« 秋彩を求めて PartⅠ(その1) | トップページ | お山は紅葉見物でいっぱい »

2007年10月18日 (木)

秋彩を求めて PartⅠ(その2)

P1000446

19.10.14(日)

木曽駒ヶ岳(2958m)~宝剣岳(2931m)

菅の台バスセンター(6:00) = (6:30)しらび平(6:50) = (6:58)千畳敷(7:03) ~ (7:35)乗越浄土(7:47) ~ (8:00)中岳山頂(8:10) ~ (8:30)木曽駒ヶ岳(8:46) ~ (9:15)宝剣山荘 (9:40)宝剣岳(9:45) ~ (10:17)遭難碑 ~ (10:30)極楽平分岐 ~ (10:55)千畳敷(11:15) = (11:25)しらび平(11:30) = (12:05)菅の台バスセンターその1こちらその2

さて、宝剣岳
P1000418

眼下に千畳敷駅を眺めながら見上げるとかなり厳しそうな岩場が目に入る

P1000417

登り始めると、登山道の直ぐ横に霜柱が顔をのぞかせていた
駒ヶ岳でも所々で見かけたが、夜間は相当な冷え込みなんだろう

険しい岩をよじ登りながらも、遠く雲間に富士山が現れ、何故かほっと一息

P1000419

P1000420 人一人が通れる鎖場が続き、下りてくる人とのすれ違いに待ったがかかる

P1000422 山頂と言っても岩の固まりだが、そこにいたご夫妻から

「シャッターを押しましょうか
その岩に登るといいですよ
これで何組目かなー」

と、なんとも親切なお方だ

P1000423 登ってきた鎖場を振り返るとそこには運動靴を履いた女性が… 
ロープウェイで簡単に山頂近くまで登れるので、こういったスタイルの方も時々見かける
なんともはや、と後に続く言葉がない

さらに、「遭難の碑」にかけて厳しい岩場が続くが、岩の間から眺める千畳敷カールは絶景だ

P1000424

P1000426_2P1000427P1000429_2P1000430P1000435       

P1000431_2P1000438P1000440

極楽平へは気持ちのいい尾根筋
南アルプスの山並みや草紅葉など眺めながらしばし散歩を楽しむ

P1000441P1000442 

極楽平は千畳敷から遊歩道で繋がり、多くの観光客で賑わう
ここで散策の若いカップルから宝剣岳を指さし「あそこまで行けますか?」
思わず、「やめた方がいいですよ」

眼下に千畳敷カールの紅葉を眺めながら遊歩道を下り、駅に到着
P1000444P1000445P1000446

 

P1000449

繰り返し放送されていた「本日は乗車に2時間待ちが予想されます」に巻き込まれずスムーズにしらび平駅に下山
それもそのはず、11時過ぎにロープウェイの人となったのだから

下山後、先ずは腹ごしらえ
P1000451P1000450  バスの車窓から見えた蕎麦処「駒草屋」へ
こまくさの湯からほんの数百㍍のところにある
ソーメンのように細く切られた、しかし腰のある「ざるそば(@650)」を頂き、となりで美味しそうに食べている名物の五平餅はパス
値段(@660)もさることながら、一人前三本はhanasaku隊には少し重すぎる

【本日の温泉】 早太郎温泉「こまくさの湯」

P1000452 湯船は大浴槽、ジェット風呂、薬草湯、露天風呂にサウナと水風呂があり、露天風呂からは横を流れる太田切川が見える。また、露天風呂には南アルプスの山容を形取った石板が飾られ、アルプス近辺ならではの施し。もちろんお湯もツルツル感大だ。

行く前にHPから割引券をプリントし、入浴料600円が550円に
二日間で200円の大もうけ

帰途は、駒ヶ根ICから中央道、東名、名古屋高速、名阪、阪和と乗り継ぎ

な、なんと18時に帰宅

朝からアルプス詣でしたとは考えられな~~い

|

« 秋彩を求めて PartⅠ(その1) | トップページ | お山は紅葉見物でいっぱい »

コメント

もう紅葉してるんですね~~。
それから霜柱まで!すごい(^o^)

投稿: やっち | 2007年10月18日 (木) 09時49分

あれれ・・・
立ってな~い^^
同じだぁ~
怖いですよね
あゆむは、あそこに登りたいと、真下で騒いで岩に取り付いて足を踏ん張ってだだこねたんですよ(;^_^A アセアセ…
私は、無理でした。
右の後側から回り込めます。

投稿: ゆうとまま | 2007年10月18日 (木) 17時46分

>やっちさん

今週末に大台ヶ原ドライブの予定が入っており先週行ったのですが
木曽駒ヶ岳の紅葉は今週末の方が素晴らしいんじゃないかなぁ~
ある方のアドバイスで冬装束でいったのが正解でしたよ
それだけに「こまくさの湯」は最高だった


>ゆうとままさん

あれれ・・・って、あんなとこ立てますかいな
穂先にタッチするのが関の山ですよ
よくもこんな山行きましたねぇー
でも、本文にもありますとおり
ハイキングで登られている方も多かったですよ
なんなんだろうなぁ~

投稿: hanasaku | 2007年10月18日 (木) 20時18分

先日は龍門山に同行いただきありがとうございました!久しぶりにブログのぞいたら、駒ケ岳登山とは驚きです!!!素敵な紅葉の写真を見て行ったつもりになってます。
まず大普賢?に挑戦しまーす!

投稿: じゅん&じゅん | 2007年10月20日 (土) 11時48分

うらやましい限りのご夫婦登山ですね。
僕が9月に空木岳に登った時も60歳代のご夫婦登山者がたくさんおられました。(ウイークデーでした)
我家は以前はよく家内も付いて登ってくれたのですが、最近はダメです。
それにしても、木曽駒と宝剣を登って11時には千畳敷駅に到着されていたのですね。
そして、昼飯を食って温泉に入って6PMには和歌山着ですか。
捜せば信州の山も1泊2日で可能な所がありますね。

投稿: タマ | 2007年10月21日 (日) 00時02分

>じゅん&じゅんさん
驚いてもらっちゃあ困ります
木曾駒の翌週は大台ケ原です
今家に戻り、久しぶりのコメントを見せていただきました
大台もよく冷えましたが
大普賢岳も相当厳しいかと思いますのでくれぐれも気をつけて行ってらっしゃい


>タマちゃん
ほんとですねぇー
決して空を飛んで帰ってきたわけでもないのに
18時には我が家へ
一番びっくりしていたのが、レストランのオーナーでしたよ
でも、又しばらくは大峰通いです

投稿: hanasaku | 2007年10月21日 (日) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/8432934

この記事へのトラックバック一覧です: 秋彩を求めて PartⅠ(その2):

» 朝一に見えるスイスアルプス [スイスアルプス!ベルナーオーバーランドのアルプス山脈]
朝の短い間だけ見えるスイスアルプス。冬時間になって7時前にもう山脈が見えます。 [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 14時55分

« 秋彩を求めて PartⅠ(その1) | トップページ | お山は紅葉見物でいっぱい »