« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

行く年を振り返って

今年も残すところ7時間あまり

スノーシューに明け、腰痛に泣いた一年を振り返ってみると

1月 8日 和佐又山で初のスノーシューに挑戦
      一面の銀世界に歓喜する

1月20日 モン○ル主催「峰山高原スノーシューハイク」に参加1912_024 P1010835

2月 3日 明神平・前山でスノーシュー

2月17日~19日 サンメドウズ、ピラタス蓼科リゾート、入笠山スノーシューP101088519217_112_2 

3月17日 藤原岳 雪の下から顔を覗かせるフクジュソウに感嘆19317_027

4月 8日 仏隆寺~安倍文殊院=談山神社へ桜見  237km

4月15~16日 出石~豊岡へひとっ走り  541km

4月21日 薊岳~明神平 稜線歩きの楽しかったこと

4月26日~29日 アイアンホース「石見銀山」ツーリング  912kmP102044919421_0241942629_054

5月 3日 高野山の水芭蕉と奈良公園  260km

5月12日 アカヤシオ真っ盛りの御在所岳

5月19日~21日 山陽路ツーリング(広島~尾道~倉敷~牛窓)  1101km

5月27日 ベニドウダン、サラサドウダンが咲き乱れる赤坂山~三国山19512_0181951921_05919526_27_052

6月10日 キイシモツケソウのさく竜門山

6月16日 アプローチの長い七面山には往生した

6月30日 天女花を求めて弥山・八経ヶ岳19610_02319616_05419630_039

7月21日 御嶽山の足慣らしに和泉葛城山

7月28日 そして御嶽山19721_024Img_1318

8月 6日 入山規制のかかる前に西大台

8月11~12日 バスケ観戦に西明石へ  264km

8月18~20日 鳥取砂丘~餘部鉄橋~豊岡  572km

8月25日 お釈迦さまが戻られた釈迦ヶ岳~大日岳1986_0221981112_0571981820_06819825_036

9月8~9日 リベンジ南八ヶ岳(阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳)

9月10日 八ツの帰りに乗鞍岳にお立ち寄り

9月29日 待望の大普賢岳~七曜岳~無双洞08715419929_038

10月 6日 秋の実りがいっぱいの竜門山

10月14日 足がすくみっぱなしだった木曽駒ヶ岳~宝剣岳

10月20~21日 大台ケ原でかの有名なハナタタラゲット

10月28日 秋彩がすすむ稲村ヶ岳19106_022191014_02519102021_062191028_034

11月 4日 南葛城山からは岩湧が一望

11月18日 秋彩を求めて岩倉実相院へ  290km

11月25日 初めての郵便道で金剛山19114_009191118_012191125_016(階段には400段をあらわす王冠が)

12月15日 オームズスタジアム神戸でトップリーグ観戦  226km

12月16日 今年最後の歩き納めとなった札立山~見返り山~大福山~岩神山191215_017191216_017

健康でよくも歩けたり、よくも走ったりの一年でした

来年は、節目の年

無理をせず、それでもしっかりと山に野に出かけたいと思っています

皆さん、どうかよいお年をお迎えください

    

            

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

足跡を辿って Part2

貴志川と言えばとかく有名なのが和歌山電鉄貴志駅の駅長

和歌山電鉄のHPによると
 本年より、無人駅の貴志駅に「ネコの駅長」さんを常駐させることにいたしました
 貴志駅売店(小山商店さんの飼い猫)をすみかとする3匹のネコに、当社社員の代わりに
 お客様をお迎えする役を務めていただこうと任命いたしました

経営赤字の貴志川線を引き継ぎ、イチゴ電車やオモチャ電車さらには猫の駅長さんと、常に話題作りに心がけ集客につなげる
よく頑張っています

ところで、「たま駅長」ではなく、ブログの先輩であるタマちゃんが、先日貴志川の「きしべの里」で夜のデートを楽しみ記事をアップしていました

きれいなイルミネーションなので、タマちゃんの足跡を辿って旧貴志川町の諸井橋を渡ったところにあるきしべの里に足を運びました

1912119_012 1912119_013 1912119_016

ついでと言っては失礼なんですが、「たま駅長」の管理する貴志駅のイルミネーションも見せて頂きました

ここもなかなかのものです
ただし、腕と道具が未熟なものでうまく実物をとらえることは出来ません 悪しからず

1912119_005


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

♪巡り、巡り、いのししが巡り

191216_043 12月16日  とうとう5巡目の亥年の誕生日を迎えました

メモリアルな日にはよくお邪魔する「パリゴー」さんでささやかな誕生パーティをもちました

先ずは生ビールでカンパイ!! オメデトウー

ご近所のホリベの花屋さんが心を込めて作ってくれた花束をプレゼント
(心を込め作って頂くために事前に顔写真を持参し、ふさわしい花束をとお願いしておきました)

セレモニーはここまで

あとはゆっくりと時間をかけ、美味しい食事をいただくのみ

と、その前に、マスターがこの日のために特別に白ワインを用意してくれていたようです
帰宅し、持ち帰ったケーキの箱に白ワインのラベルとメモ書きが添えられていました191216_064 191216_063

ワインクーラーにはサンタのおじさんも彩を添えてくれています191216_050_2 

さて本日はビッグイベントですので、少し豪華に(本当はすっごく豪華になんですが…)「セレブ」をお願いしました

まず、人参のアミューズスープ
生うにとホタテのブロバンス風191216_045 191216_046

フレッシュフォアグラとタマゴのココット
活けオマール海老のソテー トマトとブラックオリーブのソース191216_048 191216_049

(シェフ!! スミマセン
お皿の上にフォアグラが半分しかのっていません)

金目鯛のポワレ ゆずこしょうソース
仔羊の瞬間スモーク191216_052 191216_054

最後のデザートが出てくる直前

ピアノの生演奏で ♪♪ハッピバースデー……なんと本日4人目です

そして、マスターから大きなバースデーケーキに6本のローソクが灯されプレゼントされました

幸せです191216_055 191216_061 191216_062

デザートは
季節のフルーツ パンナコッタ
フルーツいっぱいのミルフィーユ
です

大きな花束とケーキの箱を携え、健康であることの喜びに浸りながら歩いて家路につきました

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

足跡を辿って

19.12.16 札立山(349m)~見返り山(336m)~大福山(427m)~岩神山(240m) 晴れ

先日、ブログの、また、山歩きの大先輩ショウタンさんのレポを見ていて、リンクされているある方のレポが目にとまった

札立山から俎石山への大周回を歩かれていたが、この日の夜にビッグイベントが控えていたので俎石山をパスし、足跡を辿らせて頂いた

大同寺霊園駐車場8:25 ~ 札立・岩神分岐8:40 ~ 関電鉄塔8:50 ~ 林道出合9:20 ~ 札立登山口9:26 ~ ヤマモモの辻9:45 ~ 不動山9:57 ~ 10:18札立山10:30 ~ 札立東山10:36 ~ 鳴滝峠10:46 ~ 見返り山11:06 ~ 奥辺峠11:17 ~ 11:50大福山12:55 ~ 奥辺峠 ~ 岩神山14:00 ~ 14:34駐車場

大同寺霊園の駐車場に車を止め、向かい側の「紀泉アルプス登山口」から岩神観音方向に歩き出す191216_001 191216_002

しばらく林道のような山道を進み、岩神観音の案内板でルートを確認し札立山と岩神山の分岐を左にとる191216_003 191216_004 191216_005

落ち葉を踏みしめながら進み、関電鉄塔の横を抜けると初めて視界が開けたところに到着
少し雲がかかっているものの、紀ノ川河口部から和歌浦湾などが一望することが出来る191216_006 191216_007 191216_008

小ピークの札立山・大福山分岐から下りとなり、これまでの自然林から人工林の杉林に一変する
下りきったところが鳴滝方面からの林道で、ここを右にとり、川筋をしばらく進む191216_009 191216_010 191216_011

一部舗装された道の途中に札立山への登山口があり、しばらくは喘ぐような急登が続く
「ひょっとして、これって300mそこそこの山なん?」の声も漏れ聞こえる
ヤマモモの辻を過ぎ、不動山でショウタンさんの痕跡(表示板)をこの目で確認
又、登山道周辺も笹等がきれいに刈り取られ歩きやすい道となっている
これも、ショウタンさんらの日頃の活動であろうか
感謝!感謝!!である191216_013 191216_014 191216_015

不動山から20分少々、駐車場から2時間足らずで札立山に到着
ここからの眺めも又良しである
しばし休憩し、行動食の無印良品のドーナツをほおばる191216_017 191216_019

本日初めて出会った単独行の男性としばらく言葉を交わしたあと、大福山に向け出発

札立山から10分ほど行ったところに札立東山があり、ここからの眺めもまたいい
ここからやや下ったところの鳴滝峠が淡輪からの道と六十谷からの道が合流する191216_020_2 191216_021 191216_022

見返り山から淡輪・六十谷への分岐である奥辺峠を経て大福山に向かう
途中、細い尾根筋を歩いたり、何故かこの時期にツツジの花に巡り会ったり…191216_024 191216_025 191216_027 191216_028 191216_032 191216_034

そして、大福山に到着

頂上のスペースには、7~8名と3名の先客がそれぞれ昼食の準備をしており、少し南側に下ったところで昼食に

本日は豪華チャンポン
なんのことはない 出来合いのアルミホイルにはいったチャンポンをコッフェルに移し替えただけ

でも、温かな日差しの元何を食べても最高だ
我が家の山行き目的は、ここにある191216_035 191216_036

空腹を満たし後、元来た道を引き返し奥辺峠を六十谷方面にとり、初日の出の下見がてら岩神山に立ち寄り下山191216_038191216_040 191216_041



191216_018

この日の里山歩きに同行して頂いたsoulさんのレポートに行動をともにした「はなたたら」共々感謝申し上げます191216_042


ありがとうございました

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

どうした神鋼

ある時、神鋼のHPを見ていると「食事付き観戦会」という案内が表示されていた

ホームズスタジアム神戸で開催される神戸製鋼vsサントリー戦を選手と同じ目線のレストランから食事をしながら応援しようというもの

快晴の土曜日、ルミナリエで賑わう三宮を抜け和田岬のホームズスタジアム神戸に向かいました

191215_001191215_003

まだルミナリエの点灯までには相当時間がある11時ごろ

すでに、バスツアーらしき観光客が周辺をそぞろ歩いている

191215_005_2191215_017_2 ホームズスタジアム神戸は2002年のワールドカップのために設けられた施設で、その後、可動屋根の設置による全天候型スポーツスタジアムへと施設充実を図り現在に至っている

本日の観戦会の会場「レストラン ウルティモ」はゴールポストの真後ろにあり、選手を間近に見ることが出来る

WTB濱島がトライでもしようものなら、正しく絶景のポジションにある

191215_010191215_011191215_016

キックオフを前にサラダ・パスタ・パンが

そして、ハーフタイムにはデザートとコーヒーが運ばれてくる

これで、観戦料込み2000円とは相当お得

さて、ゲームのほうはと言うと‥‥‥‥コメントする何ものもありません

191215_013191215_014191215_015

ナンバー8の伊藤がお近くにトライしてくれたのが 唯一の救い

      【RT本日の走行距離】 226㎞

| | コメント (4) | トラックバック (0)

間もなくキックオフ

間もなくキックオフ
神鋼VSサントリー
間もなくキックオフです
byモブロク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

仙人風呂と玉置山

19128_012

 

