« 春の訪れ | トップページ | 雪が残っていた »

2008年3月 3日 (月)

トレースを追って

2032_015

     蓬莱山をバックに

20.3.2 蓬莱山(1174m)~小女郎ヶ池

自宅6:00 = 泉南IC6:38 = 松原JCT7:04 = 吹田JCT7:20 = 7:36桂川PA7:48 = 京都東IC8:00 = 滋賀IC8:27 = 8:32びわ湖バレー駐車場9:30 = 9:35ロープウェイ乗り場9:40 = 9:45山頂駅10:05 ~ 蓬莱山10:38 ~ 11:26小女郎峠手前ピーク12:00 ~ 小女郎峠12:09 ~ 小女郎ヶ池12:15 ~ 蓬莱山12:55 ~ 13:20山頂駅13:37 = 駐車場14:00 = 14:12比良トピア14:58 = 京都東IC15:33 = 15:43桂川PA16:12 = 吹田IC16:27 = 松原JCT16:45 = 泉南IC17:12 = 18:00自宅

湖西道路・志賀ICを下りR161を大津方面に右折ししばらく進むと右側にびわ湖バレー口の大きな看板が現れる

再度右折するとすぐに、歓迎アーチ?と駐車場料金所が行く手に立ちはだかり、千円也を徴収される。これが安かったのか高かったのか…

整理員の案内に従い駐車した位置がなんと第15駐車場で、ここからロープウェイ搭乗口まで無料のシャトルバスが運行されている

駐車場で身支度を調えていると、係員の方が近づき「ロープウェイ招待券」です
車1台につき一人分の往復招待券が配られた
ラッキー!!! である

2032_0032032_001

しかし、バスに乗り込むために長蛇の列が

結局、1時間ほど待たされてやっとこさロープウェイ搭乗口に到着

2032_004_22032_006  この2月9日、121人乗りの新ロープウェイが運行開始され、山頂駅(打見山1100m)まで高低差782mを約3分半で運んでくれる

でも、ここでも待つことしばし
山頂駅に到着すると、既にカラフルなウェアーに身を包んだスキー客で満杯

スノーシューを携えた人は周辺には見あたらない
早速、スノーシューを付けリフト横の柵の外を遠慮がちに蓬莱山に向かう

本日このルートでのスノーシュー先客はなく、僅か残されたBC?の横を新雪を踏みしめ快適に歩く

2032_0082032_009  いったんレストランのある鞍部に下った後、左サイドのあの怖い雪屁を横目に再度蓬莱山に向けゲレンデ外側を登り返す

蓬莱山から目指す小女郎峠の方には雲がかかっているもののそうコンディションは悪くなさそう

2032_0122032_0112032_014   だだっ広い雪原を下りながら蓬莱山を振り返ると、hanasaku隊のトレースが続く

小女郎峠手前のピークにさしかかった辺りで、急にガスが立ちこめ視界が悪くなる

初めての蓬莱山~小女郎ヶ池で、途中雪屁を目の当たりにしてきたこともあり、取り敢えずは少し引き返し、テントあとの窪地で昼食をとることにする

2032_0172032_0182032_020

食事中に、西の空に青空が戻ってき、再度小女郎峠に向け出発

遠く眼下に琵琶湖大橋を眺めながら小女郎峠に到着

ここを西に折れて5分ほど行ったところに小女郎池らしき窪地がうかがえる

数組のパーティが三々五々昼食やコーヒータイムを

中には、案内板らしき三角屋根の上でくつろいでいる人も‥

2032_022_22032_0232032_025

小女郎池からもと来た道を戻らず小女郎峠手前のピークをトラバースする

蓬莱山を眺め、雪屁に注意を払いながら山頂駅に戻る

2032_027_42032_028_22032_029_2   武奈ヶ岳の眺望と山頂のにぎわいを後に、ロープウェイに乗り込む

2032_0312032_030 

ルネさん いろいろ情報を有難うございました

【本日の温泉】 比良とぴあ

2032_032

びわ湖バレーから車で僅か10分程度

比良山をバックに豊かな自然の中に佇む由良とぴあ

一昨年の武奈ヶ岳以来の訪問だ

ここのソフトクリームは300円でボリューム満点   

|

« 春の訪れ | トップページ | 雪が残っていた »

コメント

バス、すごい長蛇の列ですね~。
人気アトラクション待ちのようです(^^;)
白銀の世界、どの写真もキレイです。
特に、蓬莱山の眺めがいいですね~。

投稿: やっち | 2008年3月 4日 (火) 13時38分

まいどです!
比良方面はやはり雪が多いですね。
ホントにフットワーク軽いですねー。
参りました。

投稿: blueeyedsoul | 2008年3月 4日 (火) 21時41分

■やっちさん

あの写真では、列の先頭は見えません
初っぱなからうんざりしましたよ
でも、天上の人となるとそんなことはどこかへすっ飛び
「さぁー いくぞー」
素晴らしい白銀の世界に酔いしれました
って、山での景色に、夜の巷にいつも酔っぱらっていますが(笑えない)

これで今シーズンのスノーシューハイクの終わり
多分終わりだと思う
終わるんじゃないかな
ま、ちょっとどうなることやら


■soulさん

いえいえ、フットワークはそう軽くもないですよ
ショウタンやsoulさん、たかっさんの足元にも及びません
ボチボチと、そしてボチボチと歩いています

投稿: hanasaku | 2008年3月 4日 (火) 23時14分

アレー
書き込んだのですが???

投稿: ショウタン | 2008年3月 4日 (火) 23時38分

うおーー!!
早速行ってこられたんですね!ヽ(^Д^*)/
やっぱり、元気でリッチ!
それにしても、バスで1時間待ちとは・・
あれだけの雪、滅多にありませんものね~

いつもながら、画像がすごく綺麗です!
東側斜面、雪煙が上がっているのか、ガスなのか、冬山!!・・って感じでいいですね~

スノーシュー、
今季、まだまだいけますよーー( '∇^*)~☆

投稿: ルネオバ | 2008年3月 5日 (水) 00時14分

■ショウタンさん

アレー?????


■ルネさん

あのレポを見せていただき、ここだ・・
でも、夏道も知らないところで多少の不安はありましたが行ってよかったです
有難うございました
東側斜面、なかなか怖いところですね
油断して足を滑らすと帰らぬ人になりそうです
それに、直近の武奈ヶ岳の話もありましたし
慎重に、慎重にでした

投稿: hanasaku | 2008年3月 5日 (水) 04時25分

確かに小女郎池への下りはガスると
危ないでしょうね、晴れてると何ともない
いいコースなんですが。
私はコースを外れて(わざとですよ)歩いてると腰くらいまでハマってしばらく動けません
でした(笑
どうでもいいのですがHanasakuさん
ジェットボイル使われてるんですね!
いいなぁ、風なんて関係なくゴゥゴゥと
沸くんだろうなぁ
羨ましいなぁ(笑

投稿: スロトレ | 2008年3月 5日 (水) 09時31分

いや~積雪量が違いますね!
スノシュー買ってもらって歩きたいもんです(なさけなぁ~)
人気あるとこは、やっぱ人人人ですね?それでもええとこですね!

投稿: たかっさん | 2008年3月 5日 (水) 19時14分

すごいですね
駐車場の混雑具合にお客を逃がしては!?と、(笑)乗車券のプレゼント。乗車待ちの行列・・・
我が家のぱぱさんには、絶対無理な気がします。
でも、雪が全然汚れて無くてきれいですね
今年は、やっぱり雪が多いです

投稿: ゆうとまま | 2008年3月 5日 (水) 19時25分

■スロトレさん

小女郎峠手前のピークでガスり、トレースはないし、初めてだし、加えて
事前にルネさんから
>だだっ広い尾根なので、ガスなどに巻かれると方向を見失うこともありますので、気をつけて!それと、雪屁ですね
という、コメを頂いていたので、いったんは撤退を考えました

でも、ガスが消えるとおっしゃるとおり、なんと言うことはない
ピークから、峠の案内板も見えていましたよ

話は変わりますが、ジェットボイル、重宝してます
機能は仰せの通りですが、何にも増してコンパクトにまとめられているところがいいです


■たかっさん

ルネさんのレポを見せていただき駆けつけましたが
いいところです
しかし、夏道も歩いたことはなく、あれでガスが消えなかったら敗退でしたよ
今シーズンはよしとして、来年のスノーシュースポットに、明神平とともに是非ここ蓬莱山もメニューに加えてあげて下さい


■ゆうとままさん

ほんとにラッキーでした
二人分で3600円いるところを半分の1800円ですから
帰りの比良トピアで、思い切ってソフトクリームを一つも頼みましたよ(爆)
それにしても、きれいなとこでした
ルネさんに感謝です

投稿: hanasaku | 2008年3月 5日 (水) 20時31分

小女郎池!
行きたいな、と・・・考えつつも通り過ぎて行きました^^
でも最近琵琶湖周辺がとっても気になっています☆

投稿: 森のリカ | 2008年3月10日 (月) 16時38分

■森のリカさん

>行きたいな、と・・・考えつつも通り過ぎて行きました^^
さて、通り過ぎてどこへ行ったんだろう?
武奈ヶ岳?それとも湖東かな? 興味あるなぁー
hanasaku隊は、次のターゲットをフクジュソウに充てました
やはり、四月にならないとダメみたい

投稿: hanasaku | 2008年3月10日 (月) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/10891490

この記事へのトラックバック一覧です: トレースを追って:

« 春の訪れ | トップページ | 雪が残っていた »