« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

交通ルーツを守りましょう -自戒を込めて-

先日、RTで大阪へ買い物に出かけたときのこと

先ず、東急ハンズ心斎橋店へ

エレベーターに乗りB2の駐輪場へバイクを停め目的のイルミネーション売り場に

「LEDライト 200球 ホワイト/ブルー」を購入し、しばらく店内を物色したあと次の目的地「梅田マルビル」へ

気にはなっていたのだが、歩道上の通行の妨げとならないところにRTを停め

2Fの「 L.L.Bean 」へ

ここも買うものが決まっていたので、早々と切り上げRTに戻ってみると

002 ガ~~ン!!

右ハンドルグリップに、黄色い紙が巻き付けられている

内容を見ると

「駐車違反

速やかに移動してください。

この車の使用者は、大阪府公安委員会からの放置違反金の納付を命ぜられることがあります」と

そうか、先ずは移動しろということ

それから、場合によっては違反金をとるぞ!ということ

二輪だけに警告にとどめてくれたかと思い、帰宅の途についた

だが、世の中そう甘くはなかった

003004 

昨日になって大阪府公安委員会様から「弁明通知書」なるものと納付書が送られてきた

放置違反金納付書 9000円

明日から昼飯を抜こう

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

三連休最後の日に金剛山へ

19.11.25 金剛山(1125m)・郵便道

このルートが大好きだというこの方のブログを参考に初めて郵便道を歩いた

P1000855

自宅6:06 = 高野口IC7:00 = 五條北IC7:17 = 7:25高天彦神社(登山口)7:40 ~ 高天滝7:46 ~ 水越道出合9:15 ~ 一の鳥居9:18 ~ 葛木神社9:30 ~ 9:35社務所前広場(昼)10:50 ~ 一の鳥居11:00 ~ 高天滝12:05 ~ 12:12高天彦神社12:22 = 12:30かもきみの湯12:43

京奈和自動車道の高野口~五條北ICが開通したおかげで、吉野方面や金剛山、大和葛城が近くなり有り難い

小春日和の日曜日、のどかな田園風景が広がる高天彦神社の駐車場に車を停める

この時間帯に石川、京都や神戸ナンバーの車7~8台が既に駐車している

P1000856_2高天神社の横から緩やかな舗装道路を進んでいくと休憩所のような建物とともに正面に高天滝が現れる

小さな川にかかった木製の橋を渡るとすぐ山道に入る

P1000857

歩き始めて間もなく、階段が現れる

早速、かの有名な500段の階段が始まったか

と思いきや、しばらくするとまた元の山道に戻る

P1000858_2 途中、ケルン状に積み上げられた石の中にお地蔵さん?が鎮座しているのに出くわす

見事なばかりの石積みと、なんとも愛らし姿に思わずシャッターを

P1000871 さて、どうやらここが500段の階段の始まりらしい

百段ごとに、プレートと瓶の栓?で段数が表示されている

P1000859

P1000862


まだまだ階段が続く

P1000860P1000861

途中、「天剛水(テンノツヨシミズ)」という水場があったが、水は涸れているようだ

P1000870P1000869

400段目を確認し、500の表示を探す内に、水越峠からの道と合流

下山時に数えたら、492段だった

ここからは、歩き慣れた道

一つ鳥居をくぐり、最後の坂を登り切ると葛木神社に到着

折角なのでツーショットをおさめ、社務所前の広場でなんとも早いランチタイム

P1000868P1000863P1000866

定番の「具たくさんラーメン」で

まったりと1時間余りを過ごす

17.12以来、2年ぶりの金剛山を楽しんだ

これまで歩いた千早本道、伏見峠(念仏坂)、水越峠(ダイトレ)、青崩道そして天ヶ滝新P1000872 道にこの日の高天道(郵便道)が加わった

そして、きょうもリュックには…

【本日の温泉】 かもきみの湯

ナビによると、高天彦神社から約6分

まさしく、金剛山お抱えの温泉である

「かもきみの湯」;金剛山から葛城山麓一帯を「鴨」と称し、人々が相集う場所として「葛城の郷鴨君之湯」と命名(パンフレット抜粋)

