« 焼肉は七輪がお奨め | トップページ | あじさいPartⅢ »

2007年6月 8日 (金)

知りませんでした

02542 平成16年4月に熊野古道の大雲取越え・小雲取を越えを一緒し、

その年の秋に「大台ヶ原」を予定していたが、ご希望の本人が参加できず。

先日ある会合でバッタリし、是非リベンジをとのこと。

当時歩いたメンバーの一人に調整を依頼しふとある方のHPを覗いていると

「この9月から西大台への入山規制決定」

大台ヶ原ビジターセンターに℡で問い合わせてみると、

平成18年12月26日に自然環境保全を目的として「西大台利用調整地区」が指定され、

平日は30人(秋のシーズン時は50人)、土日で50人(同100人)に規制し

入山する場合は事前に手続き(吉野北山森林組合が窓口)が必要。

そのための手数料として一人1000円を要するとのこと。

これってなんなんだろう?

環境保全上は、パーク&ライドの導入等による車の立ち入り規制の方が先決ではないのだろうか 

|

« 焼肉は七輪がお奨め | トップページ | あじさいPartⅢ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/6709885

この記事へのトラックバック一覧です: 知りませんでした:

» 関西や九州の避暑地ってどうなの? [海外の避暑地と日本の避暑地はどっちがいい?]
関西や九州の避暑地ってどうなのでしょうか?避暑地で真っ先に思いつくのは、軽井沢ですね。それこそ、The避暑地ですね。避暑地といえば軽井沢、軽井沢といえば避暑地って感じですよね。さてさて、そんな東の避暑地に対抗する関西や九州の避暑地ですよね。まぁ避暑地って言うくらいなので、暑さを避けられるところです。関西、九州は緯度は変えられないので、標高がより高いところがより涼しいはずです。そういう考えで関�... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 01時06分

« 焼肉は七輪がお奨め | トップページ | あじさいPartⅢ »