« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

アイアンホース石見銀山ツーリング①

1942629_054 アイアンホース恒例のツーリング

世界遺産の登録が待たれる「石見銀山」をメインに
快晴のもと、ゴールデンウィーク直前の山陰路を走ってきました

行程は

4月26日(木) 泉大津港19時集合 泉大津~新門司港 阪九フェリー
4月27日(金) 門司~萩~津和野~温泉津温泉(泊)
4月28日(土) 温泉津~石見銀山~出雲大社~倉吉(泊)
4月29日(日) 倉吉~三徳山~帰途に

【4月26日】 晴れ
自宅17:00 ~ 18:30泉大津港20:00 ~ (4/27)8:20新門司港1942629_001

隊長号とHD号の3台で自宅を17時に出発
R26から臨海線を経て18:30にフェリー乗り場に到着

阪九フェリーは九州と関西を結ぶ航路で
一昨年の「湯布院~やまなみハイウェイ」ツーリングの帰途にも利用した

乗船後指定された部屋に行くと、既に他の一般客に占拠されており、我ら○○ご一行様の部屋表示が、窓のない部屋に張り替えられている。船員にクレームをつけると、畳敷きの大きな部屋が別に用意された。スタートでの不愉快な思いもこれで解消し、心地よくレストランへ。1942629_002
食事は、一膳飯屋スタイルで、自分の好みの食べ物をチョイスしレジで清算後テーブルへ
この夜の献立は
おでん、焼き鯖、冷奴、トマトのサラダと質素な食卓
もちろん生ビールと白ワインつきです。

食後、船内の浴場に浸かり、明日に備えzzzz1942629_003

| | トラックバック (2)

2007年4月27日 (金)

萩の町並み…モブログ

萩の町並み…モブログ
昼食後のひととき
旧城下町を散策中

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

間もなく乗船…モブログ

間もなく乗船…モブログ
恒例の“アイアンホースツーリング”

今年は世界遺産登録が予定されている石見銀山へ、鉄馬8台で出かけます。
本日は、泉大津港からフェリーで新門司港までの、ゆったり日程

*************************************************

帰宅後に…

港には一面に霧が立ちこめ、哀愁が漂います……

イエ、携帯カメラの腕が悪いだけです
にこのブログでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

大発見!!

薊岳を歩いていると相方から

時計が“ピィーピィー”となっている、と‥‥

難聴気味のhanasakuには聞こえません

しばらくして、また“ピィーピィー”と聞こえる

この時計19421_053

高度が200m上がるたびに鳴るようだ

これって  大発見!!?

hideさん ご存知でした?

それとも小鳥のさえずりの聞き違い?

**************************

追伸;

mrs.hanasakuから「これじゃ漫才師やんか!!」という強い抗議を受け
相方を、mrs.hanasakuに訂正させていただきます   -店主-

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

やはりこれも温暖化?

19421_001 昨年もたくさんの花をつけた“はなみずき”

今年も満開です

でも、少し早いのでは??

19.4.20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

MTBデビュー

19.4.21 薊岳(1406m)~明神平  くもり メンバー二人19421_039

自宅6:00 = 8:20大又集落(笹野神社) = 8:30大又林道終点8:36 - 8:45笹野神社登山口8:50 ~9:40古池辻9:47 ~ 10:40大鏡池10:50 ~ 11:50薊雌岳 ~ 11:55薊岳(昼食)12:50 ~ 13:57前山 ~ 14:10明神平14:15 ~ 14:57明神滝 ~ 15:40大又林道終点15:50 = 16:00笹野神社 = 16:05やはた温泉16:45 = 20:05自宅


     

19421_005 お待ちかねの「折りたたみ式MTB」の出番がやってきた。台高の薊岳に行くにはこの方法しかない?とネットでMTB購入した。東吉野の大又集落にある笹野神社が薊岳の登山口で、ここにmrs.hanasakuとリュック2個を降ろし、大又林道終点に車をデポして笹野神社に折り返す。このときの手段がMTBだ。わずか10分ほどのサイクリングだが、歩くと1時間はかかる。おまけにいやな舗装道である。笹野神社までは下り坂でペダルを踏むことなく走れるのが何と言ってもよい。

19421_007 さて、薊岳。神社の横に登山道があり、大きな民家の下を通りほどなく進むと林道に入る。最初の通過ポイントは古池辻だが、もう一つはっきりしない。行き過ぎてから「多分あそこが古池辻」と記録にとどめる。19421_018
大鏡池も他の人のレポートでは分かりにくいようだが、幸い先客が教えてくれた。普段はあまり水がないようだが、この日は緑色の池が現れていた。

薊岳に近づいてくると尾根筋はやせ細り、岩場が現れてくる。木や岩に手をかけ、岩をよじ登り、馬の背を慎重に進むと薊雌岳という看板が下げられている。ということは薊岳は雄岳?19421_02319421_02419421_025   



薊岳に到着すると先客が二組。さっそくシャッターをお願いし、スペースを見つけ、いつもながらの「具たくさんサッポロ一番」で昼を済ませる。19421_02719421_02919421_030




19421_03319421_034 薊岳から明神平はそれまでと一変、なだらかな幅広の尾根筋となり、バイケイソウの群生が出番の準備中。前山からあしび山荘を眺めると多くの人が食事中のようで、この2月にスノーシューで歩いたルートを明神平に向かう。

19421_037   


東屋で少し休憩の後、シーズン前とはいえあちこちに顔を覗かせた花を眺めながら大又林道終点に下山。笹野神社でMTBを拾い、いつものように「やはた温泉」で汗を流し帰途に‥

本日出会った花々19421_00919421_01319421_01619421_04319421_04619421_04719421_04819421_049         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

一人前は5皿

P1020449 19.4.15 出石にて

出石と言えば「出石ソバ」を思い浮かべますが
「辰鼓楼」もまた出石の代表の一つ

辰鼓楼は、明治4年に旧三の丸大手門脇の櫓台に建設された鼓楼で、当時は一時間ごとに太鼓で時(辰)を告いたが、明治14年に藩医、池口忠恕氏が大時計を寄付してからは、時計台として親しまれてきたという。ちなみに、後ろに回ると‥
P1020451

この日は、「第37回そば喰い大会」が開催されており、15分間に139皿のそばを喰った草加市の32歳の男性が優勝したらしい。P1020452

 


もちろん出石に出向いて出石そばを喰わないてはない。

P1020456 たまたま店構えにつられて入った店が「沢庵」P1020443

奥行きの深い店で、手前にテーブル席の個室が3室ほど、奥には座敷が設けられている

P1020445 最初に出てくるのがトッピング(薬味)のあれこれ

塩、葱、わさび、大根おろし、山芋、生卵

お作法を尋ねると
「一人前5皿が用意されていますので、まずはそばにお塩を振りかけて、
次に、葱とわさびで、次には大根おろしで‥‥ お好みに応じてお召し上がりください」

P1020446  ビフォアー

頂きました
一人前5皿ではやや物足りません
さりとて、あと2皿にはやや抵抗があり二人で3皿

P1020448  アフター

完食!!
美味しかった~
最後のそばつゆもまた美味しかった~

食後のあとはつくし狩り??P1020457
豊岡ではまだつくしが顔を出していました

                今回の走行距離 541㎞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

広島遠征を前に

風薫る5月
牛窓から広島方面へのタンデムツーリングを予定している

本日はその予行練習19414_004

そう、広島風お好み焼



○○○事件のときに超有名になった園部の「つかさ」で
生イカのソバを頂いてきました
いつもながら 美味し~いぃ19414_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラ咲く季節に

19.4.12 MIEの○○○幼稚園入園式の日です19412_001
サクラ晴れのもと、喜んで出かけました
「○○ぐみ」に決まったようです

mrs.hanasakuは市民会館で行われる入園式の送迎をかってでました19412_007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

