« クロユリには会えなかったが 2/3 | トップページ | 念願かなって‥ »

2008年9月 4日 (木)

クロユリには会えなかったが 3/3

20.8.30(土)~31(日)  白 山 (2702m)

2083031_074

8月31日(日) 晴れ

【朝の散策】

室堂センター4:15 ~ 4:58御前峰5:35 ~ 池巡り(紺屋ヶ池6:00・翠ヶ池6:10・血ノ池6:21・千蛇ヶ池6:28) ~ 7:05室堂センター

ヘッデンを灯した登山客が、三々五々御前峰を目指す

山と高原地図情報どおり、約40分で御前峰に到着すると既に多くの人が東の空に向かい寒さに震えながらご来光の時を待っている

2083031_0122083031_006_3東の空がやや明るくなってはきたが、見つめる方向は分厚い雲で覆われている

ご来光を待つ間、若者等は楽しいひとときを過ごしている

2083031_014

会話から、近々結婚するようで、二人の手でハート形を造りそれを写真で取り合っている

今が一番幸せな時なんだろう

2083031_0712083031_005 

5時半を過ぎ、ご来光が望めそうもないので御前峰を後に大汝峰方向に下りお池巡りに

下りかけた頃振り返ると、御前峰の横から雲が被ってはいるものの明るい太陽の光が差してきた

2083031_0252083031_026 後に、幾組かのパーティが続く

昨日の天気とはうってかわり、青空が広がり、防寒のため着ていたカッパやフリースを脱ぐことに

先ずは、紺屋ヶ池へ、続いて翠ヶ池へ

2083031_0272083031_082

翠ヶ池は白山火山の代表的な火口湖だという

2083031_0302083031_032 ほどなくして血の池が姿を現す

この周辺一帯がお花畑で、花のシーズンには多くの登山客で大賑わいのことだろう

2083031_034_22083031_038_2最後に立ち寄った千蛇ヶ池は多分雪渓の下に隠れているのだろうか?

案内板はあるのだが、姿を現さない

ハイマツの所々にナナカマドの赤い実が朝露に光る

7時半までという朝食の時間が迫る中、室堂センターに急ぐ

2083031_0392083031_094

センターの赤い屋根が見えてきて一安心

「これで朝食にありつけた」

   

【下山】

室堂センター8:14 ~ 黒ボコ岩8:34 ~ 蛇塚8:46 ~ 9:20殿ヶ池避難小屋9:30 ~ 別当坂分岐10:32 ~ 11:35別当出合11:55 = 12:20市ノ瀬・永井旅館12:57 = 13:14白峰13:40 = 福井北IC14:37 = 14:54南条SA15:20 = 15:53賤ヶ岳SA16:01 = 17:00桂川PA17:10 = 吹田JCT17:26 = 松原JCT17:44 = 泉南IC18:10 = 18:44自宅

白山奥宮にあらためて参拝し、下山の途につく

2083031_040_22083031_042弥陀ヶ原に下り、昨日最後の登りで辛かった五葉坂を振り返る

2083031_0432083031_0452083031_044_2   

弥陀ヶ原を横切る木道を気持ちよく歩き、砂防新道と観光新道の分岐黒ボコ岩に到着

2083031_046_32083031_047_2黒ボコ岩を右にとり、観光新道を別当出合に向け下山

2083031_049_32083031_056_32083031_057_2この付近一帯の傾斜地はまさにお花畑で、時折尻をつつかないとデジ亀が一向に動き出さない

お花畑を横目にしばらくすると馬のたて髪の標柱が

多分この稜線を指すのだろうが、何処にでもありそうな……

2083031_059_32083031_060_3 殿ヶ池避難小屋のかわいらしい姿が眼下に現れる

2083031_062_22083031_063_2 先客の右に倣えで、行動食のバナナを食べ

他に登山者がいなくなるや否や、大蛇嵓のリベンジを

(今回はうまく傘がしぼんではいるものの、やはり○○○先輩には遠く及ばない)      

