« アイアンホース石見銀山ツーリング④ | トップページ | 雨だと思ったのに »

2007年5月 4日 (金)

高野山にミズバショウの花が

19.5.3 高野山~奈良公園へ

1953_008数日前の新聞に「高野山でミズバショウの花が見頃を迎えている」との記事が載った。

ミズバショウは尾瀬に代表される花で、主に中部以北の山地の湿原や林地の湿地に見られるようだ。

天軸山公園の入り口に近い樹木医の庭で、30数年前から大切に育てられているとのことです。1953_006

この日の高野山は連休後半のスタート日で、高野大門から車は数珠繋ぎ。大伽藍から金剛峰寺、奥の院に向け車はいっこうに進まない。バイクとて同じで、車の後をノコノコと走り、やっとの思いで役場前交差点を左折し、天軸山森林公園に向かう。
公園前で、通りかかった家族連れに「この辺にミズバショウの‥」と尋ねると、即座に「そこの自動販売機が置かれているお家」と。
もともと、庭園業を営まれているお宅のようで、いろんな樹木が植えられた庭園の一角にミズバショウ園が設けられ、100坪の湿地に、千株のミズバショウが植えられているようだ。見頃はやや過ぎた感もあるが、白い清楚な花は魅了するものがある。

1953_009ミズバショウ園に隣接して「西洋シャクナゲ園」があり、真っ赤な花が目に留まり、足を向ける。
こちらは、ほとんどの花が蕾膨らむといった状態で
連休明けあたりから見頃を迎えるのではないか?

高野山のお土産といえば「胡麻豆腐」だが、1953_026
麩善の「笹巻きあんぷ」はお奨めの一品
こしあんをヨモギを混ぜた生麩で包んだ饅頭で、笹に巻かれている
笹野紐を解くと、独特の香りとなんともいえぬ上品な味に大満足
奈良の親戚への土産と、我家にゲット

高野山から少し足を伸ばし、奈良方面に向かった。

途中、いつものスプーンへ1953_0101953_0111953_012  

 

本日のランチは、
  スパゲティーセット  なすときのこのトマトソース(パン、サラダつき)
  オムライスセット   (スープ、サラダつき)

食後R24をさらに北上し、一部供用開始されている京奈和自動車道(大和・御所道路 13.8㎞)を快走し奈良市へ。
春日苑の縁宅を訪ねたあと、近くの奈良公園を散策
1953_0161953_017 1953_018   

 

あまりの人出に、奈良公園のしかも、煎餅のゲップを出していました1953_0211953_022

 

               【本日の走行距離】 260㎞

|

« アイアンホース石見銀山ツーリング④ | トップページ | 雨だと思ったのに »

コメント

 高野山に水芭蕉が咲いているとは知りませんでした。関西ではあまり聞きませんよね。

 「笹巻きあんぷ」も初めて知りました。餅ではなく生麩で包んだものなんですね、美味しそう。

投稿: Hide | 2007年5月 4日 (金) 22時01分

>Hideさま
本場の水芭蕉を間近に見てこられたHideさんには比べる由もありませんが、それなりに愛らしいものがあります。ただ、このシーズン、車の多さに閉口します。
「あんぷ」 美味しいですよ。
ネットでも販売していますので是非ご賞味ください、って店の回しもんじゃないですよ(笑)

投稿: hanasaku | 2007年5月 5日 (土) 08時22分

こんにちは
昨日・今日と、日中暑くてフー
子供達も汗だくで帰ってきます。
水芭蕉は、見えいるだけでも、爽やかな気分にしてくれますね
先日、天理の石上神社(いそのかみ)を訪れたときも、裏手に水芭蕉がひっそり咲いていました。
花の時期は、終わってましたが、大事に管理されているようでした。
探せばあるんですね

投稿: ゆうとまま | 2007年5月 8日 (火) 10時45分

高野山の花といえばシャクナゲ
世界遺産に登録された金剛三昧院のシャクナゲには圧倒されます。今が見頃では‥
でも、水芭蕉のことは全く知りませんでした。
樹木医さんの私邸にひっそり咲く水芭蕉
青葉の季節に欠かせないスポットとなりそうです

投稿: hanasaku | 2007年5月 8日 (火) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/6299714

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山にミズバショウの花が:

« アイアンホース石見銀山ツーリング④ | トップページ | 雨だと思ったのに »