« リベンジ八ヶ岳 番外編 | トップページ | やませみの湯と白崎海岸 »

2007年9月16日 (日)

リベンジ八ヶ岳 +α

  19.9.10 乗鞍岳(3025.6m)

P1000174

すきっぷ5:40 = 観光センター前6:00 = 6:45肩の小屋口6:52 ~ 7:17肩の小屋7:20 ~ 8:10剣ヶ峰8:20 ~ 蚕玉(こだま)岳8:34 ~ 9:00肩の小屋9:13 ~ 9:42畳平10:10 = 11:00観光センター前11:05 = 11:05ゆけむり館11:50 = 安房トンネル = 高山西IC14:15 = 一宮JCT15:54 = 桂川PA = 吹田JCT17:42 = 泉南IC18:27 = 19:07自宅

4時に目覚めたところ昨夜来の雨がまだ降り続いている
思案のあげく、高いバス代を出してまで雨の乗鞍を歩くこともなく、乗鞍高原周辺の散策と高山での観光に切り替えることにした
ただ、昨夜、今日6時発のバスで畳平に向かうと話したところ、早朝5時からの朝食を快くお受け頂いたこともあり食堂へ
モーニングをいただきながらオーナーと話していると「空もすいてきたので観光センターまで行って係員に状況を聞いた上で判断しては」とのアドバイスをいただく
雨も上がり、「すきっぷ」から10分足らずの観光センターに行くと、6時発のバスが発車間際。山の状況を聞くまでもなくバスに飛び乗り、乗鞍エコーラインを一路畳平に向かう

P1000156_2P1000161P1000164雪渓の下の方に赤いジャケットを着たスキーヤーが見えるだろうか

昨夜オーナーから畳平の一つ手前、肩の小屋口でバスを降り、大雪渓の横を通り肩の小屋にでる方が車道を歩くこともなく時間短縮も図れるとのレクを受けていたこともあり、仰せに従う
ここで、雪渓を滑りに行くのだろうスキーをかついだ男性も下車。高山植物保護のためロープで区画された登山道を進んでいくと道の両サイドにはいろんな花が可憐に咲いている

P1000167P1000169_2  振り返ると肩の小屋と摩利支天岳、コロナ観測所が

P1000171P1000173  肩の小屋からハイマツの中をしばらくいくと道はザレ場となりやがて稜線に出る
稜線上は権現池の方から吹き上げてくる風がきつく、長袖のシャツでも寒いくらいだ

蚕玉岳を回り込み頂上小屋を経て剣が峰山頂に
P1000181_2P1000178P1000179_2   乗鞍岳は、剣ヶ峰を主峰に大日岳、屏風岳、摩利支天岳、富士見岳などの高峰の総称で、御嶽山が手に取るような位置にそびえる
その御嶽をバックにモブログを送り、寒さと強風から早々と山頂を後にする

P1000184

途中、蚕玉岳で名残惜しげに剣ヶ峰をバックにハイポーズ

肩の小屋まで下り、コーヒーをいただいたあと、車道を畳平へ

P1000185P1000187_2P1000186_2P1000196_2P1000197_3   

不消(きえず)ヶ池を左下に見ながら、お花畑の遊歩道に下りていくとまだまだ花が咲き乱れている
しばらく散策した後、10時10分発のバスに乗り畳平を後にする

【本日出会ったお花たち】

P1000158_2P1000159_2P1000160_2P1000162_2P1000163_2P1000189_4P1000190_2P1000191P1000192               

【本日の温泉】 乗鞍高原温泉「湯けむり館」

P1000202P1000199P1000198_2  看板に「乳白色の天然温泉 掛け流しの湯」とあり、まさしく看板に偽りなし。脱衣場にはいると硫黄のにおいが漂い、浴場は壁から床に至るまで総檜(?)作り。お湯は乳白色で、よく暖まる。白樺の木に囲まれた露天も10人位は優に入れるであろう湯船。山帰りに立ち寄った温泉の中ではこれまでで最高の湯だ。入浴料700円だが、ペンションで割引券をいただき600円に。ラッキー

【全走行距離】 1,016.2㎞

|

« リベンジ八ヶ岳 番外編 | トップページ | やませみの湯と白崎海岸 »

コメント

乗鞍岳と言えばVF750Fでツーリングした事が一番の思い出ですが通行規制が出来て自然環境が良くなったのでしょうね
一度は自分の足で登ってみたい気がします
花音痴のショウタンはチングルマだけしか分りませんが紫のリンドウかな?こんな色の花が好きなんです

投稿: ショウタン | 2007年9月16日 (日) 10時14分

今回乗鞍を選んだ理由の一つはピークを極めるのにあまり時間がかからないこと。現に6時の始発のバスに乗り10時のバスで下りてきました。CT約3時間の山歩きです。規制前のお山は知りませんが、交通量も少なく、お花畑には、まだたくさんの花が咲いていたことが好印象でした。

投稿: hanasaku | 2007年9月18日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/7922820

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ八ヶ岳 +α:

« リベンジ八ヶ岳 番外編 | トップページ | やませみの湯と白崎海岸 »