« 秋彩を求めて PartⅡ(序章) | トップページ | じじばか »

2007年10月23日 (火)

秋彩を求めて PartⅡ(本論)

19102021_068 19.10.20(土)~21(月) 大台ヶ原散策

大台荘7:30 ~ 日出ヶ岳下8:15 ~ 日出ヶ岳8:26 ~ 日出ヶ岳下8:30 ~ 正木ヶ原9:09 ~ 9:25尾鷲辻9:45 ~ 牛石ヶ原10:05 ~ 大蛇嵓10:19 ~ 牛石ヶ原10:37 ~尾鷲辻10:52  ~ 11:35大台ヶ原駐車場
ゆっくり、のんびりの秋彩鑑賞の散策で、タイムは参考にはなりません

ご来光を拝みに行くのか、2時過ぎから隣の部屋で出発の準備が始まる

我がチームは6時過ぎに朝食をいただき、ゆっくりと大台の秋を散策です

7時半には大台駐車場がほぼ満杯になりこの時期の人気の高さがうかがえます

先ずは、秋彩百景を

19102021_02519102021_02619102021_03319102021_04719102021_04819102021_04919102021_05019102021_05119102021_05219102021_05319102021_05419102021_05519102021_066

日出ヶ岳(1695m)展望台から眼下に熊野灘を眺め、西側には大峰の山々が連なる

見慣れた大台の風景が続く

19102021_03719102021_04019102021_05819102021_067   

正木峠から正木ヶ原を経て尾鷲辻の東屋でコーヒータイム

本日のコーヒーセットにはロールケーキが付いている

この日は風が強く、大蛇嵓では帽子はおろか立っていられない状態

19102021_060 19102021_062

この方も寒そうにふるえていました

大台ヶ原では秋の彩りとともに、冬の足音が忍び寄っています(これって盗作

19102021_05619102021_03519102021_041

大台ヶ原駐車場から溢れた車が、道の両サイドにびっしり駐車する中を抜け
伯母峰の手前を左折し小処温泉へ

昼食をいただき、ゆったりとお湯に浸かり
帰途、いつもの五條「スプーン」へ

両手で足りないぐらい大台に通い続け、これだけの天気に初めて巡り会えた一日だった

 

            

|

« 秋彩を求めて PartⅡ(序章) | トップページ | じじばか »

コメント

いやーっ見事な晴天の下紅葉が
映えますねー
こんな天気に歩けたら最高ですね!画像も
めちゃ美しいです!
もう木道に霜ですか、いい感じだなぁ
私はきっと11月の中旬くらいに行けるかと
思ってます(たたら亭の鴨うどん楽しみに
してます)昨年みたいに霧氷が見れたら
最高なんですが、そううまくは行かないかな?
昨日の夕刊に大きな画像とともにこれから
見ごろ!って載ってたので益々込むんでしょうね

投稿: スロートレック | 2007年10月24日 (水) 11時13分

ニアミスですね
川上辻に軽トラック置いていたのが私たちの車です。大台には相当行きましたが若かりしころで最近はあまり行っていません

ハナサクさんも行動派ですね
秋のTRツーリングそろそろ計画じゃないのですか、BMバイクで秋の風を切る。
素晴らしいだろうな

投稿: ショウタン | 2007年10月24日 (水) 11時42分

■スロートレックさん

画像お褒めいただき有難うございます
何を隠そう、かの有名なLU○IXでの撮影なんです
ほんと、今のコンパクトはよくできています

木道に霜がおりて凍り、歩きにくいことこの上なし
オマケに、最後の写真にあるように氷まで張っていましたよ
いずれにしても天気が一番!!
これからの土日は、午前7時駐車場必着を目指していってらっしゃい~~


■ショウタンさん

そうでしたか、ショウタンの軽四には迂闊にも気づきませんでした
何故か今シーズンはお山に目が向いていて、丸二週間ボクサーエンジンを回していません
バッテリー大丈夫かな?

投稿: hanasaku | 2007年10月24日 (水) 17時48分

朝の大台ヶ原は、光がとてもきれいですよね
尾鷲の海も見えるし、素晴らしい場所だと思います。
これ以上、荒れることなく姿をとどめて欲しいです。
そう言えば去年の9月23日に大台ヶ原に日の出を見に行ったときも木道は、凍り付いていました。

投稿: ゆうとまま | 2007年10月24日 (水) 20時12分

9月末で凍ってました?
なら、1ヵ月後は凍っててあたりまえだ
>朝の大台、光がとてもきれいですよね
よ~く分かります
単に紅葉がきれいだとか、
そういったものじゃないのですよね
大台ケ原全体を取り巻く空気というか
そこにあふれる光そのものが贅沢を享受してくれる
これも、天気ならこそのものです

投稿: hanasaku | 2007年10月24日 (水) 20時47分

山頂でゆっくり1泊されたのですね。
天気 最高ですね。
僕なら、絶対ご来光派です。 山小屋に泊まってもご来光や夕陽の見えない山小屋はプンプンです。

コメントいただいたように、僕は今週 八ヶ岳山麓へ行って来ましたが、晴天だったのですが、霞が強く秋空ではなく春の空でした。
遠くまで行かなくても、近くに大台や生石山など、秋を楽しめる所がたくさんあるのですのにね。

投稿: タマ | 2007年10月26日 (金) 14時28分

■タマちゃん
いっしょに行かれた方が、山やさんではなく
ほんとに、ゆっくり、のんびりの山歩きでした

八ヶ岳、いいですよね
確かに近辺にも秋を感じることができるところがありますが
でも、八ヶ岳山麓って素晴らしいんだろなー
一度秋に行ってみたいです

投稿: hanasaku | 2007年10月26日 (金) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/8554074

この記事へのトラックバック一覧です: 秋彩を求めて PartⅡ(本論):

« 秋彩を求めて PartⅡ(序章) | トップページ | じじばか »