P1000874P1000875

浴室には主浴槽の他座り湯、座湯、寝湯など様々な浴槽がもうけられ、露天も檜舞台風呂や炭風呂などがある

真新しい施設で、ゆっくりと温泉を満喫することが出来た

帰途、吉野川沿いのモンベル五條店に立ち寄ると、かの有名な辰野社長に遭遇
スターに会えたようななんとも不思議な気持ちだった

さらに、いつもの「五條スプーン」でお茶し、自宅着が17時
これって、山歩きをしてきたのか、これも又不思議

【本日のグルメ】 カジュアル・ダイニング「ラエンデ

P1000877 今年5月にオープンした店で 、ランチが人気らしい

テーブル席が3つとカウンター席からなる

室内へはスリッパで入ることでゆっくりとした気分に浸ることが出来る

本日のディナーは

P1000879P1000880P1000883P1000884 ・生ハムとパルミジャーノのサラダ
・ネギたっぷりトントロ鉄板焼き
・えびフライのせクリームパスタグラタン
・長いもの唐揚げ温玉のせ

(いつものように、シャッターを押したときには既に半分ほどの料理が消えていた料理もあります)

美味しかった

   

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

黒潮の海に戸惑うMIE

191123_031 昨夜から一人でお泊りのMIEと

久しぶりに県立自然博物館へ

その前に、先ずは腹ごしらへと

片男波のアートキューブ2Fにある「カフェ・ドゥ・シーソー」へ

遠く名草山を眺めながらの抜群のロケーションで食事をいただける

一度ゆっくりとディナーをと思っているのだが‥‥

アートキューブ周辺はこんな感じ

191123_027191123_028191123_030

さて、自然博物館

玄関には、ニタリクジラの全身骨格標本が天井から吊り下げられている

受付で入館料460円(高校生以下と65歳以上は無料)を払い一歩足を踏み入れると

突然、蛇のお出迎え

館内は第一展示室と第二展示室に別れ第一展示室の大水槽「黒潮の海」にはエイやロウニンアジが悠然と泳いでいる(トップ写真)

しばらく館内をご一緒に

191123_033191123_035191123_036191123_037191123_043


潮間帯水槽ではウニやヒトデ、ヤドカリなどが実際に手で触れることが出来る

博物館に隣接した小さな公園でしばらく遊んだ後帰途に

191123_044191123_048      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

腕が悪いのか?

来賓をお招きし、イルミネーションの点灯式を行いました

191123_002

腕が悪いのか?

はたまたデジカメが??

今宵一人でお泊りの来賓は、ボチボチお休みタイムです

191123_022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

遅れている~

ご近所のお宅の庭にイルミネーションが輝き始めた

191120_007

お向かいのお宅も点灯式を済ませ残るは我が家

LEDライト 200球 ホワイト/ブルーを新たにゲットしたので

今週末にはヤマモモの木に飾りつけよう

191120_002

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

色付き始めた京都へひとっ走り

今秋一番の冷え込みとのことでパーカーの下にダウンのインナーを着込み

オーバーパンツで身を固めRTを駆って京都へ

191118_012

この方のブログに一週間前の10日に行かれた岩倉実相院の中庭がきれいにアップされていたので先ずはこちらに

191118_001191118_015 HPには駐車場が少なく公共交通機関をご利用下さいとなっていたが、そこはバイクの持ち味

観光バスの背後に、うまい具合にスペースがあり、ここに駐車

実相院には枯山水の石庭と、書院と客殿の間にある池泉回遊式庭園といわれる二つの庭園がある

191118_002191118_011

実相院のもう一つの見所は、部屋の黒光りする板の間に写る「床紅葉」だが

あと一歩と言ったところか

京都の紅葉は12月に入ってからと言われているように

こちらも紅葉にはもう少し早いようだ

実相院を後に、観光客で混雑する京の町を銀閣寺界隈へ

門前で京漬物を物色し、哲学の道を少しばかり歩き

子供がまだ小学低学年の頃訪れた、カフェに思いを馳せる

191118_027191118_028191118_029


【本日のランチ】

191118_024191118_022191118_021

銀閣寺の近くにあるレストラン「NOANOA」へ

NOANOAは明治から昭和にかけて活躍した日本画家の遺邸

アプローチから窓外に望む大文字まで見事にプロデュースされたレストランです

【本日の走行距離】  290㎞   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

街も彩付き始める

191117_014191117_016

6ヶ月の定期点検で胃カメラを飲み、異常なしを確認し街へ

けや木通り、三年坂は色付き始めたところでこの風情もまたいい

ビッグホエールでは人権フェスタが開催されており

弁護士の橋下徹さんと女優の藤原紀香さんのトークショーで大賑わい

191117_006191117_011 

折角もらった風船を青空に‥

191117_008

また、もらえばいいよね

フェスタ会場で売っていたカツオのたたきと昨日豊岡から届いた松葉ガニで今宵もまたピッチが上がる

191117_001

耳元でMIEの「ジージ、3杯はダメ」という声が聞こえてきそう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ボジョレヌーボーが届きました

と言ってもまだ写真だけなのですが

Nec_0113_2

残念ながら本日は市内散策のため

いただくのは明日?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

開湯一番札!!

19111112_050(昨年は二番手で手に入れることが出来なかったが、今回は、地蔵湯で男女一番札を見事にゲット)

19.11.11~12 恒例 兄弟会カニカニツアー

昨年は鳥羽へ新鮮魚のグルメツアーを企画したが、今年は解禁なった城崎へのかにツアー

最初の立ち寄り所が「コウノトリの郷公園」

一昨年、コウノトリの試験放鳥が始まり、既に雛が育つまでになっている

PRセンターにもなっている「コウノピア」には様々な展示や、建物から公開ケージを見ることが出来る

19111112_00219111112_01019111112_005

タイミングよく、上空には放鳥されたであろうコウノトリが悠然と舞っている

コウノトリの郷公園から円山川を少し下った右岸側に玄武洞がある

19111112_007 「玄武洞は160万年前に起こった火山活動でマグマが山頂から流れ出して固まる時に、規則正しいきれいな割れ目をつくりだしたものです。6000年前波に洗われて姿を現し、数知れない玄武岩が積み上げられて地下から地上へ、更に空へと続いています。トコロ天をグイと押し出して固めたように見える六角形の柱を束ねたような不思議な美しさを見せ、国の天然記念物に指定されています」(玄武洞ミュージアムHPより)

五箇所ある洞の内、「青龍洞」と「玄武洞」を見て回った

19111112_01419111112_01519111112_019

5~6角型の漬物石状の石が積み重なり、それが何本も柱状となり見事なまでに上空に伸びている

本日のお宿は城崎温泉「丹波屋」さん

こちらの若旦那らが中心となって、城崎の町おこしに取り組んでいるそうです

さて、チェックインを済ませて、さっそく外湯めぐりのスタート

19111112_023温泉街には飲泉場がいくつかあり、「鴻の湯」前、「さとの湯」前のほか

一の湯前に「玉橋飲泉場」が設けれている

城崎温泉の外湯は七カ所あり、先ず最初に飛び込んだのが「御所の湯」、そして次に「まんだら湯」

19111112_02619111112_02519111112_028

ゆっくりと温泉に浸かり、浴衣に下駄ばきで街を抜けてゆく

この風情が城崎の最大の魅力

温泉の後は当然のことながら カニ

19111112_03019111112_032_219111112_031_2 カニ刺し、ボイルガニ、カニすき

焼きカニは満腹で手がつけられませんでした

19111112_034 朝の一番風呂は「地蔵湯」

7時からの開湯を待つこと○○分(恥ずかしくって書けません)

念願がかないました

この札を持って行くと、一年間の入浴料がタダ………… ってなわけないか

P1000723

「丹波屋」さんに帰りボリューム満点の朝食をいただきました

食後、温泉街を歩いていると、青空なのに突然の雷雨

「弁当忘れても傘忘れるな」がこの辺りの言い伝えらしく、突然の雨は日常茶飯事のようです
どうりで、「みんなの傘」という置き傘を外湯などで見かけたはずだ

P1000725 帰途、出石に立ち寄り、皿そばの「沢庵」へ

一人前五皿を、塩で食べ、とろろをかけ、ダイコンおろしで

はたまたワサビで

違った風味で味わうことが出来ます

前回と同様、この日も1.5皿?を追加しました

P1000736 帰途は9号線を福知山に出、舞鶴道から中国道、近道と乗り継ぎ帰宅

さて、次回は何処に??

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

今シーズン初めての花園詣 19.11.10

191110_001_2 今シーズン初めてのトップリーグ観戦に前夜無事退院なったRTに跨り花園へ

いつものように格安のペアーチケットを既に買い求めている

(本来自由席当日券が1500円のところ、ペアーチケットを5日前までに買うとお二人様2000円で観戦できるお得な券)

本日の第一試合はサントリーvsコカ・コーラ

mrs.hanasakuは早大監督だった頃からの大の清宮ファンだ

加えて、この日は右ウイングに入った栗原が難しい位置からコンバージョンを決めた時なんぞは

「キャー」191110_004

って、このキックは外したのですが‥

191110_006

さてゲームの結果は、22-23でコカの逆転勝利

コカのメンバーは優勝したかのような喜びようでした

一方、清宮監督の胸中は???

本日のお目当て、第二試合の神鋼vs三菱重工相模原戦

今年の神鋼は平尾が久々に陣頭指揮をとり、第2節を終え首位を独走中(って、まだダンゴ状態なんですが…)

一方、対戦相手の三菱重工相模原は今年トップリーグに上がってきたばかりで現在最下位

191110_007

今日のスタメンです

元木の名が、大畑の名がないのが寂しい

前半を終了して19-7

リードはしているものの、もう一つ力強さは見られません

しかし、前半はSOのホラがパス回しに、コンバージョンに活躍

またホラに替わって出た森田のキック力が光っていました

新人のWTB浜嶋にはmrs.hanasakuもぞっこん

191110_008191110_010191110_011

後半になると本領発揮

久しぶりに見る神鋼ラグビー

肩もこらずに楽しく観戦することが出来ました

191110_015_2191110_013 

次の観戦予定は、12月15日にホームズスタジアム神戸で行われるサントリー戦

今日のようなゲームを見せて欲しいものだ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

前半終わって12点差

前半終わって12点差
今シーズン初めての花園
3トライを奪いリードしているものの、もう一つ力強さが感じられない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ご心配をおかけしました

先月31日に入院していた愛鉄馬RTが無事退院した

メカ音痴なので詳しいことは分からないが、ガソリンポンプが作動しなくなり取り替えたようだ

1911_003



フューエルポンプ、フューエルフィルターなど部品代が45千円余り、それに搬送料とメンテ代とで年末のこの時期に思わぬ出費 ツライ

でも、これで明日は気持ちよく花園へ行ける

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

五週連続の山歩きを南葛城に

19.11.4 南葛城山 (922m)  晴れ

19114_009

(尾根筋からの岩湧山の眺望)

尾生町7:00 = 8:11駐車スペース8:15 ~ 9:10鉄塔71 9:15 ~ ノゾキ平9:45 ~ 11:00南葛城山頂12:00 ~ ノゾキ平13:20 ~ 鉄塔13:45 ~ 14:40駐車スペース = 15:15河内長野「風の湯」16:09 = 18:10自宅

尾生グループのお誘いで、快晴の南葛城山を歩いた

尾生を7時に出発し、途中何カ所かでメンバーを増強しながら滝畑ダムサイトを経て登山口近くの駐車スペースに到着した時には、総勢16名の大所帯

リーダーの指導のもと先ずは準備運動
いつものhanasaku隊とは大違いで、入念なストレッチで体をほぐす

駐車スペースから100mほど戻ったところの「中の茶屋橋」が南葛城山の登山口だ

19114_01519114_001

登山口から直ぐに檜林の中の登山道にとりつく

本日は、ほんの少しばかりお年を召された方が多く、山と高原地図のコースタイムより5割り増しのペースか

遠く岩湧山のススキ原を眺めながら「蟻の熊野詣」よろしく行列が続く

19114_004途中何カ所かの急登と

危険箇所をやりすぎ

ノゾキ平に到着

その昔は、又覗き?など楽しめたのだろうか、

今は樹木が生い茂り視界はまるで効かない

紅葉もイマイチでこの時期お花も見られないが、赤モノを二つ

ヤブサカキとツルリンドウの実らしい

19114_00519114_008 

最後の急登を経て、背丈ほどの笹藪をかき分け進むと南葛城山の山頂に着く

19114_010 視界は効かないが、きれいに拓かれた広場でランチタイム

お決まりの物々交換の儀式を終え

リーダーのお手前で食後のコーヒーをいただく

19114_011 1時間の休憩の後、広場を後にし

19114_014 下山の途につく

途中、岩湧山の登山口にさしかかると、なんと千人余りが参加した山歩きの会が催され、たくさんのバスが止まっている

よくぞ岩湧に行かなかったことかと胸をなで下ろす

滝畑ダムサイトから家族連れで賑わう関西サイクルスポーツセンターの横を通り

河内長野の「風の湯」で汗を流し、R371で帰途につく

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

文化の日はゲンチャで市内探索

快晴の祝日

31日に入院したmyRTの退院のめどがつかない

ならばと、アクシスとディオの2台を連ねて市内を探索した

先ずは、ブログの先輩のタマちゃん家へ

19113_00219113_003

アプローチからお花がいっぱい

中庭に案内していただいたが、タマちゃんのやさしさがあふれている

19113_00419113_005

小鳥たちのために裏山にたくさんの巣箱をかけているようだが我が家にも

先日竜門山を一緒に歩いたじゅん&じゅん家にその時の写真を届け

マリーナシティへ向かう

窓外に白い帆が漂うロケーションの広がるアランチャで昼食

19113_00619113_00819113_012

ランチはごぼうとチキンのサンドウィッチと具たくさんのスープとサラダ

デザートは、フルーツいっぱいのケーキにブレンドコーヒーと
季節のフルーツプリンとフルーツジュースラテ

19113_00919113_01019113_011


久しぶりにマリーナシティを訪れました

19113_01619113_03419113_013   

この日は何かイベントを行っていたようでかっこいいこんな女性も

ポルトヨーロッパから黒潮市場を散策
この日は祝日で多くの人でにぎわっていました

しばらくは、ポルトヨーロッパの散策をご一緒に‥‥

19113_01719113_01819113_01919113_02019113_02119113_02219113_02319113_02419113_02519113_02719113_02819113_03119113_032

            

 

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

稲村ヶ岳 雑感

稲村ヶ岳の登山口である「母公堂」前の空き地がいつからか500円の駐車料金がいるようになっている

「母公堂の維持管理のため賽銭箱に500円をお願いします」との看板が表示されていた

小銭の持ち合わせがなかったので、下山時に払おうとそのまま出発

下山後直ぐに、おばさんにお金を渡すと、「まあ座って下さい」と

191028_055

温かなコーヒーとかき餅2枚のおもてなしを受けました

美味しかったー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »