« 再び hanasaku事で‥ | トップページ | いいお天気です »

2008年4月21日 (月)

20.4.20 讃岐うどんツアーに

一度流れていた妹家との讃岐うどんツアーがこの日実現した

妹家6人は明石海峡大橋~大鳴門橋を経由し讃岐へ

hanasaku隊は愛鉄馬RTで南海フェリーを利用して徳島から徳島道を経て讃岐へ

8時30分和歌山港出航のフェリー「かつらぎ」でいざ…

20420_00120420_00220420_004

徳島ICから徳島道に入り吉野川PAで

待ち合わせ

なんと車組は小一時間前に到着していたらしい

さて、まず最初に訪れたのは知る人ぞ知る琴平近くの「山内うどん」

まんのう町の静かな山里に一軒ポツンと建つうどん屋さん

独特のコシをもたせるため強力な薪の火力で茹で上げるという

大きな鉄釜の横には薪がどっさり積み上げられている

20420_00720420_008

頂いたのはもちろん当店の人気ナンバーワン

「ひやあつ小」にゲソ天、320円也

次に向かったのは、善通寺にある釜揚げで有名な「長田in香の香」

釜揚げうどん一筋に、猪口からどんぶりまでこだわりの店で、他の店にある天ぷら類などのトッピング材は一切ない

20420_01820420_01620420_01120420_012

頂いたのはもちろん「釜揚げうどん」、250円也

ここで記念写真を一枚

お次は善通寺近くの讃岐うどん屋さん

でも、「本日は売り切れました」 ガクッ!!

気を取り直して、しこしこうどんの「百こ萬」さんへ

こちらの麺は太さ2㎜程度の細うどん様だが、しっかりとしたコシがある

20420_019_220420_020_2 

店長お薦めの「しこざるうどん」を頂く 280円也

さて、予定の三店は終了

20420_027_3

十二分に満腹したので、善通寺境内をしばらく散策することにした

昨日は弘法大師が御入定した高野山へお参りし、今日大師御誕生所の善通寺に

特に意識したわけではないが、何か不思議なご縁を感じる

20420_029_220420_028_220420_021_2   

ここで妹家と別れ、帰りのフェリーまで時間的に余裕があるので鳴門の「渦の道」に向かう

善通寺ICから高松道に入り、津田の松原PAで少し休憩し鳴門北ICを下り渦の道へ

20420_047_220420_036_220420_037_2

「渦の道」は、大鳴門橋の橋桁に設置された長さ450m、海面からの高さ45mのうず潮観賞用の遊歩道で徳島の観光スポットとなっている

この日は18時30分が満潮で、相当速い流れが内海側に向かっていた

20420_04020420_04120420_038

先端部展望ホールでしばらく潮の流れを眺めた後、鳴門を後に徳島港に向かう

徳島港に到着ししばらくすると帰りのフェリーが入港

フェリーデッキの開口状況をつぶさに見学させて頂いた

20420_05320420_05420420_055

【本日の走行距離】 285㎞

    

|

« 再び hanasaku事で‥ | トップページ | いいお天気です »

コメント

昨日は一緒に行けて楽しかったデス。
そして讃岐うどんおいしかったぁ~

1杯200円あまりのうどんがあんなにおいしく感じるとは…。本場讃岐うどんも3回目だった昨日でしたが、またまたガッツリ味わってしまいました。
本場の味は心にまで染みました。

私は後1杯は行けたけどネ☆

明石の明石焼きを食べて家に帰りました。
ほんとに満腹のグルメツアーやったなぁ~


また誘ってください☆

投稿: あこチン | 2008年4月21日 (月) 23時02分

本場のうろんはさぞかしおいしかったでしょう。
安いのがまた魅力ですね。

投稿: blueeyedsoul | 2008年4月21日 (月) 23時05分

本場讃岐うどん予想以上に美味しくて
ビックリ!!でした。特に一軒目の店
がやたらとうまい。素朴な味ですけど何度でも行きたくなるそんなおいしさでした。また皆で行けるといいですね。

投稿: あっチン | 2008年4月22日 (火) 00時10分

■あこチンさん

讃岐うどんツアー、よかったですね
さすが本場と言った感じでした
でも、心にしみるのは結構ですが
体にまで余りしみこまさないでくださいね
なんってもお年頃ですから


■soulさん

本場さぬきうろんは、安くてうまいですね
ただ、しょうゆかけうどんが食べられなかったのが少し残念ですが‥
ひょっとして、いつもお山で食しているのも讃岐ですか?


■あっチンさん

初訪問、初コメありがとうございます

あの山内うどんのロケーションを見ただけでよだれが出てきますよ
次回また違うところに連れって下さい
今後ともよろしくです

投稿: hanasaku | 2008年4月22日 (火) 05時54分

ふっふっふ
我が家も食べに行くのですよGWに!
激混み覚悟で行くのですよ
ひやあつゲソ天ですね?メモメモ(笑
混んでるでしょうねー
でも行くのですよ

投稿: スロートレック | 2008年4月22日 (火) 11時48分

うどんツアーお疲れ様でした。本当に、うろんといい、汁といい、おいしかったですね。2度目の善通寺もお参りできたし、皆で行けて楽しかった。けど釜玉食べたかったなあ

投稿: もりりん | 2008年4月22日 (火) 19時18分

■スロトレさん

激込み覚悟で行ってらっしゃ~~い
でも、並んで食べられればまだしも
日曜はダメよ(休み)という店が多いので
その辺は事前に要チェックですよ

では、ひやあつゲソ天にカンパイ!
って、ようわからんわ


■もりりんさん

有難うございました
おかげさまで、宮武しか知らなかったhanasaku隊もレパートリーが増えました
釜玉はまた二人で行ってらっしゃい

投稿: hanasaku | 2008年4月22日 (火) 20時43分

今日はうどんですか
うどんは四国にかないませんね
美味しいでしょうね
無料で乗れた頃はうどんツアーも有りましたが最近はとんとご無沙汰しています

投稿: ショウタン | 2008年4月22日 (火) 23時19分

■ショウタンさん

ブログタイトルを山歩記から食べ歩記に変えないといけないかな?(笑)
>無料で乗れた頃
ショウタンはそうでしたね
今はバイクでも片道6400円
そこに高速代が加わるので高くつきます
でも、うどん自体は安価でうまいですよ

投稿: hanasaku | 2008年4月23日 (水) 04時20分

今年もうどんめぐりツアー行こうと思ってますが、なっかなか行けません・・・
はぁ~おうどん食べたいよ~(; ;)ホロホロ
フェリーの旅や海向こうに行くとかなりいい気分になりますね♪

投稿: ゆうとまま | 2008年4月23日 (水) 19時54分

■ゆうとままさん

今回うどんツアーレポを立ち上げるにあたり
昨年9月の「うどんを求めて」のレポを読み返しましたよ
ひょっとして同じうどん屋さんがあるのでは‥
でも、なかったです

ところで、帰りの乗船待ちの時、泉南ナンバーをつけた若衆からマイRTのナンバーを見て「和歌山からですか?遠いですよね」って
「貴方らはどちらから」と聞くと岸和田と言う
で、何で来られましたと聞くと「南海フェリーで」
なんや、あんたらの方が1時間も遠いや
って口が裂けても言えませんでした(笑)
和歌山と聞くだけで「遠~~い」と言うイメージがあるんですね

投稿: hanasaku | 2008年4月23日 (水) 22時38分

和歌山って、遠いイメージがあるんですね
でも、岸和田なら大阪・北へでも行く方が遠い様な気もしますが・・・^^
私達も、航路では悩むところでして~南海フェリーで航路を重視するか?西へ走ってETC割引を駆使するか・・・直前まで悩み便数の多いタコフェリー&鳴門大橋なんてコースで向かうことが多いです。時間にもしばられないし明石の市場は、早朝夜明け前から活気があり人が出入りしていますよ
今度は、それも覗きたいと思います。
そして帰りは、淡路島津名だったと思うんですが、いつも寄るくるくる寿司があるんですよ100円ではありませんが、新鮮で地の物も出ています♪
シーズンにさわらのお寿司が出ていましたが、最高においしかったです。

投稿: ゆうとまま | 2008年4月24日 (木) 14時59分

■ゆうとままさん

ほんと、悲しい限りです
でも、和歌山って四国ですか?と言われなかったのが幸いです
東○原知事のお嘆きもよ~く分かります

今回の四国行きで南海フェリー利用と明石海峡大橋利用を比較しましたが、時間、料金とも俄然フェリーが有利でした。加えて、フェリーは2時間ゆっくり出来ますもんね(笑)
もう一つ、泉佐野港から淡路に渡り、と言う方法もあったのですが、つい最近花博跡に行こうとしてフェリーが休航になっていることを知りました
後は、紀淡海峡道路の実現が唯一の望みです、って無理な注文です

何れにしろ、おやじさん、ままさんの博学ぶりにただただ驚かされるばかりですよ

投稿: hanasaku | 2008年4月24日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/20439425

この記事へのトラックバック一覧です: 20.4.20 讃岐うどんツアーに:

« 再び hanasaku事で‥ | トップページ | いいお天気です »