« 20.4.25~27 アイアンホース「雪の壁」ツーリング 1/3 | トップページ | 雪の壁に青空がお似合いです »

2008年5月 3日 (土)

20.4.25~27 アイアンホース「雪の壁」ツーリング 2/3

2042527_035

うっすらと雪を被ったmyRT

②4/26(土)  一時みぞれ雪

ペンション(8:30) == (8:55)清里・清泉寮(9:10) == 野辺山 == 佐久 == (11:00)中軽井沢(11:50) == 鬼押出 == 中軽井沢 == 小諸IC == 信州中野IC== (17:00)渋温泉

1_byzoom 「雪の壁」本番の朝を迎えた。しかし霧雨が降り、いつもなら窓外に見える南アルプスはガスで霞んでいる。
出発を前にバイクを並べZOOMママに2階の窓から集合写真を撮って頂いた。
スタートを前に寒さ対策もあり冬用ブルゾンの上にカッパの上下を着け予定通り清泉寮に向かう。清里周辺は濃いガスが立ちこめ自ずと運転も慎2042527_033 2042527_034 重になる。

野辺山から佐久を経て中軽井沢手前のレストランで昼食。へそ曲がりな一人を除き全員がカツカレーを注文。草履のような二枚のカツがトッピングされたカレーに、やはりOBどもは降参を余儀なくされていた(へそ曲がりはキノコスパで超満足)。

食後、中軽井沢駅前を左折し鬼押出に向かう予定が交差点手前で数台がはぐれ、待つことしばし。ここでも携帯で連絡を取り合い事なきを得る。軽井沢から徐々に高度が上がるとともに小雨がミゾレに代わりやがて白いものが見え始める。鬼押出ゲート前のレストランで暖を取るためコーヒーを飲んでいるとバイクの上にはうっすらと雪が積もり、路面も白く変わってくる。鬼押出で標高1300mぐらいで、雪の壁が見られる渋峠になると更に1000mほど高度が上がる。気象条件を考え、これ以上の前進は無理と判断し軽井沢に引き返すことにした。

しかし、路面はシャーベット状態でおそるおそるの走行。鬼押出ハイウェーの料金所を出たところで、観光バスを始め何台かの車に先行してもらいその轍をついて走るうちに、路面に水が流れ雪が雨に変わる。雨をこれほど有り難いと感じたのはこれが初めてだ。

軽井沢から小諸IC~信州中野ICを経て今宵のお宿、渋温泉「湯本旅館」へ

(という悪コンディションで本日は写真を全然写していません)

|

« 20.4.25~27 アイアンホース「雪の壁」ツーリング 1/3 | トップページ | 雪の壁に青空がお似合いです »

コメント

おはようぐざいます。
hanasakuさんの行動力の凄さに乾杯ぃ~です。
登山にバイクにお孫さんと公園にと、すごいエンジョイ人生!羨ましい限りです。

投稿: たかっさん | 2008年5月 3日 (土) 09時24分

怖そうですね
2輪だと滑ったらおしまい!?
.。ooO(゚ペ/)/ひゃ
GW後半いずこへぇ~(^.^)/~~~

投稿: ゆうとまま | 2008年5月 3日 (土) 13時42分

 GWの時期でも標高が高い場所は、いつ雪が降るかまだ判らないですね。
 それにしても、大型バイクでの雪中行軍は怖いですから勇気ある撤退ですね。

投稿: Hide | 2008年5月 3日 (土) 20時59分

■たかっさん

すごいもんでしょう
先立つものが不足がちなもんで‥
土日を有効活用した結果がこうなんです
本当は優雅に海外になんか行ってみたいんですが(涙)


■ゆうとまま

怖いです
世の中で一番に怖いのは、もちろん家に奉っている‥ですが
次に、鬼押出からの帰りが大変でした
ヘルメットのシールド全面には雪がつき、内側はくもる
後輪は時に滑るし、足つきは悪い
最悪のコンディションでした
でも全員無事で、そっと胸を撫で下ろしましたよ

深夜1時前、立山日帰りスノーシューから戻ってきました
ですから後半はのんびりです
(って、じっとしていられるかなー??)


■Hideさん

「雪の壁」を見に行ったのですから、降雪もさもありなんですね
この時期行かないと壁は溶けるしで、難しいところです
本当は車で行くべきなんでしょうが‥

投稿: hanasaku | 2008年5月 4日 (日) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/20688526

この記事へのトラックバック一覧です: 20.4.25~27 アイアンホース「雪の壁」ツーリング 2/3:

« 20.4.25~27 アイアンホース「雪の壁」ツーリング 1/3 | トップページ | 雪の壁に青空がお似合いです »