« 06.3.4~5 ひき岩群、百間渓谷   | トップページ | 06.1.29 三峰山 »

2006年10月17日 (火)

06.2.11 明神平

明 神 平 (1323m)               快晴P1000751
自宅5:55 = 7:00橋本 = 7:25大淀 = 8:25大又林道駐車場8:45 ~ 8:58林道終点9:00 ~ 9:48明神滝下9:52 ~ 10:45明神平12:05 ~ 三ツ塚手前 ~ 12:45明神平 ~ 13:25明神滝下13:30 ~ 14:05林道終点 ~ 14:15林道駐車場14:25 = 15:03中荘温泉15:45 = 18:16自宅

今シーズン4峰目は明神平。同行者が前日に足の肉離れを起こしたため二人での山行きとなった。皆さんのHPを覗くと、この時期積雪のため大又林道終点まで行けずとあり心配したが、七滝八壺周辺から凍結していたものの難なく予定の駐車場に到着。既に十数台の車が駐車し、2~3組の先客が出発の準備にいそしむ。先発組に習い、出だしからアイゼンを装着し急な林道を進む。旧あしび山荘周辺の登山道は普段は荒れているが、今日は積雪のため歩きやすい。明神滝下に到着し、バナナを補給。明神滝は、凍結していないものの、周辺にはびっしりと氷が張り付く。滝上から九十九折りを少し進むとうっすらと樹氷が見られる。作秋から三度目となるが、今日の明神平は白一色で青い空と素晴らしいコントラストを描いている。風よけを求めあしび山荘に向かうが、先客でスペースがなく近大山の家裏へ。雪を踏み固めシートを広げ本日のメインディッシュ「かも鍋」の準備に取りかかる。始めチョロチョロ中チョロチョロだったストーブも時間とともに勢いを増し、最後のうどんまできれいにたいらげる。食後、樹氷の中を三ツ塚から前山に向かうが、思いの外雪が深く、そこそこに切り上げ明神平に引き返し下山。九十九折りでは、トレースを頼りに何カ所かでショートカットを楽しむ。帰途、いつもの「やはた温泉」から趣向を変え、吉野の「中荘温泉」へ。泉質がよく、よく温まるのだが入浴料町民400円に対し一般700円は少し取りすぎ。夜、久しぶりにパリゴーへ。P1000750P1000756P1000753P1000763   

|

« 06.3.4~5 ひき岩群、百間渓谷   | トップページ | 06.1.29 三峰山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/4005757

この記事へのトラックバック一覧です: 06.2.11 明神平:

« 06.3.4~5 ひき岩群、百間渓谷   | トップページ | 06.1.29 三峰山 »