19.12.8~9 川湯温泉「仙人風呂」

妹家と川湯温泉「仙人風呂」へ

お泊りは、いつもの「ペンションあしたの森」にお願いしました

仙人風呂は大塔川の河原を、砂利でプール状に堰き止め、毎年11月になると風物詩として新聞紙上を飾っている

この仙人風呂に面し、ペンションあしたの森が立地しています

19128_01419128_01519128_018   

サロンからも各部屋からも、大塔川が一望出来ます

サロンでは藁草履履きというのも、また旅情をそそります

夕食は熊野牛のステーキ
この日は地元の大根で作ったつきだしが2品ついていました

19128_00619128_00719128_008 いつになく赤ワインでピッチが上がります

朝食もまたおしゃれ

19128_019 食後、自家製の紅茶をいただきました

帰途は、R168から新宮、またはR311で田辺に出、開通間もない田辺―南部を通る予定だったが、ペンションオーナーの薦めもあり、世界遺産の地「玉置山」「玉置神社」へ

十津川の折立の手前を右折し、約40分ほど
広い駐車場に車を止め、10分ほどで神社境内へ

境内には周囲が8~10mもあろうかという杉の大木が林立している

19128_02019128_021 折立から一度歩いて登りたかったのだが、アプローチが大変で機会を逸していた

車でとはいえ、一応は念願が叶ったのかな??

道の駅「十津川卿」でお気に入りの十割そばを頂き五條から和歌山に

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

驚きました

ブログ「はなさくの山歩記とRT記」のタイトル由来については「ブログ開設1周年記念」として10月6日にアップし、愛犬はなさく物語を披露させて頂いたところです

ところで、ある方がmyブログを開けようとしてタイトルの一部「はなさく」で検索をかけると「あい・らぶ・はなさく」さんのページがヒットしました

4歳1ヶ月と2歳1ヶ月のラブラドールレトリバーを飼われている方の日常日記です

驚くことに、その2頭の名前が「ハナ」ちゃんと「さくら」ちゃん

勿論、我が家のとは似て非なりでとても可愛い犬です(はなさく ゴメン)

ブログ所有者が300万人とも言われる今日、二頭の愛犬の名前を同じようにブログタイトルに用いる不思議を大いに感じたこの頃です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

ちょっとした一言で‥

11月25日の金剛山の帰り、モンベル五條店に立ち寄り

カジュアルパンツを購入した

しかし悲しいかな、メタボ予備軍の体ゆえ

ウエストがあえば裾が長く、裾があえばウエストは入らない

裾上げをお願いし、今日宅急便でパンツが届いた

送り状は自分で書いたのだが、その余白に

19123

ちょっとした一言が、又立ち寄ってみようという気にさせる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

大根抜き

19122_020 年末恒例の大根抜きに

今年はくき漬けように90本

ぬか漬けように40本頂いてきた

昨年は強力な助っ人がいたのだが

18122_008

18.12.2

今年はあいにくこちらのほうへ

19122_009_319122_018_219122_003_2  左 ‥ うさぎ野原のクリスマス
中 ‥ お話メドレー(うさぎとかめ、ももたろう、金太郎)

年少組み130人?による大合唱は迫力満点です

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

冬支度

山にRTに土日はなかなか忙しい

しかし、今週末は所要で遠出が出来ない

ならば、少し早いのだがオイル交換とスタッドレスの履き替えに

今年3シーズン目だが劣化も見られず、安心して雪道を走れそう

午前中に、もろもろが済んだので昼食を

19121_00819121_005 

この6月に開店したばかりの「ルーナビエーナ」

雰囲気のいい店です

19121_00119121_00219121_007

食後に、旧丸正あとに今日オープンしたフォルテワジマヘ

19121_01319121_011オープン記念ライブが行われしばし ♪フライミーツーザムーンに耳を傾ける

久しぶりにぶらくり丁に人通りが戻ってきた 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »