« 黒潮の海に戸惑うMIE | トップページ | 交通ルーツを守りましょう -自戒を込めて- »

2007年11月26日 (月)

三連休最後の日に金剛山へ

19.11.25 金剛山(1125m)・郵便道

このルートが大好きだというこの方のブログを参考に初めて郵便道を歩いた

P1000855

自宅6:06 = 高野口IC7:00 = 五條北IC7:17 = 7:25高天彦神社(登山口)7:40 ~ 高天滝7:46 ~ 水越道出合9:15 ~ 一の鳥居9:18 ~ 葛木神社9:30 ~ 9:35社務所前広場(昼)10:50 ~ 一の鳥居11:00 ~ 高天滝12:05 ~ 12:12高天彦神社12:22 = 12:30かもきみの湯12:43

京奈和自動車道の高野口~五條北ICが開通したおかげで、吉野方面や金剛山、大和葛城が近くなり有り難い

小春日和の日曜日、のどかな田園風景が広がる高天彦神社の駐車場に車を停める

この時間帯に石川、京都や神戸ナンバーの車7~8台が既に駐車している

P1000856_2高天神社の横から緩やかな舗装道路を進んでいくと休憩所のような建物とともに正面に高天滝が現れる

小さな川にかかった木製の橋を渡るとすぐ山道に入る

P1000857

歩き始めて間もなく、階段が現れる

早速、かの有名な500段の階段が始まったか

と思いきや、しばらくするとまた元の山道に戻る

P1000858_2 途中、ケルン状に積み上げられた石の中にお地蔵さん?が鎮座しているのに出くわす

見事なばかりの石積みと、なんとも愛らし姿に思わずシャッターを

P1000871 さて、どうやらここが500段の階段の始まりらしい

百段ごとに、プレートと瓶の栓?で段数が表示されている

P1000859

P1000862


まだまだ階段が続く

P1000860P1000861

途中、「天剛水(テンノツヨシミズ)」という水場があったが、水は涸れているようだ

P1000870P1000869

400段目を確認し、500の表示を探す内に、水越峠からの道と合流

下山時に数えたら、492段だった

ここからは、歩き慣れた道

一つ鳥居をくぐり、最後の坂を登り切ると葛木神社に到着

折角なのでツーショットをおさめ、社務所前の広場でなんとも早いランチタイム

P1000868P1000863P1000866

定番の「具たくさんラーメン」で

まったりと1時間余りを過ごす

17.12以来、2年ぶりの金剛山を楽しんだ

これまで歩いた千早本道、伏見峠(念仏坂)、水越峠(ダイトレ)、青崩道そして天ヶ滝新P1000872 道にこの日の高天道(郵便道)が加わった

そして、きょうもリュックには…

【本日の温泉】 かもきみの湯

ナビによると、高天彦神社から約6分

まさしく、金剛山お抱えの温泉である

「かもきみの湯」;金剛山から葛城山麓一帯を「鴨」と称し、人々が相集う場所として「葛城の郷鴨君之湯」と命名(パンフレット抜粋)

P1000874P1000875

浴室には主浴槽の他座り湯、座湯、寝湯など様々な浴槽がもうけられ、露天も檜舞台風呂や炭風呂などがある

真新しい施設で、ゆっくりと温泉を満喫することが出来た

帰途、吉野川沿いのモンベル五條店に立ち寄ると、かの有名な辰野社長に遭遇
スターに会えたようななんとも不思議な気持ちだった

さらに、いつもの「五條スプーン」でお茶し、自宅着が17時
これって、山歩きをしてきたのか、これも又不思議

【本日のグルメ】 カジュアル・ダイニング「ラエンデ

P1000877 今年5月にオープンした店で 、ランチが人気らしい

テーブル席が3つとカウンター席からなる

室内へはスリッパで入ることでゆっくりとした気分に浸ることが出来る

本日のディナーは

P1000879P1000880P1000883P1000884 ・生ハムとパルミジャーノのサラダ
・ネギたっぷりトントロ鉄板焼き
・えびフライのせクリームパスタグラタン
・長いもの唐揚げ温玉のせ

(いつものように、シャッターを押したときには既に半分ほどの料理が消えていた料理もあります)

美味しかった

   

 

|

« 黒潮の海に戸惑うMIE | トップページ | 交通ルーツを守りましょう -自戒を込めて- »

コメント

充実の一日でしたね。
郵便道は僕もこの夏、初めて歩きました。
金剛山は冬しか登ったことが無かったのですがあの階段を暑い盛りに登りました。
具だくさんラーメンいいですね。 私も山での昼はラーメンが定番でしたが最近はご無沙汰です。