避難小屋から別当出合までは約2時間

尾根筋を進み、大きな岩のトンネルをくぐると急峻な下りが延々と続く

2083031_071_42083031_073_3 ススキの穂が青空になびき、暑かった今年の夏も終わりを告げようとしている

昨日渡った吊り橋が現れるともう別当出合だ

週末のゲリラ豪雨による大きな影響もなく、また、お花のシーズンは終わっているばかりと思っていたが、予期せぬ花に巡り会えた

有名な白山のクロユリには会えなかったものの、花の山白山の楽しい二日間だった

【本日の温泉】 白山温泉「永井旅館」

2083031_002_22083031_112_22083031_117 市ノ瀬ビジターセンターの目の前にある由緒ある?温泉旅館で、下山即入浴が嬉しい

泉質は「ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉」で源泉かけ流しの湯が疲れた体を癒してくれる

二日分の汗を洗い流し、サッパリとしたところでプシュッといきたいところだが、座敷で缶を煽る女性グループに羨望の眼差しを向け永井旅館を後にする

【本日のおまけ】 白峰村 そば処「みのすけ」

2083031_074_32083031_075_22083031_076   

|

« クロユリには会えなかったが 2/3 | トップページ | 念願かなって‥ »

コメント

天気が回復して素晴らしい景色を堪能されたようで
非常にうらやましい思いでいっぱいになりました。
最後に必ず温泉とおいしそうな蕎麦・・・
山と同様にウラヤマシイ!
あ、そうそう命!決まってますよー。

投稿: blueeyedsoul | 2008年9月 4日 (木) 07時46分

■soulさん

一日目の天気がウソのよう
やはり、お山は青空が一番お似合いです
前日、山登りの目的に「そこにビールがあるから‥」としたんですが、本当は「山から下りると温泉が待っているから‥」が本心かもです

「命」 お褒め頂き有難うございます
でも「○○○先輩には遠く及びません」(笑)

投稿: hanasaku | 2008年9月 4日 (木) 07時57分

お池めぐり出来て良かったですね~
観光新道は工事も終わって少しは歩きやすく
なりましたか?段差が激しく膝に厳しい
下山だったと記憶しています。白山温泉は
風流でいいでしょ?団体宿泊がある日は
入れないのでラッキーでしたね
しかし、最後にそば御前で〆るところが
Hanasaku隊ですね(笑

投稿: スロートレック | 2008年9月 4日 (木) 09時33分

■スロトレさん

約2時間のお池巡り
朝の散歩としては最高です
でも、ほとんど人は見かけず(もったいないー)
観光新道では工事を見かけませんでしたが
殿ヶ池避難小屋を過ぎ、別当出合と市ノ瀬への分岐から先の長かったこと
約1時間半の下りにはウンザリしました
あとは、永井旅館
ここまでは完璧にスロトレさんの後追いでしたよ
違ったのは、女湯もレポに取り込めたこと…(笑)

投稿: hanasaku | 2008年9月 4日 (木) 20時51分

日の出が見えれば最高だったのでしょうが、完璧より少し何かが残る方が又登ろうとリベンジを思うのは私だけでしょうか
この温泉で孫達と雪だるまを見に行ったのは昨日のように思い出されます
この付近は良い所が多いですね

投稿: ショウタン | 2008年9月 4日 (木) 21時24分

■ショウタンさん

そうですね
確かに満腹よりも腹八分がいいと思います
リベンジを果たすかどうかは別に、宿題として残るんでしょうね
それにしても、ショウタンはいろんなところに行ってるのには驚かされます

投稿: hanasaku | 2008年9月 4日 (木) 21時50分

白山登山計画進行中の我家には、刺激が強すぎです。あぁ~ムズムズソワソワ落ち着きませんわ!

投稿: たかっさん | 2008年9月 5日 (金) 18時09分

■たかっさん

よろしいですね~
計画を練っている時が一番楽しい時?
hanasaku隊は紅葉にターゲットを絞り
ただ今作戦会議中です
しかし、皆さん出足が速い
一ヶ月先だというのに、もう個室は埋まってる

投稿: hanasaku | 2008年9月 5日 (金) 20時45分

こんにちは^^
週末のあの豪雨には、心配しましたが、日曜日には晴れ!本当に良かったですね
温泉は、とてもいい雰囲気。
入りたいなぁ~
それにこの囲炉裏端のお食事処も!!よ~く見つけられて下調べもばっちりなんですね
すごい^^
間もなく紅葉の白山ですね~♪

投稿: ゆうとまま | 2008年9月 6日 (土) 18時41分

■ゆうとままさん

東京近郊や愛知ではすごい豪雨でしたよね
娘らからは、この気象条件で行くなんてと
非難ごうごう
でも、判断は正しかった(って、勝手に思ってるだけ‥)

白山温泉「永井旅館」はスロトレさんのレポから飛び込みました
い~い温泉です

しかし、そば処「みのすけ」はたまたま通りすがりに見つけたところ
食い意地が張っているのか、このへんの嗅覚は素晴らしいものがありますよ(えっへーん)
間もなく紅葉
どちらか、計画立てられてます?

投稿: hanasaku | 2008年9月 6日 (土) 21時45分

おはようございます
この秋は、計画では、白山を大白川からの紅葉を愛でながら一日目に室堂・山頂めぐり・南竜ヶ馬場までのロングコースか、立山室堂から奥大日・大日・称名滝(これは、国定公園内でテンバ無いので小屋利用)を考えてましたが、運動会が、10月3連休に柔道の試合もこの9月3連休に入ってしまいおまけにゆうとの足の負傷と重なり難しそうです。
(; ;)ホロホロ

投稿: ゆうとまま | 2008年9月 7日 (日) 09時08分

■ゆうとままさん

そうですか
柔道の試合までにゆうとくんの足の状態がよくなるといいのにねー

hanasaku隊は、のんびりと涸沢紅葉三昧も考えたのですが、やはりあの混雑には足がすくみます
で、弥陀ヶ原からミクリガ池周辺の紅葉を、これものんびりと散策してこようかなと思っています

投稿: hanasaku | 2008年9月 7日 (日) 17時25分

この夏は白山に行けなかったんです。。。お池めぐり したこと無いんですよ。。。(寂)
晴れた観光新道好きかも~~^^

投稿: 森のリカ | 2008年9月11日 (木) 19時46分

■森のリカさん

>この夏は白山に行けなかったんです
ってことは、何度も白山に登られたってこと?
いいでしょね
季節季節でいろんな姿を見ることが出来て
hanasaku隊は今回が初めて
是非もう少し早い時期に行ってみたい山ですが
なかなか手強いです

投稿: hanasaku | 2008年9月12日 (金) 04時27分

訪問、遅くなりました。
hanasaku隊はいつもどこへでも仲良くうらやましいです。

8月末でこんなに花が咲いていたのですか !!  今年は高山植物が少し遅れていると聞いていましたが、それにしても花盛りだったのですね。
天候は「ヨシ」とまでいかなかったようですが、朝日で染まっているショットは素敵です。

白山は独身の時に登ったのですが、写真が無いのと、ほとんど覚えていないので、60才までに再度登りたく思っています。
その時は白山温泉にも寄りたく思います。

投稿: タマ | 2008年9月12日 (金) 15時05分

■タマちゃん

ご存じの通り、今シーズンは前半の北海道で
休暇も財布も相当消化したので余り多くは望めませんでした
手軽に1泊程度で、と選んだのが白山
でも、なかなか手強い山でした
帰ってからの1週間は太もももふくらはぎもパンパン
反省しきりのhanasaku隊です

タマちゃんは膝の方大丈夫なんですか?
後立山、唐松~五竜~ なかなか厳しそうな山のようですが…
でも、この日をと選んでいったんでしょうが、素晴らしい天気だったようですね

投稿: hanasaku | 2008年9月12日 (金) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/23401805

この記事へのトラックバック一覧です: クロユリには会えなかったが 3/3:

« クロユリには会えなかったが 2/3 | トップページ | 念願かなって‥ »