« 乗鞍高原スノーシューハイク | トップページ | 北八ヶ岳スノーシューハイク »

2008年1月25日 (金)

上高地スノーシューハイク

20.1.19 上高地スノーシューハイク

P1010230

すきっぷ7:00 = 7:25釜トンネル7:50 ~ 大正池H手前林道橋8:20 ~(梓川右岸)~ 田代橋10:00 ~ ウエストン像 ~ 河童橋11:00 ~ 11:15小梨平(昼)12:15 ~ 13:33田代池14:00 ~ 大正池14:30 ~ 15:16釜トンネル15:33 = 16:00すきっぷ

すきっぷの息子さんに送られ夢にまで見た釜トンネルに到着

釜トンネルは、上高地の入り口にあり、片側交互交通で老朽化した旧釜トンネルを拡張工事し’06に現在のトンネルとなったとのこと

全長1,310m、出入り口の高低差200mで、上高地での一番の難所?がこのトンネルのようだ

今シーズンは工事車両が入っていないので、上高地を存分に楽しめるとのこと

P1010205P1010210

トンネルを抜け緩やかな峠にさしかかると前方に穂高連峰が見えてくる

当初、明神池折り返しを予定していたが、素晴らしい天気でゆっくりのんびり景色を存分に堪能しながら上高地を楽しもうと言うことで、すきっぷオーナーに登山客の入らないルートを案内して頂くこととなった

大正池ホテル手前の林道橋でスノーシューを履き、梓川右岸側に渡るとトレースはほとんど見あたらない

P1010217P1010220

途中台地状の開けた場所に出、奥穂高岳にかかる雲が晴れるのをしばらく待つ

P1010221P1010224

雪原には、キツネやウサギ等の足跡が残されており、「これはクマの足跡??」と言うのも中に…

P1010213P1010228P1010269P1010229_2

林道橋から焼岳の麓をずっと歩き、穂高橋に連なる田代橋に下りる

再度、梓川右岸側に進み、ウエストン像から河川敷におり、枝先が赤く染まった化粧柳が植生する中、振り返って焼岳を又前方に穂高を眺めながら気持ちよく歩く

P1010246P1010247P1010249

ウエストン像手前あたりから現れだしたのが野生のサルたち

登山客には見向きもせず、上高地を闊歩する

P1010236P1010238P1010267

「二匹のサル」「石を起こすサル」「皮をはむサル」

そうこうするうちに、シーズン中では想像もつかない人っ子一人いない河童橋に到着

P1010253P1010255P1010257

小梨平に到着し、昼食に

本日のランチはいつものカップメンと違いすきっぷママお手製の弁当とカップみそ汁

少しでも冷めないようにと弁当を新聞紙で包み、ナイロンの袋に入れ、さらにウレタンで包む心遣いには敬服の至り 

P1010258P1010259

昼食後、バスターミナルから梓川左岸を少し歩いた後遊歩道から離れ林の中へ

ここでも、田代池の背後に回る知る人ぞ知るルートに案内して頂いた

田代池の畔の木柵に腰を下ろし、コーヒーにチョコ、お汁粉にドライマンゴでティータイム(なんか変な組み合わせ‥)

P1010263P1010265P1010272

P1010277P1010279P1010280

最後に大正池の小ガモたちとお別れし、釜トンネルに向かう

P1010290

快晴の元、念願だった上高地スノーシューハイクをすきっぷオーナーの素晴らしいガイドで十二分に堪能させて頂いたP1010262

本日も又、乳白色硫黄臭ぷんぷんの湯けむり館へ               

|

« 乗鞍高原スノーシューハイク | トップページ | 北八ヶ岳スノーシューハイク »

コメント

週末と言うのに人影のない素晴らしい白銀の上高地ですね。
地元の方に案内をして頂くと とっておきの所も連れて行ってもらえるので最高です。
穂高・焼岳・大正池・河童橋など どこもここも雪の上高地の風景は絶景ですね。 良いお天気に恵まれましたね。
写真を見るとケショウヤナギがもう赤い芽を吹き始めているているように見えるのですが。

投稿: タマ | 2008年1月25日 (金) 11時13分

綺麗な景色有り難うございます
相当数上高地に行きましたが冬は知りません
ここの景色は高いお金を出して外国に行く必要はないと常々感じています。本当に綺麗ですね
又天気も当てて天気男ばんざいですね
今忘れられないのは春の唐沢で行きたいなー
と思いつつ実現できたいません
そしていつも思うのですがカマトンネルから上高地までどうして行くのですか、アノゲートは開くのですか

投稿: ショウタン | 2008年1月25日 (金) 11時38分

HANASAKUさん、結構お天気に恵まれてません?
地元の方ならではのスペシャルコースを歩かれたんですね、いいな~
兎の足跡、可愛らしいですね~
河童橋、貸切だったんですね~

実は、一昨年と昨年2年続きで冬の上高地に行きました。
あの景色は、病み付きになりますね!
信州スノーシュー三昧、次のレポ、楽しみですヽ(^Д^*)/

投稿: ルネオバ | 2008年1月25日 (金) 15時19分

■タマちゃん

釜トンネルでは何組かのパーティーと一緒になりましたが
大正池ホテルの手前から梓川右岸に渡ると3人だけの世界となりました
でも、穂高橋・田代橋のところにくるとさすが上高地で歩く人、滑る人、ファインダーから穂高を眺める人等少し賑わってましたよ

化粧柳、さすがよくご存じですね
河原や両岸の木の枝先が、冬芽で赤く染まっていましたよ


■ショウタンさん

いえいえ、こちらこそいつもコメントいただき有難うございます
上高地は4度目になりますが、冬は初めてで、それだけに感動も大きかったです
また山歩きでは、天候が何よりのご馳走ですね
>カマトンネルから上高地までどうして行くのですか
釜トンネルを歩いて抜けるのが約半時間、釜トンネル出口から上高地の入り口にある大正池ホテルまでが約一時間です(これで答えになってるのかな?)
>アノゲートは開くのですか
冬場は工事車両のみ通行が可能とのことです。シーズン中は、ゲートは開いていますがマイカー規制で入り口でしっかりチェックされます

この時期上高地に入られる方は、岐阜県側は平湯温泉から、長野県側は沢渡からタクシーで釜トンネル入り口までこられているようです。


■ルネさん

天候は最高でした
これも日頃の……
難を言えば、フカフカ雪がよかったのになぁ~(って贅沢というものでしょうか?)
釜トンネルでは数組の登山客と会ったのですが、焼岳山麓は皆無
「本日、上高地はhanasaku隊で貸し切り!!」状態でした
実は、昨年のレポ、事前にちゃっかり読ませていただき「-20度の世界」の準備を怠りなくしていきましたよ
改めてお礼申し上げます

投稿: hanasaku | 2008年1月25日 (金) 20時13分

乗鞍高原・市ノ瀬園地・滝・野麦峠それに上高地は、私も2月連休に練ってたんですが・・子ども達がスキー!スキー!!と、大合唱で負けました・・(涙)
紀伊半島や比良山系などのクマは、冬眠しないらしいのは知ってましたが、まさか!上高地のクマさんも冬眠しないのでしょうか!!
ウロウロしてるんですね
冬眠中でもず~~っと、眠ったままじゃないのでお天気の良い日など出掛けるとか聞いたこともあるような無いようなぁ~〆(°°)カキカキ..

投稿: ゆうとまま | 2008年1月30日 (水) 18時51分

■ゆうとままさん

そう、残念ですね
やはり、雪の本番は2月みたいです
今回は気持ちがはやり、時期を誤ったみたいです
そこそこ雪はあったもののパフパフじゃなかったのが心残りです

熊もさることながら、ままさんに先にサルの話をされていたので、写真掲載に少々躊躇しましたよ

投稿: hanasaku | 2008年1月31日 (木) 05時20分

ごめんなさい
何も考え無しで・・・
本当にごめんなさい
<(_ _)>
高瀬渓谷(大町)にもたくさんのお猿さんが居るらしいですよ^^
冬は無理ですが、山桜や紅葉の時がすばらしいそうです。

投稿: ゆうとまま | 2008年1月31日 (木) 15時10分

■ゆうとままさん

何か言葉足らずで、かえってご迷惑をおかけしたようで申し訳ありませんでした。決して、謝ることなんかありませんよ。
「雪の八ヶ岳」の記事に
>今シーズントンネル工事が入らないので除雪されずにスノーシューがしっかり味わえたんじゃないでしょうか♪
>お猿さんの写真を楽しみにしています(笑)
と言うコメントをいただき、その物知りぶりに驚いたし、尊敬もしました。
で、「上高地スノーシュー」レポには当然「お猿三態」を載せたのですが、『ままさんに先にサルの話をされていたので、写真掲載に少々躊躇しましたよ』という軽い冗談をかましたのが、どうも誤解されたようです。決して躊躇などいたしておりませんのでご安心下さい。
こちらこそ、本当にごめんなさいです。

投稿: hanasaku | 2008年1月31日 (木) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/10015523

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地スノーシューハイク:

« 乗鞍高原スノーシューハイク | トップページ | 北八ヶ岳スノーシューハイク »