« 06.8.19~20 大台ヶ原 | トップページ | 06.7.15 御嶽山 »

2006年10月17日 (火)

06.7.14~17 信州ツーリング

18714_060信州ツーリング 
【7月14日】 自宅6:20 =(近道・名神・中央)11:05中津川IC = 馬籠宿 = 妻籠宿 = 道の駅大桑 = 寝覚ノ床 = 開田高原 (泊)ロッジ上天気
スケジュールやペンションのネット予約等、4月から準備を進めこの日を迎えた。いや、御嶽山山歩き用のリュックや登山靴などをロッジ上天気に宅配手配するなど、実際は11日から走り出している。左右のバニアに旅行用品を振り分け、トップケースはナビのためのスペースを確保し、予定を少し早め6時20分に自宅を出発した。桂川PAまでノンストップで走り、ここでコーヒーブレイクし、次は養老SA。一宮あたりまでは快調に走ってきたが、事故渋滞とやらで小牧JCTまでノロノロ運転。しかしここは二輪の特権で、路側帯をごめんなさいと渋滞知らず。中津川の「車屋」で18714_001_118714_002_118714_005_1ソバを食べる予定が、早く出発したこともあり昼食は馬籠宿で。中山道の旧宿場町で、急な坂道の両側に古い旅籠が軒を連ねる。石畳をしばらく歩いた後、民宿を兼ねた食事どころ「坂の家」でざるそば(1,000)とざるそば定食(1,200)をいただく。
18714_00818714_00918714_01018714_01118714_012馬籠峠を越えて15分も走ると妻籠宿に着く。馬籠とは違って静かな佇まいで、呼び込み等商売気をあまり押し出さないのが感じよい。「信州ツーリングガイド」に掲載された「澤田屋」さんの店先で栗きんとんを頂き、我が家へのおみやげに栗とあんこでできた「老木」をゲット。次の予定地は「寝覚ノ床」。木曽川の激流18714_015 に刻まれた自然が織りなす造形美で、巨大な花崗岩はお見事だが、水が澱んであぶくが浮いているのがやや興ざめ。平日と言うこともあるが観光客は見かけず、景勝地だけを売り物にした観光は衰退の一途を感じさせる。16時にロッジに到着し、旅装をとくまもなくオーナー夫人の愛車ジムニー号をお借りし、御岳明神温泉「やまゆり荘」(@600)で450㎞の汗を流す。本日のお泊まりは二組で、スペイン料理のコースに白ワイン「しなの新酒」(@2200)で乾杯!18714_022_1 !18714_02018714_021  18714_019 18714_018

【7月15日】 一時雨   御嶽山 3,067m  登山記録は山歩記に
本日の夕食は昨日とは違い全席満席。メインのパエリア以外にスープにサラダにポークチャップに白ワイン「セレクト」(@2100)?までも… これでは食べ切れません。
18714_04718714_05018714_05118714_052

   

【7月16日】 雨
ロッジ上天気8:30 = 野麦峠 = 奈川渡ダム = 11:35松本(ちひろ美術館) =(アゼリアライン.ビーナスライン)= 15:15美ヶ原 = 16:30八島ヶ原湿原 = 霧島 = 17:55小淵沢 (泊)ペンションZOOM
昨夜来、雨が降り続いている。寺本夫妻に見送られ、P7160021重装備でロッジを後にしR361を野麦峠に向かう。野麦峠を雨の中素通りし、上高地方面との分岐にあたる奈川渡ダムで休憩をとり松本市街地に入る手前を左折。天候と八島湿原で時間がほしい関係で大王わさび園をキャンセルしちひろ美術館へ。うまいことにちひろの隣にある日帰り温泉施設に屋根付きの駐輪場があり、拝借しカッパを脱ぐ。天気がよければ、美 術館の建物と背景となる北アルプスの山並みが見事にマッチしているのだが、18714_054_1 18714_055_1 お山はまるでガスの中。1~3号展示館と巡り、何ともいえぬ表情の岩崎ちひろの世界に少しの間身を置く。美術館を後にお隣の日帰り温泉施設に戻り、お焼きセットとおこわセット(各850)を頂く。相変わらず雨が降り続く中、豊科ICから松本ICを経てアゼリアラインからビーナスラインへ。せっかくの景色も濃いガスで展望がきかず、白線・黄線が唯一のよりどころ。美ヶ原・山本小屋前駐車場にバイクを止め、ハクサ18714_056 18714_057 18714_05818714_059 18714_063 ンフウロやアザミの咲く未舗装道を15分ばかり歩き美しの塔に到着したが、間近に近づいてやっとそれらしき代物と対面。鐘をひとつきし引き返す。ビーナスラインを扉峠方向に戻り、30分余りで八島ヶ原湿原に到着。幸い、ここで急に霧が晴れ、湿原全体が見渡せる。ラッキーである。ニッコウキスゲやあやめを眺めながら木道をしばらく散歩し、再度ビーナスラインで霧ヶ峰を経由し諏訪IC-小淵沢ICで本日のお宿「ペンションZOOM」へ。家族風呂に入浴後、きれいなダイニングで市川夫妻の暖かいもてなしとおいしい食事で今宵も乾杯!!本日は地ワイン?の赤・白ハーフボトル(各1200)で満足。
18714_06518714_06618714_067   
【7月17日】 雨
ZOOM8:30 = 清泉寮 = 長坂IC10:00 =(中央・名神・近道)=自宅
  さて、旅の終わり日も雨、それも、この日が一番激しい雨だ。 日本の国道で二番目に高いところにあるという麦草峠をキャンセルし、清里・清泉寮で折り返すこととしZOOMを出発。雨脚が激しすぎて高原ラインを恐怖の走行するうちに清泉寮へ。とてもではないが、名物のソフトクリームも食べられたものでない。おみやげだけ仕入れ、取りあえず中央道・小淵沢ICに向かうが、どういうわけか着いたところがもう一つ東京よりの長坂IC。駒ヶ岳SAで早昼をとり、恵那峡、桂川と休憩しながら無事帰宅。濡れ鼠の大変な一日だった。打ち上げは睦月で。

【全走行距離】 1,237㎞
【ガソリン】  63.86㍑ 9,360円(147/㍑) 1,237㎞(19.4㎞/㍑)

|

« 06.8.19~20 大台ヶ原 | トップページ | 06.7.15 御嶽山 »

コメント

あれれ?
朝にアジサイと一緒にコメント入れたと思ってたのに?<(_ _)>
こんばんは^^
木曽路は好きです。
19号をのんびりラジオを聞きながら♪
これが又、いいのやってるんですよ~ど・演歌!!
美ヶ原方面は、皆さんやはり霧や雨が多いんですね
私たちが、ラッキーだったんだなぁ~若い頃から何度か訪れてますが、晴天ばかりです。
是非!リベンジを(^_-)v

投稿: ゆうとまま | 2007年6月 2日 (土) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/3892482

この記事へのトラックバック一覧です: 06.7.14~17 信州ツーリング:

» 八ヶ岳 [日本の自然を見つめる瞳]
八ヶ岳八ヶ岳の領域の定義は幾つか説があり、場合により使い分けられる。# 夏沢峠以南のいわゆる南八ヶ岳のみ 南八ヶ岳及び北八ヶ岳の領域(蓼科山を除いた領域) 蓼科山まで含んだ八ヶ岳連峰----|所在地=長野県・山梨県|種類=山塊}}八ヶ岳(やつがたけ、八ケ岳とも表記される)は、長野県の諏訪地域と佐久地...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 08時16分

« 06.8.19~20 大台ヶ原 | トップページ | 06.7.15 御嶽山 »