が主催する「友ヶ島語り部ウォーク」に応募していたところ

11月2日(日)10:00乗船の案内が届いた

20112_007 乗船前に海上保安部の方から灯台についてのレクを受ける

明治2年にフランス人の手によって観音崎につくられた灯台が西洋式灯台の誕生

友ヶ島灯台は日本の歴史的灯台の一つで、明治5年に日本で8番目にできた洋式灯台で、明治23年に陸軍がここに第一砲台を作るため25m移設させられたといった説明がなされた

紀淡海峡に浮かぶ「沖ノ島」「地ノ島」「虎島」「神島」の4島を総称して友ヶ島と呼ばれる

20112_018 加太港から定期船で約20分、沖ノ島の野奈浦桟橋に接岸し語り部から簡単なレクを受ける

今日のコースは蛇ヶ池から友ヶ島灯台を経てタカノス山展望台、第3砲台あとを巡るコース

先ずは、蛇ヶ池から第2砲台跡へ

20112_02420112_026 海岸部に近い位置にあり

今は老朽化が進み立ち入り禁止となっている

ここから少し上った所の高台に友ヶ島灯台がある

11月1日が灯台記念日で、今日も灯台が一般開放されていた

20112_02720112_03020112_033

海上保安部の制服を着せていただき、敬礼

イベント参加者は灯台西側の子午線広場で昼食

本日のランチは、焼肉とパン

20112_03820112_040 ご近所の方にたっぷりの匂いだけをおすそ分けし

MIEはご満悦

食後、池尻広場から小展望台へ

ここから、定期船が接岸する野奈浦桟橋や神島が一望できる

20112_05320112_054 最後に、タカノス山展望台と第3砲台跡、将校宿舎跡に

途中、円盤状をしたBOR/DMEに往時思いを偲ぶ

20112_06120112_06820112_059 桟橋に2時半前に到着し

迎えのともがしま丸に乗船

穏やかな一日だった

20112_069   

|

« ちちんぷいぷい | トップページ | 紅葉を求め木ノ実ヤ塚から薊岳へ »

コメント

MIEちゃんと友ヶしまで穏やかな一時を過されたみたいですね。友ヶ島って4島の総称だったなんて初めて知りました(恥ずかしい)
焼肉にパンなんてオシャレです。私なんかはドンブリめしかな(笑
昨日は、ソウル先輩・utageさんとで、またまたヒキウス平に行ってきましたよ。

投稿: たかっさん | 2008年11月 3日 (月) 17時18分

■たかっさん

いえいえ、ハロウィンケーキには脱帽です
快晴のもと、あのヒキウス平を歩いてさぞかし美味しかったことでしょうね

また、三度目の機会がありましたら
是非是非お供させてください

投稿: hanasaku | 2008年11月 3日 (月) 20時22分

友が島へは、小学生の頃に毎年、素潜り&海大好きな父親に連れられて夏に訪れてました。
よ~あちこちの海に連れられたな~(山は、毎週でしたが・・・笑)

投稿: ゆうとまま | 2008年11月 5日 (水) 05時36分

■ゆうとままさん

そうか
いまのアウトドアライフはこのころに培われたか
海に、山に真っ黒に日焼けした少年が目に浮かびます
オッと失礼
可憐な乙女の間違いでした

投稿: hanasaku | 2008年11月 5日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/24959447

この記事へのトラックバック一覧です: 子午線(東経135度)のとおる島へ:

« ちちんぷいぷい | トップページ | 紅葉を求め木ノ実ヤ塚から薊岳へ »