« 北海道タンデムツーリング -序- | トップページ | 北海道タンデムツーリング -2日目- »

2008年8月 2日 (土)

北海道タンデムツーリング -1日目-

7/16(水)   自宅~舞鶴


20716_002 自宅(17:30) ==泉南IC==松原JCT==吹田JCT== (19:17)西宮名塩SA(20:08) ==吉川JCT==舞鶴西IC==(21:35)舞鶴港(前島埠頭)
               【本日の走行距離 235㎞】

いよいよ北海道タンデムツーリングのスタート
午後から半休をとり帰宅し、最終の携行品チェック
シャワーを浴び、予定より少し早めに家を出る
中国道で宝塚を過ぎたあたりから夕暮れが進み、西宮名塩SAでは真っ暗
こちらで休憩と軽い夕食を済ませ、舞鶴に向け出発
舞鶴自動車道に入ると道路照明が暗く交通量も極端に少なくなり、しばらくはクラウンに追尾

福知山で下りたクラウンに替わり今度はトラックの金魚の糞に
暗い道路を走る時は、同じペースで走る車につくのが一番走りよい

フェリーターミナルでは出航3時間前だというのに既に10台余りのバイクが列を成している
20716_00820716_029   
これから乗船までの2時間が苦痛の待ち時間だ
タラップを上り、カーデッキに駐車するまでの僅かな走行だが、やはり「プシュ」と言うわけにはいかない
タンデム車は乗下船とも同乗は禁止されており、出航一時間前の23時30分にソロで乗船を開始し、RTを停めるや否やホテルのロビーと見間違うほどのエントランスホールでチェックインを済ませる
部屋に行く前に売店に立ち寄り、500mlをゲットしさっそく前途を祝して乾杯!!

|

« 北海道タンデムツーリング -序- | トップページ | 北海道タンデムツーリング -2日目- »

コメント

 タンデムで乗り込んでも良いフェリーと、徒歩で乗船して下さいって案内されるフェリーがあるが、万一転倒した場合などのリスクに対するフェリー会社の考え方ですかねぇ?

投稿: Hide | 2008年8月 3日 (日) 16時25分

■Hideさん

一人でも心もとない
あのタラップの上り下り
考えようによってはフェリー会社の親心かも?

投稿: hanasaku | 2008年8月 3日 (日) 16時35分

なんだか素敵な旅の始まりですね^^タンデムって二人 って意味だったのですね♪
二人で乾杯! いいなぁ~

投稿: 森のリカ | 2008年8月 6日 (水) 08時18分

■森のリカさん

夢の実現に向け一歩を踏み出しました
はてさてどんなハプニングが待ちかまえるやら…です

改めて、タンデムとは本来「縦に座席の並んだ二人乗りの自転車」を指すようです
今は専らバイクでの二人乗りを現しています
従ってサイドカーでの二人乗りはタンデムとは言いません

では、二人でカンパ~イ!!

投稿: | 2008年8月 6日 (水) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/22676485

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道タンデムツーリング -1日目-:

« 北海道タンデムツーリング -序- | トップページ | 北海道タンデムツーリング -2日目- »