最近は温泉があちこちに有りますしカーナビで簡単にたどり着けるので、私も温泉を組み入れて出掛けることが多くなりました。

五條のモンベルで辰野社長に出会われましたですか。
関西出身の成功しているユニーク社長ですね。
NHKの『ルソンの壺』でも出ておられました。

昨日は突然失礼いたしました。 イルミネーションを見せていただきました。
我家も来年は植木に絡ませたいと思います。


投稿: タマ | 2007年11月27日 (火) 11時21分

私は、なんと郵便道からしか歩いたことが無い
のです(って、それも一回だけですが)
高天神社の大きな大きな杉の間を通る参道は
大好きです!すごく味のある神社ですよね。
下山時は少し荒れたコースもありますので
ぜひ次回お楽しみ下さい(本コースに合流します)。
具たくさんラーメン美味しそうですねー、ラーメン鍋ってカンジですね、我が家も今度真似させて頂きます!辰野社長にも遭遇し、帰りは豪華ディナー、いい一日過ごされたようで、うらやましい限りです。

投稿: スロートレック | 2007年11月27日 (火) 17時54分

■タマちゃん

昨日は蓮ちゃんともども折角お見えいただいたのに何のおかまいもせず大変失礼しました(本人はまだ帰っていなかったのですが)
また、皆さんおそろいでお出かけ下さい

で、金剛山って千早本道を初め結構階段が多いですよね
反対にそれだけよく整備が行き届いてるってことかな?
昼食を食べていて隣のお鍋を眺め、「しまった、出来合いのうどんすきを買ってくるんだった」と反省。これに肉を追加で放り込んだら立派な鍋のできあがり。
五條モンベルでは社長自らハンドルを持ち、若者たちとカヌーに出かけるところで
ほんとビックリしましたよ


■スロートレックさん

そうなんですねぇ
下山時に、本道とは別にいろいろ踏み後があるもので、試しに歩いてみたのですがやはり本道に戻る
なかなか面白いルートです

鍋のほうは、スロトレさんの大鍋の足元にも及びません
えのき、シメジ、しいたけ、白葱、白菜、ニンジンの上に浮かぶ3枚の豚ロース
「びっくり鍋」におったまげました
また、額井岳の3時間もしかり
よほど美味しかったんだろうな
明神平大好きですし、鍋も大好き
葱をしょっていきますので鴨お願い!!(爆)

投稿: hanasaku | 2007年11月27日 (火) 21時04分

今晩は、金剛山は20代が主に登り最近は紀見峠からダイトレと高天彦神社から白雲岳経由で登りました。金剛山も四季に一回は登ろうと話し合っています。いろんなルートがあり面白そうですね。
私の登山は登って帰る。たまには帰りディナーも良いかも知れませんがいつも予定オーバーであたふたと帰ります

投稿: ショウタン | 2007年11月27日 (火) 22時41分

郵便道の最後の階段のところは夏に高天谷から出てきて何回か登りましたが、段数が書いてあるのも、まだか~と思ってうんざりすることもありますね。ダイトレから郵便道に入るところのちょっと上の道だと階段なかったですよ。(マツバカケ尾道というらしいです)
いつも最後ご馳走でうらやましいです。

投稿: RIKO | 2007年11月27日 (火) 22時51分

■ショウタンさん

紀見峠、思い出しました
むかしむかし半ドン(古ぅ~)だった頃
土曜日の昼から電車を乗り継ぎ歩きました
途中テン泊したのですが寒かったこと
それもそのはず、夏用シュラフで真冬に登ったのですから(泣)


■RIKOさん

確かに段数の表示は良し悪しですね
え~ まだ300って
高天滝のところで、この滝をRIKOさんらはシャワーを浴びながら登るんやでぇ~って二人で話してたんですよ
2塁のベース上?でクシャミ出ませんでしたか?


山行きのときは朝の早くから出るもんで、夕食の準備が出来ていません
帰途、スーパーに立ち寄り出来合いのおかずで済ませることがほとんどで、いつもいつもご馳走ではないですよ(笑)

投稿: hanasaku | 2007年11月28日 (水) 04時23分

郵便道楽しめましたか?
ここは、子ども連れや私が一人でぷらっと思いついてもすぐに登れる道で愛用しています。
駐車場もきれいになっていて、明るい道で安心なのです。
そしてなんと!!2食とも外食でいいなぁ~
いいなぁ~^^
登山・温泉・グルメ♪

投稿: ゆうとまま | 2007年11月29日 (木) 06時31分

■ゆうとままさん

しばらく歩いていなかったので、何処へ行こうかなで思いだしたのが
7月13日の「姫の慣らし運転」の記事でした
登山口までは1時間半と程近く、お手頃なルートです
ただ、階段がねぇ~

昼食を終え12時過ぎに下山し、目と鼻の先の温泉に浸かる
おまけに、辰野社長をお見かけできたし、いつものスプーンに寄れたし‥
最高の一日でした
ところで、外食2食って金ちゃんラーメンもはいるんですか?

投稿: hanasaku | 2007年11月29日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/9116852

この記事へのトラックバック一覧です: 三連休最後の日に金剛山へ:

« 黒潮の海に戸惑うMIE | トップページ | 交通ルーツを守りましょう -自戒を込めて- »