雨ニモマケズ‥‥ これはいい

さくら情報3 仏隆寺~安倍文殊院~談山神社1947_011_1

天気予報では午前中曇りで午後には晴れ
しかし、道の駅「大宇陀」でとうとうカッパを着ることに

ヤマケイの「関西花の名所12ヶ月」からサクラの名所「仏隆寺」「安倍文殊院」を選んで行って来ました
「談山神社」はこのかたの推薦です

長~い階段を抜けるとそこには先年桜が‥
いえ、階段の上り口にまさしく老木の千年桜が鎮座されていました

残念ながら、開花には少し早く
でも長~い階段の両サイドのサクラは満開1947_003_1 です 1947_006_1





仏隆寺を後に、榛原から桜井へ

「三人よれば文殊の知恵」
日本三大文殊の一つ「安倍文殊院」はいわずと知れた知恵の神様
本堂前には合格祈願の絵馬がびっしり吊り下げられていました1947_016_1 1947_013_1 1947_014_1 1947_015_1 1947_020_2




安倍の文殊さんのサクラは今が最高1947_018_1









談山神社には4年ほど前の紅葉の季節に行ったが
サクラは知りませんでした
残念ながら、ここも開花には少し早かったよう1947_021_1 1947_022_1





山門の前の土産物屋さんで、おでん定食と山菜うどんの昼食をとり
雨に煙る談山をデジカメに治め帰途に

これはいい!!!

何がって

大和高田から高規格道路を経て南阪奈道路に入り
葛城ICのETCレーンに恐る恐る入ると
な、なんと‥ゲートが開いた

そう、RTにETCが装着されたのです
本日始めてのETC走行
これはすばらしい
これではタンデムの後部座席は失業状態です(これまでチケット取りと、料金支払い役)
三原JCTから阪和道を経て泉南ICまでいくつかのゲートを快適に通過
やみつきになりそうです   (本日の走行距離 237㎞)

本日のお土産1947_001_1 1947_023_1 1947_024_1




大宇陀市の「松月堂」の「きみごろも」
泡立てた卵白の表面に黄身をつけて鉄板で焼いた銘菓です
昨年「又兵衛桜」の帰りに立ち寄ったときには売り切れで
今日は、サクラを後回しにまず立ち寄りました
なんともいえない食感と、甘~い香りで「まるで春の雪」とも紹介されています

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月 2日 (月)

みさとチューリップ園へ

1941_006_1 昨年に引き続き、美里のチューリップ園へ行ってきました(19.4.1)

旧美里町役場から送迎バスが出るほど
賑わっています

段々畑を利用し、たくさんの花が咲き誇っています1941_051_1 1941_050_1 1941_048_1

なかには、こんなほほえましい家族にも出会いました
1941_007_1


咲き誇るチューリップの一部を紹介します
1 シナエダブル   2 プリンスオブニッポン   3 オラトリオ1941_009_1 1941_010_2 1941_015_1


4 サキサテルス   5 クンフ   6 ユアン 1941_017_1 1941_020_1 1941_022_1


7 パープルプリンス   8 シナエダキング   9 サッポロ1941_024_1 1941_026_1 1941_028_1


10 クラウディア   11 クリスマスフィート   12 ハネムーン1941_030_1 1941_032_1 1941_034_1


13 ワイルドホフ   14 プリンセプス   15 ホリゾン1941_036 1941_038 1941_040


16 プライスタンスユニカム   17 マルガリータ   18 ギャラン1941_042 1941_044 1941_046


チューリップの後は温泉です
チューリップ園から高野山方面へ10分ほど走ると
貴志川沿いに白い建物が見えてきます
ここが美里温泉「かじか荘1941_052 1941_053
日帰り入浴は、本館か新館のお湯を選択しいづれも600円
ただし、新館は14時以降の入浴が可能でこの日は本館のお湯に浸かりました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »